幕張ベイパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
幕張新都心 > 幕張ベイパーク

幕張ベイパーク(まくはりベイパーク)は、千葉県千葉市美浜区集合住宅群。若葉住宅地区若葉三丁目)を中心とする地域である。A街区・B街区で構成され、2019年(平成31年)4月より第1期街開きが行われた[1]

幕張海浜公園より幕張ベイパーク入口(奥の建物はアジア経済研究所ビル)
幕張 ベイパークの位置(千葉県内)
幕張 ベイパーク
幕張
ベイパーク
所在地
地図

概要[編集]

幕張ネイバーフッド(地域コミュニティの拠点施設)

幕張新都心の中心部(タウンセンター地区)から東側に位置する。JR海浜幕張駅(北口)から東へ進み幕張海浜公園を超えた先一帯に広がる。この地区は元々、文教地区に含まれていたが、2008年(平成20年)に住宅用地へ用途変更した地区である。A街区、B-1街区、B-2街区、B-3街区、B-4街区、B-5街区、B-6街区、B-7街区の8区画(約17.6ヘクタール)で構成されている。

2015年(平成27年)3月に開発事業者を三井不動産レジデンシャル野村不動産三菱地所レジデンスなどから構成される「幕張新都心若葉住宅地区街づくり検討グループ」に決定し、同年7月に千葉県企業庁との土地譲渡契約を締結した[2]2017年(平成29年)9月15日、大規模マンション群の開発プロジェクト販売センターを開設し、マンションのモデルルームのほか、完成後の街をイメージしやすいようカフェやレストランを備える交流施設を先行開業した[3]

土地利用基本計画として幕張新都心若葉住宅地区・文教地区未利用地都市計画マスタープランを策定し、「輝く人と街並みが融合する国際性豊かな街づくり」を基本理念に既存の文教機能の集積に加えて地域特性を活かしたコミュニティ形成、計画戸数約4000戸、計画人口約10000人の居住機能を導入し、多世代のコミュニティ形成、国内外の交流が活発に行われる街づくりを進めている[4]。マスタープランは、文教機能をベースに計画戸数4千戸の居住機能等を導入し、住み、学び、憩うための多様な機能の集積を図り、国内外の交流が活発に行われる「街」の土地利用となっている[5]

A街区にはイオンスタイル幕張ベイパーク、B-1街区にはスポーツを通し地域コミュニケーションの場としてプロサッカー選手である本田圭佑が実質的なオーナーを務めるHONDA ESTILOが運営する自社グラウンド・ゾゾパークホンダフットボールエリア(ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA)[6]、B-7街区には地域コミュニティの拠点施設・幕張ネイバーフッド(MAKUHARI NEIGHBORHOOD POD)が整備されている[7]。今後の開発として、超高層マンションや商業施設、医療モール、小学校、公園などが開発・整備される見通しである[8][9]

インフラ整備[編集]

ボンエルフに基づく自動車の減速を促す車道(路面赤色がハンプ

ジマー・ガンサル・フラスカ・パートナーシップ(ZGFアーキテクツ)が参画し、アーバンデザインの監修などを行っている[10]アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドの街づくり思想に学び、光井純の監修によるデザインガイドラインを定め、エリアマネジメントを導入している[4]エリアマネジメント組織には一般社団法人を選択し、2018年(平成30年)11月に幕張ベイパークエリアマネジメント(B-Pam)が設立した[11]

多様な機能を活かした新たな魅力と活力の創出、国際化に対応した人材育成や交流の促進、周辺環境の連携・調和・ヒューマンスケールの街づくりを計画しており[12]電線類地中化による電柱のない街並みやボンエルフに基づく自動車の減速を促すハンプを車道に採用している[13]

国家戦略特別区域の枠組みを使い、ドローン宅配便などの先端技術を活用した「次世代の生活インフラ」構築推進されており、楽天などの企業と無人航空機(ドローン)を使った宅配実験を実施している[14]。実験は国と千葉市、企業でつくる「千葉市ドローン宅配等分科会」が実施しており、地上からマンションの屋上へ荷物を運ぶ実験、スマートフォンの通信に使うLong Term Evolution(LTE)回線を通じて海上を飛ばす実験、ドローンと地上配送ロボット(UGV)を導入しエレベーターやスロープを通過して玄関前まで運ぶ実験など、企業と連携し実用化を目指している[14]

