大下容子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおした ようこ
大下 容子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市南区
生年月日 (1970-05-16) 1970年5月16日(51歳)
身長 160 cm
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学法学部法律学科
勤務局 テレビ朝日
部署 アナウンス部
活動期間 1993年 -
ジャンル 全般
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中ワイド!スクランブル』 など
出演経歴Jリーグ A GOGO!!
ステーションEYE
GET SPORTS
SmaSTATION!!』など

大下 容子(おおした ようこ、1970年5月16日 - )は、テレビ朝日のエグゼクティブアナウンサー(役員待遇)[1]

来歴[編集]

生い立ち、教育、学生時代の活動

内科の医師を父に広島県広島市南区で誕生。実家は内科医院を営んでいる[2][3][4](兄がおり、その兄も後に医師となった[2])。

広島大学附属小学校中学校、高等学校を卒業。慶應義塾大学法学部法律学科へ進学。宮島ゼミ会社法を学ぶ[t 1][5]。同大学同学部 卒業。

中学・高校時代はバレーボール部で活動。また同級生と女子バンド活動[4][6][7]。大学時代はテニスサークルで活動。

職務経歴

1993年に、テレビ朝日へアナウンサー枠で入社[2]。当初は主に、スポーツキャスターとして活動。初めてのレギュラー番組も『Jリーグ A GOGO!!』(Jリーグ関連の情報番組)であった。

1990年代の後半以降は、情報番組やバラエティ系の特別番組で司会や進行役を務めることが多い(以下で解説)。

1996年10月より、『ステーションEYE』のキャスターを担当(~1997年3月)。

1997年4月より、『SPORTS SPOTTERS』のキャスターを担当(~1998年3月)。

1998年4月より、『GET SPORTS』のキャスターを担当(~9月)。

1998年10月より、『ワイド!スクランブル』(以下、『ワイスク』)の女性メインキャスターを担当し[t 2]、男性メインキャスター(大和田獏寺崎貴司橋本大二郎)のサポート役を担う(~2019年9月)。

2002年1月より、『SmaSTATION!!』(土曜夜間の生放送番組)でもサブMC(メインMCの香取慎吾のパートナー役)として出演(~2017年9月)。この時期、『ワイスク』のサブキャスターと兼任であったため、「週に6日生放送番組にレギュラーで出演」という民放キー局のアナウンサーとしては異例のハードスケジュールをこなす。さらに2004年にはサッカーアジアカップ2004決勝(日本中国戦)の現地リポーターとして北京へ赴いた。

2019年4月1日(月曜日)放送分から、ワイドスクランブルの番組名が、大下の名を冠した冠番組『大下容子ワイド!スクランブル』として再スタートを切る[8]2018年10月より、同番組のメインキャスターへ昇格し(男性メインキャスターは後輩の小松靖で、こちらがサポート役となる)、大下が名実ともにメインキャスターとなった。

『ワイド!スクランブル以外』にも、出演多数。→#出演

2020年6月26日付で、役員待遇のエグゼクティブアナウンサーへ昇進[1]

昇進後も、テレビ朝日における現職最年長の女性アナウンサーとして、冠番組『大下容子ワイド!スクランブル』や特別番組への出演を続けている。

逸話など[編集]

