増山超能力師事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
増山超能力師事務所
著者 誉田哲也
イラスト studio crocodile単行本
上田バロン文庫本
発行日 2013年7月16日(単行本)
2016年5月10日(文庫本)
発行元 文藝春秋(単行本)
文春文庫(文庫本)
ジャンル ユーモアミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製カバー装
ページ数 320
次作 増山超能力師大戦争
公式サイト 本の話WEB
コード ISBN 978-4-16-382260-0(単行本)
ISBN 978-4-16-790605-4(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

増山超能力師事務所』(ますやまちょうのうりょくしじむしょ)は、誉田哲也による小説。「オール讀物」掲載分をまとめ、2013年7月16日文藝春秋より出版。2017年1月期クールにてテレビドラマ化された。同年4月、テレビドラマのスピンオフ作品が沖縄国際映画祭に出品される予定。

あらすじ[ソースを編集]

超能力が実在し、仕事でそれを行使する人がいる以外は現実と変わらない世界。「増山超能力師事務所」所長、一級超能力師の増山は、地味な超能力をもつ所員と共に、探偵業系の案件を解決していく。

書籍情報[ソースを編集]

※初出は全て「オール讀物」掲載、挿絵網中いづるが担当。単行本表紙と特設サイトはstudio crocodileが担当。文庫本表紙と新シリーズ「増山超能力師大戦争」の挿絵は上田バロンが担当。

増山超能力師事務所
  • 単行本(文藝春秋、2013年7月16日、ISBN 978-4-16-382260-0
    • 初仕事はゴムの味(2010年12月号)
    • 忘れがたきは少女の瞳(2011年4月号)
    • 愛すべきは男の見栄(2011年7月号)
    • 侮れないのは女の勘(2012年5月号)
    • 心霊現象は飯のタネ(2012年8月号)
    • 面倒くさいのは同性の嫉妬(2012年11月号)
    • 相棒は謎の男(2013年4月号、「今では無二の友」を改題)
  • 文庫本(文春文庫2016年5月10日、ISBN 978-4-16-790605-4
増山超能力師大戦争

(2016年7月 - 2017年3月号まで毎月連載)

主な登場人物[ソースを編集]

※級位は超能力師としてのランク。

  • 増山 圭太郎(一級、所長)
  • 高原 篤志(二級)
  • 中井 健(二級)
  • 住吉 悦子(二級)
  • 宇川 明美(見習い)
  • 大谷津 朋江(事務員)
  • 河原崎 晃(一級、増山の元相棒)
  • 榎本 克己(警視庁刑事)

テレビドラマ[ソースを編集]

増山超能力師事務所
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜 23:59 - 翌0:54(55分)
放送期間 2017年1月5日 - 3月23日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
監督 久万真路
湯浅弘章
片桐健滋
演出 ※各回の監督が兼務
原作 誉田哲也
脚本 櫻井剛
プロデューサー CPのみ抜粋
中村泰規
前西和成
出演者 田中直樹ココリコ
浅香航大
中村ゆり
柄本時生
平田敦子
忍成修吾
ルウト
六平直政
鹿賀丈史
音声 ステレオ放送
字幕 あり
オープニング 「STEREO」BRADIO
エンディング 「君じゃなきゃ」ユナク&ソンジェ from 超新星
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2017年1月5日から3月23日まで、読売テレビ制作・日本テレビ系「木曜ドラマ」枠にて放送された。主演は田中直樹ココリコ[1]

第1話から第5話では、再来週分の予告も流れていた。

主要キャスト[ソースを編集]

※主な肩書は#主な登場人物も参照。

増山超能力師事務所
その他

主な各話ゲスト[ソースを編集]

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
第11話
第12話

主要スタッフ[ソースを編集]

  • 原作 - 『増山超能力師事務所』誉田哲也 著(文春文庫 刊)
  • 脚本 - 櫻井剛
  • 音楽 - BRADIO石塚徹
  • 主題歌 - 「君じゃなきゃ」ユナク&ソンジェ from 超新星(YM3D/よしもとアール・アンド・シー
    • オープニングテーマ - 「STEREO」BRADIO[7]
  • 楽屋まわり - ダーハマ
  • 企画協力 - 文藝春秋
  • チーフプロデューサー - 中村泰規(第1 - 4話)、前西和成(第5 - 12話)
    • プロデューサー - 西川義嗣、仲良平・村本陽介(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)、古賀俊輔・長坂敦子(ザフール)
    • ライン - 齋藤大輔
    • キャスティング - 河村剛史、根岸美弥子
    • 音楽 - 田井モトヨシ
      • アシスタント - 斎木綾乃
  • 監督(演出も兼務) - 久万真路、湯浅弘章、片桐健滋
    • 助監督 - 岩渕崇(第1 - 5、12話)、毛利安孝(第5 - 9、12話)、北川博康(第10 - 12話)
    • 演出助手 - 若林将平、安川徳寛、吉崎祥太
  • 制作プロダクション - ザフール
  • 制作協力 - 吉本興業
  • 制作著作 - 読売テレビ

放送日程[ソースを編集]

※太字サブタイトルは、原作と同タイトル。

各話 放送日 サブタイトル 監督・演出
第1話 1月5日 超能力は誰のため? 久万真路
第2話 1月12日 初仕事はゴムの味
第3話 1月19日 忘れがたきは少女の瞳
第4話 1月26日 愛すべきは男の見栄 湯浅弘章
第5話 2月2日 隠し味は超能力
第6話 2月9日 侮れないのは女の勘
第7話 2月16日 面倒くさいのは同性の嫉妬
第8話 2月23日 パートナーは君じゃなきゃ 片桐健滋
第9話 3月2日 女の過去は崖の上
第10話 3月9日 帰ってきたのは貴女のため 久万真路
第11話 3月16日 心霊現象は飯のタネ
第12話 3月23日 相棒は謎の男 湯浅弘章
平均視聴率 %(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
増山超能力師事務所〜激情版は恋の味〜
監督 久万真路
原作 誉田哲也
出演者 #主要キャスト#主な各話ゲストを参照。
製作会社 「増山超能力師事務所〜激情版は恋の味〜」製作委員会
公開 日本の旗2017年4月23日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

スピンオフ[ソースを編集]

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の「TV DIRECTOR'S MOVIE」部門(4月23日)にテレビドラマのスピンオフ作品『増山超能力師事務所〜激情版は恋の味〜』(-げきじょうばんはこいのあじ)を出品予定[8]

出演[ソースを編集]

#主要キャスト#主な各話ゲストも参照。

主要スタッフ[ソースを編集]

  • 監督:久万真路

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

読売テレビ日本テレビ 木曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
黒い十人の女
(2016年9月29日 - 12月1日)
増山超能力師事務所
(2017年1月5日 - 3月23日)
恋がヘタでも生きてます
(2017年4月6日 - 6月)