サンデースクランブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サンデー!スクランブル
ジャンル 情報ワイドショー番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
出演者 下平さやかテレビ朝日アナウンサー
平石直之(テレビ朝日アナウンサー)
黒鉄ヒロシ
ほか(出演者参照)
音声 モノステレオ放送
オープニング 石渡裕貴「Wonderful Days」
エンディング 星野純一「Our Plans」
外部リンク 公式サイト
番組開始から2005年9月まで
2008年10月から2011年9月まで
放送時間 日曜 12:00 - 12:55(55分)
放送期間 2005年1月9日 - 9月25日
2008年10月5日 - 2011年9月25日
2005年10月から2008年9月まで
2011年10月から番組終了まで
放送時間 日曜 11:45 - 12:55(70分)
放送期間 2005年10月2日 - 2008年9月28日
2011年10月2日 - 2016年3月27日

特記事項:
ナレーター:小林清志柴山平和
一部地域は12:00開始。
2005年10月から2008年9月および2011年10月からは11:50 - 12:00に、『ANN NEWS』により一旦中断される。2005年10月以降、『ANNニュース』の11:58:55以降は事実上本番組の第2部(2008年10月から2011年9月までは番組全体)の前倒しとなっている。
上記期間中の実際の開始時刻は11:47.30。
テンプレートを表示

サンデー!スクランブル』(英称:Sunday! Scramble)は、テレビ朝日系列(一部系列局を除く)で2005年平成17年)1月9日より2016年(平成28年)3月27日まで毎週日曜日生放送されていたワイドショー情報番組であり、平日に放送されている『ワイド!スクランブル』の日曜版である。番組内のタイトルロゴ表記は『サンデー!スクランブル』である。なお、番組開始当初のタイトルロゴ表記は『Sunday!スクランブル』であった。

概要[編集]

内容は親番組の『ワイド!スクランブル』(以下、平日版)とそれほど変わらない。初代男性キャスターの佐々木正洋は平日版にも出演していた(当番組出演開始に伴い金曜日は出演取り止め)。また、新聞での番組表の表記も平日版と同じ「スクランブル」となっていたが、2014年1月12日から「サンスク」に改められた、佐々木が平日版で担当している「夕刊キャッチUP」同様の新聞記事紹介コーナーも企画した。キャッチフレーズは「土日も休まず、世の中を追いかけます!」

2010年4月4日より地上アナログ放送でもモノステレオ放送を開始。

2011年10月2日から、2代目女性キャスターの長野智子が当番組の前の時間帯に始まった『報道ステーション SUNDAY』に出演するようになったことを機に、同年7月より平日版金曜日の出演を再開[1]していた佐々木も、長野と共に交代。後任として共にテレビ朝日アナウンサーの下平さやか(土曜版『サタデースクランブル』初代女性キャスター)と小木逸平(当時平日版元コーナーレギュラー、2015年4月から司会で復帰)が起用された[2]。またテレビ朝日では番組開始時間が再び11:45となり『ANNニュース』内包する形で放送され、スタジオセット及びテーマ曲が更新された。

2012年4月1日から、タイトルロゴ表記が『Sunday!スクランブル』から『サンデー!スクランブル』に変更された。

2015年4月5日から、2代目男性キャスターの小木逸平が親番組である『ワイド!スクランブル』の第2部のMCとして出演するため、番組を降板したが、3代目女性キャスターの下平さやかは続投。なお小木の後任として『ワイド!スクランブル』内の『ANN NEWS』のキャスターだった平石直之が起用された。また、スタジオセットが『モーニングバード!』(現在の『羽鳥慎一モーニングショー』)と同一のセットで放送することになった。

