ガールズバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガールズバンド
様式的起源 バンドジャズロックンロールロックHR/HMパンク・ロックガレージロックオルタナティヴ・ロックポストロックエモポップ・ミュージックアイドル
使用楽器 ボーカルギターベースドラムセット鍵盤
ローカルシーン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国日本の旗 日本 エストニア朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
テンプレートを表示

ガールズバンド(girls band、英語: All-female band)とは、女性だけで構成されているバンドのことである[1]。楽器を演奏しない歌だけのガール・グループとは区別される[1]。ガールズ・バンドとも表記され、また女子バンドフィメール・グループギャルバンとも呼ばれる[1]

世界で最も成功しているガールズ・バンドの一つ、バニラ・ニンジャ

呼称[編集]

日本では、プリンセス プリンセスのようにオーディションでメンバーが選ばれたバンドや、初期のZONEのように楽器を持っているだけで演奏していないユニットのことを、ガールズグループとの差別化を図るためにガールズバンドと呼ぶ場合もあった。一方でアイドルっぽさやポップさを基調にしていない、技術や音楽性を重視するバンドの事を特に「ガールズロックバンド」と呼ぶこともある。

日本のガールズバンドは、「ガール」を「ギャル」と俗称し、「ギャルバン」と略称されることもある。

歴史[編集]

北米[編集]

アメリカ合衆国における初期のガールズバンドとしては、1950年代の「International Sweethearts of Rhythm」が挙げられる。彼女らは第二次世界大戦の時期に最大17人を誇るビッグバンドとして名を馳せ、現在でもその名を残している。その後は1960年代ガレージロック・ブームに多くの女性バンドが登場した。中には、女性ロックミュージシャンの草分け的存在であるスージー・クアトロが在籍していたガールズバンド「プレジャー・シーカーズ」などがいる。

1975年、近年のガールズロック・スタイルの元祖ともいえるバンド「ザ・ランナウェイズ[2]が結成される。

1978年には「Go-Go's」が、1981年には「バングルス」が結成される。

ガールズメタルの分野では、1980年に「ヴィクセン」が登場。

パンクにおいては、1990年代初頭にフェミニズムと結びつきライオット・ガールと呼ばれるムーブメントに発展した[3]

日本[編集]

日本においては1975年前後より女性だけのアマチュア・バンドがいくつか登場したものの、本格的なガール・ロック・バンドとしては1977年にメジャーデビューしたガールズが最初のものであるとされる[4]。その後、ZELDA水玉消防団タンゴ・ヨーロッパなどによりガールズ・バンドのステイタスが確立されていった[5]。1981年に結成された少年ナイフは1980年代に海外進出を果たし高い評価を受けた[6]

1985年にはSHOW-YA、1986年にはプリンセス プリンセスがメジャーデビューし、ガールズバンドブームを起こす[7]。1988年にはGO-BANG'Sがメジャーデビュー。1989年からTBSテレビで放送された三宅裕司のいかすバンド天国にも、PINK SAPPHIRENORMA JEANTHE NEWSマサ子さん等のガールズバンドが出場した。

1991年には女性版B'zのようなハードロックデュオとして、ビーイングからKIX-SMANISHがデビューした。

1997年にはガールズバンド専門レーベル「ベンテン・レーベル」が設立され、ロリータ18号つしまみれ等が所属する。1990年代は少年ナイフチボ・マットBuffalo Daughter等のガールズバンドは日本国外で高評価を受けた[8]

2000年代前半には、THE★SCANTYWhiteberryZONE等が活動していた。特にZONEはもともと「演奏するふりをしながら踊る」というグループであったが、3枚目のシングル「secret base 〜君がくれたもの〜」より実際にメンバーが演奏するようになり、アイドル性も兼ね備えたガールズバンドを意味する「バンドル」としての地位を確立[9]。同作から解散後に発売されたベストアルバム『E 〜Complete A side Singles〜』までの全てのCDでオリコンチャート10位以内を記録した。2005年には中ノ森BANDがデビューし、「Oh My Darlin'」で第47回日本レコード大賞新人賞、「Fly High」で第48回日本レコード大賞金賞を受賞するも、2008年に解散する。

