Cyntia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cyntia
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ポップ・ロック
ヘヴィメタル
活動期間 2011年 - 2017年
レーベル Bright Star Records
(2012年)
Colourful Records
(2013年 - 2015年)
Village Again Association
(2016年 - )
事務所 MILLENNIUM PRO
公式サイト Official Website
メンバー SAKIVo
YUI (Gu & Cho
AYANO (Key, Pf & Cho)
AZU (Ba & Cho)
旧メンバー AIRI(Ba)
KANOKO(Ds, Per & Cho)

Cyntia (シンティア)は、日本の4人組ヘヴィメタルガールズロックバンド。所属レーベルはVillage Again Association、所属事務所はMILLENNIUM PRO

2011年に結成し、2017年に活動休止。

バンド名のCyntiaは、Cynthia+Tiaraから生まれた[1]

来歴[編集]

2011年秋、LIV MOONミュージック・ビデオで共演したYUIとKANOKOを中心に東京都で結成[1]。同年の夏にAIRIとAYANOが加入し、YUIとAYANOを軸として楽曲を製作を開始。11月に1年以上に及ぶオーディションを経て、SAKIが加入し5人編成となった[2]

2012年4月にシングル「Run to the Future」でBright Star Recordsよりデビューし、オリコンデイリーシングルランキングで28位を獲得した。その後、AIRIが体調不良で脱退。サポートメンバーとして参加していた、LAZYgunsBRISKYのAZUが加入。

2013年1月6日KARAの東京ドーム公演でバックバンドを務めた[3]。同年3月20日にアルバム『Lady Made』を119ヶ国のiTunesで配信し、世界同時メジャーデビュー[4]し、7月に浜田麻里のヒット曲「Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」をカバーし、メジャー第1弾シングルとしてリリース[5]

2015年4月、リーダー兼ドラムス担当KANOKOが脱退[6]。以降、4人編成で活動。

2016年10月、ビクター・エンタテイメントからAldiousやRamiらが所属する「Village Again Association」へレーベルを移籍[7]12月14日に4人体制移行後初のアルバム『Urban Night』発売。

2017年12月26日、YUIがフォーカルジストニアと診断され、メンバーとスタッフでの協議を経て、バンドの無期限活動休止に入ることを発表[8]

2018年10月26日、フォーカルジストニアのため療養していたYUIの活動再開を公式ホームページで発表[9][10]

メンバー[編集]

メンバー プロフィール 備考
SAKI
(サキ)
(1988-10-18) 1988年10月18日(32歳)
日本の旗 高知県
  • 担当:ヴォーカル作詞
  • キャッチフレーズは「〜絶対音感を持つ、生粋のアイドル系メタル〜」[1]
YUI
(ユイ)
(1986-01-14) 1986年1月14日(34歳)
日本の旗 青森県
  • 担当:ギターコーラス
  • キャッチフレーズは「〜小さなテクニシャン、天然系メタル〜」[1]
  • 相川七瀬のサポートギターを担当していた[2]
AYANO
(アヤノ)
(1987-08-29) 1987年8月29日(33歳)
日本の旗 熊本県
  • 担当:キーボードピアノ、コーラス
  • キャッチフレーズは「〜多彩なマルチプレイヤー、暴走系メタル〜」[1]
AZU
(アズ)
(1988-09-20) 1988年9月20日(32歳)
日本の旗 東京都
  • 担当:ベース、コーラス
  • キャッチフレーズは「〜孤高のベーシスト、ハード系メタル〜」[1]
旧メンバー
AIRI
(アイリ)
8月27日
日本の旗 愛知県
KANOKO
(カノコ)
(1984-07-09) 1984年7月9日(36歳)
日本の旗 静岡県出身
  • 担当:ドラムスパーカッション、コーラス、リーダー
  • 本名は「松川かの子」[11]
  • 血液型:A型[11]
  • キャッチフレーズは「〜リズムアーティスト、セクシー系メタル〜」[1]
  • 2015年4月に脱退。脱退後にミラーボール系ロックバンド「TOKYO+TICS」(トウキョウ プラス ティックス)を結成[12]

