SHOW-YA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SHOW-YA
ショーヤ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ハードロック
グラム・メタル
ヘヴィメタル
活動期間 1981年 - 1998年
2005年 -
レーベル 東芝EMI
1985年 - 1992年、2005年)
マスターワークス
(1993年 - 1998年、2006年 -2013年)
USMジャパン
(2014年 - 2017年)
ドリーミュージック
(2021年 -)
事務所 マスターワークス
共同作業者 安藤芳彦(作詞)
笹路正徳(編曲・音楽プロデュース)
公式サイト SHOW-YA OFFICIAL SITE
メンバー 寺田恵子ボーカル
中村美紀キーボードコーラス
五十嵐美貴ギター・コーラス)
角田美喜ドラムス・コーラス)
仙波さとみベース・コーラス)
旧メンバー Steffanie Borges(ボーカル)
YOSHINO(ボーカル)
レッド・ツェッペリン
SHOW-YA
YouTube
チャンネル
活動期間 2012年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約3.11万人
総再生回数 約1330万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月26日時点。
テンプレートを表示

SHOW-YA(ショーヤ)は、日本のヘヴィメタルバンド。1985年に東芝EMIからデビュー。

1980年代からのバンドブーム、特に女性だけのバンドとして先駆け的存在。それを牽引してきたバンドの一つ[1][2]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

寺田恵子 - ボーカル、作詞・作曲(第1期・再結成期)
(1963-07-27) 1963年7月27日(59歳) - 。千葉県出身。血液型A型。
中村美紀 - キーボード、コーラス、リーダー、作詞・作曲
(1961-09-27) 1961年9月27日(60歳) - 。千葉県出身。血液型AB型。
五十嵐sun-go美貴 - ギター、コーラス、作曲
(1962-11-21) 1962年11月21日(59歳) - 。神奈川県厚木市出身。血液型A型。
角田mittan美喜 - ドラムス、コーラス、作曲
(1963-12-07) 1963年12月7日(58歳) - 。東京都出身。血液型O型。
仙波さとみ - ベース、コーラス、作曲
(1963-08-28) 1963年8月28日(58歳) - 。東京都出身。血液型A型。

元メンバー[編集]

来歴[編集]

ボーカル・寺田とキーボード・中村の所属したバンド「メデューサ」が前身。のちにバンド名を「SHOW-YA」に変更。1982年、ヤマハ主催のバンドコンテスト・レディース部門で最優秀グランプリに輝く[3]。当時、寺田だけが大手プロダクションやレコード会社からソロデビューの話が持ちかけられたことがあったが、寺田は「ソロは嫌。みんなでデビューしたい」と拒否。バンドでデビューする流れになったが[4]、その後6人のメンバーの内、寺田と中村を除く4人が音楽以外の道に進むため脱退。その後、メンバー募集により角田、仙波、五十嵐の順に加入する。

1985年8月、『素敵にダンシング(Coke Is It)』でメジャー・デビュー。当時は女性だけのロックバンドは珍しくて一般になじみが薄く、ミニスカートを着させられたり髪を刈り上げられたりと、アイドルバンド路線で売り出されることになり[2]。長くストレートな髪を切られ泣いていたメンバーもいた[5]。メジャー・デビュー時はデビュー曲にコカ・コーラタイアップが付き、ヘアメイクやスタイリストも世界で活躍する著名人、衣装デザインはコシノジュンコと大きなプロジェクトが組まれていた[5]

1980年代後半、ハードロック路線に戻り自分たちの音楽を追求していたが[2]、セールスは伸び悩んでいた。それまで主に作詞を担当していた寺田はそれが自分のせいだと思い、7枚目のアルバム『Outerlimits』(1989年)制作時、作詞家の安藤芳彦に作詞を依頼。その際、寺田は自分の日記を安藤に渡し、それを基に詞を書いて欲しいと依頼。更に同アルバムから笹路正徳音楽プロデューサーとして参加。その結果、アルバムは60万枚超のセールスを記録[3]

30万枚を突破した8thシングル『限界LOVERS[3]、9thシングル『私は嵐』のヒットも相まって、SHOW-YAのライブ本数やテレビ出演回数は激増。

1987年から企画・主催を始めた女性ミュージシャンのみを集めた野外イベント「NAONのYAON」で女性ミュージシャンの認知度を上げることに貢献する。

1991年2月2日、ボーカル寺田がバンドを脱退。多忙を極めたスケジュールにより引き起こされた喉を潰すなどの体調不良と精神的ストレスが原因[1]。残されたメンバーは新しいボーカルにステファニー・ボージャスを迎え活動を続けるが、1993年頃から活動が凍結状態になり、1997年にボーカルがYoshinoに代わったものの、1998年9月に解散[3]

