ホテル新羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホテル新羅(Shilla Hotel、호텔신라)は、韓国のサムスングループのホテル。

基本情報[編集]

ウェスティン朝鮮ホテルなどともに韓国を代表する名門ホテルの一つである。社長はサムスングループ2代目会長である李健熙の長女の李富真サムスンエバーランド社長、サムスン物産商事部門顧問)。ソウル特別市のソウル新羅ホテルと済州特別自治道に済州新羅ホテルの2箇所のホテルを運営している。また、ホテル敷地内、空港において免税店を展開している。

ソウル新羅ホテル[編集]

博文寺の跡地に1973年5月9日に創業(全面開業は1979年3月)した。ソウル特別市中区奨忠洞2街に位置し、地上23階、地下3階のホテル棟と迎賓館(迎賓館、宴会場)、新羅免税店などから構成されており、フレンチや日本食などレストランやバーは5つあり、客室数は465室である。またオープン以降、1988年のソウルオリンピック、第109回IOCソウル総会(1999年6月)、南北高官高級会談(2000年8月)、2002年FIFA日韓ワールドカップなど大きな行事では公式ホテルに指定されている。また世界各国の政治家や企業家、金融家、経済人を初め芸能界やスポーツ選手のVIP御用達のホテルとなっている。

ソウル新羅ホテルは、日本ホテルオークラが運営するホテルグループ、「オークラ ホテルズ&リゾーツ」のメンバーである。

2013年1月10日から同年7月31日まで改装工事のため休業。同年8月1日に再オープンした。

済州新羅ホテル[編集]

ホテル新羅の第1号チェーンホテルとして1990年7月、済州道(現・済州特別自治道西帰浦市にオープン。客室は429室。6つのレストランやバー、室内外プールやフィットネスクラブ、ゴルフ練習場、カジノなどの施設が備わっている他、ホテル専用のプライベートビーチもある。 

ソウル新羅ホテルと同様に、オークラ ホテルズ&リゾーツのメンバーである。

新羅免税店[編集]

1986年7月2日、ソウル新羅ホテル敷地内にソウル店を開店。1989年8月、済州道(現済州特別自治道)に済州店を開店。2008年5月、仁川国際空港に仁川空港店を開店。このほかに、金浦国際空港大邱国際空港清州国際空港にも出店している。 2015年、現代産業開発と共同でソウル市内の新規免税店事業者に選ばれ、現代産業開発が開発した龍山駅のアイパークモール内に、ソウル市内では2店舗目となるHDC新羅免税店を開店する予定である。

売上高[編集]

  • 2007年の売上高は4950億ウォン。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]