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高順位 収録アルバム
1st 2012年4月11日 RUN TO THE FUTURE BSRS-007 28位 Endless World
2nd 2013年7月31日 Return to Myself〜しない、しない、ナツ。 VIZL-556(初回限定盤A)
VIZL-557(初回限定盤B)
VICL-36808(通常盤)
22位 アルバム未収録
3rd 2014年1月8日 閃光ストリングス VIZL-602(初回限定盤A)
VIZL-603(初回限定盤B)
VICL-36848(アニメ盤)
VICL-36849(通常盤)
13位 Limit Break
4th 2014年9月3日 勝利の花束を-gonna gonna be hot !- VIZL-701(初回限定盤A)
VICL-36942(初回限定盤B)
VICL-36943(通常盤)
39位 『WOMAN』
5th 2015年1月7日 KISS KISS KISS VIZL-742(初回限定盤A)
VIZL-743(初回限定盤B)
VICL-36984(通常盤)
33位
6th 2015年2月18日 暁の華 VICL-37026 100位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高順位
1st 2012年9月5日 Endless World BSRS-008(初回限定盤)
BSRS-009(通常盤)
22位
2nd 2013年3月20日 Lady Made VIZL-526(初回限定盤A)
VIZL-527(初回限定盤B)
VICL-64010(通常盤)
23位
3rd 2014年2月12日 Limit Break VIZL-634(初回限定盤A)
VIZL-635(初回限定盤B)
VICL-64104(通常盤)
9位
4th 2015年2月18日 WOMAN VIZL-776(初回限定盤A)
VIZL-794(初回限定盤B)
VICL-64294(通常盤)
37位
5th 2016年12月14日 Urban Night CYNT-002(DVD付き限定盤)
CYNT-003(HMV限定盤)
CYNT-001(通常盤)
33位

配信限定[編集]

シングル(配信)[編集]

発売日 タイトル 規格 収録アルバム
2013年3月13日 深愛エゴイズム デジタル・ダウンロード Lady Made
(アルバムバージョンで収録)

アルバム(配信)[編集]

発売日 タイトル 規格
2013年12月28日 Live 2013 "レリゴ!レリゴ!レリゴ!" デジタル・ダウンロード

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高順位
2015年1月7日 LIVE TOUR "Rock'n☆GIRL 2014" VIBL-737 20位
2015年9月30日 CYNTIA LIVE TOUR 2015「PRETTY WOMAN」 AGNC-002
2016年9月28日 CYNTIA「NIGHT AND DAY」 LIVE DVD AGNC-003
2017年4月19日 「CYNTIA LIVE TOUR 2017 ‒Urban Night‒」 LIVE DVD AGNC-005

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
閃光ストリングス テレビ朝日系アニメ『聖闘士星矢Ω』Ω覚醒編オープニングテーマ
plant 文化放送『ソチ情報 超!文化放送的ソチ』テーマソング
勝利の花束を-gonna gonna be hot !- テレビ東京系アニメ『テンカイナイト』エンディングテーマ
KISS KISS KISS フジテレビ系ドラマ『イタズラなKiss2〜Love in TOKYO』主題歌
White Stock フジテレビ系ドラマ『イタズラなKiss2〜Love in TOKYO』エンディングテーマ
Darling フジテレビ系ドラマ『イタズラなKiss2〜Love in TOKYO』挿入歌
永遠
暁の華 UHFアニメ暁のヨナ』オープニングテーマ
文化放送『SET UP!!』エンディングテーマ
Urban Night 日本テレビ系『採用!フリップNEWS』1月エンディングテーマ

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • ラジオアミューズメントパーク『Cyntia魂』
    毎週水曜日 夜21時~22時
    • IBC岩手放送・秋田放送・北日本放送
      福井放送・和歌山放送・山陰放送
      山口放送・長崎放送 (NRN系列8局ネット)[注釈 2]
  • FM PORT『TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY』
    • 毎週月曜~木曜 夜20時~22時(月曜担当)(2015年4月〜2016年6月)

インターネット放送[編集]

  • Cyntia Fun Club(2012年4月1日 - 12月25日、WALLOP

その他[編集]

  • 晴れた日に少女はギターを(漫画。原作:矢島弘一、漫画:ツカモリシュウジ、構成:錦織伊代)YUI とAZUが原案協力として参加[13]

公演[編集]

ライブツアー[編集]

開催日 タイトル 規格 備考
2014年
4月11日 Cyntia 東名阪1stワンマンツアー "Limit Break" 愛知・名古屋APOLLO BASE
4月12日 大阪・阿倍野ROCKTOWN
4月20日 東京・新宿BLAZE
2015年
3月8日 Cyntia LIVE TOUR 2015 "PRETTY WOMAN" 東京・TSUTAYA O-EAST
3月13日 福岡・DRUM Be-1
3月21日 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
3月22日 大阪・梅田CLUB QUATTRO
2017年
1月7日 CYNTIA LIVE TOUR 2017 ‐Urban Night‐" 愛知・名古屋ell.FITS ALL ツアーファイルとなる渋谷WWW X公演はニコニコ生放送とAmebaTV FRESH!にて生中継配信された[14]
1月8日 大阪・阿倍野ROCKTOWN
1月14日 宮城・仙台HooK
1月22日 福岡・DRUM SON
1月28日 東京・渋谷WWW X

