この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

川田裕美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわた ひろみ
川田 裕美
プロフィール
愛称 かわちゃん
出身地 日本の旗 日本大阪府泉大津市 
生年月日 (1983-06-22) 1983年6月22日(34歳)
血液型 B型
最終学歴 和歌山大学経済学部
所属事務所 セント・フォース
職歴 讀賣テレビ放送アナウンサー
(2006年4月 - 2015年3月)
フリーアナウンサー
(2015年4月 - )
活動期間 2006年 - 現在
ジャンル 情報バラエティ番組
公式サイト 公式プロフィール
出演番組・活動
現在 『Orico presents FIELD OF DREAMS』
すもももももも!ピーチCAFE
胸いっぱいサミット!
好きか嫌いか言う時間
1周回って知らない話
バナナ♪ゼロミュージック
この差って何ですか?
過去 ニッポン旅×旅ショー
朝生ワイド す・またん!
情報ライブ ミヤネ屋
マヨブラジオ』など

川田 裕美(かわた ひろみ、1983年6月22日 - )は、セント・フォースに所属する日本のフリーアナウンサーである。

来歴

生い立ち

大阪市住之江区生まれ[1]大阪府泉大津市出身。父の仕事の関係による転勤で名古屋、長野、札幌、小樽に住んでいたこともある[1]大阪府立三国丘高等学校を経て、和歌山大学経済学部卒業。大学時代には、学内のインターネットラジオ局で活動する[† 1]かたわら、生田教室でアナウンスを勉強した。また、2003年度「ミズえびすばし(戎橋)」に選ばれた。

2006年から2015年

読売テレビ入社

2006年に大学卒業と同時に読売テレビ(ytv)入社。同期入社のアナウンサーは虎谷温子。ニュースデビューは、2006年7月22日。『情報ライブ ミヤネ屋』が関西ローカル放送や一部地域ネットだった時期には火曜日にレギュラーで出演していた。ytv制作の全国ネット番組『ニッポン旅×旅ショー』ではレギュラーアシスタントに抜擢。藤井隆とコンビを組む。同期の虎谷から『ズームイン!!SUPER!』を引き継いで担当していたが、2010年4月から早朝に放送を開始した『朝生ワイド す・またん!』には虎谷と日替わりでレギュラー出演。YTV『24時間テレビ』でも、入社以来毎年司会などを務めていた。2011年3月までは、『す・またん!』に内包された『ズームイン!!SUPER!』の関西ローカルパートや、『大阪ほんわかテレビ』にもレギュラーで出演していた。

情報ライブ ミヤネ屋

2011年4月4日からは、産休に入った先輩アナウンサー・森若佐紀子の後任司会として『情報ライブ ミヤネ屋』にレギュラー出演。以降2015年2月まで4年間に渡り、森若が産休から職場へ復帰した2012年6月以降も引き続き同番組の司会を務め、宮根誠司のアドリブへの対応や個性豊かなコメンテーター陣の扱いが上手く生放送に強い司会ぶりが評価されていた[3][4]運動音痴を自認[5] するにもかかわらず、2014年10月には番組代表として『大阪マラソン2014』で人生初のフルマラソンに挑戦[6]。宮根が設定した目標タイムの「5時間」を切る4時間57分2秒(グロスタイム4時間59分22秒)でフルマラソン完走を果たした[7]。また、スイーツ好きが昂じて2014年6月には日本スイーツ協会主催の「スイーツ検定」試験に合格し「スイーツコンシェルジュ」の資格を取得しており[8]、フルマラソン完走のご褒美として一時はオリジナルスイーツの「カワタスイーツ」をプロデュースする企画もあった。

読売テレビ退社

2015年2月に会見を開き、「新しいステージで自分を試したい」と読売テレビの退社とフリーアナウンサーへの転身を発表[9]。会見では、情報番組を中心にバラエティ、旅番組、ナレーションやラジオ、本の執筆など幅広く、また「関西人のサービス精神」で女優にも挑戦してみたいと語った[10][11]。同月27日で『情報ライブ ミヤネ屋』の司会を卒業すると、同年3月末で読売テレビを退社した[12]

2015年から現在

フリーアナウンサーへの転身

2015年4月からセント・フォースに所属し、フリーアナウンサーとして東京を拠点に活動を開始[12][13]。4月1日には『川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」』をアメーバブログに開設[14]、続いてセント・フォース公式モバイルサイト『cent.FORCE Channel』にもブログを開設した[15]

