スタジアムDJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スタジアムDJとは、スポーツの試合の際、スタジアム(競技場)等において選手紹介や場内アナウンスを行う人のこと。

概要[編集]

日本では、Jリーグ日本野球機構管轄のプロ野球の試合に多い。スタジアムDJがアナウンスを務めるのは、主に担当チームがホームゲーム開催のときである。最近では、プロ野球独立リーグにもスタジアムDJを置いている。また、プロバスケットボール等のインドアスポーツでは「アリーナDJ」「アリーナMC」ともいわれる場合もある。

日本で初めてスタジアムDJを採用したのは、オリックス・ブルーウェーブ(現・オリックス・バファローズ)。球団がグリーンスタジアム神戸(現:ほっともっとフィールド神戸)に移転した際に、DJ KIMURA(木村芳生)がブルーウェーブのボールパーク事業部チーフプロデューサーであった大前一樹とともに、そのスタイルや「スタジアムDJ」という言葉を生み出した[1]

チームによってはヒーローインタビューのインタビュアーも担当する場合もある。

Jリーグ試合でのスタジアムDJ[編集]

Jリーグ試合でのスタジアムDJ
クラブ名 氏名 担当開始年 備考
北海道コンサドーレ札幌 タック・ハーシーGUCHY、潮音、栗谷昌宏、高山秀毅 1996年、2001年 栗谷はFリーグ・エスポラーダ北海道のホームゲームDJも兼任
グルージャ盛岡 山本大一 2014年 2016年はアンダーエイジが担当
ベガルタ仙台 MiC 2019年 1998年-2018年は大坂ともおが担当。
ブラウブリッツ秋田 シャバ駄馬男 2011年 過去にはチャーリーホイ:保泉久人が担当
モンテディオ山形 伊藤ユキヒコ、山内智香子 過去に千葉マサトが担当
福島ユナイテッドFC 藤原カズヒロ
水戸ホーリーホック 寺田忍 寺田の不在時は森泉宏一が担当
鹿島アントラーズ 松本浩之 2014年 1993年から務めていたダニー石尾が2013年末に肝臓がんの診断を受け、2014年開幕直前に休養することを発表したが、同年4月15日に逝去[2]
4月19日のJ1第8節・神戸戦から石尾は無期限休養扱いとなり、休養期間中の代行(事実上の後任)を前シーズンまでサブDJだった松本が担当。
栃木SC DJ TETSU 2010年 2009年までは渡辺裕介が担当。
ザスパクサツ群馬 佐山裕亮アンカンミンカン(川島大輔・富所哲平) 2016年 2009年までは福徳一志、2010年〜2015年は波立紀夫が担当。
2016年からは試合によって佐山かアンカンミンカンのいずれかが担当する。
佐山はB2群馬クレインサンダーズと兼任。
浦和レッドダイヤモンズ 岩沢慶明、朝井夏海 1993年 岩沢はアナウンスを、朝井はピッチリポートとインタビューを担当。
大宮アルディージャ 高森浩二、内田羽衣 2002年、
2009年
2011年までは荒川えりかが担当。
柏レイソル ナラヨシタカ今井雄也 2002年、
2006年
ジェフユナイテッド市原・千葉 蒲田健酒井道代 2001年
東京ヴェルディ 松谷芳比呂、KEO TAKAHASHI、渡辺郁也
FC東京 スティーブン・スペンサー、鈴木ダイ 1999年までは石野竜三が担当。
町田ゼルビア 和田翼 2006年
横浜F・マリノス 光邦柴田聡 2006年 土日は光邦、月~金は柴田が担当(どちらも、担当日以外はFMヨコハマの番組がある)
横浜FC 江原シュウ、小泉舞夏 過去には蓮見孝之法政大学在学時。現:TBSアナウンサー)が担当。
Y.S.C.C Daiki. 2016年 ビジュアル系風ロックシンガー。

