阪急伊丹線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊丹線
山陽新幹線高架下を走る伊丹線3000系(稲野 - 新伊丹間)
山陽新幹線高架下を走る伊丹線3000系
(稲野 - 新伊丹間)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 兵庫県尼崎市伊丹市
起点 塚口駅
終点 伊丹駅
駅数 4駅
路線記号 HK HK
開業 1920年7月16日
所有者 阪急電鉄
運営者 阪急電鉄
車両基地 西宮車庫
使用車両 運行形態・車両の節を参照
路線諸元
路線距離 3.1 km
軌間 1,435 mm標準軌
線路数 複線
電化方式 直流1,500 V 架空電車線方式
最小曲線半径 60 m
閉塞方式 自動閉塞式
最高速度 70 km/h
路線図
Hankyu Corporation Linemap.svg
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
ABZq+r
STRq
Number prefix Hankyu Kobe line.png 神戸本線
STRlf
STRlg
0.0 HK-06 塚口駅
BHF
1.4 HK-18 稲野駅
KRZu
JR西山陽新幹線 山陽新幹線
BHF
2.2 HK-19 新伊丹駅
eHST
伊丹駅 (震災時仮駅)1995-1999
KBHFe
3.1 HK-20 伊丹駅
阪急塚口駅から稲野方面の様子。半径60mのカーブは阪急の鉄道路線では最も急である

伊丹線(いたみせん)は、兵庫県尼崎市塚口駅から兵庫県伊丹市伊丹駅までを結ぶ阪急電鉄鉄道路線

福知山線(JR宝塚線)と並行しているが、こちらが伊丹市の中心地に近い。JRは尼崎市・伊丹市内では工業地帯の中を走るが、阪急伊丹線の塚口駅から新伊丹駅までの周辺は住宅地で、落ちつきのある場所に立地する。塚口駅構内にある15km/h制限のカーブと、伊丹駅南方にある緩いカーブを除き、ほぼ全線が直線となっている。終点の伊丹駅では駅ビルの3階に発着し、周辺は高層マンション、ビルやデパートなどに囲まれている。

なお戦前は、神戸(本)線に対する支線ということで、伊丹支線の表記も見られた。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):3.1km
  • 軌間:1435mm
  • 駅数:4駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線(ただし阪急塚口駅構内のみ単線)
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 最高速度:70km/h
  • 車両基地:西宮車庫

運行形態・車両[編集]

塚口駅 - 伊丹駅間の線内折り返し運転のみで、神戸本線との直通運転はない。昼間は10分間隔、平日朝ラッシュ時は5 - 7分間隔、平日夕ラッシュ時は7 - 8分間隔、土休日夜間は12分間隔で運行される。車両は3000系4両編成や7000系で運行されるが、同編成の全般検査時や車両故障、事故などの際には、5100系が代走することもある。

塚口駅構内で当線から神戸本線上り梅田方に線路が繋がっており、西宮車庫へ車両を引き上げる際には、一旦神戸本線に入りスイッチバックをして同駅構内(梅田方)の渡り線を使用して西宮車庫へ向かう。なお、同駅東側の兵庫県道13号尼崎池田線との立体交差工事中は神戸本線上の渡り線が撤去されたため、同線から西宮車庫へ車両を引き上げる際は園田駅まで行き折り返していたが、渡り線復活後の2006年10月28日のダイヤ改正時に同駅渡り線による折り返しが再開された。

1998年4月14日、同線を走行中の5200系車両 (5201F) が伊丹 - 新伊丹を走行中に床下から出火し走行不能となったため、同じく同線で運用中の3100系車両 (3159F) が牽引して8両編成の状態で西宮車庫へ向かうトラブルがあった。その際、代替車両として増結車の7000系2両編成2本(7035Fと7024F)を組み合わせた4両編成が運用に就いた。

歴史[編集]

阪急電鉄の前身である阪神急行電鉄が、1920年に神戸本線と同時に開業させた。

もともと神戸本線は、伊丹および門戸厄神東光寺付近を通る現在の山陽新幹線に近いルートでの敷設を予定していたが、それが小林一三の意向により阪神間を短距離で結べる塚口駅・西宮北口駅経由へ変更となったため、伊丹への連絡を図るための代替線として敷設されたものである。

