燕三条エフエム放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
燕三条エフエム放送株式会社
愛称 ラヂオは~と
コールサイン JOZZ4AI-FM
周波数/送信出力 76.8 MHz/20 W
本社・所在地
〒959-1263
新潟県燕市大曲3375
燕市交通公園内
設立日 1998年8月28日
開局日 1998年9月24日
演奏所 所在地と同じ
送信所 新潟県三条市東大崎4024-2
大崎山公園展望台
中継局
  • 下田中継所:三条市(旧下田村)原城山公園敷地内
  • 予備送信所(旧送信所):燕市井土巻193-2-1 燕三条エクスプレスハイツ屋上
放送区域 三条市・燕市・弥彦村のほぼ全域、加茂市・新潟市の一部
公式サイト http://www.heart768.com/

燕三条エフエム放送(つばめさんじょうエフエムほうそう)は、新潟県燕市にあるコミュニティ放送局である。

概要[編集]

  • 社名: 燕三条エフエム放送株式会社
  • 通称: つばめさんじょう ラヂオは〜と
  • 放送時間: 日曜深夜を含む24時間。自主制作番組は平日のみ。それ以外の時間は、J-WAVEの番組を放送。
  • キャッチフレーズ: 「まさか・・・」の時に安心を
  • 2014年3月まで、三条市JR東日本燕三条駅に設置されていたが、2014年春には燕市大曲交通公園内に移転。
  • つばめさんじょう系さとちん電波 -毎週月曜日はレコード盤の持ち込み可能となっている(但し、祝日または当番組が中止の場合は不可)。毎週金曜日は三条市・北三条駅前ステージえんがわからの公開生放送となっている。
燕三条エフエム放送本社(燕三条駅構内、2014年3月まで)

主な制作番組[編集]

  • つばめさんじょう系さとちん電波 [1](2012年4月から)
  • ひとちん電波びより [1](2015年4月から)
  • 突撃 生ラジオ(2012年4月から)
  • オレンジGOAL!
  • 下水道ラジオ
  • チェルシーウェーブ [2]
  • ミュージック・フリーク・アウト
  • 三愛プレゼンツ・ドコモで昼ラジ〜☆
  • プチヴィーム
  • 三条マルシェプレゼンツ エフエム商店街
  • まゆの部屋
  • 石ちゃん Kazmiń ミュージックアワー(第一土曜日)
  • 加藤商事株式会社 Presents きよ里のわがまま土曜日(第三土曜日、2015年6月スタート)
  • 川上真樹のMackie's Cafe(第四土曜日)
  • PARADISE JAM (毎週木・金曜日、2016年4月スタート)
  • 全日本テーブル筐体愛好会Presents ★ヒジヤン★のゲームセンター768(第二土曜日、2017年4月スタート)
  • まちの作り手編集部(2017年05月スタート)[3]
  • さとちんの演歌ごめんなすって!(2018年4月から復活・毎週火曜日)

終了した番組[編集]

  • きよ里・マーシー野村の「人生おまけつき」(第三土曜日、2015年1月-4月)
  • Heart Style Café [3]
  • 新潟第一興商 “歌謡人”
  • 『Slow ♥ Remix』 (2013年1月から2014年7月)
  • live@morning
  • evening place
  • マーシーくんとkyot@!くん
  • KRRロックバーリテゥドゥ
  • キネマカンテツ座 PRESENTS カンテツ放送委員会(第二土曜日、2014年12月〜2017年3月)
  • ペレットステーション[3]

特記[編集]

  • 2004年 - 7月に発生した新潟・福島豪雨が発生した際には、通常番組を全て休止し、被災者の安否情報を中心に、避難情報・生活関連情報・三条市長による市役所からの定時緊急電話放送を、随時放送した[4]。このとき、ラヂオは〜と専用ラジオを被災を受けていない聴取者からの提供も受けつつ希望する被災者に無料で提供。デマ(五十嵐川堤防の再決壊する)を打ち消す効果を発揮した。なお高橋一夫 三条市長(当時)は市長就任前、ラヂオは〜と初代社長を務めたこともあり、高橋氏の意向により締結されていた災害協定に基づき、一連の放送を同局が行われた。
    • このラヂオは〜と専用ラジオは2000年に同局から発売されていた乾電池を電源とする防滴仕様の周波数固定据置型ラジオで、放送エリア内である燕市に本社を置くツインバード工業の製品(品番・AV-9145TS。「TS」が燕三条エフエム仕様である事を指す)。周波数を固定しスイッチ類を最小限にして特に災害時に誰でも使いやすいように、かつロゴを筐体に表示する事で局自体の知名度向上を意図したもの。無料提供の際に在庫は全て提供されたため現在は入手困難。
    • 三条市、燕市と災害協定を結び、災害時には市役所や消防署から電話による緊急割り込み放送が行なわれている。さらに2006年4月から運用開始された三条市の同報系防災行政無線とも災害時には同時放送を行なう予定。
    • これに伴い、2008年から両市の一部世帯にそれぞれ一方の市の緊急放送に対応したURO電子工業製の緊急放送対応ラジオを配布、同局での販売も行っている。
    • 市町村合併により放送エリアである三条・燕両市の面積が広がったため、2006年4月より送信所を開局以来使用してきた演奏所近くのアパート屋上から三条市内の大崎山に移転し、山間部の旧下田村地域向けに中継局を新設した。
  • 2012年 - 4月に、番組編成を一新。特別番組がない場合、土日は、J-WAVEを24時間、再送信する編成となる。
  • 2013年 - 9月、開局15周年を迎え、記念として『つばめさんじょう系さとちん電波』のパーソナリティ三人でさとちん電波隊を結成し、『愛の漂流者/花魁恋歌(おいらんれんか)』でCDデビュー。また、2013年10月26日にはイベント『ラヂオは〜とフェスティバル』を燕三条駅構内で開催した。
  • 2014年 - 2月14日、韓国の富川大学キャンパス内から、『つばめさんじょう系さとちん電波』を生放送。
  • 2014年 - 4月、スタジオを燕市に移転。
  • 2014年 - 7月9日に発生した豪雨に対応し、スタッフは午前三時から事務所に集合。午前中の通常番組を休止、豪雨に関する情報を随時放送した。
  • 2015年 - 4月12日、『VIPシティホールプレゼンツ☆電波隊といく鶴岡の旅』と題し、約90名のリスナーとともに山形県鶴岡市までの日帰り旅行を実施。また、その旅行の様子が、4月15日のテレビ新潟の『夕方ワイド新潟一番』で放送された。
  • 2015年 - 5月12日 NSTみんなのニュースの新潟ローカルニュース枠内の『ゆめ・まち・ひと』で、さとちんが取り上げられた。no
  • 2017年 - 4月24日 本社の西側に新サテライトスタジオPPCより『つばめさんじょう系さとちん電波』で生放送を開始。
  • 2018年 - 4月3日に、『さとちんの演歌ごめんなすって!』を約6年ぶりに番組を再開し、4月間は13:00-14:30の90分間、5月1日からは13:00-15:00の120分間に拡大された、但し13:50-14:00の間はニュースとお知らせを挟む。
  • 2019年 - 7月1日、FM++にてネット配信開始

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Ustream生配信
  2. ^ SHOW♪国際音楽エンタテイメント専門学校の製作番組
  3. ^ a b c ゲストコーナーによって、Ustream生配信
  4. ^ このときの放送局内のやり取り・役割などは、書籍『コミュニティFM進化論―地域活力・地域防災の新たな担い手』(著者 紺野望)で取り上げられている

外部リンク[編集]