クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クイズ!
あなたは小学5年生より賢いの?
ジャンル 特別番組クイズ番組
出演者 一般小学生
ほか
製作
制作 日本テレビ
放送
映像形式 文字多重放送
データ放送(第3回のみ)[1]
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
第1回
司会者 ラルフ鈴木(日本テレビアナウンサー)
放送期間 2011年4月24日
放送時間 土曜13:30 - 14:30
放送枠 サタデーバリューフィーバー
放送分 60分
回数 1回
第2回
司会者 滝菜月(日本テレビアナウンサー)
劇団ひとり
放送期間 2018年11月11日
放送時間 日曜13:15 - 14:15
放送枠 サンバリュ
放送分 60分
回数 1回
第3回
司会者 桝太一(日本テレビアナウンサー)
劇団ひとり
出演者 所ジョージほか
放送期間 2019年5月3日
放送時間 金曜19:00 - 20:54
放送枠 ゴールデンまなびウィーク
放送分 114分
回数 1回

クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(クイズ!あなたはしょうがくごねんせいよりかしこいの?)は日本テレビで放送されているクイズ番組

概要[編集]

アメリカで放送され、世界40か国以上でフォーマット販売され放送されている『Are You Smarter Than a 5th Grader?』の日本版。

賞品・賞金を賭け、芸能人が小学5年生でも解ける義務教育の問題に挑戦する。

放送日時[編集]

放送年月日 放送時間(JST 放送枠 備考
1 2011年4月24日 土曜13:30 - 14:30 サタデーバリューフィーバー
2 2018年11月11日 日曜13:15 - 14:15 サンバリュ
3 2019年5月3日 金曜19:00 - 20:54 (なし) 「ゴールデンまなびウィーク」内の番組として放送

出演者[編集]

司会
  • ラルフ鈴木(日本テレビアナウンサー)(第1回)
  • 劇団ひとり(第2回・第3回)
  • 滝菜月(日本テレビアナウンサー)(第2回)
  • 桝太一(日本テレビアナウンサー)(第3回 ゴールデンまなびウィーク 塾生)
ゴールデンまなびウィーク 塾長
ご意見番として挑戦者を見守る他、自身も『マジカル頭脳パワー!!』以来20年ぶりにクイズに挑戦した。

ルール[編集]

第1回・第2回[編集]

  • 基本的に1人ずつ挑戦(第2回のみ小峠英二バイきんぐ)・滝沢カレンのペアで挑戦するケースもあった)。
  • 挑戦者には小学1年生から小学5年生の問題が各2問ずつ合計10問が問題のジャンルと共に提示。その中から1問を選んで挑戦する。
  • 問題は筆記で行い、ボタンを押して解答を「LOCK」した時点で確定となる。
  • 正解すれば次の問題に進出。1問でも不正解の場合即終了、そこまで獲得した賞品・賞金も没収となる。また、途中でドロップアウトし賞金・賞品を持ち帰っても構わない。
  • 不正解及びドロップアウトで退場する場合、セットに設けられた土下座台の上で「私は小学5年生より賢くありません」と宣言し土下座をしなければならない罰がある。
カンニング
  • スタジオには小学5年生5人が待機しており、2問ごとにその中から1人を選んで一緒に解答を行う。一度選んだ生徒は再度選ぶことはできない。また、選ばれてない間も生徒は参考のため問題に解答する。
  • 解答者には2つの「カンニング」及び「救済チャンス」が用意されており、好きなタイミングで使用できる。尚、使用した場合はその問題でのドロップアウトはできない。
  • のぞき見:小学生の解答をのぞき見し、それを参考に解答することができる。
  • まる写し:小学生の解答を見ずに、小学生の解答を「自分の解答」として扱う。
  • 救済チャンス:自分が不正解だった場合でもパートナーの小学生が正解していればクリアとみなされる。
最終問題
  • 10問クリアした場合、最終問題(第1回では「ワールドツアー・クエスチョン」)への挑戦権を獲得。ただし、挑戦前に「挑む」か「10問正解時点での賞品・賞金を持ち帰るか」を選択できる。最終問題は小学4 - 5年生の難易度となっており、出題まで教科も明かされない。また、一切のカンニングを使用できず、完全に自力で答えなければならない。

第3回[編集]

  • 問題システムなどは第1回・第2回と同様。ただし、不正解・退出時の宣言・土下座は無くなっている。
  • 小学5年生はパートナーとして選ぶことはできないが、同様に全ての問題に挑戦する。
教えて!小学生
これまでの「カンニング」に対し新たに3つのヒントが用意された。
  • 指名カンニング:生徒5人のうち1人の答えを覗くことができる。
  • ルーレット:ルーレットで止まった生徒の解答が自分の解答となる。ルーレットのスタート・ストップは所が担当(所挑戦時はひとりが担当)。
  • 全員オープン:5人全員の解答を開け、それを参考に解答できる。
  • 10問正解した時点で「賞金300万円を持ち帰る」か「正解で1000万円、不正解でゼロの最終問題に自力で挑む」かを選択することができる。

マネーツリー[編集]

正解数 第1回 第2回 第3回
FINAL 世界一周旅行 \1,000,000 \10,000,000
10 ハワイ旅行 \3,000,000
9 \2,000,000
8 \750,000 \1,000,000
7 \750,000
6 沖縄旅行 \500,000 \500,000
5 \300,000
4 \300,000 \200,000
3 東京湾クルーズ \100,000
2 \100,000 \50,000
1 \10,000

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ゴールデンまなびウィーク」関連。