  • 趣味:特になく、しいて言えば旅行が好き[9]
  • デビッド・ベッカムの大ファン。また、大の尾崎豊ファン。
  • 神楽坂女声合唱団[7]とスター混声合唱団のメンバー。
  • 本人曰く、いわゆる「アナログ人間」で、パソコンをあまり使用しない[7]
  • 実父・実兄とも医師だが、容子は理系の科目を苦手にしていたため、医師の道へは進まなかった[t 3]
  • 吉田拓郎木村和司森島寛晃の実家が近所にあった。
  • 一部の報道によって「広島県出身の元プロ野球選手・指導者で、現在は野球解説者である大下剛史(大下容子のテレビ朝日入社当時に同局と契約していた)の娘である」などと報じられてしまったことがあるが、これは誤りである[10]
職務関連の逸話
  • ステーションEYE』のスポーツ担当だった頃、世田谷の三十数件連続放火魔逮捕のニュースで、蟹瀬誠一岡田洋子両キャスターとともに出演。大下自身もこの事件の被害者で、ある日の23時過ぎに大下の住むアパートも火事になり、入浴中だった彼女は、玄関ドアをたたく「火事だ!」の声に服を着るのがやっとで、命からがら避難した。翌日、鎮火後にアパートに戻ってみたら、大下の部屋も含め全焼。それでも当時の状況を番組内で、自身の感情をこめずに淡々と語った。この火事で、過去の写真も失われたという[11]
  • グルメ番組で高価なワインを試飲したが、スタジオトーク中しばらくして顔が真っ赤になり、呂律が回らなくなった[7]
  • 1994年秋、柏レイソルが勝てばJリーグ昇格となるJFL最終戦、『Jリーグ A GOGO!!』の取材でレイソルサポーターの長い1日を追うレポートに行った大下は、自分もレイソルのユニフォームを着てこの試合を応援。が、1-0勝利でJリーグ昇格を決めた瞬間、取材を忘れサポーターより興奮してしまい、その姿が「柏レイソルJリーグ昇格」の見出しと共に、各一般紙一面に掲載されたことがある。このため世間に知名度が浸透しておらず、最前列にいた大下はレイソルの熱狂的女性サポーターと間違えられたことがある(当時これは番組内でも話題になり、しばらくネタになっていたほか、レイソルサポーターの間でも有名になった)。番組後、両脇にレオナルド、ジョルジーニョ両選手のスナップが撮れたことを非常に喜んでいた[7]
  • 『ワイスク』にも『スマステ』にも出演していた時期には、『ワイスク』を夏季休暇などで休演した週でも、『スマステ』に登場していた。このため、年末年始を除けば、土曜日を休暇に充てられたのは『スマステ』の休止週に事実上限られた。現に2007年には、全英オープンゴルフの中継で『スマステ』を休止した週(7月)に『ワイスク』も休演している。
  • SMAP解散騒動の報道で揺れ動いた2016年には、芸能情報も扱う『ワイスク』のサブキャスターとして、解散関連の話題を頻繁に取り上げた。そのたびに、中立の立場を取りつつ、当時『スマステ』で共演していたメンバーの香取をさりげなく擁護するコメントを発したことによって、視聴者から強い共感を得た。SMAPの解散を前に放送を終了した『スマステ』では、最終回(2017年9月30日)の生放送中に香取とのハグを披露している。このように出演番組で見せる母性的な人柄や、生放送番組のMCとしての安定したアナウンスメントへの評判も高く、2003年度からオリコンが毎年集計している『好きな女性アナウンサーランキング』では2016年度に初めてのベスト10入りを果たした。同年度は9位だった[12]が、2017年度には2位(フリーランス以外の現役アナウンサーの中では1位)[13]にまで上昇。後輩アナウンサーの弘中綾香が初登場で2位に入った2018年度は7位だった[14]ものの、弘中が1位になった2019・2020年度にはいずれも4位と盛り返している[15][16]
  • テレビ朝日では、『大下容子ワイド!スクランブル』初年度の2019年度に、第1部(10:25 - 12:00)と第2部(12:50 - 13:40)の間に「帯ドラマ劇場」を12:30 - 12:50に放送(編成上は1年振りの放送枠復活)。この枠に続いて第2部の生予告パートが12:49から5秒間設けられていたため、自身の出演日に同枠で『やすらぎの刻〜道』が放送される場合には、当日放送分を視た感想を生予告パートの冒頭で手短に述べていた(いわゆる「昼ドラ受け」。第3話(2019年4月3日)から)[17]
    • やすらぎの郷』(「帯ドラマ劇場」の第1作として2017年度の上半期に放送)では、架空のワイドショーの司会者として本人役でワンシーンに出演。出演シーンの撮影には、当時の『ワイスク』のスタジオセットがそのまま使われていた。その結果『やすらぎの刻~道』の最終回(2020年3月27日放送分の25分拡大スペシャル)のスタッフロール(総勢641人分)には大下の氏名も表示された。

出演[編集]

〇:担当中

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

同期アナウンサー[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
脚注
  1. ^ 「宮島ゼミ」の宮島とは宮島司のこと。そのプロフィールはこちら
  2. ^ 第2代女性メインキャスター
  3. ^ 実兄は、2003年8月2日の『SmaSTATION!!』(『スマステ』)で広島からの生中継を実施した際に、英語を扱う企画でメインMCの香取と対決した- Sma STATION-2
出典
  1. ^ a b テレ朝・大下容子アナ 役員待遇昇進「エグゼクティブアナウンサー」に”. スポーツニッポン (2020年5月15日). 2021年1月8日閲覧。
  2. ^ a b c 中国新聞2012年7月30日11面
  3. ^ もっと「ひろしま」スペシャルインタビュー 大下容子さん(テレビ朝日アナウンサー)”. 広島県ホームページ. 広島県庁. 2017年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月27日閲覧。
  4. ^ a b 大下容子 インタビュー
  5. ^ こんなところに93同期!?【第3回】大下容子君
  6. ^ テレビ朝日・大下容子アナ×恒川英里~WonderNotes Inspire~刺激人 後編
  7. ^ a b c d e 自己紹介Q&A
  8. ^ テレ朝・大下容子アナの冠番組誕生 名実ともに“お昼の顔”に”. ORICON STYLE. オリコン (2019年3月22日). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ テレビ朝日アナウンサーズ、大下容子
  10. ^ 本人もプロフィールページにて否定している[1]。なお、親戚関係については不明。
  11. ^ 2012年4月6日放送『徹子の部屋』出演時に本人が明かした。
  12. ^ 第13回 好きな女性アナウンサーランキング”. ORICON STYLE. オリコン (2016年12月2日). 2019年3月23日閲覧。
  13. ^ 第14回 好きな女性アナウンサーランキング”. ORICON STYLE. オリコン (2017年12月1日). 2019年3月23日閲覧。
  14. ^ 第15回 好きな女性アナウンサーランキング”. ORICON STYLE. オリコン (2018年12月7日). 2019年3月23日閲覧。
  15. ^ 第16回 好きな女性アナウンサーランキング”. ORICON STYLE. オリコン (2019年12月6日). 2019年12月12日閲覧。
  16. ^ 第17回 好きな女性アナウンサーランキング”. ORICON STYLE. オリコン (2020年12月4日). 2021年1月8日閲覧。
  17. ^ 吉田潮「大下容子アナの『昼ドラ受け』に話しかけるやすらぎタイム」”. デイリー新潮. 週刊新潮 (2019年6月26日). 2019年12月13日閲覧。

外部リンク[編集]