武庫之荘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武庫之荘駅
Hankyu Mukonoso Station North Gate.jpg
北口(2020年4月7日)
むこのそう
Mukonoso
HK-06 塚口 (2.1 km)
(3.3 km) 西宮北口 HK-08
所在地 兵庫県尼崎市武庫之荘一丁目1番1号[1]
北緯34度45分5.82秒 東経135度23分35.21秒 / 北緯34.7516167度 東経135.3931139度 / 34.7516167; 135.3931139 (武庫之荘駅)座標: 北緯34度45分5.82秒 東経135度23分35.21秒 / 北緯34.7516167度 東経135.3931139度 / 34.7516167; 135.3931139 (武庫之荘駅)
駅番号 HK07
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 神戸本線
キロ程 12.3 km(大阪梅田起点)
駅構造 地上駅[2]
ホーム 2面2線[2]
乗降人員
-統計年度-
(通年平均)38,900人/日
-2020年-
乗降人員
-統計年次-
(1日平均)48,268人/日
-2020年-
開業年月日 1937年昭和12年)10月20日[2]
テンプレートを表示

武庫之荘駅
配線図

塚口駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

西宮北口駅

南口(2020年4月7日)
ホーム(2008年3月2日)

武庫之荘駅(むこのそうえき)は、兵庫県尼崎市武庫之荘一丁目にある、阪急電鉄神戸本線[2]。駅番号はHK-07

歴史[編集]

開業当初、駅名は仮名交じりで「武庫荘」と表記されていたが、阪急電鉄創始者の小林一三が「漢字と仮名を混用するのはよくない」と意見したため、のちにすべて漢字を用いて「武庫荘」と表記されるようになった[1]

  • 1937年昭和12年)10月20日 - 阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)神戸本線の塚口駅 - 西宮北口駅間に新設開業[3]
  • 1970年(昭和45年)4月 - 武庫之荘南部土地区画整理事業にあわせ駅南改札口開設。
  • 1982年(昭和57年)2月8日 - ダイヤ改正で平日の朝ラッシュ時に当駅始発の普通梅田行きが1本設定される[4]
  • 1995年平成7年)6月12日 - ダイヤ改正で平日の朝ラッシュ時の梅田方面のみ通勤急行停車駅となる。
  • 2001年(平成13年)3月10日 - ダイヤ改正で平日の夕ラッシュ時の三宮方面行きも通勤急行停車駅となる。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月1日 - のりば番号が設定される。
    • 4月2日 - バリアフリー化工事が竣工。上下線ホーム間を連絡する跨線橋と、跨線橋上部とホームを連絡する構内エレベーター(上下線各1基)を新設。下り線ホームにオストメイト対応多機能トイレを新設。南改札口に構外エレベーターを新設。
  • 2013年(平成25年)12月21日 - 駅ナンバリング(HK-07)が導入される[5][6]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅[2]分岐器絶対信号機を持たないため、停留所分類される。元々待避線の設置を考慮した駅構造で、駅敷地やホームの端部にその名残があるが、待避線を設置したことはない。

ホームの有効長は10両であるが、現在10両の列車は当駅に停車しないため、ホームの大阪側末端部には立入禁止の柵が設置されている。2016年(平成28年)3月19日のダイヤ改正以前は、西宮北口-梅田間において10両編成の通勤急行が運行されていた。

駅舎は神戸三宮寄りに設けられており、下り線側が南口、上り線側が北口となる。どちらも地上駅舎で各ホーム間は地下道およびエレベーター併設の跨線橋により連絡している[2]。なお、改札外にも尼崎市が管理する地下自由通路と有料駐輪場が設けられている[2]

トイレは北改札口内と下り線ホーム神戸三宮寄りに設置され、多機能トイレを併設する。

南口ホーム下り線側にはの木の並木が植えられている。

のりば[編集]

号線 路線 方向 行先
1 神戸本線 下り 神戸三宮西宮北口新開地宝塚方面
2 上り 大阪梅田十三伊丹京都北千里方面

優等列車通勤急行が停車する。通勤急行は、上りは3駅通過、下りは各駅停車である。また平日の朝ラッシュ時には当駅始発の普通大阪梅田行きが1本設定されている。

日中は、上下とも毎時6本が発車する。

利用状況[編集]