ホーム開幕戦でデビュー。大分戦では、横浜市歌独唱を行った。

川崎フロンターレ 林毅史、あべはるこ 2003年
S.C.相模原 ケチャップ 2013年
湘南ベルマーレ 田子千尋三村ロンド 2003年 2003年-2013年は田子がメイン、三村がサブ。2014年以降は田子がアドバイザーになり、三村がメインになった。
ヴァンフォーレ甲府 DJ JIRO 2004年
松本山雅FC 小出マサト 2017年 過去には田中利彦(2008年-2015年3月)、岡野真士(2015年)、つつみ慶(2016年)が担当。田中は当時FM長野アナウンサーであったため、業務が重なった場合はTATSU(元:ASIAN2)、三井順(bj・信州を兼務)が担当
アルビレックス新潟 森下英矢
カターレ富山 久世サトシ、土田由香里 2012年 過去には佐藤ドミンゴ(2008年-2010年)が担当。
ツエーゲン金沢 大平まさひこ 2015年
清水エスパルス 鈴木克馬 1997年
ジュビロ磐田 杉山直 1994年
藤枝MYFC アゼミタクロー 2017年
アスルクラロ沼津 DJカツヨシ
名古屋グランパス YO!YO!YOSUKE 2007年 名古屋オーシャンズスタジアムDJ兼任。2006年まではケン・マスイが担当。
FC岐阜 平松伴康 2012年 過去にはナイス西村が、2011年までは田之上智担当。
京都サンガF.C. 保田賢一、岩谷優子 2007年 過去には野中政宏(2002年-2006年)、堀江良信(1995年-2001年)が担当。
ガンバ大阪 仙石幸一 2003年 滋賀レイクスターズスタジアムDJ兼任。日程が重なった場合はガンバを優先
過去には牧野隆志、万田さざめ、DJ KIMURAが担当。
セレッソ大阪 西川大介
ヴィッセル神戸 万田さざめ、松井志奈 過去にはパトリック・ユウ、下埜正太が担当。
ガイナーレ鳥取 DJ45(高地真吾) 過去には平野智一(2011年-2013年・オリックスDJ)、三村ロンド(2007年-2010年・湘南DJ)、田子千尋(2007年-2009年・湘南DJ)、稲田茂(SC鳥取時代)が担当。
ファジアーノ岡山 ダイナマイト・イシムラ 2008年
サンフレッチェ広島 貢藤十六浅田真由、藤安梨沙 2011年、
2005年、2014年
過去には広田みのる(1995年-1999年)、石橋竜史(2000年-2010年)が担当。
レノファ山口FC 吉永達哉 2008年 「スタジアムMC」と自称
徳島ヴォルティス 福士幹朗 2015年 過去には2011年までは林周一が、2012年から2014年は板東道生が担当。
カマタマーレ讃岐
DJハイロアンドーモ
過去には藤澤翼
愛媛FC 桝形浩人 2011年 過去には藤澤翼(2001年-2005年)、2010年までは玉井智(2006年-2010年)が担当。
アビスパ福岡 信川竜太 1996年
ギラヴァンツ北九州 八木徹 2017年 旧ニューウェーブ北九州時代の一時期は門司正弘が、2011年から2016年まではTOM Gが担当。
サガン鳥栖 YUYA 1997年 サガン設立前に鳥栖市に存在したプロサッカークラブ、鳥栖フューチャーズ(1997年1月解散)ホームゲームでもスタジアムDJを担当していた。
2017年をもって、一旦担当を退くも、2018年途中から復帰。
V・ファーレン長崎 川田金太郎 2005年
ロアッソ熊本 小林弘記(DJコバ) 2010年 小林はロアッソで現役を引退した元GK。2011年は小林のアシスタントとして田邊美穂、魚返沙織里もホームゲームのスタジアムDJを担当している。
大分トリニータ 立川麻湖、赤松大、
本城みわ大野タカシ
2002年 左記のうち男女1人ずつ。左記以外のメンバーだったTOM Gは2009年を以って契約解除
鹿児島ユナイテッドFC 有賀真姫 2014年 肩書きは「スタジアムMC」。エフエム鹿児島(μFM)所属のパーソナリティー。
FC琉球
Jリーグ百年構想クラブスタジアムDJ
クラブ名 氏名 担当開始年 備考
ヴァンラーレ八戸 小泉亮 2009年
奈良クラブ 藤原了[3] 2015年

プロ野球でのスタジアムDJ[編集]