開業時は単線で、後の1924年に開業した甲陽線とともに票券閉塞を行っていたが、戦時中の1943年に輸送力増強のため複線化された。戦時中に資材供給のために単線化された嵐山線とは対照的である。

延伸計画[編集]

1923年、阪神系列の宝塚尼崎電気鉄道(尼宝電鉄)が尼崎 - 西大島 - 宝塚間の鉄道免許を取得した。当初のルートは阪急伊丹線から離れた武庫川沿いであったが、後に、伊丹市街地を通るルートに変更を申請した。これは伊丹線にかなり近いルートであり、阪急ではこれへの牽制として、伊丹線を延伸する形となる塚口 - 尼崎間3.8kmと伊丹 - 宝塚間7.2kmの軌道特許を翌1924年5月19日に取得した。

しかし、尼宝電鉄の路線は着工はされたものの途中で中止され、道路(兵庫県道42号尼崎宝塚線)に転用された(現在阪神は同ルートを、阪神バス尼崎宝塚線(宝塚線)として運行中)。阪急の伊丹線延伸線は着工されることはなかった。軌道特許は廃止されることもなく存続されていたが、2005年2月23日に阪急が工事施行認可申請を取り下げ、軌道特許が失効した。

これ以外に能勢電鉄妙見線の延伸計画で乗り入れ構想もあったが、用地買収が困難なため、断念している。

関係会社による代行輸送[編集]

阪急電鉄が鉄道敷設を計画していた宝塚 - 有馬間の路線免許を取得した宝塚有馬自動車(現在の阪急バス[4])は、先述の阪急伊丹線や宝塚尼崎電気鉄道など、伊丹を中心とした鉄道の新線計画に対応するため、1928年6月、阪急宝塚から姥茶屋、阪急伊丹を経て伊丹植松間の路線免許を得たほか、1929年5月には伊丹・川西呉服橋間の営業を開始するなどして、阪急電鉄や能勢電鉄の計画線の代行輸送機関としての役割を果たしつつ、阪急沿線の路線拡張をはかっていった。阪急伊丹・阪急宝塚間の計画線の代行輸送機関の役割を担う、同社・大鹿線(宝塚 - 大鹿 - 阪急伊丹間の8.7km)は、その後、阪急バスの伊丹宝塚線(阪急伊丹 - 安倉 - 阪急宝塚系統)として運行されたが、1971年1月に廃止された。廃止代替路線として空港宝塚線(大阪国際空港 - 阪急宝塚)が開設された。[5]

駅一覧[編集]

全駅兵庫県に所在。駅番号は2013年12月21日より導入[2][3]

駅番号 駅名 駅間営業キロ 累計営業キロ 接続路線 所在地
HK-06 塚口駅 - 0.0 阪急電鉄■ 神戸本線 尼崎市
HK-18 稲野駅 1.4 1.4   伊丹市
HK-19 新伊丹駅 0.8 2.2  
HK-20 伊丹駅 0.9 3.1  
  • 阪急伊丹駅から福知山線(JR宝塚線)の伊丹駅へは直線距離で東に650m離れている。徒歩約8分。

脚注および参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「阪神大震災から1年」、『鉄道ジャーナル』第30巻第4号、鉄道ジャーナル社1996年4月、 86-88頁。
  2. ^ a b 〜すべてのお客様に、よりわかりやすく〜「西山天王山」駅開業にあわせて、「三宮」「服部」「中山」「松尾」4駅の駅名を変更し、全駅で駅ナンバリングを導入します (PDF) - 阪急阪神ホールディングス、2013年4月30日
  3. ^ a b 阪急京都線 大山崎駅〜長岡天神駅間で建設中の『西山天王山駅』を2013年12月21日に開業します! (PDF) - 阪急阪神ホールディングス、2013年6月5日。
  4. ^ 1927年に阪急電鉄の資本参加を得て開業。1930年に阪急バスの前身である阪神合同バスによって株式を一部買収された後、1939年に阪神合同バスに吸収合併された。
  5. ^ 運行開始にいたる経緯については、阪急バス株式会社社史編集委員会 「第8章 宝塚有馬自動車の吸収合併」『阪急バス50年史』 阪急バス株式会社、1979年、pp. 56-62。

関連項目[編集]