単独公演[編集]

開催日 タイトル 規格 備考
2012年
9月17日 Cyntia Live 2012 "Endless World Vol.1" 東京・表参道GROUND
10月18日 Cyntia Live 2012 "Endless World Vol.2"
11月18日 Cyntia Live 2012 "Endless World Vol.3"
2013年
4月5日 Cyntia 1st Anniversary ワンマンライヴ "Re:Alive" 東京・Shibuya O-WEST
9月20日 CyntiaワンマンLIVE "レリゴ! レリゴ! レリゴ!" 東京・新宿BLAZE
12月19日 Cyntiaワンマンライヴ "閃光のメリークリスマス"' 東京・duo MUSIC EXCHANGE ニコニコ生放送にて生中継配信も行われた[15]

イベント・フェス[編集]

開催日 タイトル 規格 備考
2012年
5月19日 Cyntia デビューミニライヴ&握手会 タワーレコード渋谷店 B1「STAGE ONE」
10月13日 Glorious night in Asahikawa Sponsorship by Maria s' Cradle 北海道・旭川カジノドライブ
10月14日 Cyntiaデビューアルバム "Endless World" 発売記念サイン会 埼玉・大宮アルシェ5F NACK5 TOWN
11月2日 FIX×RUIDO K4 presnets "Shout at the Devil" 東京・新宿RUIDO K4
11月30日 White Crow Tour 2012 広島・CLUB QUATTRO Aldiousのツアーにゲスト参加。
12月1日 兵庫・神戸VARIT.
12月5日 FIX Presents "日本で一番!? 早い年忘れ暴年会! ~ほら、年末は皆さんお忙しいでしょうし~ @渋谷RUIDO K2 Ver." 東京・渋谷RUIDO K2
12月18日 WOMEN’S POWER SPECIAL 2012 東京・Shibuya O-WEST
12月20日 SPINNING Real Alive Vol.1 in Osaka 大阪・心斎橋CLUB ALIVE!
12月28日 オズ×O.K.A Presents "ガラガラへ~ビがやってくる~?" 東京・Shibuya Milkyway
2013年
1月6日 KARA "Karasia 2013 Happy New Year" 東京・東京ドーム バックバンドとして出演。
3月25日 idolock party vol.8 東京・渋谷サイクロン
3月15日 FIX × RUIDO K4 東京・新宿RUIDO K4
4月16日 Cute Girls Live ~Road to NAONのYAON~ 東京・Shibuya O-WEST ゲスト参加
4月29日 NAONのYAON 2013 東京・日比谷野外音楽堂
5月28日 Kamelot 来日公演 "SILVERTHORN TOUR IN JAPAN 2013" 東京・Shibuya O-EAST オープニングアクトとして出演
7月5日 War Witch Live supported by FUJIGEN 東京・Shibuya Milkyway
7月16日 LOVE! LIFE! LIVE! 東京・下北沢GARDEN
7月21日 plooza 感謝祭 ~THE 42nd~ 千葉・柏PALOOZA
8月2日 デリシャカス 東京・赤坂サカス アコースティック・ライブ
8月18日 TOKYO FM Doors Presents "ちばぎんジャパンFES FMかまってちゃんねる IDOL FESTIVAL 2013" 東京・新宿BLAZE
2014年
1月11日 Cyntia ニューシングル「閃光ストリングス」リリース記念フリーイベント ミニライブ&握手会 東京・お台場ヴィーナスフォート 教会広場 フリーイベント
1月25日 Cyntiaファンミーティング 東京・南青山Future SEVEN トークショー、握手会、サイン会、グッズ販売のみでライブは行われない[16]
2月15日 ニューアルバム『Limit Break』発売記念イベント アコースティックミニライブ&握手会 東京・タワーレコード新宿店 7F
2月16日 ニューアルバム『Limit Break』発売記念イベント トーク&CDジャケットサイン会 大阪・ディスクピア日本橋店 5Fイベントスペース
ニューアルバム『Limit Break』発売記念イベント アコースティックミニライブ&握手会 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
2月28日 ニューアルバム『Limit Break』発売記念サイン会 東京・SHIBUYA TSUTAYA B1F 特設会場
3月9日 ニューアルバム『Limit Break』発売記念イベント ミニライブ&握手会 タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
4月29日 NAONのYAON 2014 東京・日比谷野外音楽堂
10月13日 本格音楽女子祭 -其の弐- 東京・ディファ有明
11月18日 ツタロック・フェス2014 Vol.2 東京・TSUTAYA O-CREST
2015年
7月18日 Girls Monster Vol.1 東京・duo MUSIC EXCHANGE LUI FRONTiC 赤羽JAPANがんばれ!Victoryとのスリーマンライブ
11月19日 KORG SUPER SESSION 2017 東京・日テレらんらんホール 八神純子と共演。
2016年
12月19日 『Urban Night』発売記念ミニライヴ&サイン会 東京・タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO
2017年
1月9日 『Urban Night』発売記念トーク&握手&サイン会 大阪・ディスクピア日本橋店
1月19日 『Urban Night』発売記念握手&サイン会 東京・dues新宿

