中居正広の土曜日な会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中居正広のニュースな会

中居正広のキャスターな会

中居正広の土曜日な会
ジャンル ニュース情報番組
構成 樋口卓治
中野俊成
志賀一也 他
ディレクター 別項
演出 井長英嗣
舟橋政宏
遠藤由一郎(P兼務)
司会者 中居正広
出演者 別項
ナレーター 鈴木賢
上田瞳
アナウンサー 島本真衣テレビ朝日アナウンサー
製作
製作総指揮 奥田創史(GP)
プロデューサー 別項
制作 テレビ朝日
放送
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2019年4月27日 -
放送枠テレビ朝日系列土曜昼の情報番組枠
中居正広のキャスターな会
2019年4月27日から5月18日まで
放送期間2019年4月27日 - 5月18日
放送時間土曜 12:00 - 13:00
放送分60分
2019年5月25日から2020年3月まで
放送期間2019年5月25日 - 2020年3月28日
放送時間土曜 12:00 - 12:56
放送分56分
2020年4月から2023年12月まで
放送期間2020年4月4日 - 2023年12月23日
放送時間土曜 12:00 - 13:26
放送分86分
2024年1月から
放送期間2024年1月13日 -
放送時間土曜 11:30 - 13:26

特記事項:
11:45 - 12:00は『ANNニュース』のため、一旦中断。
テンプレートを表示

中居正広の土曜日な会』(なかいまさひろのどようびなかい)は、テレビ朝日2019年4月27日から土曜昼に放送されているニュース情報番組であり、中居正広冠番組である。

番組開始から2022年3月26日までは『中居正広のニュースな会』(なかいまさひろのニュースなかい)、2022年4月2日から2023年12月23日までは『中居正広のキャスターな会』(なかいまさひろのキャスターなかい)のタイトルで放送されていた。

2024年1月13日からは番組タイトルを『中居正広の土曜日な会』に変更すると共に、30分拡大し11時30分からの放送開始となる[1]

概要[編集]

中居正広がキャスターを務め、1週間の話題の出来事をランキング形式で分かりやすく伝えていくといった内容である[2]。番組タイトルには中居と「な会」が掛かっている。

中居がテレビ朝日のニュース番組を担当するのは『サンデージャングル』以来、19年ぶりとなる[3]。また、テレビ朝日で土曜正午で1時間の情報番組を編成するのは『陽気にカプチーノ』以来22年ぶりとなる。

放送前日に収録したものを編集し放送している[注 1] が、まれに生放送で実施されることがある[注 2]

2022年4月2日に番組タイトルを『中居正広のキャスターな会』に改題した[4]

2022年8月からテレビ朝日ではカスタムフォントで時刻出しを開始した。

2023年6月24日には「緊急企画!!いま日本が危ない! 防犯知識をアップデート 全国統一防犯テストSP」と題したゴールデンSPを18:30 - 20:54に放送[5][6]

テレビ朝日に限り、エンディングトークの際に関東地方の天気予報を画面上部(時刻出しの右横に3か所ずつ)に表示している。

2024年1月13日からは番組タイトルを『中居正広の土曜日な会』に変更すると共に、30分拡大し11時30分からの放送開始となる[1](11時45分 - 12時は『ANNニュース』のため、一旦中断)。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

準レギュラー[編集]

※基本的に劇団と古市はレギュラー出演。柳澤と岸田は不定期交代で出演。

不定期出演[編集]

女性タレント[編集]

ほか

※ゲストコメンテーターに近い位置づけでバラエティ番組のゲスト枠同様、旬の女性タレントが登用される確率が高い。

男性タレント[編集]

ほか

※劇団または古市不在時に出演する場合が多い。

ネット局[編集]

  • 全編ローカルセールス枠のため、テレビ朝日以外の通常時同時ネット局でも編成の都合により、臨時に非ネットまたは時差ネットとする場合がある。
2023年4月1日以降
放送対象地域 放送局 系列 ネット開始月 放送時間(JST ネット状況 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 2019年4月27日 - 土曜 12:00 - 13:26 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 同時ネット [注 5]
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 2020年4月4日 - [10]
福島県 福島放送(KFB) 2021年10月9日 -
中京広域圏 名古屋テレビ(メ〜テレ/NBN) 2020年10月3日 - [注 6]
近畿広域圏 朝日放送テレビ(ABC TV) 2019年5月4日 - [注 7][11]
山口県 山口朝日放送(yab) 2020年4月18日 - [12]
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) 2019年10月5日 - [13]
長崎県 長崎文化放送(NCC) 2023年4月1日 -
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 2019年4月27日 -

