日本鉄道旅行地図帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本鉄道旅行地図帳(にっぽんてつどうりょこうちずちょう)とは新潮社が編集・発行するムックで、新潮「旅」ムックの一シリーズである。判型はB5中綴じで、副題は「全線・全駅・全廃線」。地図研究家の今尾恵介がシリーズを監修している。

2008年5月の創刊以降、毎月18日に各号を発行。全12号と別巻3冊・増結(白地図帳)の全16冊[1]。全号を綴じるための専用バインダーも販売されている。

概要[編集]

日本初の正縮尺の鉄道地図を売りとし、鉄道旅行をする上での見所をまとめた「鉄道旅行地図」を掲載している。また現存する鉄道路線だけでなく廃止された路線廃駅、さらには貨物鉄道鉱山鉄道森林鉄道専用鉄道をも取り上げ「廃線鉄道地図」として地図上で路線を再現している。

巻頭は地図帳、巻末は「駅名一覧」を掲載しこの駅一覧では廃駅の情報なども含めてそれぞれの路線の沿革が分かるようにもなっている。この他、コラムや特集、連載も載せられている。

連載記事[編集]

各号一覧[編集]

全12号および別巻3冊・増結(白地図帳)の全16冊で構成される。巻末の次号予告の欄は各鉄道の駅名標を模したものになっており、表紙の上部に書いてある車両や周りの色も10号と増結を除き次号予告と同じ鉄道をイメージしている。

満洲朝鮮復刻時刻表[編集]

別巻2冊の発売に合わせて刊行。全4冊函入仕様。

  • 満洲朝鮮復刻時刻表 附 台湾・樺太復刻時刻表

DVD・にっぽんの車窓絶景100選[編集]

連載記事「車窓絶景100選」で紹介された車窓の風景を収録したDVD。全巻とも2009年7月24日発売[2]

各巻の収録内容[編集]

1号 北海道・東北篇
ACBW-10708
2号 関東・北信越・東海篇
ACBW-10709
3号 関西・中国・四国・九州篇
ACBW-10710

トピックス[編集]

  • 同書は発行元の予想を大きく超える売上を記録し、『九州編』の刊行時には累計135万部[3]、『歴史編成』2冊の刊行時には150万部を突破した。
  • 2010年5月からは、優等列車の改廃を主眼にした同じスタッフによる『日本鉄道旅行歴史地図帳』シリーズが刊行された。

脚注[編集]

  1. ^ 当初は別巻1冊で全14冊の予定であった。
  2. ^ にっぽんの車窓絶景 「日本鉄道旅行地図帳」より 7/24(金)DVD発売決定!(アスミック・エースエンタテインメント)
  3. ^ 産経新聞2009年4月20日付、「日本鉄道旅行地図帳」が135万部の大ヒット [1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]