プロ野球スタジアムDJ
球団名 氏名 担当開始年 備考
北海道日本ハムファイターズ 八幡淳 2014年 以前はGUCHYが担当。
東北楽天ゴールデンイーグルス 千葉マサト[4] 2013年 以前は古田優児岩手佳代子高野志津らが担当。
埼玉西武ライオンズ リスケ 2012年 企画物として斉藤一美松島茂鈴木光裕らの文化放送アナウンサーが担当したり2008年開幕三試合は戸谷真人が務めたこともあった。
2011年は山蔭ヒーロ、リスケの二人体制で担当。2012年よりリスケが務める。
2013年9月29日には元楽天スタジアムDJの古田優児が担当している。[5]
千葉ロッテマリーンズ KOUSAKU島村幸男谷保恵美
オリックス・バファローズ 神戸佑輔、山根七星/浜崎剛(ファーム) 2018年 1991年から2000年まではDJ KIMURA、2001年-2004年までは谷口広明、合併後の2005年-2013年までは堀江良信、2014年-2017年シーズンまでは平野智一、アシスタントMCが竹村美緒。
2007年-2012年藤生恭子が二軍の場内アナウンスを担当し、"セクシーすぎるウグイス嬢″[6] として注目を浴びる。ケッチャプは2014年からファームのスタジアムDJを担当。
福岡ソフトバンクホークス 藤澤翼 2014年 2007年から2012年まではMAX、2013年は米岡誠一/椎葉ユウが担当(ただしビジターチームおよび、2013年までの試合中におけるホークス選手の紹介はウグイス嬢が担当。)
読売ジャイアンツ 高橋大輔 2009年 2008年から2年間はジョン・オコーナー(元:いいとも青年隊)もスタジアムDJを務めていた。
東京ヤクルトスワローズ パトリック・ユウ 2008年
横浜DeNAベイスターズ MC RYU

DJ YUI

2017年 2011年まではケチャップ栗原治久が、2012年から2015年までは南隼人が担当。2012年は南が出演不可の場合、ケチャップや栗原が担当していた。2016年はジョージ・カックルが担当。
中日ドラゴンズ 長谷川巧 2015年 中日ドラゴンズの公式サイトでは「ドラゴンズナビゲーター」と表記されている。2012年から2年間は生MC担当MC Nashi(ちびまるお(nobodyknows+))、2014年は堀江良信が担当した。
阪神タイガース 久世サトシ カターレ富山と兼任
広島東洋カープ 試合開始前にカープの選手が守備に就く際のみ紹介。 基本的にはTV中継製作局のベンチ裏リポーターが発声することが多い。

プロバスケットボールでのアリーナDJ・アリーナMC[編集]

Bリーグ(B1・B2)B3リーグにおいては、チームの応援をリードする役割・得点者やファウルをした選手の名前のコール・簡単なルール解説等、様々な役割を担っている。

BリーグでのアリーナDJ・アリーナMC
チーム名 氏名 担当開始年 備考
レバンガ北海道 八幡淳 北海道日本ハムファイターズと兼任
青森ワッツ 小倉勝茂 2014年 小倉の不在時は小泉亮(BeFM)、中井友紀青森朝日放送)が代行
クラブ初年度の2013-2014シーズンはシャバ駄馬男が担当(ブラウブリッツ秋田と兼任)
秋田ノーザンハピネッツ 保泉久人 場内ナビゲートは、3人のハピネッツガールズと木杉優介が務める
仙台89ERS 山蔭ヒーロ
山形ワイヴァンズ
福島ファイヤーボンズ MCムッチー・箭内健一 2人体制で進行。ムッチーはアリーナMC、箭内はアリーナDJと位置づけられている
茨城ロボッツ
栃木ブレックス 菊池元男
群馬クレインサンダーズ 佐山裕亮 2012年 ザスパクサツ群馬と兼任
千葉ジェッツふなばし リスケ 埼玉西武ライオンズと兼任
アースフレンズ東京Z MOJA
アルバルク東京 南隼人
サンロッカーズ渋谷 パトリック・ユウ 東京ヤクルトスワローズジャパンラグビートップリーグと兼任
東京八王子ビートレインズ 粕谷智成
川崎ブレイブサンダース 高森てつ
横浜ビー・コルセアーズ 豊嶋彬 過去には栗原治久が担当
新潟アルビレックスBB 島村仁/立石勇生 第1戦を島村、第2戦を立石が担当(平日開催時は未定)
富山グラウジーズ 今井タカノブ 過去には常深裕司が担当
金沢武士団 加藤裕
信州ブレイブウォリアーズ 三井順
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 藤原了
Fイーグルス名古屋
シーホース三河 小林拓一郎
三遠ネオフェニックス 高橋正純/ターザン山下 静岡開催時を高橋、愛知開催時を山下が担当。加藤昌志が愛知開催時を担当した時期もある
滋賀レイクスターズ 仙石幸一 ガンバ大阪と兼任、日程が重なったときは西田育弘INAC神戸レオネッサを兼務)
京都ハンナリーズ 吉村和人 過去には常深裕司、竹内琢也が担当
大阪エヴェッサ たつを 2011-2012シーズンまでは下埜正太が担当
西宮ストークス 矢口恭平 過去には飯室大吾、RIGO、Jaddy Blazeが担当
バンビシャス奈良 ANN/加藤弘晃
島根スサノオマジック DJ HARU
広島ドラゴンフライズ 佐藤正宏/江本一真
香川ファイブアローズ DJ SU-JI
ライジングゼファーフクオカ U-LAW 2011年
熊本ヴォルターズ MC.MAX
琉球ゴールデンキングス 空馬良樹/知花悠介
B3リーグでのアリーナDJ・アリーナMC
チーム名 氏名 担当開始年 備考
岩手ビッグブルズ 村井沙織 2018年 クラブ初年度(2011-2012)から2017-2018シーズンまではまつみたくやが担当
埼玉ブロンコス 郡正夫
東京エクセレンス
東京サンレーヴス MC UME 同じ東京を冠したチームとして東京アパッチがかつて存在しており、Vance Kが担当
鹿児島レブナイズ 岡田祐介/ありまゆき 原則両方、もしくはどちらかが担当
2017年からは両方不参加のときのみ、その他のアナウンサーが担当

