ちょうどいいブスのススメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちょうどいいブスのススメ
著者 山﨑ケイ(相席スタート
発行日 2018年4月25日
発行元 主婦の友社
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六版
ページ数 194
公式サイト shufunotomo.hondana.jp
コード ISBN 978-4-07-431295-5
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ちょうどいいブスのススメ』は、お笑いタレントの山﨑ケイ(相席スタート)によるエッセイ主婦の友社の情報サイト「Tokyo Cawaii Media〈トウキョウ カワイイ メディア〉」に連載のコラムに書き下ろしパートを加え、2018年4月25日に主婦の友社より書籍化された。自称「ちょうどいいブス」の著者が、「ちょうどいいブス」だからこその恋愛哲学や恋愛メソッドを説く[1][2]

人生が楽しくなる幸せの法則』(じんせいがたのしくなるしあわせのほうそく)と題して読売テレビ日本テレビ系にて2019年1月にテレビドラマ化される[3][4]

あらすじ[編集]

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

人生が楽しくなる幸せの法則
ジャンル テレビドラマ
原作 山﨑ケイ(相席スタート
『ちょうどいいブスのススメ』
脚本 武井彩
監督 植田泰史
出演者 夏菜
高橋メアリージュン
小林きな子
山﨑ケイ(相席スタート)
和田琢磨
佐野ひなこ
忍成修吾
伊藤修子
徳井優
田山涼成
音楽 仲西匡
羽深由理
製作
チーフ・
プロデューサー
前西和成
プロデューサー 沼田賢治
村本陽介(よしもとクリエイティブ・エージェンシー
大沼知朗(よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
森安彩(共同テレビジョン
制作 共同テレビジョン
吉本興業(制作協力)
製作 読売テレビ
放送
放送局 日本テレビ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年1月10日 -
放送時間 木曜23:59 - 翌0:54
放送枠 木曜ドラマF
放送分 55分
公式サイト

人生が楽しくなる幸せの法則』(じんせいがたのしくなるしあわせのほうそく)と題して読売テレビの制作によりテレビドラマ化され、日本テレビ系「木曜ドラマF」にて2019年1月10日から放送されている。主演は夏菜[5]。原作者の山﨑ケイ(相席スタート)が「ちょうどいいブスの神様」役で連続ドラマに初レギュラー出演する[6]

本編の続きや裏側、登場人物の過去や秘密などを描き、各話をつなぐ「チェインストーリー」が製作され、本編の見逃し配信とあわせてGYAO!にて独占無料配信される[7]

あらすじ(テレビドラマ)[編集]

商社の総務部に勤める女性社員3人は、ある日降臨した「ちょうどいいブスの神様」から自身のダメダメな現実を指摘され、「女は、自分がブスであることを認めて、初めて幸せのスタートラインに立つことができる!」と説く神様の教えに従って「ちょうどいいブス」を目指し修行を開始する[5]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

中川彩香(なかがわ あやか)〈29〉
演 - 夏菜
商社の「ジャストライト物産」総務部に勤務。「自己表現下手くそブス」。
木原里琴(きはら りこ)〈31〉
演 - 高橋メアリージュン
彩香の同僚。「融通の利かないブス」。
皆本佳恵(みなもと よしえ)〈34〉
演 - 小林きな子
彩香の同僚。「開き直りブス」。
ちょうどいいブスの神様
演 - 山﨑ケイ(相席スタート
「モテないブス」を「モテるブス」に変身させるために降臨。さまざまなコスプレで出現する。

ジャストライト物産[編集]

佐久間涼太(さくま りょうた)〈29〉[8]
演 - 和田琢磨
営業部商品企画班所属。女子社員の人気ナンバー1で、彩香が恋心を寄せる。
鴨志田萌(かもしだ もえ)〈26〉[8]
演 - 佐野ひなこ
営業部商品企画班所属。かわいくて人当りも良いアイドル系の女子。
森一哉(もり かずや)〈35〉[8]
演 - 忍成修吾
営業部営業班所属。里琴と犬猿の仲。
松澤初美(まつざわ はつみ)〈45〉[8]
演 - 伊藤修子
総務部課長。彩香の上司。「ちょうどいいブス」の成功例。
吾妻博和(あずま ひろかず)〈55〉[8]
演 - 徳井優
総務部部長。
神原重吉(かんばら じゅうきち)〈60〉[8]
演 - 田山涼成
代表取締役社長。

スタッフ[編集]

製作[編集]

原作にはドラマの登場人物やストーリーは存在せず、原作の内容・意図に基いて原作者の山﨑ケイとスタッフにより架空のオリジナルストーリーとして制作する[10]