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 水曜日の午前2時28分頃~約15分間
  2. ^ 北日本放送と長崎放送のみ50分間の放送。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “噂の“ツンデレメタル” Cyntia (シンティア)!|ガールズ・メタル・バンド Cyntia いよいよメジャーデビュー!”. HMV&BOOKS online (ローソンエンタテインメント). https://www.hmv.co.jp/fl/10/639/1/ 2020年1月23日閲覧。 
  2. ^ a b “美形ガールズ・メタル・バンド:シンティア、華麗にデビュー”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2012年4月11日). https://www.barks.jp/news/?id=1000078719 2020年1月25日閲覧。 
  3. ^ “噂の“ツンデレメタル”!ガールズ・メタル・バンド Cyntia (シンティア)3月20日、いよいよメジャーデビュー決定 !!!”. うたまっぷNEWS (有限会社インターライズ). (2013年2月4日). https://news.utamap.com/music/127887/ 2020年1月25日閲覧。 
  4. ^ “ガールズ・メタルバンド・Cyntia、世界同時デビュー”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2013年3月5日). http://www.barks.jp/news/?id=1000088071 2020年1月25日閲覧。 
  5. ^ “Cyntia(シンティア) 浜田麻里の大ヒット曲「Return to Myself」カバーで史上初!?ビキニトップ付CDリリース決定!”. MUSIC LOUNGE (キャンシステム). (2013年5月27日). http://www.music-lounge.jp/v2/articl/news/detail/?articl=2013/05/27-12:10:00_1581b509bbe58b6e839faef6e1238a51 2020年1月25日閲覧。 
  6. ^ Cyntia KANOKOより大事なお知らせ”. Cyntia official web site (2015年4月5日). 2020年1月25日閲覧。
  7. ^ “CYNTIA、12・14移籍後初アルバム SAKI「胸が高鳴っている」”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年10月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2079549/full/ 2020年1月25日閲覧。 
  8. ^ CYNTIA OFFICIAL WEBSITE (2017年12月26日). “無期限活動休止のご報告”. 2018年2月8日閲覧。
  9. ^ ギタリストYUI 活動再開のご報告”. Cyntiaオフィシャルサイト. 2018年12月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年12月11日閲覧。
  10. ^ “CYNTIAのギタリストYUIが活動を再開”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2018年10月27日). https://okmusic.jp/news/300925 2020年1月25日閲覧。 
  11. ^ a b 松川 かの子 Drums&Percussion Player "KANON" =PFORILE=”. Miki Support co.,Ltd.. 2020年1月25日閲覧。
  12. ^ “元Cyntia KANOKOが新バンド TOKYO+TICS結成 12/16お披露目ライブ開催”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2015年12月10日). http://www.billboard-japan.com/sp/d_news/detail/33765/2 2020年1月25日閲覧。 
  13. ^ 『晴れた日に少女はギターを』がWEBデンプレコミックで連載開始。自分の心の音を探す音楽ストーリー”. 電撃オンライン. 2020年5月26日閲覧。
  14. ^ CYNTIA、レコ発ツアーファイナル公演を生配信”. 音楽ナタリー. 2020年11月10日閲覧。
  15. ^ Cyntia、ニューアルバム『Limit Break』リリース記念インストアイベント開催決定”. BARKS. 2020年11月10日閲覧。
  16. ^ Cyntia、ニュー・アルバム『Limit Break』リリース記念インストアイベントが東京・大阪にて開催決定!”. リスアニ! WEB. 2020年11月10日閲覧。

外部リンク[編集]