登米コミュニティエフエム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
株式会社登米コミュニティエフエム
コールサイン JOZZ2AZ-FM
周波数/送信出力 76.7 MHz/20 W
本社・所在地
〒987-0511
宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼20
設立日 2008年(平成20年)9月12日
開局日 2010年(平成22年)4月4日
演奏所 本社と同じ
送信所 本社と同じ
中継局 なし
登米市がギャップフィラー中継局を6局保有
放送区域 登米市の一部
公式サイト http://hat-fm.net

株式会社登米コミュニティエフエム(とめコミュニティエフエム)は、宮城県登米市の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 H@!FM(はっとエフエム)の愛称コミュニティ放送をしている。

概要[編集]

愛称のH@!FM(はっとエフエム)は、登米地方郷土料理はっと」などから命名された[1]

放送エリアは、登米市[2]

2011年(平成23年)から阿部賢悟取締役と斉藤惠一代表取締役マスメディア集中排除原則にいう支配関係にある [3]

沿革
  • 2008年(平成20年)9月12日 - 株式会社登米コミュニティエフエム設立
  • 2009年(平成21年)7月22日 - スタッフブログ開始
  • 2010年(平成22年)
  • 2016年(平成28年)
    • 3月14日 - 登米市が受信障害対策中継放送の制度による東和・津山ギャップフィラー中継局の予備免許取得
    • 3月31日 - 登米市が津山ギャップフィラー中継局の免許取得
    • 8月22日 - 新田・登米中継局の予備免許取得
    • 9月9日 - 登米市が東和ギャップフィラー中継局の免許を取得
    • 9月15日 - 登米市が石越・豊里ギャップフィラー中継局の予備免許取得
    • 10月31日 - 新田・登米中継局の免許取得および登米市が石越・豊里ギャップフィラー中継局の免許取得[5]
    • 11月30日 - 登米市は新田・登米中継局をギャップフィラー中継局として免許取得[6]

脚注[編集]

  1. ^ H@!FM とは??? H@!FM スタッフブログ 2009年7月23日
  2. ^ 会社案内 H@!FM(はっとエフエム)(Internet Archiveのアーカイブ:2015年2月7日収集)
  3. ^ コミュニティ放送事業者(平成23年10月1日現在)マスメディア集中排除原則について(総務省電波利用ホームページ(国立国会図書館のアーカイブ:2011年10月11日収集))
  4. ^ 4月4日を越えて H@!FM スタッフブログ 2010年4月5日
  5. ^ 取得日は、無線局等情報検索結果 平成28年11月26日現在(総務省電波利用ホームページ(Internet Archiveのアーカイブ:2016年12月20日収集))による。
  6. ^ 取得日は、無線局等情報検索結果 平成29年10月21日現在(同上(同上:2017年11月23日収集))による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]