Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Return to Myself
〜しない、しない、ナツ。
浜田麻里シングル
初出アルバム『Return to Myself
B面 Restless Kind
リリース
ジャンル J-POPロック
レーベル インビテーションビクター音楽産業
作詞・作曲 浜田麻里、大槻啓之
プロデュース Greg Edward for REFLEX PRODUCTIONS, INC.
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 1989年度年間15位(オリコン)
  • 3位(ザ・ベストテン
  • 1989年度上半期17位(ザ・ベストテン)
  • 浜田麻里 シングル 年表
    Heart and Soul
    1988年
    Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。
    (1989年)
    Open Your Heart
    (1989年)
    ライブ映像
    「Return To Myself」 - YouTube
    テンプレートを表示

    Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。」(リターン・トゥ・マイセルフ 〜しない、しない、ナツ。)は、浜田麻里の9枚目のシングル1989年4月19日発売。発売元はビクターインビテーション

    解説[編集]

    '89カネボウ化粧品 夏のキャンペーンソングに起用され、大塚寧々出演のCMが大量にオンエアされた。サブタイトルの「しない、しない、ナツ」も、当時のカネボウのキャッチコピー「化粧なおし、しない、しない、ナツ」からとっている。

    オリコンシングルチャートでは初登場5位を記録し、NHKソウルオリンピックソングになった前作「Heart and Soul」に引き続き2作連続の同チャートTOP10入りを果たす。その後、タイアップの効果が大きく出たため、約1ヵ月後の同年6月5日付のオリコンシングルチャートで浜田は初の1位を獲得した。これまでの浜田のキャリアにおいて、最大のヒット曲となっている。

    同年に発売されたアルバム『Return to Myself』もオリコンチャートで1位を獲得した。また、本作は浜田のシングルで唯一のオリコン1位獲得作品である。

    本作リリース当時、浜田が「脱ヘヴィメタル宣言」と発言したと長年伝えられていたが、浜田本人はその様な発言について否定しており、『ザ・ベストテン』に出演した際に黒柳徹子から本番直前に「脱!ヘヴィメタル宣言」と紹介されてしまった事から広まったのではないかと述懐している[1]

    収録曲[編集]

    1. Return to myself 〜しない、しない、ナツ。
    2. Restless Kind

    カバー[編集]

    アーティスト 収録作品 発売日
    Return to myself 〜しない、しない、ナツ。
    Mi 80's × Mi 2006年6月21日
    デーモン小暮閣下 GIRLS' ROCK 魔暦9年(2007年)1月24日
    Cyntia Return to Myself〜しない、しない、ナツ。 2013年7月31日
    柴田あゆみ kick start 2014年2月19日

    脚注・出典[編集]

    1. ^ 『ヘドバン』Vol.3(2014年 シンコーミュージック・エンタテイメント) pp.74-75