JAPAN FM LEAGUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JAPAN FM LEAGUE(ジャパン エフエム リーグ)は、日本FMラジオ放送局における民間放送ネットワークの一つである。

概要[編集]

1993年10月1日設立。略称はJFL

先発のテレビ・ラジオネットワークが行っている加盟局同士のニューススポーツ中継、番組供給などとは大きく異なり、JFLの理念は各加盟局ごとステーションカラーの自主性・独自性が大きく尊重されているため、所謂東京キー局から放送される全国ネット番組が他のネットワークに比べて極力抑えられ、ネット番組においても各加盟局ごとに「企画ネット番組」として独自制作されることが少なくない点である。それ故に、通常、放送局によるネットワークでは、在京局がキー局在阪局在名局準キー局と位置付けられているが、JFLにおいては、上記理由からキー局・準キー局の概念が存在しない。但し全国ネットされている一部の番組についてはJ-WAVEが制作に携わっている為、事実上の幹事局と認識されている。

また、他の先発のテレビ・ラジオネットワークと違い、事務局サイトを持たず、グループの説明はJ-WAVE内にあるのみである。

加盟局[編集]

エリア 愛称 社名 旧社名 備考
北海道 FM NORTH WAVE エフエム・ノースウェーブ - 2015年7月30日よりradiko再送信を開始[1]
東京都 J-WAVE エフエムジャパン
愛知県 ZIP-FM エフエム名古屋
大阪府 FM802 エフエムはちまるに MegaNet加盟のFM COCOLOも運営。
福岡県 CROSS FM - 1993年9月1日 - 2008年6月30日までは株式会社エフエム九州が運営。
法人としては別扱いとなっている。

旧加盟局[編集]

エリア 愛称 社名 旧社名 備考
新潟県 FM PORT 新潟県民エフエム放送 - 加入後すぐに解消。
2020年6月30日閉局[2]

ネット番組[編集]

2014年現在では、J-WAVEが幹事となり、他の4局が「連携する形」の体制を敷いている。これは前述通り、JFLの理念自体が「各局のステーションカラーを生かして、連携をとる」というものからであり[3]、表向きJ-WAVEはキー・ステーションともいえるが、あくまで「幹事・制作局」でしかない。

J-WAVE制作[編集]

ZIP-FMにて同時ネット(開始当初は時差ネット)。
全局同時ネット。
全局ネット(J-WAVE以外は2017年4月から、CROSS FMは同年10月から放送)。
FM NORTH WAVEにて同時ネット(2019年7月から放送)。

過去に制作された番組[編集]

「mo' groove」(J-WAVE・NORTH WAVE・CROSS-FM)制作局はJ-WAVE。
「N.Y N.Y」(FM802)。
「N.Y AFTER DARK」(ZIP-FM)。
  • 宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン(1999年10月1日 - 2000年9月22日)
    • 宇多田ヒカルのTres Bien! Bohemian Special〜FROM NY〜(2001年3月20日)
    • 宇多田ヒカルのTres Bien! Bohemian Summer Special〜From Tokyo〜(2001年7月20日)
全局ネット。
J-WAVE・ZIP-FMにてネット。
J-WAVE・CROSS FMにてネット。
全局ネット(2008年9月まで、J-WAVEのみ放送を継続した)。
J-WAVE・ZIP-FM・CROSS FMにてネット。
全局ネット(J-WAVE以外は2009年4月から放送)。
全局ネット、ただしFM802のみ別時刻・自主制作。
全局ネット。
全局同時ネット。
J-WAVE・FM NORTH WAVEにてネット(生ワイド番組に内包)。
ZIP-FMにて同時ネット。
ZIP-FM、FM802にて時差ネット。
全局時差ネット[4]
ZIP-FM、FM802にて時差ネット。
2015年9月まではJFL5局同時ネット。
2015年4月よりFM802で時差ネット放送開始。2015年10月から2017年3月まではZIP-FMにて同時ネット、FM NORTH WAVE、CROSS FMにて時差ネット[5][6][7][8]。2017年4月から2018年3月までは、再びFM802のみの時差ネットだった。2018年4月からはJ-WAVEのみ放送を継続。

祝日特番[編集]