2005年、1991年に脱退した寺田がバラバラになったメンバーの許を訪れ一人一人に頭を下げ、5年かけてメンバーを説得、再結成[1]。以降は数々のライブ活動、寺田はNHK-FMの「私の名盤コレクション」のラジオパーソナリティを務めるなど、精力的に活動を続けて今に至る。

2021年、世界進出の第一弾となるアルバム『SHOWDOWN』をリリース(8月30日に日本先行、11月12日に世界発売)。

エピソード[編集]

  • バンド名の由来は、居酒屋チェーンの庄や。前身の『メデューサ』時代、ことごとく音楽コンテストに落選していた寺田と中村は「バンド名が悪い」ということで意見が一致、その時、飲んでいた庄やから名前を取ることにした。英語にすると『SHOW-YA』で「Show Ya」("Ya"はYou"の口語表現で「ショーをあなたに」「あなたに魅せる」)になるということで決定した[6]。そういった縁もあり、再結成後の2014年には庄や目黒408店で寺田が一日女将を務めるというコラボ企画も行われた[7]
  • 現メンバーがそろった当初、なかなかデビューのきっかけを掴めずにいた頃、よく相談に乗ってもらった島村楽器の関係者が同社社長に掛け合い、社内に「音響事業部」という音楽プロダクション部門を新規に立ち上げ、バンドで所属したこと[5][4]千葉県市川市内の島村楽器寮に5人全員で同居したことがあった[4]。この最初の事務所も同社の倉庫内だった[5]。ライブ出演を重ねるうち徐々に大手プロダクションが関わるようになり、メジャーデビューのきっかけをつかむ経緯になる[5]
  • 寺田、五十嵐は、元プリンセス プリンセス渡辺敦子富田京子、SIMBA SALOONの力石理江と女性5人組バンド「全日本女子プロバンド(通称:全女バンド)」を結成。五十嵐は2000年に脱退。
  • プリンセス プリンセスとの関係は、SHOW-YAのハード系と比べられ、仲が悪いと噂されたこともあったが、メンバーとの関係は良好で、互いのメンバー同士で東京ディズニーランドなどへ遊びに行くこともあった[8]。寺田は「(仲が悪いなどという噂は)メディアが勝手に言っていただけ。むしろお互いの対抗意識は全く無かった」と述懐[9]
  • 中村・仙波は、元BARBEE BOYS杏子らと女性バンド「ミレニアム・イブ」でも活動した。
  • 女性ミュージシャンのみによるロック・フェスティバルNAONのYAON」はSHOW-YAが中心となって企画されたイベント。プリンセス プリンセスやMINAKO With WILD CATSとしての本田美奈子.も出演した事がある。
  • 寺田脱退後、TBS『ギミア・ぶれいく』の企画で北朝鮮に渡りライブを行ったことがある。その際はゲストボーカルとして喜屋武マリーが参加した。
  • 1989年発売のパソコンゲームソフト『BURAI上巻』に音楽を提供。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1985年8月31日 素敵にダンシング (Coke Is It) XT10-2434
2nd 1986年2月1日 しどけなくエモーション XT10-2435
3rd 1986年8月22日 ONE WAY HEART XT10-2436
4th 1987年1月22日 その後で殺したい XT10-2437 「その後で殺したい」〜「孤独の迷宮(ラビリンス)」は作詞:秋元康、作曲;筒美京平による楽曲。
5th 1987年5月25日 水の中の逃亡者 XT10-2280
6th 1987年10月26日 孤独の迷路(ラビリンス) XT10-2281
7th 1988年6月25日 愛さずにいられない -Still be hangin' on- XT10-2021 カバー曲。C/W曲「Get Down」は五十嵐による作詞・作曲。
8th 1989年2月1日 限界LOVERS XT10-2311 昭和シェル石油CMソング。
9th 1989年6月7日 私は嵐 XT10-2360
10th 1990年3月7日 叫び TODT-2488
11th 1990年9月5日 ギャンブリング TODT-2545
12th 1992年1月29日 天使の炎-Flame Of The Angels- TODT-2760 ステファニー在籍の唯一のシングル
13th 2013年7月24日 V.S. MYSELF MWBR-0006 オリコン最高52位

