京成千葉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京成千葉駅*
Keisei-Chiba-Sta.JPG
けいせいちば
Keisei-Chiba
KS58 新千葉 (0.6km)
(0.6km) 千葉中央 KS60
所在地 千葉市中央区新町250-3
駅番号 KS59
所属事業者 京成電鉄
所属路線 千葉線
キロ程 12.3km(京成津田沼起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
29,174人/日
-2018年-
開業年月日 1967年昭和42年)12月1日
乗換 千葉駅
備考 * 1987年昭和62年)4月1日 国鉄千葉駅前駅より改称
テンプレートを表示
東口 オーロラモールJunnuC-one※駅名看板更新前(2009年11月15日)
千葉都市モノレール千葉駅に設置されているモノレール口改札(2019年12月25日)
そごう千葉店本館 当駅と一体的な構造となっている

京成千葉駅(けいせいちばえき)は、千葉県千葉市中央区新町にある、京成電鉄千葉線である。駅番号KS59

当駅は、東日本旅客鉄道(JR東日本)・千葉都市モノレール千葉駅と近接しており、乗換駅となっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。下り列車から見て右に大きくカーブを描いており、志津駅上り線と同様に、電車到着時には警告音が鳴り、軌道敷内の照明が点灯する。ホームの有効長は8両編成分である。

改札口は1階コンコースにある西口改札・東口改札と3階コンコースにあるモノレール口改札の計3か所ある。JR千葉駅の東口に近いのは西口改札であるため注意が必要である。西口改札は駅員が配置され終日営業しているのに対し、東口改札とモノレール口改札は無人であり、営業時間も東口改札が6時から21時まで、モノレール口改札が6時30分から20時30分までと限られている。また、駅ホームと1階コンコースの間はエレベーター・エスカレーター[注釈 2]・階段が設置されているが、3階コンコースとの間にはエスカレーター[注釈 3]・階段のみが設置されており、エレベーターは設置されていない。このため、モノレールとの乗り換えなどで3階コンコースと当駅ホームを行き来する際にエレベーターの利用を必要とする場合、及びモノレール口改札の営業時間外の場合は、3階コンコースと同じフロアにあるそごう千葉店内のエレベーター[注釈 4]センシティタワーのエレベーター[注釈 5]、またはモノレール駅のエレベーター[注釈 6]を利用し、一旦1階の西口改札を経由する必要がある。

のりば[編集]

駅名標と旅客向け案内では「京成千葉」の「京成」を省略し、表記・呼称は「千葉」としている。

京成千葉線は、京成本線京成船橋京成上野方面)、新京成線松戸方面)および京成千原線ちはら台方面)との直通運転も一部実施している。駅ホームの案内標には、京成千葉線との直通運転の設定がない「成田空港」も行先として表記されている。成田空港方面(京成本線)には京成津田沼駅にて乗換が必要となる。

番線 路線 方向 行先
1 KS 千葉線 上り 京成津田沼京成船橋日暮里京成上野Pictograms-nps-airport.svg 成田空港SL 新京成線方面
2 下り 千葉中央ちはら台方面

利用状況[編集]

2018年度の1日平均乗降人員29,174人[統計 1]で、京成線内69駅中第16位であった。千葉線内では最も乗降客の多い駅である。

近年の推移は下表の通り。

年度 1日平均
乗降人員[6]
1日平均
乗車人員[7]
2003年(平成15年) 21,932 [統計 2]11,038
2004年(平成16年) 21,426 [統計 2]10,943
2005年(平成17年) 21,618 [統計 2]11,009
2006年(平成18年) 22,332 [統計 2]11,376
2007年(平成19年) 23,866 [統計 2]12,039
2008年(平成20年) 24,563 [統計 3]12,318
2009年(平成21年) 24,428 [統計 3]12,231
2010年(平成22年) 24,804 [統計 3]12,406
2011年(平成23年) 24,448 [統計 3]12,237
2012年(平成24年) 25,506 [統計 4]12,727
2013年(平成25年) 26,619 [統計 5]13,275
2014年(平成26年) 26,577 [統計 6]13,235
2015年(平成27年) 27,470 [統計 7]13,683
2016年(平成28年) 28,118
2017年(平成29年) 28,197
2018年(平成30年) 29,174

駅周辺[編集]

駅自体はそごう千葉店本館と一体化しており、そごう本館4階、センシティタワー4階に連絡するモノレール南口(モノレール口改札)がある。千葉都市モノレール1号線2号線千葉駅とは一体的な構造となっており、モノレール口改札から連絡通路を通じてJR線にも乗換可能である。

当駅西口(西口改札)より、そごう本館1階、センシティタワー1階、東日本旅客鉄道(JR東日本)の千葉駅南口および駅ビルペリエ千葉(本館・ストリート1)に連絡し、当駅東口(東口改札)より、高架下商業施設のシーワン(C-One)、オーロラモールジュンヌ1階に連絡する。

バス路線[編集]

当駅は東日本旅客鉄道(JR東日本)・千葉都市モノレールの千葉駅東口・西口駅前ロータリー交差点バスターミナル)に近接している。

隣の駅[編集]

京成電鉄
KS 千葉線
新千葉駅 (KS58) - 京成千葉駅 (KS59) - 千葉中央駅 (KS60)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 京成の車両が新京成電鉄に乗り入れることは2016年現在ではない。
  2. ^ 各ホームに1基ずつ設置。1番線は終日上り。2番線は始発から10時まで下り、10時以降は下り。
  3. ^ 各ホームに1基ずつ設置。1番線、2番線共に終日上り。
  4. ^ 4階フロアが営業している10時から20時まで利用可能。
  5. ^ 館内のエレベーターと1階⇔4階往復専用のエレベーターがある。後者の方が利用時間が長いが、早朝深夜は停止となるほか、案内がほとんどないため特に1階から利用する時には場所がわかりにくく、なおかつ遠回りとなる。
  6. ^ 終日利用できるが、遠回りであり、途中で信号を渡る必要がある。

出典[編集]

  1. ^ 京成の駅今昔・昭和の面影、JTBパブリッシング、2014年、p.163
  2. ^ 鉄道ジャーナル』第21巻第6号、鉄道ジャーナル社、1987年5月、 104頁。
  3. ^ “西改札口が完成 京成千葉駅、混雑緩和へ”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 32. (1994年7月1日) 
  4. ^ “「モノレール口」を開設 延伸開業で京成千葉駅 1日から”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (1995年7月29日) 
  5. ^ “京成千葉線乗り入れ開始 新京成電鉄 松戸駅で一番列車出発式”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 15. (2006年12月12日) 
  6. ^ 各種報告書 - 關東交通廣告協議會
  7. ^ 千葉縣統計年鑑

利用状況[編集]

統計資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]