カレー沢薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カレー沢 薫
生誕 (1982-11-22) 1982年11月22日(36歳)
日本の旗 日本山口県
国籍 日本
職業 漫画家、無職
活動期間 2009年 -
ジャンル ギャグ漫画
テンプレートを表示

カレー沢 薫(カレーざわ かおる、Kaoru Curry zawa、1982年11月22日 - )は、日本漫画家コラムニスト[1]。女性で、既婚。血液型はAB型。山口県出身・在住[2]。2018年6月1日から、無職兼作家となる。

概要[編集]

2009年、『モーニング』主催・第26回MANGA OPENに初めて漫画『無題』を投稿。落選したが、同誌増刊『モーニング・ツー』編集長が、新連載を決定。この際、タイトルを『クレムリン』と改めた。

風刺を交えながら、人語を話す動物と人間を中心とした、不条理なギャグを中心とした作風をしている。リアルな等身で描かれた人間と、デフォルメが強い主に( ´ω`)顔の動物(と一部人間)を混在させた独特の画風が特徴。

好きなものは猫で、猫を主人公としている漫画を執筆するほど。なお、好きな品種としてスフィンクスを挙げる。このほか好きなものとして、世界が滅亡するとかのパニック映画を挙げる。

ネーミングセンスがないことが悩みであり、登場人物の名前は、何かをもじってつけることが多い。クレムリン6巻あとがきでは、カレー沢のネーミングセンスについて関羽に「たけし軍団のようだ」と言われている。なお、本人のペンネームは自身のmixiでのハンドルネーム(「カレー」)と本名を合体させたものであるという[3]

コラムも連載しているが、派遣社員として派遣切りに遭うなど、負け組を自称する。リア充を憎む発言も目立ち、前述のとおり結婚しているが、未だリア充を憎む発言は続いている。毛深いことをネタにしており、自画像は、黒い毛玉のようなものに( ´ω`)顔がついたものを使用している。本人いわく「自画像が陰毛」とのこと。

Twitterを活用しており、著書「ブスだけどマカロン作るよ」のタイトルはTwitterでの公募で決めた。その際のハッシュタグは「#カレタイ」だった。

きゅうりが嫌いで、作品中で頻繁にネタにしている。

作品[編集]

  • クレムリン』 既刊『クレムリン』7巻、『ニァイズ』1巻
(『モーニング・ツー』(2009 - 2012年)、『モーニング』(2010 - 2013年)、『月刊モーニングtwo』(2013 - )[4]東京都写真美術館広報誌別冊「ニァイズ」(2011 - )、CINRA.NET(2013 - )
  • 『カレー沢薫の負ける技術』 既刊1巻 -『負ける技術』(2014年 講談社 / 2015年 講談社文庫
(『モーニング・ツー』(2012年に終了)、『MORNING MANGA.COM』 Web連載(2011 - 2013年))
月刊コミックゲートアッシュ、Web連載(2012年))
(『ヤングチャンピオン』、2012 - 2017)
(『月刊モーニングtwo』、2012 - 2015年)
(『月刊!スピリッツ』、2013 - )
  • ギスギスへんしゅうコロス♥
(『月刊!スピリッツ』、2014 - )
  • 『ねこもくわない』 全1巻
(『別冊漫画ゴラク』、2014年 / 『漫画ゴラクスペシャル』、2015 - 2016年)
(『Dモーニング』、2014年5月8日配信開始 - 2016年)
  • 『 カレー沢薫とそのカリスマ読者の最高の交流広場「人生の病理相談」』
(『Dモーニング』、2014 - 2016年)[7][8]
  • 薫の小部屋
コミスン、2014 - )[9]
  • 兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃
(マイナビニュース、2015 - )[10]
  • ヤリへん
モバMAN、2015 - )[11][12]
  • 猫工船』既刊2巻
(『週刊ビッグコミックスピリッツ』、2015 - )
  • ブス図鑑
cakes、2016 - )[13]

コラム[編集]

  • カレー沢薫のゆうゆうヘルスケア
(『ヤングチャンピオン』、2017 - )

読み切り[編集]

  • デフレスパイラル(『週刊ビッグコミックスピリッツ』、2011年10月13日発売)
  • シャブ太郎(pixiv、2012年1月22日公開)
  • フルメタル合コン(別冊漫画ゴラク増刊『酒楽』、2013年7月18日発売)[14]
  • ノーキャット、ノーライフ(『週刊ビッグコミックスピリッツ』、2013年10月7日発売)[15]
  • カースト学園(『Dモーニング』、2014年1月9日配信・『モーニング』、2014年3月19日発売)
  • 性少年健全化少女マンガ計画(『モバMAN』、2014年4月18日配信)
  • カンノウ小説いただきます(『モバMAN』、2015年5月1日配信)
  • 二兆年と、1日と、猫(『ヒバナ』、2017年8月7日発売)[16]

寄稿・その他[編集]

  • 文 IT革命と相撲(AiR、2010年6月18日配信)
  • 文 結婚式とわたし&クレムリン(AiRtwo、2011年2月4日配信)
  • 文 いつまで続く「カワイイ」のインフレ(新潮45、2014年2月18日発売)
  • 文 きみは「戦力外通告」を観たか?(IN★POCKET、2014年3月14日発売)
  • 文 死屍累々の季節に(群像、2014年5月7日)
  • 文 最近仕事の都合でチンコのことばかり考えている。(AiR4、2014年8月4日配信)
  • 漫画(映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』、2014年11月)[17]
  • 漫画(「刀剣乱舞-ONLINE-コミックアンソロジー ~ヒバナ散らせ、刀剣男士~」、2015年10月7日発売)
  • 文 カレー沢薫の『生きることとは負けること』指南(IN★POCKET、2015年10月15日発売)
  • インタビュー 話題の一冊 著者インタビュー(週刊実話、2015年12月3日発売)
  • 文 カレー沢薫「猫と男」(cocoloni PROLO、2016年12月22日 -)
  • 文 ヒバナと私(『ヒバナ』、2017年8月7日発売)

脚注[編集]

  1. ^ 「日常と退廃」内プロフィールより。
  2. ^ ブスだけどマカロン作るよ p.93
  3. ^ カレー沢薫の負ける技術『#85 ペンネーム“カレー沢薫”の由来』”. 2012年10月22日閲覧。
  4. ^ 2013年にtwoにて隔年連載が決定。2014年はtwoが2月22日(猫の日)発売のため掲載。
  5. ^ 単行本(太田出版刊)に無印(コミックゲートアッシュ)のエピソードも収録。
  6. ^ アンモラル・カスタマイズZ - 太田出版による作品紹介ページ
  7. ^ モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト「モアイ」にも掲載。
  8. ^ 人生の病理相談 - 講談社による作品掲載ページ
  9. ^ 薫の小部屋 - 小学館による作品掲載ページ
  10. ^ カレー沢薫の日常と退廃 - マイナビによる作品掲載ページ
  11. ^ 『ヒバナ』(2016年2月5日発売)に第1、2話を出張掲載
  12. ^ ヤリへん - 小学館による作品紹介ページ
  13. ^ ブス図鑑 - cakesによる作品紹介ページ
  14. ^ 『ねこもくわない』に収録
  15. ^ 『ニコニコはんしょくアクマ』1巻に収録
  16. ^ ヒバナ 2017年9月号(2017年8月7日発売) - 小学館eコミックストア
  17. ^ 映画『みんなのアムステルダム国立美術館へ』 - 公式サイト

外部リンク[編集]