王子公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
王子公園駅*
西口(2014年5月)
西口(2014年5月)
おうじこうえん - Oji-koen
(王子動物園・王子スタジアム前)
HK-13 六甲 (1.8km)
(1.5km) 春日野道 HK-15
所在地 神戸市灘区王子町一丁目4番20号[1]
駅番号 HK-14
所属事業者 阪急電鉄
所属路線 神戸本線
キロ程 29.2km(梅田起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
20,827人/日
-2014年-
開業年月日 1936年昭和11年)4月1日
備考 * 1984年(昭和59年)に西灘駅から改称
テンプレートを表示

王子公園駅
配線図

六甲駅

STRg STRf
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STRg STRf

春日野道駅

東口
ホーム
王子公園駅の側線 元は上筒井線の線路であった。

王子公園駅(おうじこうえんえき)は、兵庫県神戸市灘区王子町一丁目にある、阪急電鉄神戸本線。駅番号はHK-14

王子公園の南に位置する[1]。公園内の神戸市立王子動物園ジャイアントパンダが飼育されていることから、駅では随所にパンダのイラストが配されている[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。保線機器用の線路の分岐器はあるが、絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。

改札口は1階の東西に各1か所、ホームは2階にある。開業当初は移設が予定されていたために木造の仮設構造ホームであった[1]が、戦災で消失し、東側約300メートルの位置に仮設駅が設置されるなど、長らく仮設構造での営業が続いていた。第11回国民体育大会が開催される1956年(昭和31年)に、元の位置に鉄筋コンクリート造の駅が設置された。

神戸本線開業時の終着駅であった上筒井支線上筒井駅1940年廃止)方面へと線路が続いていた名残として、駅の大阪側に引き込み線があるが、阪神・淡路大震災直後の区間運転の車両の搬入に利用された後は使われていない。

上筒井支線の営業時には地上の旧本線の下り線側にだけホームが設けられ、上筒井側に設けられた渡り線を用いて折り返しを行っていた。しかし末期には同支線も単線営業となったため、単純な折り返し駅になっていた。

のりば[編集]

(南側) 神戸本線(下り) 神戸三宮新開地山陽電鉄線方面
(北側) 神戸本線(上り) 大阪(梅田)西宮北口京都宝塚方面

※のりば番号は設定されていない。

利用状況[編集]

2014年の平日1日平均乗降人員20,827人(乗車人員:10,614人、降車人員:10,213人)である[3]

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は下記の通り。

1日平均乗降・乗車人員推移
年次 平日限定
乗降人員
平日限定
乗車人員
2007年(平成19年) 20,365 10,079
2008年(平成20年) 19,855 10,100
2009年(平成21年) 20,592 10,034
2010年(平成22年) 19,977 10,166
2011年(平成23年) 20,197 10,264
2012年(平成24年) 21,666 10,352
2013年(平成25年) 20,493 10,430
2014年(平成26年) 20,827 10,614

駅周辺[編集]

西口[編集]

東口[編集]

  • アズナス王子公園店
  • 阪急タクシー王子営業所 - 駅の高架下にある。乗車は電話予約するか事務所に問い合わせる。
  • 阪神電気鉄道西灘駅(南東へ約1100メートル)
  • 水道筋商店街
  • 神戸福住郵便局
  • 神戸水道筋郵便局
  • 兵庫県立神戸高等学校
  • 西日本旅客鉄道(JR西日本)摩耶駅(旧・東灘信号場)

バス路線[編集]

神戸市バスみなと観光バスの路線が発着する。

阪急王子公園停留所(駅西口南側 山手幹線)

阪急王子公園北停留所(駅東口北側)

  • 102系統・灘区南北 桜口経由JR六甲道行き(一部阪神大石経由)・摩耶ケーブル下行き

阪急王子公園南停留所(駅西口南側)

その他[編集]

2000年(平成12年)に王子動物園でジャイアントパンダが公開されて以後、行楽シーズンに一部の特急が臨時停車したことがある。

隣の駅[編集]

阪急電鉄
神戸本線
特急・通勤特急・直通特急「あたご」・快速急行
通過
急行・通勤急行・普通
六甲駅 (HK-13) - 王子公園駅 (HK-14) - 春日野道駅 (HK-15)

かつて存在した路線[編集]

阪神急行電鉄
上筒井線
西灘駅 - 上筒井駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『阪急ステーション』 阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部〈阪急ワールド全集 4〉、2001年、64頁。ISBN 4-89485-051-6
  2. ^ a b c d e f g h i j 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』12号 阪神電気鉄道 阪急電鉄 2、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年10月、27-29頁。ISBN 978-4-02-340142-6
  3. ^ 阪急電鉄 鉄道情報ホームページ 駅別乗降人員(上位50位)
  4. ^ みなと観光バス路線図より。 以前社会実験として1ヶ月間運行されていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]