  • JFL 5TH ANNIVERSARY SPECIAL 三菱電機モバイル BLOW IN THE SOUTHERN WIND (1998年9月23日 9:30 - 18:30)
JFL発足5周年を記念してJ-WAVEのスタジオから全局ネットで放送された、JFL初の同時生放送番組。ナビゲーターは小林克也、ゲストとしてサザンオールスターズのメンバーが全員出演した[9]
  • JFL 20th ANNIVERSARY FOR THE NEXT (2013年9月23日)
5局共同制作(放送時間とメインDJは放送局別に異なっていた)[10]
  • Café NESCAFÉ presents MEET AT BOOK CAFÉ (2013年11月3日 9:00 - 17:55)
HOLIDAY SPECIALとしてFM802、ZIP-FMと同時生放送[11]
  • Cafe NESCAFE presents MEET AT BOOK CAFÉ(2014年2月11日 9:00 - 17:55)
ホリスペとして5局ネットでの放送だったが、大阪地区はFM COCOLOでの放送となった[12]
  • JFL HOLIDAY SPECIAL NESCAFÉ presents MEET AT BOOK CAFÉ(2014年11月3日 9:00 - 17:55)
ホリスペとして全国同時ネット[13]
  • JFL SPECIAL FOR THE NEXT 2014 〜LIFETIME MUSIC〜 [14](2014年11月3日 18:00 - 19:55)
全国同時ネット。
  • JFL SPECIAL ELECOM FOR THE NEXT 2015 〜NEXT GENERATION〜 (2015年11月23日)
5局共同制作(時差ネット)[15]
  • JFL SPECIAL TSUTAYA ACCESS! MUSIC PLAYLIST(2016年5月4日)
5局時差ネット[16]
  • JFL SPECIAL MEISUI MOUNTAIN TRAIL(2019年8月12日、2020年8月10日)
4局時差ネット(FM NORTH WAVEを除く)[17][18]

系列局制作[編集]

FM NORTH WAVE制作。ZIP-FM、FM802、CROSS FMでも時差ネット放送しているが、首都圏地区はJ-WAVEではなくbayfmで放送。

JFL共同制作[編集]

全局ネット。
2013年[10]にJFL設立20周年を記念して企画された。2014年[14]以降も企画を継続。
2008年よりFM802で行われていたキャンペーン企画。2016年、JFL5局共同キャンペーンとして展開した[19][20]
  • H ZETT M 〜HAPPY SATURDAY NIGHT〜(2014年3月までは『PE'Zのサタデーナイトラジオ』)
  • RAGTIME LIFE
以上2番組ともFM NORTH WAVE・CROSS FMにて共同制作・ネット。
主にJFL発足記念の特別番組で、企画ネット番組に似た形式で放送される。一部時間帯でJFL各局を結び、JFL全局にネットされる。

上記以外にもJFL共同キャンペーンによる特別番組や、特番の事前番組などが共同制作・または下記のような企画ネット番組として放送されることがある。

過去に制作された番組[編集]

以上すべてFM NORTH WAVE・CROSS FMにて共同制作・ネット

企画ネット番組[編集]

過去に制作された番組[編集]

協力体制[編集]

上記のようにJFLは他のラジオネットワークとは性格が大きく異なっているが、JFL各局相互によるスタジオ等の提供など、いわゆる裏送りによる番組制作上の協力体制は整っている。

具体的にはJ-WAVEのみで放送されているレギュラー番組において、その番組出演者がアーティストのコンサートツアーなどの理由などのスケジュールの都合上により、他のJFL加盟局の地域にいる場合、その地域のJFL局からの裏送りでの放送となる。またその際にスタジオ等を提供したJFL局では、通常の番組編成通りに裏送りされている番組とは異なる、レギュラー番組が放送される[21]

また近年では全国的なコミュニティFM局開局に伴って、J-WAVEを配信している放送局では、後述するようにJ-WAVEにスタジオ等を提供するケースも出てきている。

コミュニティFMとの関係[編集]

コミュニティ放送局では全編自社制作を行うことは、人員、予算、地理、エリア規模などの理由からほぼ不可能に近い為、番組供給の仕組みを利用することが多い。J-WAVEなどのJFL加盟局ではコミュニティFMに対し、自局の放送内容を一定の条件を満たせばリアルタイムでそのまま再送信することを認めており、この仕組みにより日本各地の系列外の局でJ-WAVEの放送内容が流される現象をもたらしている。

JFL加盟局エリア外の局を中心にUSEN440、ならびにSOUND PLANETUSEN、以前はDIGITAL J-WAVE 505)を経由して一定時間内にJ-WAVEの放送内容をそのままリアルタイムで流す(サイマル放送)コミュニティ放送局が少なくない。

番組ネットや番組販売との違いは、供給元局の放送内容を番組単位ではなく時間単位で流すこと、供給元局は基本的に再送信されている局やエリアを意識しないで番組制作を行っていることにあり、供給元局としてはエリア拡大、コミュニティ局側として大都市発の高品質番組を労せず流せるメリットがある一方、供給元の局名やローカル情報(交通情報など)がそのまま各地に流れてしまうデメリットがある。

再送信(サイマル放送)[編集]

この関係は「宇多田ヒカルのTres Bien! Bohemian」の放送時には社会的にも注目された。ちなみに、最初にJ-WAVEの再送信を始めたコミュニティFM局は、野々市市えふえむ・エヌ・ワンである(現在は終了)。また、ZIP-FMを除くJFL系列においてもコミュニティFM局に配信を実施している。

