武庫川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武庫川駅
西宮市側駅舎。右奥が武庫川線ホーム(2005年6月21日)
西宮市側駅舎。右奥が武庫川線ホーム(2005年6月21日)
むこがわ - Mukogawa
兵庫県西宮市武庫川町2(武庫川線)[1]
兵庫県尼崎市大庄西町1(本線)[1]
駅番号 HS 12
所属事業者 Hanshin-logo-black.png阪神電気鉄道
駅構造 地上駅(武庫川線)[1]
橋梁上駅(本線)[1]
ホーム 1面2線(武庫川線)[1]
2面2線(本線)[1]
乗降人員
-統計年度-
28,573人/日
-2014年-
開業年月日 1905年明治38年)4月12日[1]
乗入路線 2 路線
所属路線 本線
キロ程 12.0km(梅田起点)
鳴尾 HS 13► (1.2km)
所属路線 武庫川線
キロ程 0.0km(武庫川起点)
(0.7km) 東鳴尾 HS 53►
テンプレートを表示
武庫川の上をまたいでホームが設置されている(2007年2月15日)

武庫川駅(むこがわえき)は、阪神電気鉄道[1]。駅番号はHS 12兵庫県尼崎市西宮市に跨っている[1]

急行区間急行停車駅で、平日の朝晩を除き快速急行も停車する[1]

利用可能な鉄道路線[編集]

歴史[編集]

武庫川駅の三線軌条を通過する国鉄貨物列車と停車中の1121号。1121号の尾灯の個数、取り付け位置やドアの張出しステップさらに行く先板が「武庫川・洲先」であることから1950年代半ば撮影と思われる
武庫川線ホームに停車中の阪神3301形(1981年6月)

駅構造[編集]

本線[編集]

本線は武庫川にかかる橋梁上に相対式ホーム2面2線を有する[1]分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。武庫川線の接続駅であるが、武庫川線への連絡線は当駅ではなく当駅 - 鳴尾駅間にある[1]武庫川信号場で分岐している。

ホーム有効長は阪神車両6両編成分の長さだったが、2008年にホームが延長され近畿日本鉄道車両6両編成分の長さになった。同時にLED式の案内表示装置が設置されている。さらに自動放送についても詳細タイプとなったが、2009年1月現在、文面上でのりば番号は省かれている(芦屋駅と同じタイプ)。

武庫川線[編集]

武庫川線ホームは西宮市側の地上部にあり、島式ホーム1面2線を有する[1]。西側の線路は行き止まり、東側の線路は引き上げ線および本線への連絡線に続いている[1]。ただし、旅客列車は東側の線路しか使用されず、西側の線路には場内・出発信号機とも設置されていない。実質的には単式ホーム1面1線である。

駅舎[編集]

橋の両端、つまり西宮市側・尼崎市側の双方にある[1]。尼崎市側は武庫川堤防上に本線の上下線それぞれのホームに接する形で駅舎(改札口)がある[1]。西宮市側は武庫川線ホームに接する形で堤内の地上部分に駅舎がある[1]

武庫川橋梁上の本線ホームと堤内にある武庫川線ホームの間は連絡通路が設けられている[1]。西宮市側の駅舎内、武庫川線ホーム入り口には中間改札があり、本線からの乗り換え客・当駅で改札口から入場した客はもう一度改札を通過する必要がある[1]

かつては西宮市側には駅舎はなかった[1]。本線から武庫川線へと乗り継ぐためにはいったん尼崎市側の改札から出場したのち、橋梁の最も南側にホームに隣接する形で設置されている改札外連絡通路で武庫川を渡る必要があった。この通路は、西宮市側に駅舎が設置され両路線が改札内で乗り換えられるようになってからも、歩行者用自由通路として供用され両市を行き来するのに利用されている。なお改札外連絡だった時代は、阪神本線から武庫川線に乗り継ぐ際は降車時に改札の駅員に乗り継ぎを申し出て武庫川線ホームへ向かうようになっていた。一方、武庫川線内だけで完結する乗客あるいは武庫川線から阪神本線に乗り継ぐ乗客は、武庫川線の車掌に申し出て車内補充券を購入するようになっていた(この補充券で自動改札機は通れなかった)。

のりば
ホーム 位置 路線 方向 行先
1 橋上 本線 上り 尼崎大阪(梅田)難波奈良方面
2 橋上 本線 下り 神戸(三宮)明石姫路方面
東側 地上 武庫川線 東鳴尾洲先武庫川団地前方面
西側 地上 武庫川線 未使用
武庫川駅・武庫川信号場配線図
↑ 武庫川線 : 武庫川団地前方面