過去のネット局[編集]

スタッフ[編集]

現在のスタッフ[編集]

2024年4月13日以降
  • ナレーター:鈴木賢上田瞳(上田→2020年1月18日-)
  • 構成:都築浩(都築→2024年4月13日-)、樋口卓治(樋口→2020年2月15日-)、中野俊成、志賀一也【毎週】、廣島功将、佐藤啓、後藤祐生、小竹和希【週替り】
  • TM:小林恭大
  • TD:平間隆啓(以前はカメラ)
  • カメラ:藤井雄基、前田芽生、佐藤邦彦、保坂健一、北川雄介、高橋広、山口秀太【週替り】
  • VE:東那美、飯島崚太、田辺帆風【週替り】
  • 照明:森口花菜、大寶学、松原功幸、田中健一、越前充弘、木内聡、武内正信、弓削和幸、中本明人、田中雄哉【週替り】
  • 音声:関文彦、吉田有希、猪俣晃、中田孝也【週替り】
  • デザイン:飛田幸
  • 美術進行:高崎絵織
  • 装飾:藤本厳嶺
  • 電飾:黒野堅太郎
  • 大道具:青井真沙樹
  • 小道具:塚谷将朗
  • CG:高井梓
  • 美術協力:Altopla、LUXMAN、GENEVA、Vixen(全部→2019年5月4日-)
  • ヘアメイク:宮下梨沙
  • スタイリスト:大村淳子
  • TK:草野麻里、村田理実、吉条雅美【週替り】
  • 編集:渡辺周一、奥村健也、伊与田拓海、楠田惣彦、田中宗一郎、加藤宣久(加藤→一時離脱→復帰)【週替り】
  • MA:神山幸久
  • 音効:佐藤卓嗣、田口弘記
  • デスク:永野智子
  • 編成:熊谷和也、安部旭紘
  • 宣伝:平野三和
  • 協力:ZOOM、東京オフラインセンター(共に一時離脱→復帰)
  • 技術協力:CRAZY TV
  • 企画工場な会
    • 企画演出︰岡村学
    • 構成︰上野耕一郎/須毛原淳、谷口マサヒト
    • カメラ︰本郷智也、福島一憲
    • 音声︰山本賢
    • 音効︰古屋陸
    • 技術協力︰コスモ・スペース
    • ディレクター︰鈴木大介、松浦直人
    • プロデューサー︰冨澤有人、境浩平
  • 制作スタッフ:櫻井優、女屋みさと、三浦瑛介、金田萌花、河村沙那、鈴木奨大、鈴木柚菜、藤田水紀、鈴木統子、神邊美海、増谷直之、若林由麻、坪井美哉、西田鈴香、高橋羅夢、近藤七海、市原由佳、小林千紘、立花璃奈、不老結麻、滝澤祐希、日髙比奈多、カン ジフン【週替り】/丹羽敦子、阿部健士【毎週】(丹羽→2022年10月-、以前は2019年7月-2022年7月までプロデューサー→2022年8月6日-9月頃まで監修、阿部→2024年1月-、以前は2023年7月8日-12月頃までプロデューサー)
  • AP:渡邊優子(ガスコイン・カンパニー、以前はアシスタントプロデューサー→キャスティング)【毎週】、小嶋悠介(一時離脱→復帰)、信澤梨乃(信澤→2022年10月8日-)、配藤麻衣(配藤→2024年1月頃-)【週替り】
  • フロアディレクター:永澤浩也(フナヤ278)、松枝美沙(共に2022年6月11日-、永澤→以前は毎週D、松枝→以前は制作スタッフ)
  • ディレクター:齋藤彰、吉本圭佑(daInaRI)、藤原康隼(東通企画)、松本洋子(daInaRI)、関川智実(ハンター)、水谷眞也(ノンプロダクション)、井筒栄志(遊冒、一時離脱→復帰)、井上融(テレバイダー)、品田尚孝、松岡正樹、曽我和隆(PLATFORM)、奥村奈美、深代琢也、山本希江、大山藍、渡大空、小松聡、佐伯浩平、吉倉瑞穂、安藤百香、勝部大輝、安藤百香【週替り】(藤原・松岡・安藤→以前は制作スタッフ)
  • チーフディレクター:野口昌希、浦嵜優(以前はディレクター兼務)【週替り】
  • 演出:井長英嗣(2021年10月2日-)、舟橋政宏(以前はチーフディレクター)
  • P・演出:遠藤由一郎(2023年12月-)
  • プロデューサー:前川譲(2023年12月-、以前は2022年8月6日-2023年7月までプロデューサー→2023年8月-11月までP・演出)、小川真紀(2022年8月6日-)、山口大輔(daInaRI、以前はアシスタントプロデューサー→制作進行)、黒木明紀・新本あじあ(共にノンプロダクション、新本→2022年11月5日-)、辻美子(ハンター、以前はアシスタントプロデューサー)、和久津一成(ダブルアップ)、宮本清彦(東通企画、2024年4月6日-)
  • ゼネラルプロデューサー:奥田創史
  • 制作:テレビ朝日ビジネスソリューション本部 コンテンツ編成局第2制作部
  • 制作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