さらに2015年度になると、それまで行われなかった第1部の前倒し・拡大をしばしば実施するようになった。同年6月21日は、『第115回全米オープンゴルフ第3日』(8:00 - 11:00)中継終了後、『美女たちの日曜日』(通常時は10:00 - 11:45)を休止とし、第1部を通常より45分早い11:00から放送開始するが、11:45 - 11:50にローカル枠の設定がなされた[3]。同年8月2日には、本番組の前番組『さんぽサンデー』(通常時は10:00 - 11:45)を11:15で全局打ち切りとし、第1部を通常より30分早い11:15から放送開始するが、11:45 - 11:50にローカル枠の設定がなされた[3]。この日に限り、ネットワークセールス枠である『さんぽサンデー』の枠を一部カットして第1部を拡大放送とした都合上、第1部はネットワークセールス枠となったため、系列としてのフルネット全24局ネットとなった。

2016年3月27日をもって、本番組は終了した[4]。後番組は月曜ネオバラエティから枠移動した『ビートたけしのTVタックル』。

当番組の一部スタッフは、同年4月から『スポーツサンデー』を担当することになった。

変遷[編集]

期間 番組のタイトルロゴ表記 放送時間(JST
2005.01.09 2005.09.25 Sunday!スクランブル 日曜日 12:00 - 12:55(55分)
2005.10.02 2008.09.28 日曜日 11:45 - 12:55(70分)
2008.10.05 2011.09.25 日曜日 12:00 - 12:55(55分)
2011.10.02 2012.03.25 日曜日 11:45 - 12:55(70分)
2012.04.01 2016.03.27 サンデー!スクランブル

出演者[編集]

メインキャスター・コメンテーター
期間 男性メイン 女性メイン コメンテーター
2005.1.9 2006.3.26 佐々木正洋 丸川珠代 テリー伊藤
黒鉄ヒロシ
2006.4.2 2011.9.25 長野智子
2011.10.2 2014.3.30 小木逸平 下平さやか
2014.4.6 2015.3.29 黒鉄ヒロシ
2015.4.5 2016.03.27 平石直之
リポーター
  • 草薙和輝(テレビ朝日アナウンサー)※スタジオプレゼン(現場の取材やリポートも担当していた)
  • 立花裕人(元『スーパーモーニング』リポーター)
  • 村本秀岳
ナレーター
※まれに小林が出演できない場合、岡部政明が代役を務める。また以前は政宗一成が担当していた。
  • 柴山平和(『ワイド!スクランブル』も担当)

過去の出演者[編集]

コメンテーター
  • テリー伊藤(2005年1月9日 - 2014年3月30日)
  • 真野響子
リポーター

コーナー[編集]

  • 黒鉄ヒロシの千思万考 - 番組終盤のコラムコーナー。黒鉄が自筆イラストを交えながら語る。

過去にあったコーナー[編集]

  • Sunday!キャッチUP
  • 芸能一徹
  • サンデーeye

テーマ曲[編集]

期間 オープニング曲 エンディング曲
2005年1月9日 - 2006年12月 「Eternal Wind」(川瀬智 with ZETKI)
2007年1月 - 2011年9月25日 「Passion」(TRIX
2011年10月2日 - 2012年3月25日 「Sence of Touch」(DIMENSION 「Green Days」(DIMENSION
2012年4月1日 - 2015年3月29日 「Cheer Up!」(T-SQUARE
2015年4月5日 - 2016年3月27日 「Wonderful Days」(石渡裕貴) 「Our Plans」(星野純一)

ネット局[編集]

ネット局に関して、関西などでは腸捻転解消後の1975年4月から続くコメディ番組[5]、東北・九州地区はブロックネット番組枠、他のネット局は他局の番組購入(アニメも含む)や再放送枠に充てており、開始当初は山口朝日放送しかネットしなかった。東北地区がブロックネット番組枠から当番組ネットへ変更するなど、ネット局は着実に増えているが、最後まで完全な全国ネット番組となることはなかった。

ネット開始後短期間で打ち切った局や、ネットしている局でも打ち切り・再開を繰り返している局もあった。

ただし、11:50 - 12:00は『ANNニュース』によって一旦中断扱いとなっていた(ただし、11:58:55以降は事実上本番組第2部の前倒し部分となっていた)。