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル 収録曲 レーベル
2015年4月29日 Glamorous Show II
  1. 黒く塗りつぶせ
  2. 勝手にしやがれ
  3. 青空、ひとりきり
USM JAPAN
2017年4月26日 NO REGRETS/愛をとりもどせ!!
  1. NO REGRETS / SHOW-YA
  2. 愛をとりもどせ!! (King & Queen Version) / SHOW-YA VS クリスタルキング
2021年8月6日 EYE to EYE
  1. EYE to EYE
ドリーミュージック
2022年4月29日 限界LOVERS ~Battle Orchestra~
  1. 限界LOVERS ~Battle Orchestra~
MASTERWORKS PUBLISHERS
2022年6月22日 組曲 ~Battle Orchestra~
  1. 組曲 ~Battle Orchestra~

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1985年9月6日
1987年04月06日
1994年06月22日
2005年08月31日
2011年10月26日
2015年03月11日
MASQUERADE SHOW CA35-xxxx
CA32-1409
TOCT-8401
TOCT-11062
TOCT-11307
UPCY-6976
2nd 1986年3月1日
1994年06月22日
2005年08月31日
2015年03月11日
QUEENDOM CA32-1238
TOCT-8402
TOCT-11063
UPCY-6977
3rd 1986年9月3日
1994年06月22日
2005年08月31日
2015年03月11日
WAYS CA32-1281
TOCT-8403
TOCT-11064
UPCY-6978
4th 1987年2月4日
1994年06月22日
2005年08月31日
2015年03月11日
TRADE LAST CA32-1369
TOCT-8404
TOCT-11065
UPCY-6979
5th 1987年11月5日
1994年06月22日
1994年06月22日
2005年08月31日
2015年03月11日
IMMIGRATION CT32-5023
TOCT-8405
TOCT-8405
TOCT-11066
UPCY-6980
6th 1988年8月24日
1994年06月22日
2005年08月31日
2015年03月11日
Glamour CT32-5267
TOCT-8407
TOCT-11068
UPCY-6981
7th 1989年9月6日
1994年06月22日
2005年08月31日
2013年09月25日
2015年03月11日
Outerlimits CT32-5540
TOCT-8409
TOCT-11069
TOCT-95220
UPCY-6982
8th 1990年10月24日
1994年06月22日
2005年08月31日
2015年03月11日
HARD WAY TOCT-5855
TOCT-8410
TOCT-11070
UPCY-6983
9th 2012年3月7日 GENUINE DIAMOND MWBR-0004 オリコン最高49位
10th 2015年9月30日 PROGRESS UICZ-4334 オリコン最高34位
11th 2017年9月27日 AURORA MWBR-0018 オリコン最高68位
12th 2021年8月30日 SHOWDOWN MUCD-1472 オリコン最高42位

ミニ・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1988年7月6日 SELECTION20 XT15-5012 ミニベストアルバム
2nd 1995年5月15日 Touch The Sun CCR-95515
3rd 1998年2月21日 This my way CCR-980221

ライブ・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1988年5月25日
1994年06月22日
2005年08月31日
TURN OVER CT32-5193
TOCT-8406
TOCT-11067
2nd 1991年4月12日
1994年06月22日
2005年08月31日
HARD WAY TOUR 1991 TOCT-6092
TOCT-8411
TOCT-11071

ベスト・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1987年6月5日 NEW BEST NOW CA32-1450
2nd 1988年2月25日 NEW BEST NOW 70 CT32-9011
3rd 1988年12月10日
1994年06月22日
WHITE CT32-5347
TOCT-8408
4th 1991年6月21日
2012年12月12日
2014年06月11日
SHOW-YA GREATEST TOCT-6160
TOCT-95147
UPCY-9403
5th 1992年8月12日 COMPLETE BEST "BACK FIRE" TOCT-6645 ビートルズのカバー「BLACKBIRD」収録。音源は1988年4月6日発売、コンピレーション・アルバム抱きしめたい』収録音源。SHOW-YAアルバム初収録。
6th 1996年11月27日 TWIN BEST TOCT-9719/20
7th 2002年6月19日
2011年11月23日
2013年11月27日
SHOW-YA GOLDEN★BEST TOCT-10865
TOCT-10865
TYCN-60133
8th 2005年9月30日 SHOW-YA THE BEST SOUND & VISION-20th Anniversary- TOCT-25821:スペシャルパッケージ盤
TOCT-25822:通常盤
9th 2005年10月5日 SHOW-YA THE BEST-20th Anniversary-

カバー・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2014年10月22日 Glamorous Show〜Japanese Legendary Rock Covers UICZ-4312 オリコン最高22位、登場回数9回
2nd 2015年5月27日 Glamorous Show II UICZ-4326 オリコン最高53位

オムニバス・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1982年 East West '82 / Live C40A0234W 1982年8月7日・8日、中野サンプラザで行われたヤマハ主催『EastWest'82』に出場したバンドのオムニバスアルバム。『A View After Dark』収録。LP盤のみ。