2020年(令和2年)次の通年平均乗降人員38,900人である。阪急電鉄全線では第9位、神戸本線では大阪梅田駅、神戸三宮駅、西宮北口駅、十三駅に次ぐ第5位で、特急通過駅では第1位である[7]

駅勢圏が比較的広く、尼崎市内のみならず隣接する伊丹市からも当駅を利用する者が多い。

近年の平均乗車・乗降人員数は下表のとおり。

年次 1日平均 出典 平日限定平均 通年平均
乗降人員 乗車人員 乗降人員 乗車人員 乗降人員 乗車人員
2000年(平成12年) 61,508 30,912 [8][リンク切れ]
2001年(平成13年) 61,680 31,442 [8][リンク切れ]
2002年(平成14年) 60,223 30,645 [8][リンク切れ]
2003年(平成15年) 59,881 30,653 [8][リンク切れ]
2004年(平成16年) 58,758 30,078 [8][リンク切れ]
2005年(平成17年) 59,313 30,028 [8][リンク切れ]
2006年(平成18年) 57,623 28,916 [9][リンク切れ]
2007年(平成19年) 57,201 28,824 [10][リンク切れ] 53,633 27,117
2008年(平成20年) 59,327 28,806 [11][リンク切れ] 54,220 27,427
2009年(平成21年) 58,164 28,986 [12][リンク切れ] 53,504 27,025
2010年(平成22年) 57,534 28,893 [13] 53,482 27,008
2011年(平成23年) 58,246 29,384 [14] 53,210 26,839
2012年(平成24年) 58,670 29,661 [15] 53,510 26,979
2013年(平成25年) 58,877 29,809 [16] 53,805 27,134
2014年(平成26年) 60,025 30,447 [17] 53,797 27,115
2015年(平成27年) 60,183 30,593 [18] 53,601 26,989
2016年(平成28年) 59,095 29,951 [19] 48,451 24,358
2017年(平成29年) 59,363 30,047 [20] 48,733
2018年(平成30年) 59,650 30,133 [21] 48,895
2019年(令和 元年) 61,580 31,125 [22] 49,963
2020年(令和02年) 48,268 24,488 [23] 38,900


駅周辺[編集]

パンフレット「武庫之荘大住宅地」表紙(1937年頃)
駅前公園の構造物は現存する。
阪急経営武庫之荘住宅地案内図(1937年頃)

阪急電鉄が総面積6万坪の住宅地を売り出すために駅を設置したという経緯があり、駅周辺は阪神間モダニズムの面影を残す住宅地[24][25][26]となっている。駅北側・駅南側ともに駅から200メートル圏内に信号機は設置されていない。駅敷地内や線路沿いには桜並木整備されている。

阪急神戸本線で開設当初から駅前ロータリーが設けられた唯一の駅であり、駅南側の山手幹線までの並木道六甲山系アイストップである駅北側の水路沿いの道が、それぞれ街のメインストリートになっている。

周辺に駐輪場が十分に整備されていないこともあり、放置自転車が多い駅として調査結果が発表されている[27]

バス路線[編集]

阪神バス

伊丹立花線[29]を除きすべての路線が尼崎市内線[30]。北口は「阪急武庫之荘 (北)」、南口は「阪急武庫之荘 (南)」停留所。1986年の改編まで、停留所名は北口が「武庫之荘」、南口が「武庫之荘南口」となっていた。

北口[編集]

