そごう呉店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
そごう > そごう呉店
そごう呉店
SOGO Kure
Kure sogo.JPG
店舗概要
建物名称 呉駅前西地区再開発ビル
所在地 737-8510
広島県呉市西中央1-1-1
座標 北緯34度14分45.8秒 東経132度33分27.2秒 / 北緯34.246056度 東経132.557556度 / 34.246056; 132.557556座標: 北緯34度14分45.8秒 東経132度33分27.2秒 / 北緯34.246056度 東経132.557556度 / 34.246056; 132.557556
開業日 1990年3月18日
閉店日 2013年1月31日
施設所有者 株式会社そごう・西武・呉市(6・7階)
施設管理者 株式会社そごう・西武
土地所有者 呉市(8割)
商業施設面積 21,395 m²
中核店舗 そごう
営業時間 2階 - 6階・R階 10:00-19:00
1階食品売場 10:00-19:30
7階ブックガーデン廣文館 10:00-21:00
7階レストラン街 11:00-21:00(オーダーストップ20:30)
前身 呉そごう(旧称)
SOGO
株式会社呉そごう
Kure Sogo Co.,Ltd.
種類 株式会社(2002年9月1日で統合され消滅)
設立 1987年(昭和62年)9月26日
業種 小売業
事業内容 百貨店業
資本金 1億円
売上高 181億円(1998年2月期)
決算期 2月
主要株主 そごうグループ(1987年 - 2001年)
株式会社十合100%(2001年 - 2002年)
特記事項:2000年7月26日 民事再生手続開始決定。
2001年2月 100%減資を行い株式会社十合の完全子会社となる。
2002年9月1日 「十合」傘下の再生各社との合併により、百貨店運営会社「株式会社そごう(旧株式会社横浜そごう)」へ統合。
テンプレートを表示

そごう呉店(そごうくれてん)は、かつて広島県呉市にあった百貨店セブン&アイ・ホールディングス傘下の株式会社そごう・西武が「そごう」の屋号で運営していた店舗の1つである。

概要[編集]

地上7階建てで地下階は無い[1]呉駅とは2階のペデストリアンデッキで連絡し、さらに陸橋で国道31号を挟んだ道路の反対側とも連絡している。

通称:呉そごう。オープン時のキャッチフレーズは「呉ではじめての、都市型本格派百貨店[補足 1]

立地の経緯により、敷地の8割と建物の6・7階は呉市が所有し(後記参照)、年間1億円(2012年度)の賃料をそごう・西武呉市に支払っている[2]。営業末期はそごう広島店の分店扱いになっていた(呉そごう時代も、広島店の旧法人である株式会社廣島そごうからの出資を受けるなどつながりが深かった)。

当地には、呉市交通局の施設が存在した。1981年昭和56年)より再開発計画が検討され[3]、交通局は国鉄が所有する隣地に建築した新庁舎に1988年(昭和63年)2月1日に移転。同月8日に『呉駅前西地区第一種市街地再開発計画』が認可され、建築を開始した[4]1990年平成2年)3月3日に、同時に建築していた貸しビル『交通局西中央ビル』が完成。同月18日『呉駅前西地区再開発ビル』に、『呉そごう』は開店した[5]

建築は、第一種市街地再開発事業に基づき行われ、交通局の資産は再開発ビル(呉そごう)の6階と7階の一部と底地に権利交換された(新聞記事と一部異なる)[6]

2012年(平成24年)6月27日、運営するそごう・西武が、そごう呉店を2013年1月末で営業終了する方針であると発表した[7][8]。その予定通り、2013年(平成25年)1月31日に閉店した。

最盛期の売り上げは、1993年平成5年)2月期の212億円が最高であったが、呉駅の裏側に開店したゆめタウン呉の開店以降は売り上げは低迷。2012年平成24年)2月期で、89億円になっていた[9]

跡地の利用については2013年1月の閉店時点で決定していなかったが[10]、2013年8月に報道各社が、イズミを主体とし天満屋などが入店する、複合商業施設になると報じられた[11][12][13][14]。しかし、その後音沙汰は無いまま、2017年現在も空き店舗のままとなっている。

沿革[編集]