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1990年4月25日 叫び(クリップ集) TOMF-7008:LD
TOVF-7008:VHS
2nd 2005年9月14日 DATE LINE FV040-1028:LD
FK040-1028H:VHS
TOBF-91084:DVD
3rd 2005年9月14日 ROLLIN' WORLD FV050-1027:LD
FK050-1027H:VHS
TOBF-91085:DVD
4th 2005年9月14日 1990BUDOKAN-REACH FOR THE WORLD- TOLF-1063:LD
TOVF-1063:VHS
TOBF-91086:DVD
5th 2005年9月14日 DISTANCE -ON THEIR WAY- 1990 IN L.A. TOBF-91087:LD
TOVF-1094:VHS
TOBF-91087:DVD
6th 2005年9月14日 HARD WAY TOUR 1991 TOLF-1119:LD
TOVF-111:VHS
TOBF-91088:DVD
7th 2005年12月21日 SHOW-YA大復活祭 〜20th Anniversary〜 MWBR-0001:DVD
8th 2007年1月24日 SHOW-YA LIVE 2006 別格 MWBR-0003:DVD
9th 2013年1月16日 HARDEST ROCK MWBR-0005:DVD オリコン最高78位
10th 2014年4月30日 歴代シングル全曲披露!暴れ倒しGIG! MWBR-0007:DVD オリコン最高49位
11th 2015年02月25日 Glamorous Clips UPBY-5016:DVD オリコン最高62位
12th 2015年12月23日 30th Anniversary 映像集「Glamorous TV」 UPBY-5038:DVD オリコン最高122位
13th 2022年6月22日 BATTLE ORCHESTRA 2022 DDBZ-1104:DVD

ミュージック・ビデオ[編集]

曲名
「ギャンブリング」「叫び」「限界LOVERS」「私は嵐」「流星少女〜Shooting Star 196X〜」「」「V.S.MYSELF

タイアップ一覧[編集]

起用年 曲名 タイアップ
1985年 素敵にダンシング (Coke Is It) 日本コカ・コーラコカ・コーラ」CMソング
1986年 ONE WAY HEART テレビ朝日系ドラマ『ブンぶくちゃがま』エンディングテーマ
1987年 水の中の逃亡者 テレビ朝日系刑事ドラマ大都会25時』オープニングテーマ
フェルマータ テレビ朝日系刑事ドラマ『大都会25時』エンディングテーマ
1988年 夜のせいじゃない TBSドラマ23悪女聖書』主題歌
限りなくはるかな自由へ-go again-
1989年 限界LOVERS 昭和シェル石油「FORMULA Shell」CFソング
私は嵐
1990年 ギャンブリング 日本テレビ系刑事ドラマ『刑事貴族』パート1後期挿入歌
2017年 NO REGRETS サミー「ぱちんこCR北斗の拳7 転生」使用曲
愛をとりもどせ!![注 1]

ライブ[編集]

ワンマンライブ・ツアー[編集]

  • 1989年 - SHOW-YA 1989 TOUR "ROLLIN' WORLD"
  • 1990年 - REACH FOR THE WORLD
  • 1991年 - HARD WAY TOUR 1991
  • 2005年 - 大復活祭
  • 2010年 - SHOW-YA 原点回帰
  • 2010年 - 原点回帰~疾走~
  • 2013年 - 寺田恵子生誕50周年記念興行 SHOW-YA「QUEENS BIRTHDAY」
  • 2013年 - 原点回帰2013 ~NEXT EPISODE TOUR~
  • 2013年 - LIVE AT TOWER ~ SHOW-YA
  • 2013年 - V.S. MYSELF ~熟女なめんなよ!歳忘れ暴れ倒しGIG~
  • 2014年 - SHOW-YA2014年夏のツアー!
  • 2014年 - LIVE CONFUSED Vol.6 SHOW-YA in Kadare
  • 2014年 - GLAMOROUS SHOW
  • 2015年 - SHOW-YA『Glamorous Show II』リリースツアー
  • 2015年 - Return to 鹿鳴館
  • 2015年 - SHOW-YA 30th Anniversary CLUB CIRCUIT 『PROGRESS』Release Tour
  • 2015年12月27日 - 30th Anniversary LIVE 『SHOW-YA BIG 30』
  • 2016年8月27日・28日 - メタメイカン~METALLIC 鹿鳴館~
  • 2016年12月4日 - メタロッポン~METALLIC ROPPONGI~
  • 2017年7月1日〜7月30日 - GET YOUR SHOW-YA! 2017
  • 2017年11月4日〜11月18日 - SHOW-YA ニューアルバム『AURORA』リリースツアー
  • 2018年9月22日〜10月21日 - SHOW-YA『REVENGE TOUR』
  • 2019年6月16日 - <SHOW-YA×赤羽ReNY>"NICE TO KNOW YOU!!"
  • 2019年9月21日〜9月29日 - SHOW-YA東名阪ツアー『NEW WORLD 2019』
  • 2020年6月14日 - SHOW-YA 配信ライブ『BACK TO SHOW-YA』
  • 2021年8月29日 - SHOW-YA 35th Anniversary Live FINAL 『Get Over』
  • 2022年1月30日 - 『組曲』~Battle Orchestra~