  • 1番のりば
    45番 - 武庫営業所 行(武庫之荘1丁目•武庫之郷•西武庫公園経由)
    46番 - 武庫営業所 行(武庫之荘3丁目•西武庫•西武庫公園経由)
  • 2番のりば
    40番 - 宮ノ北団地 行(野間西•時友•常陽中学校•西昆陽経由)
    41番 - 宮ノ北団地 行(武庫之郷•武庫小学校前•常陽中学校•西昆陽経由)
    41-2番 - 宮ノ北団地 行(武庫之郷•武庫西生涯学習プラザ前•常陽中学校•西昆陽経由、平日のみ運行)
  • 3番のりば
    48番 - JR尼崎 (南) 行(尼崎北小学校•栗山町2丁目•尾浜西口•スポーツセンター経由、平日のみ運行)
    48-2番 - JR尼崎 (北) 行 (尼崎北小学校•栗山町2丁目•尾浜西口•尼崎東警察署前経由)
    伊丹立花線(番号なし) - 金井町 行(武庫の郷•昆陽里•西野経由)/JR立花 (上) 行(富松城跡•北雁替公園前•裁判所経由)

南口[編集]

  • 4番のりば
    15番 - 阪神尼崎 (北) 行(裁判所、JR立花 (上)、市役所、中央公民館経由)
    47番 - 武庫川 行(北雁替公園前、裁判所、JR立花 (上)、今北、尼崎西消防署、大庄西経由)
    47-2番 - 武庫川 行(北雁替公園前、裁判所、JR立花 (上)、今北、労災病院、稲葉荘1丁目、大庄西経由)
    AD1番 - 尼崎ドライブスクール前 行(北雁替公園前、裁判所、JR立花 (上)、市役所、昭和通8丁目、阪神尼崎 (北)、県立尼崎高校前東大物町1丁目阪神大物経由)
  • 5番のりば
    43・43-2番 - 阪神尼崎 (北) 行(労災病院、JR立花 (下)、市役所、上下水道庁舎前尼崎総合医療センター、東難波町3丁目経由)
    49番 - 阪神出屋敷 行(労災病院、JR立花(下)、市役所、昭和通8丁目経由、平日午前2便のみ運行)
    55番 - JR尼崎 (南) 行 (労災病院、JR立花(下)、市役所、上下水道庁舎前、尼崎総合医療センター、東難波町3丁目、波洲橋経由)
  • 6番のりば
    43番 宮ノ北団地 行(近畿中央病院、野間西、常松、西昆陽経由)
    43-2番 武庫営業所 行(近畿中央病院、野間西、常松、武庫小学校前、西武庫公園経由)
    47・47-2・AD1番 - 武庫営業所 行(守部公園、西武庫公園経由)

その他[編集]

  • 優等列車の停車駅に挟まれているため、列車の通過時刻が近接しており、当駅東側に隣接する中山街道踏切など周辺の踏切ボトルネック踏切として指定されている[31]
  • 駅名標や広告の看板が障害となり、ホームから駅南側に植樹された桜並木の観桜ができないとする投書が若柳吉古錦(桂米朝 (3代目)夫人)より寄せられ、阪急側はそれに応じるかたちで小型のつり下げ看板に改めた[32]
  • 1970年代には、北改札に学生専用入口が設定され、朝ラッシュ時のみ使用されていた。通学定期券を所持する学生服着用の学生・生徒のみが利用可能だったが、定期券自動改札機に通す手間を省けることから、学生・生徒以外の利用も多かった。不正乗車防止[33]のため、時々入口を開放しない日があった。専用入口はフェアライドシステム導入前の1991年まで使用された。
  • 北改札側の売店ラガールショップ)は、学生専用入口閉鎖後に移転されたもので、改札外からの購入も可能となっている。1995年、通勤急行の運行開始に先駆けて、上りホームの有効長を10両編成分に対応させるため、上りホーム西側に設置されていた地下通路に接続する階段を廃止し、売店を移転した上でかつて売店が立地した部分に新階段を設置した。
  • 駅西側750メートルほどの所で、兵庫県道42号尼崎宝塚線(尼宝線)が神戸本線を乗り越している[2]。もとは阪神電気鉄道宝塚を目指し建設した宝塚尼崎電気鉄道未成線を流用したもので、阪神バスが杭瀬駅・尼崎駅・甲子園駅 - 宝塚駅間の路線を運行している。交差地点の北側に停留所があるが、駅からは離れているにも関わらず「武庫荘駅西口」(表記上「之」は入らない)という名称となっている。「兵庫県道42号尼崎宝塚線#バス停留所」も参照。

隣の駅[編集]