『サンデー!スクランブル』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 第1部
11:45 - 11:50
第2部
12:00 - 12:55
放送開始日 備考・脚注
関東広域圏 テレビ朝日 テレビ朝日系列 2005年1月9日 制作局
岩手県 岩手朝日テレビ × 2009年4月5日
宮城県 東日本放送 2011年3月20日
  • 2013年3月までは12:00開始だった。
  • 2005年4月 - 2010年9月にもネット。
新潟県 新潟テレビ21 2005年4月3日
中京広域圏 メ〜テレ 2014年4月6日
  • 2009年10月4日 - 2013年9月8日[6]にもネット。
北海道 北海道テレビ[7] 2005年4月10日
  • 不定期で自社制作番組および系列各局が制作した単発番組を放送するため休止となる場合があった。
青森県 青森朝日放送 2005年4月3日
  • 不定期で、自主制作番組放送のために休止される場合があった。
秋田県 秋田朝日放送 2008年4月6日
山形県 山形テレビ 2005年4月3日
長野県 長野朝日放送 2013年10月6日
  • 2006年7月2日 - 2013年3月31日にもネット。
静岡県 静岡朝日テレビ 2011年1月9日
  • 2006年4月 - 2010年3月にもネット。
石川県 北陸朝日放送 2005年10月9日
愛媛県 愛媛朝日テレビ 2013年7月7日
  • 2007年4月 - 2010年9月にもネット。
鹿児島県 鹿児島放送 2012年4月1日
  • ※のついた局は『ANNニュース』において、11:58:55 - 12:00にはローカル枠を行使しなかった。
『サンデー!スクランブル』過去のネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送期間 備考・脚注
福島県 福島放送 テレビ朝日系列 2005年4月 - 2008年9月
2011年3月 - 5月
2011年10月 - 2012年9月
香川県・岡山県 瀬戸内海放送 2010年7月 - 2011年3月
広島県 広島ホームテレビ 2005年3月13日 - 2015年3月29日
  • 2007年4月から2009年3月までは『ひろしま菜'S』を放送するため第4日曜日のみ休止。
  • 2015年4月5日から『勝ちグセ。サンデー恋すぽ』が日曜 17:00 - 17:30から移動・時間拡大するため、同年3月29日でネット打ち切り。
山口県 山口朝日放送 2005年1月9日 - 2013年3月31日
熊本県 熊本朝日放送 2012年4月1日 - 2014年3月30日
沖縄県 琉球朝日放送 2007年7月 - 2011年11月

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時金曜日の「夕刊キャッチUP」を担当していた藤井暁が、異動により降板したため。それにより佐々木は平日版で共演している大下容子(土曜に『SmaSTATION!!』に出演)のように週6日生番組レギュラーという状況になっていた。
  2. ^ 日刊スポーツニュース 2011年9月1日発信
  3. ^ a b ローカル枠の設定は、通常時の第1部非ネット局が通常時同様自主編成ミニ枠に差し替え可能とするため。また通常時に本番組を非ネットとする局であっても、この日に第1部のみ臨時ネットする局もあった。
  4. ^ “テレ朝「サンデー!スクランブル」3月末で終了”. 日刊スポーツ. (2016年2月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1600023.html 2016年2月3日閲覧。 
  5. ^ 作品によってはテレビ朝日でも遅れネットされた。2013年4月より休止しドラマ再放送枠となっていたが、2015年1月から2016年3月まではコメディとは別の吉本興業関与のバラエティ番組が編成されていた。
  6. ^ 2013年9月15日 - 2014年3月30日は一旦休止。
  7. ^ 2013年3月までは※だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日 日曜11:45 - 11:50枠
前番組 番組名 次番組
トップに迫る
サンデースクランブル・第1部
(2005.10.2 - 2008.9.28)
わんコにゃんコ
サンデースクランブル・第1部
(2011.10.2 - 2016.3.27)
ANNニュース
※11:45 - 11:55
【5分繰り上げて継続】
テレビ朝日 日曜12:00 - 12:55枠
サンデースクランブル

サンデースクランブル・第2部

サンデースクランブル

サンデースクランブル・第2部
(2005.1.9 - 2016.3.27)