またこの頃、チャットモンチーSCANDALなど後のガールズバンドブームをけん引するバンドが結成された。2000年結成のチャットモンチーは2008年にはガールズバンド史上最速のメジャーデビューから2年4か月での日本武道館2days公演『チャットモンチーのすごい2日間 in 日本武道館』を開催。また2006年結成のSCANDALは2008年にメジャーデビューし、第51回日本レコード大賞新人賞を受賞する。2012年にはガールズバンド史上最速の結成から5年7か月での日本武道館公演『SCANDAL JAPAN TITLE MATCH LIVE 2012 -SCANDAL vs BUDOKAN-』を開催。

2010年代にはSCANDALやアニメ『けいおん!』の影響でガールズバンドブームが再来し[8]、チャットモンチー、SCANDALを筆頭に、赤い公園ねごとSILENT SIREN(旧:Silent Siren)、SHISHAMOFLiPLoVendoЯtricotChelsyがんばれ!VictoryPoppin'Party等様々な音楽性のガールズバンドが活躍する。

特にSilent Sirenは、『Silent Siren Live Tour 2014→2015冬 ~武道館へ GO! サイレン GO!~』のファイナルとして、メジャーデビューから2年2か月での日本武道館公演を行う。Poppin'Partyも、『BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017! at 日本武道館』として、ガールズバンド史上最速のメジャーデビューから1年6か月での日本武道館公演を行った。なお、Poppin'Partyが初の武道館公演を行う以前は、SILENT SIRENが最速だった。2019年には、SILENT SIRENとPoppin'Partyが共に初のドーム公演となる対バンライブをメットライフドームにて行われた。

また、SCANDALは2010年から2015年まで年1回、女子中高生のみ、あるいは女子高生が所属する男女混成バンド限定の『コピーバンド・ヴォーカリストコンテスト』を開催、決勝進出者のうちたんこぶちんKANIKAPILAは後にメジャーデビューした[10][11]。その後もかつてメンバーが通っていたダンス&ヴォーカルスクールからGIRLFRIENDがメジャーデビューを果たすなど、SCANDALはガールズバンドシーンの拡大に大きな影響を与えたバンドとなっている[12]。また、この時期にはアイドルとバンドの接近も進み、SILENT SIRENやLoVendoЯなどTOKYO IDOL FESTIVALに出場したガールズバンドもある[13][14]

一方でCyntiaMary's BloodなどHR/HMを専門とするガールズバンドは「ガールズメタル」または「嬢メタル」とも呼ばれる新たなジャンルを形成しており、海外のHR/HM界には見られない日本独自のスタイルとして成長。特にBAND-MAIDメイド服を着用してハードロックを演奏するというギャップが話題となり、主に海外において高い評価を受けている[15][16]。また2018年にはLOVEBITESが、日本のガールズバンドとしては初めて欧州最大級のメタルフェス「ヴァッケン・オープン・エア 2018」への出演を果たした[17]

ヨーロッパ[編集]

1975年、英国にて「Painted Lady」が発足し、1978年にガールズメタルの草分け的存在「ガールスクール」へと発展。

2002年、エストニアで「バニラニンジャ」が結成。

ガールズバンドという呼び方への否定的な意見[編集]

以下のように、性別でバンドを括ることについて否定的な考えを持つ人たちも存在している。

  • BRATSは、インタビューにおいて「ガールズバンドという言葉で括られたくない」「ガールズバンドというルックスを中心に見られるような、それで判断されるようなバンドにはなりたくない」「ガールズバンドと普通のバンドと何が違うのかわからない。バンドはバンドなのになんで男か女かで区別されなければいけないの」「性別で見方を変えているのはちょっと違うと思う」「普通に"ロックバンド"でいいと思う」と発言している[18]
  • LOVEBITESは、インタビューにおいて「なんだよ、ガールズ・メタル・バンドっていうジャンルって」「"女性ヴォーカルのバンドなんだ? 日本人なんだ?"くらいに思ってもらえればいい」「"ガールズ"っていうのを排除したい」と発言している[19]