フリー転身後の初仕事は2015年4月2日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の「ぐるナイ春の京都ゴチ2時間スペシャル」[16]。同月4日より放送の『Orico presents FIELD OF DREAMS』(TOKYO FM)で初めてラジオのパーソナリティを務め[17]、同月11日よりフリー転身後の初レギュラー番組となる読売テレビの女性向け情報バラエティー番組『すもももももも!ピーチCAFE』で局アナ時代を通じて初のメインMCを務めている[18]。一方でバラエティー番組にも積極的にゲスト出演して、認知度の向上に努めている[19]

2016年7月からは『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)で産休の八木早希に代わり進行を務め、同年10月の八木の復帰後も交互に出演している[20]。また、同年9月からは『1周回って知らない話』(日本テレビ系)でフリー転身後初めてゴールデンタイムのレギュラーを務める[21]

2016年10月より紀陽銀行のイメージキャラクターを務め、同行の企業CMに出演[22]。また、和歌山市観光協会が県外在住で和歌山市にゆかりのある様々な分野の人々に委嘱する「和歌山市観光発信人」に任命され、同年11月21日に委嘱式が行われた[23]

2016年8月に『とと姉ちゃん』(NHK)にテレビの取材者役で数十秒間出演したのに続き、2017年1月には『増山超能力師事務所』(読売テレビ)の第1話ならびに『天才バカボン2』(日本テレビ)に出演して本格女優デビューを果たす[24][25][26]

2017年4月には、『バナナ♪ゼロミュージック』(NHK総合)のMCに就任し初めてNHKにてレギュラー番組を担当するのに続き[27]、『この差って何ですか?』(TBS系)のMCに赤江珠緒の後任として起用されるなど[28]、フリー転身から2年を経て全国ネットのレギュラー番組4本を含むテレビ7本、ラジオ2本のレギュラーを抱える人気アナウンサーとなる[29][30]

人物

  • 身長は158cm[31]
  • 資格は普通自動車免許[32]、スイーツコンシェルジュ[31]
  • 趣味、特技は愛犬のコロンと遊ぶこと[32]
  • ニュース番組や全国放送では標準語を用いるが、バラエティー番組のリポートやアシスタントで出演する際には時として泉州弁で話すこともある。大阪府泉大津市出身のため、大阪府南西部地域の方言「泉州弁」には自信がある。
  • スイーツが好きでスイーツコンシェルジュの資格を取得。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)の「第7回私の勝負差し入れNo.1グランプリ」(2015年1月11日放送)で紹介したシェ・アガタ(京都府宇治市)の「挽きたて抹茶の贅沢テリーヌ」はグランプリに選ばれた。
  • 大好物はあんこで、自宅の冷蔵庫に大量のゆであずきの缶詰を常備しており、それを缶のままで多い時は2缶を平らげる[33]。缶ごとそのまま食べるのは社員でもなかなかいないと、製造元の井村屋の社員にも褒められた[34]。番組収録時の楽屋にはゆであずきの缶詰が用意され[35]、休日には「あんこ巡り」と称してどら焼き、豆大福、おはぎなどの和菓子店を1日ではしごする[36]。また、チューブ入りこしあんで味付けした筑前煮やゆであずき入りのミートグラタン「あんグラタン」などの手料理もブログで披露している[33][37]

エピソード

  • 酒は普通に飲める[38]
  • 視力が悪いため、テレビ出演時はコンタクトレンズをしているが、それ以外は、眼鏡をかけていることもある。
  • 学生時代からロックバンドGLAYのファンで、Twitterで「GLAYがいなければ、今の仕事に就いていませんでした。」と語っている。
  • 交際していた男性が洋服店の店員で、その男性の服装を素敵だと思って同じ服にしたいと伝えたところ「俺のと全部同じメーカーにして」と言われ、振込先にその男性の口座を指定された所不審に思ったが結局30万円振り込み、直後に「カニ100杯くらい手に入れたから買って」とも売り込みがあり、一層不審に思って友達に聞いたところ、その男性がカニの密漁をしているらしいことが分かり、「買わなくて良かったけどネタにしないと悔しい」と思い、読売テレビの入社面接のフリートークで披露したところ、ウケて好評価を得たという[39]
  • 読売テレビ『なるトモ!』で2008年9月に陣内智則が司会を降板するまで共演しており、陣内のことを「陣さま」と呼んでいた。陣内から誘われて一緒にゴルフをしたことがある。
  • 毎日放送で1歳年下の吉竹史と交友がある。2011年2月15日には、『す・またん!』『大阪ほんわかテレビ』で共演中の森たけし(前述)と共に、同局(MBSラジオ)の生放送番組『MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?』へゲストで出演。番組途中からは、吉竹との共演も果たした。ちなみに川田は、テレビ単営局・読売テレビの地上デジタル放送推進大使(代理)として在阪他局のテレビ番組に出演した経験を持つが、アナウンサーとしてラジオ番組へ出演したのは同番組が初めてである。
  • チカン撃退用の変な顔を持っている。            
  • パレオ巻きたい派。
  • 得意料理は、カレー。
  • 川田家は母も妹もお笑い好きで、実家にはお笑い番組を録画したテープがたくさんある[40]
  • 祖母は鹿児島県出身である[40]