  • 企画:奥川晃弘
  • 構成:渡辺佑欣、小杉四駆郎、髙橋恭平、鈴木おさむ
  • TM:高田格、久保田春記、宮内大翼
  • カメラ:石渡剛、吉田千明、及川貴也、玉手康裕、青山和広、朝香昌男、古川雅之(古川→以前はTD)、藤井隆啓、村越一輝
  • VE:木村朋宏
  • 照明:武藤潤、伊藤直哉
  • 音声:加藤翠、平井保、鈴木英典、藤本樹恒
  • デザイン:森﨑絵美
  • 美術進行:加藤正幸(加藤→2019年8月10日-)、亀井直子(亀井→以前はデザイン、一時離脱→復帰)
  • 装飾:武村(宇都宮)沙織
  • 大道具:瀬崎諒延、北詰真士、原和輝
  • 小道具:鷲澤栄一
  • ヘアメイク:石崎タツヤ、山内勝博
  • TK:丸山和子
  • 編成:岩井健太郎、山崎陽弘、沼田真明、岡村地郎、秋谷祥加、小宮立千、北田暢子、三浦靖雄、近藤洋史、泉良樹、大塚脩平(三浦→一時離脱→復帰)
  • 報道チーフ:辻英太郎、杉山貴弘
  • 協力:東通企画
  • 特別協力:ジャニーズ事務所
  • 制作スタッフ:濱口拓也、岩名美月、叶野優奈、馬場晶菜、宮城さんご、櫻井琴子、大加瀬智鈴、伊藤来未、伊藤くるみ、勝家晴彦、島丈朗、渡辺一行、小川大稀、山田直輝、グエンゴックカイン、郭喬、孫祥云、小野寺広人、宮脇拓平、岩城渚、内田美有紀、坪井彩加、瀧本星、石井雄介、佐溝昭彦、横田優里奈、太田南渚子、菊地怜、矢作愛、椎光平、下村健太、吉(古)矢みのり、川名智也、森本楓(かえで)、大倉康平、高橋泰崇
  • アシスタントプロデューサー:川原布友美
  • ディレクター:今村光宏、亀崎裕介、柴田大輔、増井政憲、中村裕紀、中島賢一、木村雄太、高木快郎、櫻田直輝、狩野紀明、江口英雄、伊藤暁、新岡隆一、松原まりも、関口周、松原孝二、小倉大輔、永井裕史、岡田康行、佐藤大輔、川岸昌嗣、鎌田紀洋、鶴田哲朗、内原弘二、市川潤
  • チーフディレクター:津田克久(2019年10月5日-、ユーコム)、山口貴由(山口→以前はディレクター)
  • 演出:畠中洋介(2021年4月3日-2023年7月)
  • 総合演出:荻野健太郎(2022年8月6日-2024年2月10日、以前はプロデューサー→2019年10月5日-2021年9月まで演出→2021年10月2日-2022年3月までプロデューサー・演出→2022年4月9日-7月まで再びプロデューサー)
  • プロデューサー:佐藤尚子(2019年10月5日-)、山田健史、服部陽一(服部→2021年8月7日-2022年7月)、陳中文(陳→2022年8月-2023年6月、以前は報道チーフ)、大沢解都(大沢→2022年7月-2023年11月)、市岡まさひこ(トップシーン)、稲垣哲也(ユーコム)、白髭晋二・菊地翔(共に東通企画、菊地→以前はディレクター)、尾越功(ハンター)、渡辺紘子・井上裕次(共にテレバイダー、井上→2022年8月27日-)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同様の放送形態を取る番組としては『ワイドナショー』(フジテレビ、土曜夕方に収録し日曜 10:00 - 11:15に放送)がある。