主催イベント「NAONのYAON」[編集]

  • 1987年09月20日 - NAONのYAON 1987
  • 1988年09月11日 - NAONのYAON 1988
  • 1989年09月17日 - NAONのYAON 1989
  • 1990年09月15日・16日 - NAONのYAON 1990
  • 1991年09月15日 - NAONのYAON 1991
  • 2008年04月29日 - NAONのYAON 2008
  • 2012年10月19日 - NAONのBATTLE~Vol.2
  • 2013年04月29日 - NAONのYAON 2013
  • 2014年04月29日 - NAONのYAON 2014
  • 2015年04月29日 - NAONのYAON 2015
  • 2015年08月23日 - NAONのYAON 2015~SUMMER~
  • 2016年06月12日 - NAONのYAON 2016
  • 2016年7月3日 - NAONのYAON+CLASSIC ROCK JAM PRESENTS 寺田恵子&山本恭司 ~ふたりのROCK SHOW~
  • 2017年4月29日 - NAONのYAON 2017
  • 2018年4月29日 - NAONのYAON 2018
  • 2019年4月29日 - NAONのYAON 2019
  • 2020年7月22日 - NAONのYAONスピンオフ『SHOW-YAとNAON』vol.1 w/相川七瀬
  • 2021年4月29日 - NAONのYAON 2021

出演イベント[編集]

  • 1988年06月27日 - Rock'n Roll Olympic 1988
  • 1997年07月05日 - 第15回 PEACEFUL LOVE ROCK FESTIVAL 1997
  • 2013年02月08日 - ~ フリージアとショコラ 2013 ~
  • 2014年12月22日 - 「Lady's Go!!」名古屋編
  • 2015年01月31日 - FLYING CAT 30th+1 Anniversary WOMEN'S POWER SPECIAL ~ONE NIGHT DREAM!
  • 2015年05月30日 - 六魂Fes!
  • 2015年07月19日・20日 - SHOW-YA×EARTHSHAKER『初対決! KING VS QUEEN』
  • 2015年09月04日 - Gacharic Spin×SHOW-YA
  • 2017年9月24日- ONE+NATION music circus in 山中湖

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ SHOW-YA vs クリスタルキング名義

出典[編集]

  1. ^ a b c SHOW-YA・寺田恵子が明かすプリプリとの本当の仲~80年代バンドブームの実情。”. ORICON STYLE (2014年11月3日). 2014年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c SHOW-YA、"アイドルバンド"時代を語る。「お前たちはロックバンドじゃない」と言われた。”. Techinsight (2013年10月29日). 2014年11月12日閲覧。
  3. ^ a b c d SHOW-YA プロフィール”. SHOW-YA OFFICIAL SITE. 2014年11月12日閲覧。
  4. ^ a b c 週刊文春 2016年12月29日号 p.98 - 101「新・家の履歴書」(寺田恵子)
  5. ^ a b c d e 音楽主義 2015年11月12日号(一般社団法人 日本音楽製作者連盟・刊)p.2-9 寺田恵子インタビュー
  6. ^ 居酒屋「庄や」×ガールズ・ロックバンド「SHOW-YA」初のコラボイベント 庄や目黒408店にて10月21日(火)開催!! 寺田恵子が一日女将に!!”. 庄やグループ 大庄. 2014年11月12日閲覧。
  7. ^ SHOW-YA、ついに『庄や』と初コラボ 寺田恵子が“ロック”な女将姿にオリコン 2014年10月21日掲載
  8. ^ SHOW-YA寺田恵子 プリプリと確執あった!?「世の中可愛い方がいいんだ」”. スポーツニッポン (2015年8月23日). 2015年8月24日閲覧。
  9. ^ SHOW-YA・寺田恵子が明かすプリプリとの本当の仲~80年代バンドブームの実情(2/3)”. オリコン (2014年10月22日). 2015年8月24日閲覧。