足立基浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足立 基浩(あだち もとひろ、1968年10月29日 - )は、日本の経済学者和歌山大学経済学部教授。博士経済政策)。専門はまちづくり論・環境政策。第42代内閣総理大臣鈴木貫太郎曽孫である。

経歴・活動[編集]

東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後の1992年に、記者として朝日新聞社に採用された。1994年に退社してからはイギリスに渡って、ケンブリッジ大学大学院などへ留学。同大学院でのMPhil(修士号)取得を経て、1996年に和歌山大学経済学部の助手に採用された。同大学では、助教授を経て、2010年4月から教授に就任。2001年には、ケンブリッジ大学大学院土地経済学研究科で、経済政策のPh.D(博士号)を取得した。

研究者としての専門分野は、地域再生と街づくり・都市再生に関する研究。日本国内約300か所・海外約15か国での調査を基に、経済学・経営学の理論と現場とをつなげるべく、日本全国の街の活性化に向けて幅広い活動を展開している。和歌山大学助教授時代の2005年からは、和歌山市中心市街地活性化を目的に、ゼミの学生や市民と共に中心部のぶらくり丁商店街でオープンカフェ・レンタルカフェなどの事業などを展開中。現在は、同大学の評議員を兼務する一方で、メディアでの活動に関してよしもとクリエイティブ・エージェンシーとエージェント契約を結んでいる。

現在の出演番組[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『シャッター通り再生計画――明日からはじめる活性化の極意』 ミネルヴァ書房、2010年ISBN 978-4623057177
  • 『まちづくりの個性と価値――センチメンタル価値とオプション価値』 日本経済評論社、2009年ISBN 978-4818820777

編著[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]