若葉三丁目公園[編集]

若葉三丁目公園(わかばさんちょうめこうえん)は、幕張ベイパークの中央に位置する公園

「ベイパーク」という名前の通り、街の中におけるランドマーク的な公園となっている[15]。公園の全体は楕円形をしており、東側は緩やかな高台となっている。その周囲を公道が通り、さらにその周りを囲むように超高層マンション群が形成・計画されている。すべり台などの遊具や公衆トイレが整備されている。

2019年令和元年)8月31日から2020年(令和2年)3月31日の間、公園周囲の公道においてシェア電動キックボードサービス (WIND)の試乗体験会(無料)を実施しており、電動キックボードの乗車ニーズや安全性の検証・課題の抽出などを行い、パーソナルモビリティとしての可能性を検証している[16]

  • 住所:千葉県千葉市美浜区若葉三丁目1-15[17]
  • 管理:千葉市美浜公園緑地事務所[18]

歴史[編集]

開発予定地における暫定利用施設の例、都市型BBQ場・パークマジック(2018年 -)
  • 2008年平成20年)4月 - 千葉県企業庁が文教地区未利用地の土地利用を見直し、「文教地区未利用地マスタープラン(土地利用基本計画)」を策定[1]
  • 2010年(平成22年)7月 - マスタープランで設定された「質の高い居住機能や多様な機能の集積を図る用地」が「幕張新都心若葉住宅地区」へ名称変更。
  • 2014年(平成26年)7月 - 千葉県企業庁により土地利用計画の見直しが行われ、これに合わせてマスタープランの名称が「幕張新都心若葉住宅地区・文教地区未利用地マスタープラン」へ変更。主な改定点として「学校用地」および「公益施設用地」と「住宅街区」を配置転換。
  • 2015年(平成27年)
    • 3月 - 当該地区の事業予定者が幕張新都心若葉住宅地区街づくりグループに決定し、同年7月に千葉県企業庁との土地譲渡契約を締結。
    • 12月 - 暫定施設として、「B-1街区」にゾゾパークホンダフットボールエリアがオープン。
  • 2016年(平成28年)11月 - 「B-7街区」に幕張ベイパーククロスタワー&レジデンスが着工開始。
  • 2017年(平成29年)9月 - 「B-7街区」販売開始。暫定施設として販売センター、幕張ネイバーフッド(地域コミュニティの拠点施設)がオープン。
  • 2018年(平成30年)
    • 1月 - 「B-2街区」着工開始。
    • 3月 - 暫定施設として、「B-5街区」にパークマジック(都市型BBQ場)がオープン。
    • 11月 - 幕張ベイパークエリアマネジメント(通称:B-Pam)の設立。
  • 2019年(平成31年/令和元年)
    • 3月 - 「B-7街区」の入居開始。
    • 4月 - 「A街区」にイオンスタイル幕張ベイパークがオープン。

主な施設[編集]

幕張新都心の文教地区・住宅地区(幕張ベイタウン)および幕張海浜公園に隣接している。

文教地区に隣接しておりため、大学(放送大学東都大学神田外語大学千葉県立保健医療大学など)、中学校・高等学校(千葉県立幕張総合高等学校渋谷教育学園幕張中学校・高等学校昭和学院秀英中学校・高等学校など)、幼稚園・小学校(幕張インターナショナルスクールなど)が近隣に集積している。

住宅施設[編集]

超高層マンション6棟を中心とした計画戸数約4000戸、計画人口約10000人の居住機能を導入予定となっている(2028年度に事業完了の予定)。計画では、2020年度からB-3街区750戸、2022年度からB-1街区505戸、2023年度からB-6街区482戸、2024年度からB-4街区714戸、2026年度からB-5街区703戸を予定している[19]