本線 : 梅田方面
武庫川駅・武庫川信号場配線図
本線 : 三宮・元町方面
凡例
出典:[4]


利用状況[編集]

2014年(平成26年)度の1日平均乗降人員は28,573人である。

各年度の1日平均乗車・乗降人員数は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
2002年 24,946 12,513 [6]
2003年 25,819 12,954 [7]
2004年 25,256 12,653 [8]
2005年 26,161 13,143 [9]
2006年 26,994 13,444 [10]
2007年 26,484 13,339 [11]
2008年 26,994 13,537 [12]
2009年 27,485 13,775 [13]
2010年 27,213 13,719 [14]
2011年 27,151 13,711 [15]
2012年 27,699 13,968 [16]
2013年 28,271 14,186 [17]
2014年 28,573 14,289 [18]

駅周辺[編集]

西宮市側[編集]

尼崎市側[編集]

  • 田中病院
  • 明照山円徳寺
  • 楠霊神社
  • 素盞嗚神社
  • 武庫川郵便局
  • 尼崎大庄郵便局

バス路線[編集]

尼崎市側駅舎の南側200mほど離れた国道43号高架下に武庫川停留所があり、阪神バス尼崎市内線[19])が発着する。かつては、尼崎市側の駅前にもバスが発着していた。

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
本線
直通特急・特急・区間特急・快速急行(平日朝晩)
通過
快速急行(平日日中・土休日)・急行
尼崎駅 (HS 09) - 武庫川駅 (HS 12) - 甲子園駅 (HS 14)
区間急行
尼崎駅 (HS 09) - 武庫川駅 (HS 12) - 鳴尾駅 (HS 13)
普通
尼崎センタープール前駅 (HS 11) - 武庫川駅 (HS 12) - (武庫川信号場) - 鳴尾駅 (HS 13)
武庫川線(全列車が各駅に停車)
武庫川駅 (HS 12) - 東鳴尾駅 (HS 53)

かつて存在した路線[編集]

阪神電気鉄道
武庫川線(廃止区間)
武庫大橋駅 - 小松駅 - 武庫川駅 (- 東鳴尾駅)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『兵庫の鉄道全駅 私鉄・公営鉄道』 神戸新聞総合出版センター、2012年12月10日、47頁。ISBN 9784343006745
  2. ^ “阪神「三宮」を「神戸三宮」に駅名変更、駅ナンバリングを導入し、すべてのお客さまに分かりやすい駅を目指します” (PDFlink) (プレスリリース), 阪神電気鉄道株式会社, (2013年4月30日), オリジナル2016年4月8日時点によるアーカイブ。, http://megalodon.jp/2016-0408-0105-08/www.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/SR201304304N1.pdf 2016年4月8日閲覧。 
  3. ^ “[アラカルト]3月20日=兵庫 ◆駅ナンバリング、神鉄が導入”. 読売新聞(大阪朝刊) (読売新聞大阪本社): p. p.32. (2014年3月20日) 
  4. ^ 『東海道ライン 全線・全駅・全配線 第7巻 大阪エリア-神戸駅』 川島令三 編著、講談社〈図説 日本の鉄道〉、2009年ISBN 978-4-06-270017-729頁
  5. ^ 「線路に物を落とした時は、自分で拾わず係員をお呼び下さい」というもの。
  6. ^ 尼崎市統計年鑑(平成18年)
  7. ^ 尼崎市統計年鑑(平成18年)
  8. ^ 尼崎市統計年鑑(平成18年)
  9. ^ 尼崎市統計書(平成18年)
  10. ^ 尼崎市統計書(平成19年)
  11. ^ 尼崎市統計書(平成20年)
  12. ^ 尼崎市統計書(平成21年)
  13. ^ 尼崎市統計年鑑(平成22年)
  14. ^ 尼崎市統計書(平成23年)
  15. ^ 尼崎市統計書(平成24年)
  16. ^ 尼崎市統計書(平成25年)
  17. ^ 尼崎市統計書(平成26年)
  18. ^ 尼崎市統計書(平成27年)
  19. ^ 旧・尼崎市交通局
  20. ^ 2014年2月までパナソニックPDP前と称した。同社工場閉鎖により改称

関連項目[編集]

外部リンク[編集]