ホテル ザ・マンハッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幕張新都心 > ホテル ザ・マンハッタン
ホテル ザ・マンハッタン
HotelTheManhattan20110828.jpg
ホテル概要
正式名称 ホテル ザ・マンハッタン
運営 株式会社ザ・マンハッタン
所有者 札幌アルト株式会社
前身 千葉ニューパークホテル(1991年平成3年)8月閉館)[1]
階数 地下2階 - 地上21階
開業 1991年平成3年)11月8日[2][3]
最寄駅 JR海浜幕張駅
最寄IC 東関東自動車道湾岸千葉IC
所在地 〒261-0021
千葉県千葉市美浜区ひび野2丁目10番1号
位置 北緯35度38分43秒
東経140度2分27.3秒
座標: 北緯35度38分43秒 東経140度2分27.3秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
株式会社ザ・マンハッタン
HOTEL THE MANHATTAN Co.,Ltd.
種類 株式会社
設立 2001年3月
業種 サービス業
事業内容 ホテルとその付帯施設の経営
代表者 代表取締役社長 湯本高之
総支配人 砂畑頼孝
資本金 1億円
売上高 30億1,000万円(2007年3月)
従業員数 230名(2017年2月)
主要株主 札幌アルト株式会社
外部リンク http://www.the-manhattan.co.jp/index.html
テンプレートを表示

ホテル ザ・マンハッタンHOTEL THE Manhattan)は、千葉県千葉市美浜区にあるホテル。運営は株式会社ザ・マンハッタン

概要[編集]

千葉ニューパークホテル(1970年昭和45年)開業・1991年平成3年)8月閉館)の後継施設として[1]、当時の事業主であるネスコ株式会社が全日空ホテルズと提携し[4]1991年11月8日に新規開業した[2][3]

高級志向の豪華ホテルとして開設され[5]、世界の最高級ホテルで構成される団体に加盟するなど国際的な一流ホテルを目指した[6]

「KAJIMA DESIGN」が設計した建物は[7]、千葉県内一の計画時点では超高層ビルで[8]高さ108mあり[9]、アメリカ「ゴールド・ナゲット賞」や[10]第5回(1992年)千葉市優秀建築賞を受賞した[11]

しかし、バブル崩壊による不況で高級路線が裏目出たことに加えて[12]、幕張地区でのホテル競争の激化が重なったことから[13]、主取引銀行の千葉銀行などがテコ入れを図り[13]、運営母体のネスコも社有地を売却して資金調達を図るなど経営再建に取り組むことになった[12]

2001年に債権者である千葉銀行担保保全を図り、地場不動産会社の札幌アルト株式会社が当施設の建物・資産・経営権を買収した[注釈 1]2001年4月にロイヤルパークホテルズに加盟、同年5月1日~2014年3月31日まで株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツとの業務提携を結んでいたが現在提携してない。[要出典] 現在は㈱ザ・マンハッタンの単独運営である。 館内のインテリアはアール・デコ様式で統一されていて、空調はアロマテラピー効果を兼ねている。レストラン&バー、宴会場、会議室、結婚式場、美容院、エステサロン、駐車場(160台収容、宿泊客は無料)などを完備している。チャペルは開業時にあったフィットネス施設をリノベーションしたものである。天窓を活かしたチャペルの人気は高くヨーロッパから輸入したステンドグラスには家族の絆が描かれており人気がある。[14]

客室[編集]

  • チェックイン:15:00 / チェックアウト:12:00
  • 客室数:130室
  • 客室フロア: 8 - 20階
  • 客室タイプ:スタンダード(ダブル)、マンハッタンスタンダード(ダブル・ツイン)、ラグジュアリー(ダブル・ツイン)、プラザスイート、ロイヤルスイート
  • 全客室のバスルームに窓を設置し、外の景色が見えるようになっている。
  • 客室内のWi-Fiは無料で利用可能

設備[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ネスコは現存しており、同社の役員はベイエフエムの取締役に就任している

出典[編集]

  1. ^ a b “21年の歴史にピリオド 千葉ニューパークホテル 幕張新都心に移転”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1991年8月18日) 
  2. ^ a b “都会派ホテル ザ・マンハッタン きょう幕張新都心にオープン”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 26. (1991年11月8日) 
  3. ^ a b “豪華ホテルあす開業 幕張のザ・マンハッタン”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 12. (1991年11月7日) 
  4. ^ “ネスコが全日空系列に 幕張に建設中のホテルで”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (1990年4月6日) 
  5. ^ “幕張新都心に迎賓のステージ誕生 高級志向 ザ・マンハッタン”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 7. (1991年12月2日) 
  6. ^ “世界の最高級ホテル団体に加盟 幕張新都心の「ザ・マンハッタン」”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 4. (1992年9月27日) 
  7. ^ “ザ・マンハッタン 千葉市ひび野 設計/KAJIMA DESIGN〔ほか〕”. 月刊近代建築 (近代建築社) (1992年3月): 65-72. (1992年3月). 
  8. ^ “「マンハッタン」事業計画決まる 県内一のノッポビルに 幕張新都心のホテル”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (1988年5月5日) 
  9. ^ “高さ108メートル、摩天楼を思わす 新ホテル「ザ・マンハッタン」”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 24. (1989年5月26日) 
  10. ^ “ホテル「ザ・マンハッタン」が大賞を受賞”. 財界 (財界研究所) (1992年9月29日): 125. (1992年9月29日). 
  11. ^ 千葉市優秀建築賞作品集(第5回)”. 千葉市. 2012年10月12日閲覧。
  12. ^ a b “幕張のホテル「マンハッタン」社有地売却で資金繰り ネスコ 不況で高級路線裏目”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 22. (1993年6月2日) 
  13. ^ a b “厳しい幕張ホテル戦争 「ザ・マンハッタン」に千葉銀、本格テコ入れ”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 26. (1993年2月2日) 
  14. ^ ホテル――都市のホスピタリティ・デザイン 鹿島建設ホームページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]