床の間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
床の間

床の間(とこのま)とは、日本の住宅の部屋に見られる座敷飾りの一つ。正しくは「(とこ)」で、「床の間」は俗称とされる[1]

ハレの空間である客間の一角に造られ、床柱、床框などで構成されている。掛け軸や活けたなどを飾る場所である。

歴史[編集]

南北朝時代に付書院や違い棚とともに造られ始めた「押板(おしいた)」は、掛け軸をかける壁に置物や陶器などを展示する机を併合させたもので、その用途をそのままに、近世の茶室建築に造られた「上段」が床の間となった。床の間は近世初期の書院造、数寄屋風書院をもって完成とされる[2]。日本の住宅では以前はよく見られたが、最近の住宅では床の間が取り付けられることは少なくなっている。

用途[編集]

床の間は、前述されているように南北朝時代の押板の用途と同様で、絵画や観賞用の置物などを展示する空間である。

近世には、有力者の館や城の広間、有力者の家臣が、仕える主人を迎え入れるため邸宅の客間に座敷飾りが造られ、その一部として採用された。主人のいる上段に装飾を施した床の間などの座敷飾りを造り、主人の権威を演出した。江戸時代には、庄屋などの一部の庶民の住宅において領主や代官など家主よりも身分の高い客を迎え入れるために床の間などの座敷飾りが造られ[2]、明治時代以降になると、都市部の庶民の客間にも床の間が一般化するようになった。

現在では掛け軸をかける習慣が衰え、畳の部屋でも床の間を省略することも多い。床の間の起源に先祖返りするような形で、簡素な飾り棚を置くような例も見受けられる。

上と下[編集]

書院造の建築にある「広間」では床の間のある方を「上座」といい、その反対を「下座」という。江戸時代以前の大名屋敷や城郭の御殿において上座のことを「上段」、それ以下を下段や中段などといい、座敷飾りの施された上段は、領主や当主などの主人の部屋とされた[1]

構造[編集]

床の間には、床板と畳の上面を揃えた「踏込み床(ふみこみどこ)」、畳より床板の上面を高くした、「蹴込み床(けこみどこ)」、床の間の袖一角を袖壁と正面に幅の狭い壁で半ば隔て袋状にしたものを「袋床(ふくろどこ)」といい、「置き床(おきどこ)」は移動できる簡易な床である[3]

床の構成[編集]

本床では、床柱を中心としてその横に床の間や床脇を置く。床の上部に垂れる小壁の下端には、「落し掛け」をつけ、床と畳とに段差がある場合には「床框(とこがまち)」という漆塗りの平行材を付ける。床のゆか板のことを床板という。壁仕上げには砂壁が用いられる。

床柱(とこばしら)は床の間で最も目立つ部材であり、書院造では角柱が基本であるが、私邸などでは数寄屋造りの影響から、節つきの丸木等、珍しい銘木を用いることもある。

近世初期の園城寺光浄院客殿、二条城二の丸書院、本願寺書院などは床框を用いず、一枚板(押板)を置く。また、これらは張付け壁に障壁画を描いている。

本床の間[編集]

民家の本床の間。床脇棚は違い棚。床柱には花活けが添えられている。

床の間は、床を単独で配置するだけではなく、廊下(採光)側に付書院、反対側に、棚を持つ床脇を備えたものを本床の間(ほんとこのま)や本床(ほんとこ)という。

付書院(つけしょいん)は出窓状に奥行きを持たせ、その奥に書院欄間、障子が建てられる。もとは出文机(だしふづくえ)という明かり障子を持つ出窓状の机で、南北朝時代に、文具などの物を置いて鑑賞するためのものとして用いられるようになった[2]

床を挟んで付書院と反対側に配される空間を床脇(とこわき)という。違い棚と袋戸棚付の棚)が設えられる。床脇の内に付けられる「違い棚」には「上下棚」や「釣り棚」などがある。袋戸棚は高さによって、上を天袋、下を地袋という。何れも引き違いの襖戸を付ける。[4]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 三浦正幸著『城のつくり方図典』小学館 2005年
  2. ^ a b c 太田博太郎監修『【カラー版】日本建築様式史』美術出版社 1999年
  3. ^ 青木博文ほか著『建築構造』実教出版 2000年
  4. ^ 橋場信雄著『建築用語図解図典』理工学社 1970年