出屋敷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
出屋敷駅
北口
北口
でやしき - Deyashiki
◄HS 09 尼崎
(1.2km)
所在地 兵庫県尼崎市竹谷町2
駅番号 HS 10
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 10.1km(梅田起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
10,722人/日
-2013年-
開業年月日 1905年明治38年)4月12日
テンプレートを表示
ホーム

出屋敷駅(でやしきえき)は、兵庫県尼崎市竹谷町にある、阪神電気鉄道本線。駅番号はHS 10

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。改札口は2階、ホームは3階にあり、ホームは線路部分も含め完全に天井に覆われている。改札口は東西に各1か所。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 本線 上り 尼崎大阪(梅田)難波奈良方面
2 本線 下り 神戸(三宮)明石姫路方面

※実際には構内にのりば番号表記はないが、公式サイトの構内図では上りホームが1番のりば、下りホームが2番のりばとされている。ホーム有効長は阪神車両8両編成分で、近畿日本鉄道車両の6両編成は停車可能。ただし停車する営業列車は4両編成のみである。

出屋敷駅配線略図

梅田方面
出屋敷駅配線略図
三宮・元町方面
凡例
出典:[1]


利用状況[編集]

2013年(平成25年)度の1日平均乗降人員10,722人である[2]

各年度の1日平均乗車・乗降人員数は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
2002年 11,059 5,550 [3]
2003年 10,534 5,275 [3]
2004年 10,101 5,000 [3]
2005年 9,810 4,897 [3]
2006年 9,611 4,755 [4]
2007年 9,802 4,853 [5]
2008年 10,235 5,036 [6]
2009年 11,129 5,454 [7]
2010年 11,184 5,515 [8]
2011年 11,146 5,508 [9]
2012年 10,865 5,358 [10]
2013年 10,722 5,358 [2]

駅周辺[編集]

当駅から東方の尼崎駅にかけては尼崎市の中心部であり、駅北の「出屋敷商店街」は、1990年に再開発され阪神本線が高架化されるまでは、尼崎駅まで線路際に露天商が立ち並び、駅周辺は南部工業地帯の労働者向けの簡易宿所飲み屋パチンコ店など歓楽施設が雑居する、アーケードつきの商店街であった。1980年代に入るまでの最盛期は、南部工業地帯の労働者に支えられ、深夜まで人通りが絶えなかった。

1990年の再開発後は、ほとんどの商店は立ち退き、バスロータリーとなった。残る商店は後段の「リベル」に入居したが、2000年代以降も営業している店舗は一割程度である。

立ち退きにかからなかった商店によって、規模は縮小したものの北・東方へ商店街が残存し、尼崎中央・三和・出屋敷商店街として繋がっている。ただし、当駅周辺は不況と商店主の高齢化シャッター通り化が著しく進んでいる。

リベル
  • リベル - 当駅付近の連続立体交差事業と並行して、出屋敷商店街の再開発事業で建設された複合商業ビル。駅高架化に先立ち、1990年3月21日に商業施設がオープンした。
    • その後、核テナントであったダイエーが2005年10月31日に閉店するなど、専門店の大半が撤退したが、空フロアにはエディオン(旧ミドリ電化尼崎店からの移転)が2006年10月20日に開店、続いて関西スーパーが2008年4月26日に開店したほか、一部フロアは事務所に改装されている。
尼崎天満座(尼崎市昭和南通四丁目62へ移転後)※一時休館前

バス路線[編集]

バスが発着する北側駅前広場 バスが発着する北側駅前広場
バスが発着する北側駅前広場

尼崎市営バス - 北口ロータリー内に「阪神出屋敷」停留所がある。

  • 1番のりば
    • 80-1番 - 道意→八幡橋→元浜→武庫川→大庄西→阪神出屋敷(循環)
    • 85番 - 末広町[12] 行(道意、鶴町経由、平日朝のみ)
  • 2番のりば
  • 3番のりば
    • 50番 - JR尼崎(南) 行(稲葉荘1丁目、労災病院、JR立花(下)、市役所、水道局、尼崎総合医療センター、波洲橋経由)
    • 50-2番 - 阪神杭瀬 行(稲葉荘1丁目、労災病院、JR立花(下)、市役所、水道局、尼崎総合医療センター、波洲橋、JR尼崎(南)、工業高校、杭瀬団地経由)
  • 4番のりば
    • 80-2番 - 琴浦神社→大庄西→武庫川→元浜→道意→阪神出屋敷(循環)

阪神バス - 北口ロータリー内「阪神出屋敷」と南口の路上に「出屋敷」停留所がある。

  • 北口1番のりば・路上南行
    • 尼崎スポーツの森線・宝塚ローカル線 - 末広町[13]・尼崎スポーツの森 行(尼崎市営85番と大部分が同じルート)
    • 西宮尼崎線(臨港線) - 阪神西宮 行(高洲・阪神甲子園・浜甲子園・阪神今津駅前経由、土休日1便のみ)
  • 路上北行
    • 西宮尼崎線(臨港線) - 阪神尼崎 行(土休日1便のみ、北口ロータリーには乗り入れない)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
本線
直通特急・特急・区間特急・快速急行・急行・区間急行
通過
普通
尼崎駅 (HS 09) - 出屋敷駅 (HS 10) - 尼崎センタープール前駅 (HS 11)

かつて存在した路線[編集]

阪神電気鉄道
尼崎海岸線
出屋敷駅 - 高洲駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ その後は三和本通商店街の旧マイカルニチイサティビブレマイカルナック と業態転換したのち撤退)の店舗ビル2階に、パチンコ店と同居、2006年には阪神尼崎駅近くの昭和南通四丁目へ再移転したが、2013年7月よりビル建替えのため休館中。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]