青木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青木駅
下り高架駅舎と上り地下改札入口
下り高架駅舎と上り地下改札入口
おおぎ
Ogi
HS 21 深江 (1.1km)
(1.2km) 魚崎 HS 23
所在地 神戸市東灘区北青木三丁目2番1号
駅番号 HS 22
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 本線
キロ程 22.6km(梅田起点)
駅構造 (上り)地上駅
(下り)高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
7,490人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
(11月平均)14,856人/日
-2017年-
開業年月日 1905年明治38年)4月12日[1]
テンプレートを表示

青木駅(おおぎえき)は、兵庫県神戸市東灘区北青木三丁目にある、阪神電気鉄道本線[1]。駅番号はHS 22

平日朝ラッシュ時上りのみ運行される区間特急の停車駅であるが、昼間・夜間時間帯および土曜・休日に停車する優等列車は設定されていない。

一般的に「あおき」と読まれる表記であるが、当駅名および周辺の地名は「おおぎ」と読み、難読名として知られる。

なお「おうぎ」と表記するのは誤り。

歴史[編集]

観梅客で賑わう青木駅。スタンプからして1907年(明治40年)か。
  • 1905年明治38年)4月12日 - 阪神本線の開通と同時に開業[1]
  • 1995年平成7年)
    • 1月17日 - 阪神・淡路大震災で被害を受け、阪神本線は不通となり、当駅も一時営業中止[1]
    • 1月26日 - 甲子園駅 - 当駅間復旧により営業再開[1]
      阪神間を結ぶ路線の中では、震災後最も早く神戸市内までの運転復旧を行ったため、一時は「被災地の玄関駅」の役割を果たすこととなり、当時の青木駅は大混雑を呈していた。単なる中間駅で、かつ難読駅であった青木駅は、この出来事により広く関西在住者に知られるようになった。
    • 2月11日 - 当駅 - 御影駅間復旧[1](その後同年6月26日に全線復旧[2])。
  • 2001年(平成13年)3月10日 - 区間特急、快速急行急行が全列車停車となる(それまでは一部時間帯に急行が停車していたのみ。一時期快速急行が片道のみ停車していた時期もあった)。
  • 2007年(平成19年)3月4日 - 2月6日に当駅周辺のマンション建設現場で発見された不発弾処理のため、本線西宮駅 - 御影駅間が区間運休となる。
  • 2009年(平成21年)
    • 3月20日 - この日の改正をもって快速急行の停車が取りやめられ(同時に急行は乗り入れ中止[注 1])、当駅に停車する優等列車は区間特急(新ダイヤでの実際の運行開始は3月23日から)のみとなる。
    • 4月18日 - 高架化工事の進捗に伴い上り線が仮線に切り替えられる。
  • 2010年(平成22年)10月2日 - 高架化工事の進捗に伴い下り線が仮線に切り替えられる。
  • 2015年(平成27年)12月12日 - 下り線が高架に切り替えられる。

駅構造[編集]

高架化された下りホーム

島式ホーム2面4線を有する高架駅(下り)および地上駅(上り)で、待避設備を備える。連続立体交差事業による高架工事中で、2015年12月12日から下り線が高架化され、上り線は高架化に伴う仮線となっている。駅舎(改札口)については、下りは2階にあり出入口は南側1か所、上りは地下にあり出入口は南北に各1か所配置されている。上り改札口からの通路はホームの梅田寄りに通じている。なお北側入口は高架工事の進捗に伴い仮線に支障しない位置へと移動した。ホーム有効長は上りが19m級の阪神車6両編成対応の120mで、下りが21m級の近鉄車6両編成対応の130mである[3]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 本線 上り 尼崎大阪(梅田)難波奈良方面
3 下り 神戸(三宮)明石姫路方面
4 回送列車待避用


青木駅配線略図

梅田方面
0 0 0 0D24-2
0
sensd voie bifbg sensd
sensg bifhd voie sensg
0
0

三宮・元町方面
凡例
出典:[1][4]


1番線が上り待避線、2番線が上り本線、3番線が下り本線、4番線が下り待避線、という構成。

1番線は主に平日朝の区間特急の待避[注 2]に使用され、4番線は回送列車が通過列車を待避する際に使用される。平日朝以外の営業列車は2番線と3番線のみ使用する。

阪神甲子園球場でのプロ野球等のイベント開催時には回送列車が1番線に待機し、イベント終了後に甲子園駅へ移動して梅田行きの臨時列車として運行される。仮線切り替えに伴う渡り線の撤去により4番線で待機した後に梅田方面へ出発する運用はない。

利用状況[編集]

2017年11月の1日平均乗降客数は14,856人で、本線33駅中18位(17位=春日野道駅、19位=姫島駅、西隣:魚崎駅=8位、東隣:深江駅=13位)である。

過去には多くの優等列車が停車していた時期があったが、利用客数が減ったため、2009年3月20日のダイヤ改正で区間特急・普通のみの停車となった。その後も乗降客数は減少が続いている。

駅周辺[編集]

  • 神戸青木郵便局
  • 瀬戸公園
  • 小寄公園(旧:本山交通公園) - 神戸市電の「1155号」と石原産業の蒸気機関車「S108号」が保存されている[1][5]
  • 神戸市立東灘体育館
  • 市営青木南住宅
  • 八坂神社
公的機関
  • 神戸市役所 保健福祉局 児童福祉部児童家庭課 北青木児童館
教育機関
法人・店舗

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
本線
直通特急・特急・快速急行・急行
通過
区間特急(平日朝ラッシュ時、梅田行きのみ運転)・普通
深江駅 (HS 21) - 青木駅 (HS 22) - 魚崎駅 (HS 23)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 急行については2016年に下りの御影行1本が復活したものの、当駅には停車しない。
  2. ^ 2016年3月19日からのダイヤ改正で区間特急の始発駅が御影に変更されたため、当駅では後続の直通特急と快速急行の待避を行っている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、37頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ 『不死鳥レールウェイ』 神戸新聞総合出版センター、2010年1月17日、126頁。ISBN 978-4-343-00537-3
  3. ^ 阪神本線連続立体交差事業、魚崎から芦屋間3.4kmが本格化
  4. ^ 『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第7巻 大阪エリア-神戸駅』 川島令三 編著、講談社〈図説 日本の鉄道〉、2009年ISBN 978-4-06-270017-7 28頁
  5. ^ 名取紀之 (2015年3月11日). “神戸市電の保存車たち。(上)”. 編集長敬白(鉄道ホビダス). 2016年4月15日閲覧。
  6. ^ ヤマダ電機HPテックランド神戸店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]