政府登録国際観光旅館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

政府登録国際観光旅館(せいふとうろくこくさいかんこうりょかん)とは、1949年昭和24年)12月24日に施行された国際観光ホテル整備法(昭和24年12月24日法律第279号)に基づき、観光庁長官が登録を行った旅館ホテルのこと。全国に旅館が1996、ホテルが1127ある。(平成16年度 総合政策局観光地域振興課調べ) 下記の要件を満たしたものが承認される。

要件[編集]

洋室[編集]

  • 机、いす、クローゼットまたはその代替品を備え、椅子式の生活とベッドでの睡眠に適していること。
  • 浴室は自由にシャワーの温度を変えられること。
  • トイレは水洗式かつ洋式便器であること。
  • シリンダー錠(または同等の錠前)、電話機を備えていること。
  • ロビーが指定面積以上であること。
  • 食堂では洋朝食が提供でき、椅子と机があること。
  • 外国語(主に英語)表記が準備されていること。
  • 外国語(主に英語)が話せるスタッフを雇うこと。

和室[編集]

大体は上記の洋室と同様だが、次のような違いがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]