イトマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イトマン株式会社は、かつて日本に存在していた商社である。1990年までは伊藤萬株式会社と表記した。(四国の製紙会社のイトマン株式会社とは関係がない。)

概要[編集]

沿革[編集]

1883年大阪市心斎橋で、羽州屋高田久右衛門から暖簾分け、「羽州屋」(うしゅうや)として舶来品(唐物)を扱う繊維商店として設立したのが始まりで、その後創業者・初代伊藤萬助にちなみ「伊藤萬商店」、「伊藤萬(いとうまん)」と社名を改め、更に1991年1月1日付をもってカタカナの「イトマン」と社名を改めた。

創業者一族[編集]

1919年、初代伊藤萬助の息子である2代目伊藤萬助(卯三郎)が社長になる。その弟の伊藤萬治郎と共に大正末期から昭和初期にかけて「天下のイトマン」といわれるほどの会社となる。

事業[編集]

戦後は織物・繊維製品を中心とした繊維商社として運営し発展を遂げたが、実質的に住友銀行の商社部門として機能。2代目伊藤萬助の娘婿の伊藤寛関西経済同友会の代表幹事になる。東証、大証1部上場企業として順調に発展を続けてきていたが、1973年のオイルショックで収益が急速に悪化した。メインバンクの住友銀行(現:三井住友銀行)は、河村良彦常務を伊藤萬の社長に送り出し、4代目社長の伊藤寛は代表権のない会長に退く。河村は社長就任後、従来の繊維商社から総合商社として早々と再建した。

イトマン事件・吸収合併・終焉[編集]

住友銀行頭取磯田一郎から平和相互銀行の内紛株買戻しの資金援助要請を受け泥沼に入り込み、平成初期に発覚した一連の伊藤萬事件(イトマン事件)の影響で経営破綻。1993年住金物産(現:日鉄住金物産)に吸収合併され110年間の歴史に幕が下ろされた。

残されるイトマンの名前[編集]

なお、かつての子会社である水泳教室のイトマンスイミングスクールは、イトマンから独立した現在も、全国で展開している。

かつての提供番組[編集]

※提供クレジットはイトマングループであり、社名変更後はITOMAN GROUPとクレジットされた。

関連項目・人物[編集]