出演番組

現在

テレビ
ラジオ
CM

過去

読売テレビアナウンサー

テレビドラマ

映画

  • 逆転裁判 (2012年2月11日、東宝配給) - 号外を配る新聞販売店員 役

脚注

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 大学時代の学内インターネットラジオでのトークの様子は和歌山大学インターネットラジオ[2] のログから聴くことができ、学生時代の川田アナの声や関西弁でのトークを聴くことが出来る。(担当回にはDJの欄に「川田」と記載。第12回から。)
  2. ^ 所属事務所の同僚小林麻耶の代役として出演。
出典
  1. ^ a b 雪かき、大変だったなぁ”. 川田ひろみのナニワっ娘☆曳行中. 2015年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月13日閲覧。
  2. ^ 和歌山大学インターネットラジオ「UWU」
  3. ^ 山田美保子 (2015年2月21日). “ギョーカイがみんな首をかしげる 川田裕美アナのフリー宣言”. NEWSポストセブン (小学館). http://www.news-postseven.com/archives/20150221_305127.html 2015年4月3日閲覧。 
  4. ^ “フリー宣言『ミヤネ屋』川田裕美アナ 成功するための要素持つ”. NEWSポストセブン (小学館). (2015年2月25日). http://www.news-postseven.com/archives/20150225_305382.html 2015年4月3日閲覧。 
  5. ^ ランニング!?”. 川田ひろみのナニワっ娘☆曳行中. 読売テレビ (2014年1月15日). 2015年2月27日閲覧。
  6. ^ “川田裕美アナ“宮根級ごほうび”狙う!”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年8月12日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/08/12/0007225735.shtml 2014年10月27日閲覧。 
  7. ^ “川田アナ、大阪マラソン5時間切り達成”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2014年10月27日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20141027-1387805.html 2014年10月27日閲覧。 
  8. ^ スイーツ三昧☆バースデー”. 川田ひろみのナニワっ娘☆曳行中. 読売テレビ (2014年6月26日). 2014年10月27日閲覧。
  9. ^ “読テレ川田アナ ミヤネ屋卒業&フリーへ”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年2月13日). http://www.daily.co.jp/gossip/2015/02/13/0007735642.shtml 2015年4月3日閲覧。 
  10. ^ “川田裕美アナ「ミヤネ屋」卒業!3月退社、フリー転身”. スポーツ報知. (2015年2月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150213-OHT1T50005.html 2015年4月18日閲覧。 
  11. ^ “フリー転身川田アナ 先輩アナが冷やかし”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年3月29日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/03/29/0007866901.shtml 2015年4月18日閲覧。 
  12. ^ a b “川田裕美アナ「ミヤネ屋」卒業! 3月退社、フリー転身”. スポーツ報知. (2015年2月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150213-OHT1T50005.html 2015年2月13日閲覧。 
  13. ^ “川田裕美アナ『ミヤネ屋』涙の卒業「4年間やってきたよかった」”. ORICON STYLE (オリコン). (2015年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2049241/full/ 2015年2月27日閲覧。 
  14. ^ 改めましてよろしくお願いします!”. 川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」 (2015年4月1日). 2015年4月2日閲覧。
  15. ^ もうひとつ”. 川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」 (2015年4月3日). 2015年4月3日閲覧。
  16. ^ “川田裕美アナ「ぐるナイ」でフリー初仕事 ナイナイ&国分大絶賛”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年4月1日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/01/kiji/K20150401010090700.html 2015年4月1日閲覧。 
  17. ^ “フリー転身川田裕美アナが初のラジオ番組をスタート”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2015年4月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/384937/ 2015年4月2日閲覧。 
  18. ^ “川田裕美:“古巣”情報番組で初メインMC フリー転身後初レギュラー”. [毎日新聞. (2015年4月2日). http://mainichi.jp/mantan/news/20150402dyo00m200028000c.html 2015年4月2日閲覧。 
  19. ^ “川田裕美アナ、フリー転身もレギュラー1本 狙うは“ポスト中田有紀””. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2015年11月9日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20151119/enn1511191532019-n1.htm 2016年8月30日閲覧。 
