さくら広場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

さくら広場(さくらひろば)は、パナソニック(旧・松下電器産業)が社有地に開設している公園。日本全国4ヶ所の所有地(遊休地)を地域貢献のために開放している。設計は安藤忠雄[1]によるもので、サクラの木が植樹されており、その他に水盤や芝生等が配置されている。

さくら広場一覧[編集]

さくら広場(幕張)
さくら広場(幕張)
所在地:千葉県習志野市
規模:32,000㎡
ソメイヨシノ:505本
開園:平成18年(2006年)4月
さくら広場(門真)
さくら広場(門真)
所在地:大阪府門真市
規模:16,200㎡
ソメイヨシノ:190本
開園:平成18年(2006年)4月
さくら広場(茅ヶ崎)
神奈川県茅ヶ崎市
規模:6,000㎡
ソメイヨシノ:91本
開園:平成19年(2007年)4月
さくら広場(豊中)
大阪府豊中市
規模:10,000㎡
ソメイヨシノ:130本
開園:平成21年(2009年)4月

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安藤忠雄のメッセージが公式サイトに掲載されている。[さくら広場 - 体験・見学施設 - 広告・見学施設 - 企業情報 - Panasonic https://www.panasonic.com/jp/corporate/ad/experience/sakura.html]2018年2月7日閲覧

外部リンク[編集]