  • 1979年昭和54年) - 駅前周辺地区の基本構想を策定[15]
  • 1981年(昭和56年)6月 - 『呉駅前再開発特別委員会』設置
  • 1988年(昭和63年)
    • 2月8日 - 呉駅前西地区第一種市街地再開発計画認可
    • 8月 - 建物着工[15]
  • 1990年平成2年)
    • 3月1日 - 『呉駅前西地区再開発ビル』交通局権利分の貸付事業開始[16]
    • 3月18日 - 株式会社そごう(初代)の系列会社である株式会社呉そごうにより、そごうの27号店「呉そごう」として開店
    • 6月 - 事業終了の認可公告[15]
  • 2001年(平成13年) - そごうグループの民事再生法手続きの一環として、呉そごうも含めたグループ13社が休眠会社「株式会社十合(そごう)」の完全子会社化
  • 2002年(平成14年)
    • 2月 - 株式会社そごう(初代)が、現そごう横浜店の旧法人であった株式会社横浜そごうに吸収合併され解散、横浜そごうが株式会社そごう(2代目)に商号変更
    • 9月1日 - 株式会社そごうに吸収され、呉そごうは解散。店舗呼称を「そごう呉店」に変更
  • 2009年(平成21年)8月1日 - そごうを存続会社として、西武百貨店、持ち株会社ミレニアムリテイリングと合併、株式会社そごう・西武の運営となった
  • 2012年(平成24年)6月27日 - 運営するそごう・西武が、そごう呉店を2013年1月末で営業終了する方針であると発表した[7][8]
  • 2013年(平成25年)1月31日 - 閉店

館内[編集]

地上7階建てで、最上部に屋上階が存在した[1]

  • RF - ファミリーガーデン
  • 7F - レストラン街
  • 6F - 大催会場・子供服・おもちゃのフロア
  • 5F - 宝石・時計・メガネとくらしのフロア
  • 4F - メンズファッションとスポーツのフロア
  • 3F - レディスファッションのフロア
  • 2F - エレガンスファッションのフロア
  • 1F - フレッシュ&デリシャスフーズのフロア

不祥事[編集]

2008年から2009年にかけて、そごう呉店の外商担当の男性社員が一人暮らしの認知症の女性に近づき、絵画や貴金属など合わせて数百点、総額で約7千万円相当の商品を買わせていた事がわかった[17]。女性は「男性社員に買わされた」と話しており、実際に男性社員が女性を銀行に連れて行くなどして代金を振込まさせていた。

この男性社員は「認知症だとは知らなかった」などとしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ 日本百貨店協会に入っている系列の店舗としては呉初である。ただし、1970年代に『大呉百貨店』(ジャスコ系列・現『クレアル』)・『銀座デパート』(ニチイ系列・現在閉店)・『いづみ呉店』(イズミ系列・現『イズミシティパルク呉』)があり、当時の百貨店並みの施設を有していた。また、市内には小規模店舗の福屋呉店がある。

出典[編集]

  1. ^ a b そごう呉店:フロアガイド”. そごう・西武. 2012年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月11日閲覧。
  2. ^ 痛恨の極み…そごう呉店閉鎖 - 中国新聞 2012年6月28日
  3. ^ 『呉市交通局60年史』(以降『60年史』とする)77ページ
  4. ^ 『60年史』83ページ
  5. ^ 『60年史』86・87ページ
  6. ^ 『60年史』87ページ
  7. ^ a b お知らせ - 平成24年6月 株式会社そごう・西武 (PDF)
  8. ^ a b そごう呉店閉店へ(広島県) - 日テレニュース24
  9. ^ そごう呉店、来年初め閉鎖へ - 中国新聞 2012年6月28日
  10. ^ そごう呉店が23年の歴史に幕 - 中国新聞 2013年1月31日
  11. ^ そごう呉店 イズミが取得交渉 - NHK広島放送局 2013年8月13日
  12. ^ イズミ、そごう呉店跡優先交渉 百貨店復活も計画 - 日本経済新聞 2013年8月13日
  13. ^ イズミがそごうビル取得交渉 - 中国新聞 2013年8月13日
  14. ^ そごう呉店跡地 イズミが優先交渉権(広島県) - 日テレニュース24 2013年8月13日
  15. ^ a b c 呉市政概要(平成23年度版)09 建設 - 呉市議会 (PDF)
  16. ^ 『60年史』86ページ
  17. ^ 朝日新聞[リンク切れ]

参考書籍[編集]

  • 中国新聞 各バックナンバー - (中国新聞社
  • 呉市交通局60年史 - (呉市交通局
  • 呉市政概要(平成23年度版) - (呉市議会)

外部リンク[編集]