千葉セントラルタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉セントラルタワー
Chiba Central Tower
Chiba Central Tower 20120809-002.jpg
施設情報
所在地 千葉県千葉市中央区中央三丁目17-1
座標 北緯35度36分28.5秒 東経140度07分16.4秒 / 北緯35.607917度 東経140.121222度 / 35.607917; 140.121222座標: 北緯35度36分28.5秒 東経140度07分16.4秒 / 北緯35.607917度 東経140.121222度 / 35.607917; 140.121222
状態 完成
着工 2006年3月1日
竣工 2009年2月
用途 共同住宅店舗
地上高
屋上 屋上庭園
高さ 151.5 m
各種諸元
階数 地上43階、地下1階
敷地面積 3,781.04
建築面積 1,964.34
延床面積 53,592.85
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造
(一部鉄骨構造
戸数 436戸
駐車台数 264台
関連企業
設計 入江三宅設計事務所
施工 錢高組
デベロッパー オリックス不動産ニチモ
テンプレートを表示

千葉セントラルタワー(ちばセントラルタワー)は、千葉県千葉市中央区に所在する超高層マンション

概要[編集]

千葉県庁本庁舎より望む千葉セントラルタワー周辺

千葉市が推進する千葉中央第六地区第一種市街地再開発地区[1](現在のQiball周辺)に近接したセントラルプラザ跡地の再開発事業によって建設された。千葉市総合設計制度[2]が適用され、建物の周辺に広場や緑地などの公開空地を設けて地域に開放している。

設計・監理は入江三宅設計事務所[3]、施工は錢高組、売主はオリックス不動産、売主・販売提携(代理)はニチモ、販売提携(副代理)はライフステージ、企画協力は三井不動産リアルティが行っている[4]

共同住宅商業施設からなり、オール電化免震構造(CCT)を採用した地上43階建て全436戸の超高層マンションとなっている。建築規模は、鉄筋コンクリート構造地下1階 - 地上43階建て1 - 2階には商業施設やカルチャー施設が入り、3階は651台を収容する駐輪場やシアタールーム、集会室などを整備し、4 - 43階を分譲マンションとする。また、屋上階とペントハウス階には、市内を一望できる屋上庭園(エアガーデン)を配置している。駐車場はタワー式駐車場3基とし、建物の中心部に2基、外部に1基を設置している。総収容台数は264台とし、駐車場の出入口は北側のみに配置する。駐車場の高さは地上32階までとし、その上部(33 - 43階)は吹き抜けとなっている[5]

施設[編集]

  • 住戸:434戸
  • ゲストルーム:4室
  • 店舗:5区画
  • 駐車場・駐輪場:タワー式駐車場3基(264台)、駐輪場(651台)
  • その他:屋上庭園、シアタールーム、カルチャー施設、集会室

歴史[編集]

アクセス[編集]

公共交通機関[編集]

自動車[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]