独立リーグ(野球)でのスタジアムDJ[編集]

独立リーグのスタジアムDJは選手紹介、場内アナウンス、ヒーローインタビューなどの業務はプロ野球(NPB)と共通するが、両方を担当する藤澤翼は「独立リーグの場合は球団がプロデュースする中でも『ディレクター兼DJ兼ミキサー』」「NPBでは大きな丸の中で専門性を求められ、独立リーグは小さな丸の中で多様性を求められる」とその違いを述べている[7]

四国アイランドリーグplus

関西独立リーグ(旧・BASEBALL FIRST LEAGUE)

女子プロ野球でのスタジアムDJ[編集]

日本女子プロ野球機構

なでしこリーグでのスタジアムDJ[編集]

FリーグでのアリーナDJ・アリーナMC[編集]

フットサルにおいては、得点者やファウルをした選手の名前のコール・簡単なルール解説等の役割を担う。 チームの応援をリードする役割を担うかどうかは主催チームにより異なる。

FリーグでのアリーナDJ・アリーナMC
チーム名 氏名 担当開始年 備考
セントラル開催 中村義昭(DJジャンボ)
波立紀夫

2017年
ヴォスクオーレ仙台 大坂ともお
佐藤友紀乃
2014年
2016年
ベガルタ仙台と兼任。
「公式女子マネージャー」として。
府中アスレティックFC 原大悟
ペスカドーラ町田 souichi 2012年 チーム応援歌STORY 提供
フウガドールすみだ MC TEDDY J3 SC相模原スタジアムDJ兼任

WリーグでのアリーナDJ・アリーナMC[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大前一樹の徒然歳時記~つれづれダイアリー~ 20080227
  2. ^ ダニー石尾さんのご逝去と神戸戦での追悼セレモニーについて -鹿島アントラーズオフィシャルサイト (2014年4月17日)参考
  3. ^ [1]
  4. ^ 以前はJFLソニー仙台FCやJリーグモンテディオ山形のスタジアムDJをしていた。
  5. ^ 報知野球取材班 2013年9月29日 
  6. ^ “あの桃色吐息の正体は!? ネットで話題のオリックス“うぐいす嬢”を直撃!”. 日刊サイゾー. (2012年6月19日). http://www.cyzo.com/2012/06/post_10795.html 2012年12月24日閲覧。 
  7. ^ スタジアムDJの世界で果たした「NPB入り」 vol.2 - 独立リーグドットコム(コラム第9回、2015年4月24日)
  8. ^ スタジアムDJの世界で果たした「NPB入り」Vol.1 - 独立リーグドットコム(コラム第8回、2015年4月17日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]