Gacharic Spin

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Gacharic Spin
(ガチャリック スピン)
Gacharic Spin at J-pop Summit 2015 14.jpg
2015年
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ロック
オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック
ニュー・ウェイヴ
デジタルロック
活動期間 2009年 -
レーベル Juicy Girls Records
(2010年)
Juicy Girls Records / ユニバーサルD
(2011年 - 2014年)
ビクターエンタテインメント
(2014年 - )
事務所 ブリスクルー
公式サイト http://gacharicspin.com/
メンバー F チョッパー KOGAベース
はな (ボーカル、ギター
TOMO-ZO (ギター
オレオレオナ (キーボード
アンジェリーナ1/3(マイクパフォーマー)
yuri(ドラム
旧メンバー EITA (ギター、コーラス)
Armmy (ボーカル
2号 ありさ (パフォーマー)
3号 ねんね (パフォーマー)
1号 まい (パフォーマー)
Gacharic Spin
YouTube
チャンネル
活動期間 2010年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約2.7万人
総再生回数 約1000万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2021年6月9日時点。
テンプレートを表示
Gacharic Spin
YouTube
チャンネル
活動期間 2014年 -
ジャンル 音楽
総再生回数 約370万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2021年6月9日時点。
テンプレートを表示

Gacharic Spin(ガチャリック スピン)は、日本のロックバンド。

略歴[編集]

THE PINK☆PANDA」を脱退したベースの F チョッパー KOGAが、高校の同級生でもありバンド仲間でもあったドラムのはなと新たにバンドを組むことを決意し[1]、自身のブログでメンバーを公募したり、過去に競演したアーティストに声をかけたりした結果、ギターのEITAとボーカルのArmmyが加入。2009年6月10日にオフィシャルサイトを開設して「Gacharic Spin」としての活動をスタートさせる。

2009年10月にはバンドとして初めての東名阪ツアー「Across the now!」を行う。ツアー初日を10月8日「名古屋 ell.FITS ALL」で開催。

同年11月28日 恵比寿「LIVE GATE TOKYO」でのライブを最後に、ギターのEITAが脱退。

オーディションにより後任のギターとして2009年10月31日に解散した「EU PHORIA」のTOMO-ZOが参加することになり、2009年12月22日 厚木「Thunder Snake ATSUGI」でのLIVEより、このメンバーでのライブ活動をスタートさせる。2010年3月5日には、バンドとして初の作品となる3曲入りシングル「Lock On!!」を発表。以降、3ヶ月ごとにシングルをリリースし、そのたびに全国ツアーを行う。

2010年7月4日 NHK総合「MUSIC JAPAN」で「Lock On!!」を演奏し、初の地上波音楽番組への出演を果たす[2]。2011年3月18日から20日までアメリカのヒューストンで開催された「Anime Matsuri 2011」にゲストとして招待され、19日にクラウンプラザホテルのメイン会場で初の海外ライブを行う。

2011年4月27日 リリースのDVD「ブラック・エンジェルズ」の主題歌に「LosT AngeL」が採用される[3]。2011年4月にはバンド初の映像作品として、六本木のmorph-tokyoで行われた一周年記念ワンマンライブの模様を収録したDVD「Gacharic Spin 1st Anniversary LIVE〜衝撃!笑撃?SHOW劇〜完全版」と、当該ライブの抜粋とレッスンを収録したバンド教則DVDの2本が立て続けにリリースされる。

2011年11月10日発売のPlayStation Portable専用ソフト「初音ミク -Project DIVA- extend」において、FチョッパーKOGA、TOMO-ZO、はなの3人がモーションアクターで参加。

2011年12月10日 MUSIC AIR チャンネルにて、初の冠番組となる音楽実験バラエティー「Gacharic Spinの音楽探Q」に出演[4]

AKB48が2012年2月15日に発売した25枚目のシングル「GIVE ME FIVE!」でバンド形式の楽曲披露をすることになったメンバーのために、FチョッパーKOGA、TOMO-ZO、はなの3人が楽器演奏とパフォーマンスを指導。この時に高橋みなみを指導したことがキッカケで、TOMO-ZOが2012年2月18日に西武ドームで行われたAKB48の握手会イベントでのバンドライブに、都合で参加出来なかった高橋の代役として出演[5]

2012年3月14日 オフィシャルサイトおよびメールマガジンにて、メンバーのArmmyの脱退が発表される[6]。このため、2012年2月から行われた「ガチャピンチ」ツアーでは、これまで競演経験のあるバンドのボーカリストや、メンバーと交友関係のあったアーティストをゲストボーカルに迎えてのライブとなった。また、ドラムのはなやサポートキーボードのオレオレオナも数曲リードボーカルを担当している。

2012年3月24日 前年の東名阪ツアーやガチャピンチツアーに、サポートメンバーとして参加していたキーボード&ボーカルの元「EU PHORIA」のオレオレオナ(鈴木玲緒奈)が正式にメンバーとなる[7]