  2. ^ 2022年7月9日放送では、元内閣総理大臣の安倍晋三が銃撃され死亡した事件を受け、冒頭のニュースのみ生放送に差し替えた。出演は、中居・島本・柳沢・古市の4人。
  3. ^ 2022年7月16日は急性虫垂炎による療養のため[7]、2022年10月1・8日は体調不良のためいずれも欠席[8][9]。代理MCは2022年7月16日・10月8日は清水俊輔(テレビ朝日アナウンサー)が、2022年10月1日は劇団ひとりがそれぞれ務めた。
  4. ^ 現時点で女性タレント枠の最多出演。
  5. ^ 2021年以降は毎年12月第4週の『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』年末スペシャル(9:30 - 11:45、12:00 - 13:00)を臨時ネットしており、1時間遅れの時差ネットで対応。
  6. ^ 2019年4月27日の番組開始時から同時ネットで放送されていたが、2020年3月28日を最後に一旦打ち切り。その後同年10月3日からネット再開。
  7. ^ 毎年8月の全国高校野球選手権大会期間中(休養日・決勝戦開催日を除く)は臨時非ネット(雨天中止となった場合はネット復帰)とするが、毎年12月第4週の『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』の年末スペシャル(9:30 - 11:45、12:00 - 13:00)を放送する日は臨時非ネット(2019年・2020年)または1時間遅れの時差ネット(2021年以降)で対応。
  8. ^ 3時間遅れの15:00 - 16:26に時差ネットで放送されていた。
  9. ^ 同時間帯はローカル情報番組『ひろしま深掘りライブ フロントドア』(13:00 - 14:00)を放送している。
  10. ^ 2時間遅れの14:00 - 15:30に放送(字幕放送も実施)していたが、まれにスポーツ中継(『カープ応援中継“勝ちグセ。”』〈広島東洋カープ戦中継〉やテレビ朝日系列全国ネットのプロゴルフ中継等)・特番など編成の都合で臨時同時ネット〈14時台に自社制作の特別番組『広島ホームテレビ開局50周年記念地球派宣言ドキュメンタリー・生き物の命を求めて』を放送する2020年2月22日が該当〉・15:00以降に繰り下げまたは臨時非ネットのどちらかとなっていた。
  11. ^ 2020年3月までは唯一のレギュラー編成での遅れネット放送。中居が同局での放送時間を告知した独自の番組宣伝も製作されたことがある他、『ひろしま深掘りライブ フロントドア』では本番組の放送時間を書いた宣伝告知ボードが設置されたり、内容予告テロップが出されることがあった。
  12. ^ 2019年4月27日(番組初回)は『J2アビスパ福岡×モンテディオ山形』戦中継、・同年12月21日は『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ ミカタオールスターズがタブーにトライ!? 世界ワールい度カップ2019SP』(朝日放送テレビ制作、9:30 - 11:45、12:00 - 13:00)を放送したため、臨時に前者は2時間遅れ、後者は1時間遅れで何れも放送。稀に『カチタカ!』(福岡ソフトバンクホークス戦中継)編成により臨時非ネットとなる場合があった。