番組タイトルは当初のドラマ化発表の時点では原作と同名だったが[4]、後に出演者発表のニュースに際してインターネット上などで「ちょうどいいブス」という表現を巡って批判が相次ぎ[11][12]、正式タイトルとして『人生が楽しくなる幸せの法則』(じんせいがたのしくなるしあわせのほうそく)に変更された[9][10][13]。読売テレビは「視聴者の方々に、ドラマの内容を理解していただくために、ダイレクトに、より良い、より楽しい積極的な生き方を提案するドラマのコンセプトを表した」とタイトル変更の理由を説明している[10][13]。ドラマ化発表のニュースに際しては、タイトルおよび発信されたドラマのコンセプトで「ブス」という容姿を非難するセンシティブな言葉を使うこと、女性に対し、男性からの視点でどう見られるかで幸せが決まるといった古い価値観の押し付けを感じさせたことなどに、インターネット上で批判が集まっていた[14]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル ラテ欄[15][16] 脚本 監督
Lesson1 1月10日 相席スタート・山崎ケイ原作! ちょうどいいってナニ? 武井彩 植田泰史
Lesson2 1月18日 夏菜・高橋メアリージュン出演 シャル・ウィー・ダンス?

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “相席スタート・ケイのコラム「ちょうどいいブスのすすめ」書籍化、男性の声も収録”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年4月25日). https://natalie.mu/owarai/news/277790 2018年12月5日閲覧。 
  2. ^ 園田菜々 (2018年5月2日). “「モテたいならまずブスを自覚するところから」相席スタート・山崎ケイが語る“ちょうどいいブス”がモテるコツ”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). https://ddnavi.com/review/455383/a/ 2018年12月5日閲覧。 
  3. ^ “相席スタート・山﨑ケイさんのエッセイ『ちょうどいいブスのススメ』テレビドラマ化決定!” (プレスリリース), 主婦の友社, (2018年11月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000866.000002372.html 2018年12月5日閲覧。 
  4. ^ a b “相席スタート・ケイの著書「ちょうどいいブスのススメ」連ドラ化決定”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年11月21日). https://natalie.mu/owarai/news/308835 2018年12月5日閲覧。 
  5. ^ a b “夏菜“ちょうどいいブス”目指す 相席スタート・山崎のエッセイを実写化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2124766/full/ 2018年12月7日閲覧。 
  6. ^ “ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」に夏菜ら出演、原作の相席ケイは神様役に”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年12月5日). https://natalie.mu/owarai/news/310722 2018年12月7日閲覧。 
  7. ^ “「人生が楽しくなる幸せの法則」“チェインストーリー”のGYAO!での独占無料配信が決定!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年12月28日). https://thetv.jp/news/detail/174438/ 2019年1月7日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “「ちょうどいいブス」に佐野ひなこら出演”. 日テレNEWS24. (2018年12月12日). http://www.news24.jp/articles/2018/12/12/08411526.html 2018年12月18日閲覧。 
  9. ^ a b “相席ケイ原作ドラマの正式タイトル決定、メインビジュアルや主題歌も発表”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2018年12月21日). https://natalie.mu/owarai/news/313276 2018年12月21日閲覧。 
  10. ^ a b c d “ちょうどいいブスのススメ:ドラマ版タイトルが「人生が楽しくなる幸せの法則」に変更”. MANTANWEB (MANTAN). (2018年12月21日). https://mantan-web.jp/article/20181221dog00m200059000c.html 2018年12月21日閲覧。 
  11. ^ “「ちょうどいいブス」に批判 放送予定ドラマの題名変更”. 朝日新聞デジタル. (2018年12月21日). https://www.asahi.com/articles/ASLDP7QWSLDPPTFC00W.html 2018年12月21日閲覧。 
  12. ^ “ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」がタイトル変更 ネット上などで批判”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年12月21日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181221/geo18122121030034-n1.html 2018年12月21日閲覧。 
  13. ^ a b “『ちょうどいいブスのススメ』ドラマ化でタイトル変更「内容を理解していただくため」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2126044/full/ 2018年12月21日閲覧。 
  14. ^ カレー沢薫『ちょうどいいブスのススメ』炎上を『ブスの本懐』著者はどう見たか?女子SPA!扶桑社、2018年12月21日閲覧。
  15. ^ 該当各日 『朝日新聞』 テレビ欄。
  16. ^ 人生が楽しくなる幸せの法則”. あらすじ. ザテレビジョン. 2019年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]

読売テレビ制作・日本テレビ 木曜ドラマF
前番組 番組名 次番組
ブラックスキャンダル
(2018年10月4日 - 12月7日)
人生が楽しくなる幸せの法則
(2019年1月10日 - )
-