阪急電鉄
神戸本線
特急・通勤特急・快速急行・急行・準急
通過
通勤急行・普通
塚口駅 (HK-06) - 武庫之荘駅 (HK-07) - 西宮北口駅 (HK-08)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『阪急ステーション』阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、55頁。ISBN 4-89485-051-6 
  2. ^ a b c d e f g h 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、75頁。ISBN 9784343006745 
  3. ^ 曽根悟(監修) 著、朝日新聞出版分冊百科編集部 編 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』 12号 阪神電気鉄道 阪急電鉄 2、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年10月、27-29頁。ISBN 978-4-02-340142-6 
  4. ^ 改正時の駅別時刻表には、当時行われていた西宮北口駅改良工事期間中のみの運行予定である旨明記されていた。
  5. ^ “「西山天王山」駅開業にあわせて、「三宮」「服部」「中山」「松尾」4駅の駅名を変更し、全駅で駅ナンバリングを導入します” (PDFlink) (プレスリリース), 阪急電鉄株式会社, (2013年4月30日), オリジナルの2013年12月15日時点におけるアーカイブ。, https://megalodon.jp/2013-1215-0920-39/holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/ER201304306N1.pdf 2016年4月8日閲覧。 
  6. ^ “阪急電鉄:21日から駅名変更 宝塚線、中山駅→中山観音駅 神戸線、三宮駅→神戸三宮駅 京都線新駅開業に合わせ”. 毎日新聞(朝刊) (毎日新聞社): p. (地方版/兵庫)p.24. (2013年12月19日) 
  7. ^ 阪急電鉄 鉄道情報ホームページ 駅別乗降人員
  8. ^ a b c d e f 尼崎市統計書(平成18年) (PDF)
  9. ^ 尼崎市統計書(平成19年) (PDF)
  10. ^ 尼崎市統計書(平成20年) (PDF)
  11. ^ 尼崎市統計書(平成21年) (PDF)
  12. ^ 尼崎市統計書(平成22年) (PDF)
  13. ^ 尼崎市統計書(平成23年) (PDF)
  14. ^ 尼崎市統計書(平成24年) (PDF)
  15. ^ 尼崎市統計書(平成25年) (PDF)
  16. ^ 尼崎市統計書(平成26年) (PDF)
  17. ^ 尼崎市統計書(平成27年) (PDF)
  18. ^ 尼崎市統計書(平成28年) (PDF)
  19. ^ 尼崎市統計書(平成29年) (PDF)
  20. ^ 尼崎市統計書(平成30年) (PDF)
  21. ^ 尼崎市統計書(令和元年) (PDF)
  22. ^ 尼崎市統計書(令和2年) (PDF)
  23. ^ 尼崎市統計書(令和3年) (PDF)
  24. ^ “モダンの記憶:阪急住宅・武庫之荘”. 読売新聞. (2003年4月20日). オリジナルの2010年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101213161714/http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/feature/kobe1196814274272_02/news/20071205-OYT8T00065.htm 2022年6月17日閲覧。 
  25. ^ 国土交通省 平成18年度 都市景観大賞「美しいまちなみ特別賞」
  26. ^ 阪急沿線 ちょい駅散歩 21駅目 武庫之荘駅 (PDF)”. 阪急電鉄 (2010年4月1日). 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年6月17日閲覧。
  27. ^ 駅周辺における放置自転車等の実態調査の集計結果 平成26年3月(13頁) (PDF) 内閣府
  28. ^ 兵庫県立であったが2012年より尼崎市に移管。西武庫公園のご案内(尼崎市ホームページ、2012年8月23日閲覧)
  29. ^ 後乗り前降り・運賃後払い。
  30. ^ 旧・尼崎市交通局の路線。前乗り後降り・運賃先払い。
  31. ^ 関連する外部リンク:
  32. ^ 阪急電鉄株式会社 『阪急電車駅めぐり 空から見た街と駅 神戸線の巻』阪急電鉄総務部広報課、大阪、1980年。 
  33. ^ 当駅の学生入口と塚口駅の通勤者出口を利用すると無賃乗車となってしまう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]