  • 幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス(B-7街区)
  • 計画・建設中
    • 幕張ベイパークスカイグランドタワー[20](B-2街区)
    • 幕張新都心若葉住宅地区計画(B-1街区)
    • 幕張新都心若葉住宅地区計画(B-3街区)
    • 幕張新都心若葉住宅地区計画(B-4街区)
    • 幕張新都心若葉住宅地区計画(B-5街区)
    • 幕張新都心若葉住宅地区計画(B-6街区)

公共施設[編集]

建設予定地の有効活用策として暫定利用施設も開設している。

  • TENT幕張[21]コワーキングスペース&シェアキッチン)
  • 幕張ネイバーフッド(地域コミュニティの拠点施設)

商業施設[編集]

運動施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 千葉市. “若葉住宅地区のまちづくりについて” (日本語). 千葉市. 2019年9月9日閲覧。
  2. ^ 幕張新都心若葉住宅地区事業予定者の決定について(千葉県企業庁地域整備部土地分譲課 2015年3月30日)
  3. ^ 千葉市の「幕張ベイパーク」、交流施設を先行開業” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年9月9日閲覧。
  4. ^ a b プレスリリース:10年超に渡る首都圏最大級の街づくりプロジェクト「幕張ベイパーク」第1期街開き概要説明会&セレモニーを開催(Digital PR Platform)” (日本語). 毎日新聞. 2019年8月8日閲覧。
  5. ^ 千葉県. “若葉住宅地区(幕張ベイパーク)” (日本語). 千葉県. 2019年9月9日閲覧。
  6. ^ 千葉・幕張に新スポーツ施設「ゾゾパーク」誕生、サッカー日本代表 本田圭佑の所属事務所が運営” (日本語). F.M.J.(エフ・エム・ジェイ). 2019年9月13日閲覧。
  7. ^ co.,Ltd, FromOne. “本田の自社ピッチ、名称は『ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA』に決定” (日本語). サッカーキング. 2019年3月8日閲覧。
  8. ^ 活性化の芽、幕張に1万人住宅地 ふさの国から(日本経済新聞 2014年3月8日)
  9. ^ 千葉・幕張新都心 マンション事業者、三井不などに決定(日本経済新聞 2015年3月31日)
  10. ^ MAKUHARI BAY-PARK(幕張ベイパーク)” (日本語). 新建築.online/株式会社新建築社. 2019年8月6日閲覧。
  11. ^ トップページ | 幕張ベイパークエリアマネジメント(B-Pam)”. www.b-pam.com. 2019年9月11日閲覧。
  12. ^ 千葉県. “「幕張新都心若葉住宅地区・文教地区未利用地マスタープラン」について” (日本語). 千葉県. 2019年9月11日閲覧。
  13. ^ 千葉市. “千葉市の無電柱化” (日本語). 千葉市. 2019年9月11日閲覧。
  14. ^ a b 千葉市と楽天、ドローン宅配実験で玄関まで” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年9月11日閲覧。
  15. ^ まくめも管理人. “『若葉3丁目公園』幕張ベイパークの中央に位置する公園【公園めも】” (日本語). まくめも. 2019年9月11日閲覧。
  16. ^ シェア電動キックボードサービス 「WIND」首都圏最大級の街づくりプロジェクト「幕張ベイパーク」内で試乗体験会を開始” (日本語). 朝日新聞デジタル&M(アンド・エム). 2019年9月11日閲覧。
  17. ^ 千葉市. “千葉市 若葉3丁目公園” (日本語). 千葉市. 2019年9月11日閲覧。
  18. ^ 千葉市. “千葉市 美浜公園緑地事務所” (日本語). 千葉市. 2019年9月11日閲覧。
  19. ^ 岡本郁雄 (2019年4月19日). “幕張ベイパーク スカイグランドタワー 千葉県最大級最高層タワー” (日本語). 街とマンションのトレンド情報局. 2019年9月11日閲覧。
  20. ^ 幕張ベイパーク スカイグランドタワー”. skyskysky.net. 2019年9月9日閲覧。
  21. ^ TENT幕張 - コワーキングスペース & シェアキッチン”. TENT幕張. 2019年9月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分42.2秒 東経140度3分6.2秒 / 北緯35.645056度 東経140.051722度 / 35.645056; 140.051722