ガールズバンドをテーマにした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c ガールズ・バンド | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas - イミダス. 2021年10月22日閲覧
  2. ^ 元ザ・ランナウェイズのシェリー・カーリー、がんと闘病中のバンドの恩人を自宅で看護”. RO69. 2015年3月8日閲覧。
  3. ^ “Riot Grrrl(ライオット・ガール)”とは?”. CDJournal (2006年3月31日). 2021年1月7日閲覧。
  4. ^ 篠原章『J-ROCKベスト123 1968-1996』講談社文庫、1996年、226頁
  5. ^ 『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』立風書房、2001年、203頁
  6. ^ 少年ナイフ、FACT、Taffy、BO NINGEN……海外で評価されている“逆輸入バンド”まとめ - Real Sound|リアルサウンド(2014年1月29日). 2021年10月25日閲覧
  7. ^ SHOW-YA・寺田恵子が明かすプリプリとの本当の仲~80年代バンドブームの実情”. ORICONSTYLE. 2015年3月8日閲覧。
  8. ^ a b c ガールズロックが世界を変える! ぴあ的ガールズバンドのススメ 2013”. チケットぴあ. 2015年3月8日閲覧。
  9. ^ ZONEからSCANDAL、BABYMETALへ…人気急上昇中のバンドアイドル=バンドルを徹底解説![リンク切れ]
  10. ^ SCANDAL、今年で最後の「SCANDALコピーバンド/ヴォーカリスト・コンテスト」応募概要を発表. OKMusic. (2015年07月10日).2021年10月24日閲覧
  11. ^ CANDAL、コピバンコンテスト最終回で「またやりたいね」 | BARKS(2015年11月5日). 2021年10月24日閲覧
  12. ^ 平均年齢16歳のバンド"GIRLFRIEND"が語る、シングル、楽器、メンバー全員好きなこと[リンク切れ]
  13. ^ 【TIF2014】ロックがTIFに残した足跡 田中れいな率いるLoVendoЯに熱狂. KAI-YOU. (2014年8月4日). 2021年10月24日閲覧
  14. ^ 総勢154組出演「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」終幕. 音楽ナタリー. (2015年8月8日). 2021年10月24日閲覧
  15. ^ 今“ガールズメタル”がキテる!欧米メタル界とはひと味違う 日本産の華やかで刺激的なバンドを徹底解剖![リンク切れ]
  16. ^ ギャップ萌えは世界共通だった?BAND-MAIDが海外でウケたワケ. CINRA.(2016年5月20日). 2021年10月24日閲覧
  17. ^ LOVEBITES、世界最大級のメタルフェスティバルに出演「この場に立てて本当に幸せです!」. BARKS.(2018年8月6日). 2021年10月24日閲覧
  18. ^ 強烈な個性を放つBRATSに直撃インタビュー「私たちはガールズバンドじゃない」”. SPICE(スパイス) (2017年6月16日). 2017年6月23日閲覧。
  19. ^ 華やかに、テクニカルに、メガトン級のパンチでヘヴィ・メタル・シーンど真ん中を射抜く超正統派!”. 檄ロック (2017年10月17日). 2017年10月17日閲覧。
  20. ^ 即席ガールズバンドがブルーハーツをコピー! ――「リンダ リンダ リンダ」. ITmedia NEWS. (2006年2月2日). 2021年10月23日閲覧
  21. ^ サイダースファンクラブ(1)|コミック|竹書房 -TAKESHOBO-. 2021年10月23日閲覧
  22. ^ PCで人気を博した泣きゲー『キラ☆キラ』がiPhoneに登場! もう涙が止まりません. ファミ通App. (2012年4月15日). 2021年10月23日閲覧
  23. ^ PLAY! 第1巻( 花見沢Q太郎 ) | 少年画報社. 2021年10月23日閲覧
  24. ^ 「けいおん!は生きがい」 最終回前に盛り上がり、実写版作るファンも. ITmedia NEWS. (2009年6月16日). 2021年10月23日閲覧
  25. ^ 1970年代の日本で女性に大人気!元祖ガールズバンドのザ・ランナウェイズ|シネマトゥデイ.(2010年3月26日). 2021年10月23日閲覧
  26. ^ サンリオ発インディーズバンドあるあるアニメ「SHOW BY ROCK!!」 - エキサイトニュース. (2015年5月10日). 2021年10月23日閲覧
  27. ^ BAND-MAID、LOVEBITES、RAISE A SUILEN……ハードなロックサウンドで世界を狙うガールズバンドの活況 - Real Sound|リアルサウンド(2021年9月27日). 2021年10月23日閲覧

関連項目[編集]