出典[編集]

  1. ^ a b "「中居正広のキャスターな会」番組名変更を発表 放送時間も変更し、年明けは13日11時30分から". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2023年12月23日. 2023年12月23日閲覧
  2. ^ 中居正広、ニュースキャスターだ!テレ朝系「中居正広のニュースな会」4月スタート”. サンケイスポーツ (2019年3月22日). 2019年3月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e 中居正広、テレ朝の新番組は土曜の昼のニュースショー”. ORICON NEWS (2019年3月22日). 2019年3月22日閲覧。
  4. ^ 中居正広「ニュースな会」タイトル変更も「言うほど変わらない」”. デイリースポーツ (2022年3月26日). 2022年3月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月26日閲覧。
  5. ^ 『中居正広のキャスターな会』ゴールデンSP!“緊急企画”で防犯知識をアップデート”. テレ朝POST (2023年6月24日). 2023年6月27日閲覧。
  6. ^ 『中居正広のキャスターな会』ゴールデンSPで“防犯”特集 強盗や窃盗事件が急増する中知っておくべき対策を紹介”. ORICON NEWS (2023年6月24日). 2023年6月27日閲覧。
  7. ^ “中居正広「キャスターな会」欠席 代役MCは清水アナ 劇団ひとり「そこまで僕は信用されてないんだな」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2022年7月16日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/16/kiji/20220716s00041000218000c.html 2022年10月8日閲覧。 
  8. ^ “中居正広、体調不良でテレ朝「中居正広のキャスターな会」を欠席”. サンスポ (産経デジタル). (2022年10月1日). https://www.sanspo.com/article/20221001-HOZTTUMA2BDOVOMLUWDYCUWFQ4/ 2022年10月8日閲覧。 
  9. ^ “中居正広「念には念を大事を取って」 体調不良でテレ朝「キャスターな会」を2週連続欠席”. サンスポ (産経デジタル). (2022年10月8日). https://www.sanspo.com/article/20221008-YJHKNGGSEZHWXGIWBMPLNDVLPY/ 2022年10月8日閲覧。 
  10. ^ AAB秋田朝日放送 [@AAB_5ch] (2020年4月4日). "【番組情報】 ひる12時からは 『#中居正広のニュースな会』✨ #中居正広 が"土曜・お昼の顔"になり、話題の出来事を独自の目線で解説する新感覚ニュース番組です。より分かりやすく興味深く。 「ニュースって見方が分かると面白い❗️」". X(旧Twitter)より2022年10月8日閲覧
  11. ^ 中居正広のニュースな会”. テレビ朝日. 2019年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月8日閲覧。 “また、朝日放送テレビのみ、5月4日(土)から放送開始です。”
  12. ^ 【公式】yab山口朝日放送 [@yab_beep] (2020年4月18日). "山口県の皆さま! 本日ひる12時から 『#中居正広のニュースな会 』 放送スタートします😊‼️ 何度でも言います🤣 お昼12時からです‼️‼️ お昼12時からです‼️‼️ ご覧くださいませ✨✨ #ニュースな会 #yab #山口朝日放送". X(旧Twitter)より2022年10月8日閲覧
  13. ^ KSB広報 [@KSB_kouhou] (2019年9月17日). "朗報‼️『中居正広のニュースな会 』は10/5(土)ひる12時より #KSB で放送開始!新たなニュースの見方を提案したい!分かった気になっていた事を、ちゃんと理解してもらえるよう分かりやすく解説。ニュースって見方が分かると実は面白いんです!ぜひ一緒に学んでいきましょう!#ニュースな会 #中居正広". X(旧Twitter)より2022年10月8日閲覧

外部リンク[編集]

テレビ朝日 土曜11:30 - 11:45
前番組 番組名 次番組
スペシャルサタデー・第1部
※11:00 - 11:45
【15分縮小して継続】
中居正広の土曜日な会
(2024年1月13日 - )
-
テレビ朝日 土曜12:00 - 12:56
スペシャルサタデー・第2部
※12:00 - 13:57
中居正広のニュースな会

中居正広のキャスターな会

中居正広の土曜日な会
(2019年4月27日 - )
-
テレビ朝日 土曜12:56 - 13:00
スペシャルサタデー・第2部
※12:00 - 13:57
中居正広のニュースな会
(2019年4月27日 - 5月18日)
TVクリップ
TVクリップ
※30分繰り下げて継続
中居正広のニュースな会

中居正広のキャスターな会

中居正広の土曜日な会
(2020年4月 - )
-
テレビ朝日 土曜13:00 - 13:26
スペシャルサタデー・第2部
※13:00 - 14:56
中居正広のニュースな会

中居正広のキャスターな会

中居正広の土曜日な会
(2020年4月 - )
-