過去にはJFL加盟局への配慮もあった為か、JFL各局の放送対象地域と重複するコミュニティFM局については、J-WAVEの再送信を認めない傾向にあったが、現在では直接的に放送対象地域が重複する富良野市ラジオふらの(FM NORTH WAVEと重複)・久留米市ドリームスエフエム放送(CROSS FMと重複)において、早朝・深夜また週末を中心にJ-WAVEの放送内容の再送信を実施している。

またJFL各局の放送区域内にかかる局としては、浜松市浜松エフエム放送(ZIP-FMエリア)、姫路市姫路シティFM21(FM802エリア)などで一部時間帯におけるJ-WAVEの放送内容の再送信が行われている。

一方で関東地方のコミュニティFM局では、ほとんどの地域がJ-WAVEのサービスエリアに該当する為に配信は行われなかったが、2011年1月に開局した前橋市まえばしCITYエフエムに供給を開始している。関東地方において他地方のJFL加盟局(ZIP-FM、FM802など)の再送信は行われていない。

制作協力[編集]

最近ではJ-WAVEから供給を受けている放送局が有る場合にスタジオ等を提供して放送するケースも増えてきている。以下に同局の番組「OH! MY RADIO」(現・「RADIPEDIA」)での具体例を挙げる。

J-WAVE 配信局一覧[編集]

実際にオンエアされる番組はそれぞれの局のページなどを参照されたい。

北海道・東北[編集]

関東[編集]

中部[編集]

近畿・中国・四国[編集]

九州[編集]

FM NORTH WAVE 配信局[編集]

FM802 配信局[編集]

CROSS FM 配信局[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ FMノースウェーブ 来月からネット配信「ラジコ」参加”. どうしんウェブ/電子版(文化・芸能) (2015年7月15日). 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ 停波のお知らせ
  3. ^ J-WAVE TIME TABLE 2013.8 pp.8-9 より
  4. ^ THE REASON WHY”. J-WAVE 81.3 FM RADIO. 2015年8月6日閲覧。
  5. ^ Antenna TRAVELLING WITHOUT MOVING - J-WAVE 81.3 FM RADIO 2015年10月1日閲覧
  6. ^ 野村訓市|DJ INDEX - FM NORTH WAVE 2015年10月1日閲覧
  7. ^ SUNDAY TIME TABLE - ZIP-FM77.8 2015年10月1日閲覧
  8. ^ cross fm 番組表 2015年10月18日閲覧
  9. ^ STANDOOH! AREEENA!! C'MOOOON!!!”. Victor Entertainment. 2015年8月6日閲覧。
  10. ^ a b JFL 20th ANNIVERSARY FOR THE NEXT”. 2015年8月6日閲覧。
  11. ^ J-WAVE/ZIP-FM/FM802/HOLIDAY SPECIAL Café NESCAFÉ presents MEET AT BOOK CAFÉ”. 2015年8月6日閲覧。
  12. ^ FM NORTH WAVE/J-WAVE/ZIP-FM/FM COCOLO/cross fm HOLIDAY SPECIAL Café NESCAFÉ presents MEET AT BOOK CAFÉ”. 2015年8月6日閲覧。
  13. ^ JFL HOLIDAY SPECIAL NESCAFÉ presents MEET AT BOOK CAFÉ”. 2015年8月6日閲覧。
  14. ^ a b JFL presents FOR THE NEXT”. 2015年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月2日閲覧。
  15. ^ JFL presents FOR THE NEXT”. JAPAN FM LEAGUE. 2015年11月11日閲覧。
  16. ^ "DEAN FUJIOKA、藤原さくら…ACCESS!春のキャンペーンソング制作秘話が聞けるかも?FM802特番決定!" - T-SITE 2016年4月27日閲覧
  17. ^ JFL SPECIAL MEISUI MOUNTAIN TRAIL(2019)”. 2019年8月12日閲覧。
  18. ^ JFL SPECIAL MEISUI MOUNTAIN TRAIL(2020)”. 2020年8月6日閲覧。
  19. ^ 岸田繁(くるり)、tofubeats、DEAN FUJIOKAらが「JFL×TSUTAYA ACCESS!」 キャンペーンソングに参加決定!JFL(JAPAN FM LEAGUE)で3/29(火)からオンエア!”. T-SITE (2016年3月22日). 2016年3月22日閲覧。
  20. ^ くるり岸田手がけるFM曲にtofu、スキマ大橋、カエラ、KREVAら”. 音楽ナタリー (2016年3月22日). 2016年3月22日閲覧。
  21. ^ 例として、J-WAVEの朝の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」では、ナビゲーターに俳優の別所哲也を当てていることもあって、彼が大阪にいるときには、FM802から裏送りで番組を行ったことがある。
  22. ^ 4月からのタイムテーブルを更新”. 2019年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]