  20. ^ “『胸いっぱいサミット!』に川田裕美が新加入”. TV LIFE (学研プラス). (2016年7月1日). http://www.tvlife.jp/2016/07/01/66201 2016年7月9日閲覧。 
  21. ^ “宮根誠司、川田裕美アナの初ゴールデンレギュラーを祝福”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年8月30日). http://www.oricon.co.jp/news/2077553/full/ 2016年8月30日閲覧。 
  22. ^ 川田裕美 (2016年10月1日). “紀陽銀行イメージキャラクター”. 川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」. 2017年3月12日閲覧。
  23. ^ “和歌山市観光発信人に川田裕美さん”. 和歌山県内ニュース (テレビ和歌山). (2016年11月21日). http://www.tv-wakayama.co.jp/news/detail.php?id=41154 2016年11月22日閲覧。 
  24. ^ “川田裕美アナ、本格女優デビュー!「ミヤネ屋」参考に体当たり演技”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年12月18日). http://www.sankei.com/entertainments/news/161218/ent1612180010-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  25. ^ “川田裕美アナ:年明けに女優“本格デビュー” 女子アナ役で“広瀬すず風”ビジュアルも”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (MANTAN). (2016年12月18日). https://mantan-web.jp/2016/12/18/20161217dog00m200023000c.html 2017年5月1日閲覧。 
  26. ^ “川田裕美が念願の女優デビューで四苦八苦!?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年1月5日). https://thetv.jp/news/detail/97224/ 2017年5月1日閲覧。 
  27. ^ a b “川田裕美、NHK初レギュラー 『バナナゼロ』MCに決定”. ORICON NEWS. (2017年3月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2087344/full/ 2016年3月12日閲覧。 
  28. ^ a b “川田裕美アナ、赤江珠緒の後任に決定 加藤浩次とタッグ『この差って何ですか?』”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年4月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2089215/full/ 2017年4月17日閲覧。 
  29. ^ 大塚美奈 (2017年4月29日). “川田裕美、飾らない人気者へホップ“スキップ”ジャンプ!”. SANSPO.COM (産経デジタル). http://www.sanspo.com/geino/news/20170429/int17042905040001-n1.html 2017年5月1日閲覧。 
  30. ^ “フリーアナ川田裕美、「スキップできない」で自虐的笑いもOK!大阪発女版「ミヤネ」躍進のワケ”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). (2017年4月27日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170427/enn1704271530010-n1.htm 2017年5月1日閲覧。 
  31. ^ a b 川田 裕美のプロフィール - Cent FORCE Co.,Ltd.”. セント・フォース. 2015年4月15日閲覧。
  32. ^ a b 川田裕美 チームytvアナ”. 読売テレビ. 2015年4月15日閲覧。
  33. ^ a b やっぱりコレがないと!”. 川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」 (2015年4月13日). 2015年5月9日閲覧。
  34. ^ 川田裕美 (2015年2月4日). “Twitter”. 2015年5月9日閲覧。
  35. ^ ピーチCAFEの楽屋に”. 川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」 (2015年4月30日). 2015年5月9日閲覧。
  36. ^ あんコース☆”. 川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」 (2015年4月19日). 2015年5月9日閲覧。
  37. ^ あんグラタン☆”. 川田裕美オフィシャルブログ「Sweet Room」 (2015年5月6日). 2015年5月9日閲覧。
  38. ^ 美味しかったなぁ 川田ひろみのなにわっ娘☆曳行中 2010年11月28日参照
  39. ^ 川田裕美アナ 読テレの内定得た秘話”. デイリースポーツ (2015年4月14日). 2015年4月15日閲覧。
  40. ^ a b おみやげ(川田ひろみのなにわっ娘☆曳行中 2007年06月09日、06月20日参照)
  41. ^ “八木早希アナ産休へ、川田裕美が『胸いっぱい』ファミリーに新加入”. ORICON STYLE. (2016年7月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2074367/full/ 2016年7月1日閲覧。 
  42. ^ “東野幸治、高畑裕太ら“今時世代”とのギャップに呆然「落ち込む時がある」”. ORICON STYLE. (2016年8月18日). http://www.oricon.co.jp/news/2076899/full/ 2016年8月18日閲覧。 
  43. ^ 「Orico presents FIELD OF DREAMS」今週スタート”. TOKYO FM (2015年3月31日). 2015年4月2日閲覧。
  44. ^ 企業イメージCM”. 紀陽銀行. 2017年3月12日閲覧。

外部リンク