一ノ宮美成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一ノ宮 美成(いちのみや よしなり、1949年 - )はフリーランスジャーナリスト大分県出身。

人物[編集]

同志社大学文学部卒業後、新聞記者(紙名未詳)を経てフリーランス。『同和利権の真相』シリーズなどの著書でグループK21寺園敦史とともに部落解放同盟批判、同和利権批判を繰り広げている。

寺園は「部落解放同盟の運動のすべてが利権・不正ではない」[要出典]と主張している[1]のに対し、一ノ宮は「解放同盟のやっていることはすべて不正」[要出典]というスタンスである[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『女子大生セクハラ事件の深層』(かもがわ出版, 2000年)横山ノックセクハラ事件の顛末とその深層について

共著[編集]

以下、特記なきものは「グループK21」と。

  • 『闇の帝王〈許永中〉』
  • 『追跡20年! 闇の帝王〈許永中〉』(宝島文庫(宝島社), 2001年)
  • 『西本願寺「スキャンダル」の真相!』(宝島社, 2001年)
  • 『同和利権の真相』シリーズ(宝島社)
  • 湯浅俊彦・グループK21)『京都に蠢く懲りない面々』(講談社+α文庫, 2004年 他に「関西」篇、「大阪」篇あり)
  • 『ハンナン浅田満「食肉利権」の闇』(宝島社, 2004年)
  • 『武富士 サラ金帝国の闇』(講談社, 2004年 / 講談社+α文庫, 2006年)
  • ベンジャミン・フルフォード呉智英溝口敦寺澤有)『実録!平成日本タブー大全』シリーズ
  • 『大阪・役人天国の果てなき闇』(講談社, 2006年)
  • 『橋下「大阪改革」の正体』(講談社, 2008年)
  • 『黒い都知事 石原慎太郎』(宝島社, 2011年)
  • 『橋下徹のカネと黒い人脈』(宝島社, 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ 『だれも書かなかった「部落」』
  2. ^ 『大阪同和帝国の正体』

外部リンク[編集]

  • 公式ブログ 2009年5月16日限りで“都合により”更新停止