2012年4月2日に渋谷O-WESTで開催されたツアーファイナルのワンマンライブ「Superガチャピ〜ンチ!! 〜サポートボーカル大集合〜」では、それまでサポートで参加したゲストボーカルが一部を除いて再び集合。また、F チョッパー KOGAの「THE PINK☆PANDA」時代の朋友であるMAYUBLiSTAR)も参加して久々の競演となった[8]。ちなみに、この2人が同じステージに立ったのは「THE PINK☆PANDA」のラストライブ以来3年ぶりであり、くしくも会場は同じ渋谷O-WESTである。

2012年6月2日にはフランスのニームで開催された「ジャパンフェスティバル」に出演[9]。これと前後して5月25日から6月3日まで初の海外ツアーとなるヨーロッパツアーを行う。

以前、対バンをしたことから交流のあった「LIGHT BRINGER」のボーカリスト・Fukiがサポートボーカルとして参加したことが、きっかけとなりサイドプロジェクト「DOLL$BOXX」を結成

2012年12月12日「DOLL$BOXX」のデビュー・アルバム「DOLLS APARTMENT」をキングレコードより発売。

2012年12月16日「DOLL$BOXX」First oneman Tour「DOLL$HOW 2012」を行う。

2013年2月9日 ファン感謝祭にて、Gacharic Spin 2013スタイルを発表[10]1号 まいと2号 ありさがガチャガチャダンサーズとして仲間入り。ガチャガチャダンサーズは、正式なメンバーではないがライブ要員としてツアー全日程に参加。

2014年の公約として「2014年6月7日の恵比寿LIQUIDROOMのワンマンライブでチケットがソールドアウトしたら、ガチャガチャダンサーズがGacharic Spin正式メンバーとなり、達成できなかったらGacharic Spin 2013スタイルはこの日で終了[11]」と掲げた。同公演のチケットは完売し、2014年6月7日にガチャガチャダンサーズの1号 まいと2号 ありさが正式メンバーとなった[12]

2014年7月24日 #ニコニコ生放送「ガチャンネル」にて同年10月1日にビクターエンタテインメントからメジャーデビューすることを発表した [13]。F チョッパー KOGAは「ここはゴールじゃなくて本当の意味でのスタート。初心の気持ちを忘れずにもっと上を目指してがんばっていく」と意気込みを述べた。

2014年10月1日 「ガチャっとBEST<2010 - 2014>」をビクターエンターテインメントからリリースし、メジャーデビューした。9月30日付けオリコンデイリーランキングで7位を獲得した。

2014年10月5日 5周年記念ライブ「Gacharic Spin 5th Anniversary ガチャレンジFINAL!! 〜お台場決勝戦〜」をZepp DiverCityにて開催。自身のワンマンライブとしては最大規模の会場だったが、ソールドアウトと成功をおさめた。

2015年5月3日 渋谷公会堂にてライブ開催。

2015年7月26日 パフォーマー2号ありさが卒業し、3号ねんねが加入[14][15]

2015年9月30日 アルバム「MUSIC BATTLER」をリリース

2016年9月7日 アルバム「確実変動 -KAKUHEN-」をリリース

2017年2月25日 O-EASTにて「DOLL$BOXX」「Gacharic Spin」「Fuki Commune」の3バンドによる『WWフェイス』を行う。「DOLL$BOXX」のライブは、2014年8月以来となりチケットは瞬間ソールドアウトとなる。

2017年6月24日「Gacharic Spin Special Live ~2017春~ ライバー大宴祭」を日比谷野外大音楽堂にて開催。

2017年7月31日 パフォーマー3号ねんねが卒業[16]

2017年11月8日「DOLL$BOXX」5年ぶりの新作、5曲入り Mini Album「high $pec」を発売。このアルバムは、北米とヨーロッパでの配信販売もスタートし“Amazon UK”「World Music」カテゴリー配信チャート1位を獲得する。さらに “Sliptrick Records”(アメリカ)“JPU Records”(イギリス)でもCDもリリースとなる。

2017年11月23日より「DOLL$BOXX」Live Tour 2017「high $pec」を行う。

2018年4月15日 TOKYO DOME CITY HALLにて全国22都市23会場で展開してきた『Tour 止まらない2018』のファイナル公演~良い子(415)は真似しないでネ~"(19時開演)を開催。

また、同日同会場にて「DOLL$BOXX」の東名阪で行われる"DOLL$BOXX TOUR 2018「high $pec High Return」"初日公演(14時開演)も開催された。

この日の模様は、Gacharic Spin TOUR 止まらない 2018 FINAL ~良い子(415)は真似しないでネ~ / DOLL$BOXX Live Tour 2018「high $pec High Return」とそれぞれDVDがリリースされている。

2018年10月20日「相鉄ロックオンミュージック」10月28日「TOKYO FM HALL(STARMARIE 主催ライブ)」で、TOMO-ZO(ギター)が急性胃腸炎と診断され入院し治療中、サポートミュージャンとしてドラムス むらたたむを迎え、ドラムボーカルの"はな"が、ギターボーカルとしてライブを行う。

2018年12月31日 パフォーマー1号まいが卒業。

2019年2月9日 FCイベントにて、新メンバーにステージ経験のない17歳の女子高生 "アンジェリーナ1/3"(マイクパフォーマー)の加入を発表。[17]

2019年3月9日 タワーレコード渋谷店とのコラボイベントにて、新メンバーとしてドラマーの"yuri"の加入を発表。

"yuri"の加入を受け、ドラムボーカルの"はな"はギターボーカルにコンバートされる。

2021年3月から10月8日までyuriが休養[18](のちに産休であったことが明かされた[19])。この間のライブはサポートドラマー、もしくははながドラムを兼務する形で補った[20]

2021年6月、「MindSet」が、テレビ神奈川(tvk)制作の音楽情報バラエティ番組「関内デビル」の6月度エンディングテーマに起用される。

メンバー[編集]

名前 担当 誕生日[21] 血液型[21] 備考
F チョッパー KOGA ベース 12月22日 O型 バンドリーダーTHE PINK☆PANDA、平安の元メンバー。
はな ボーカルギターエアロフォンドラムス 5月16日 O型 The Spade 13、アルメリア、平安、12.ヒトエの元メンバー。
TOMO-ZO ギター、ボーカル 9月10日 A型 EU PHORIAの元メンバー。
オレオレオナ キーボード、ボーカル 11月10日 O型 EU PHORIAの元メンバー。
アンジェリーナ1/3 マイクパフォーマー 12月25日 A型
yuri ドラムス 3月6日 O型 LAGOONの元メンバー。

旧メンバー[編集]

  • EITA:ギター、キーボード、コーラス
    2009年11月28日脱退。時空海賊SEVEN SEASの元メンバー。
  • Armmy:ボーカル、キーボード
    2012年3月14日脱退。Linkage、Y.M.C.A、UN-FINESH、MB4、THE Strawberry GUN-GUNの元メンバー。脱退後はTAKAE名義でEITAと共にユニット「TAKAEITA」を結成[22]。2015年10月15日未明に急逝[23][24][注 1]
  • 2号 ありさ:パフォーマー
    学業に専念するため、2015年7月26日に卒業[14]
  • 3号 ねんね:パフォーマー、キーボード
    2017年7月31日に卒業。
  • 1号 まい:パフォーマー
    2018年内の活動をもって卒業。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 2009年6月〜2009年11月

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ドラム/コーラス
  • Armmy:ボーカル
  • EITA:ギター/コーラス

第2期 2009年11月〜2012年3月

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ドラム/コーラス
  • Armmy:ボーカル/キーボード
  • TOMO-ZO:ギター/コーラス

アルバム release「Virgin-A」

映像作品「Gacharic Spin 1st Anniversary LIVE〜衝撃!笑撃?SHOW劇〜完全版」

2012年1月にArmmyが急病のためLIVEをキャンセル。 2012年2月から行われた「ガチャピンチ」ツアーでは、様々なサポート・ボーカルを迎えて行われ、オレオレオナがサポート・キーボードとして参加。 はな、オレオレオナも数曲リードボーカルを担当。

2012年3月にArmmyが脱退。

第2.5期 2012年3月〜2014年6月

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ドラム/ボーカル
  • TOMO-ZO:ギター/コーラス/ボーカル
  • オレオレオナ:キーボード/ボーカル

2012年3月にオレオレオナが正式加入。

アルバム release「Delicious」

2013年2月のファン感謝祭にて、ガチャガチャダンサーズの1号まい、2号ありさがライブ要員としてツアーに参加。

第3期 2014年6月〜2015年7月

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ドラム/ボーカル
  • TOMO-ZO:ギター/コーラス/ボーカル
  • オレオレオナ:キーボード/ボーカル
  • 1号まい:パフォーマー
  • 2号ありさ:パフォーマー

ガチャガチャダンサーズの1号まい、2号ありさが正式加入。

アルバム release「WINNER」

映像作品「ガチャレンジFINAL!! 2014〜お台場決勝戦〜」「赤裸ライアーTOUR FINAL!!!〜渋谷公会堂〜」

第4期 2015年7月〜2017年7月

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ドラム/ボーカル
  • TOMO-ZO:ギター/コーラス/ボーカル
  • オレオレオナ:キーボード/ボーカル
  • 1号まい:パフォーマー
  • 3号ねんね:パフォーマー/キーボード

アルバム release「MUSIC BATTLER」、「確実変動 -KAKUHEN-」

映像作品「な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL」

第4.5期 2017年8月〜2018年12月

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ドラム/ボーカル
  • TOMO-ZO:ギター/コーラス/ボーカル
  • オレオレオナ:キーボード/ボーカル
  • 1号まい:パフォーマー

アルバム release「G-litter」「Go Luck!」

映像作品「TOUR 止まらない 2018 FINAL ~良い子(415)は真似しないでネ~」

[“ライバー大宴祭”The Movie] 2017.06.24 at 日比谷野外大音楽堂

第4.9期 2019年3月

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ドラム/ボーカル
  • TOMO-ZO:ギター/コーラス/ボーカル
  • オレオレオナ:キーボード/ボーカル
  • アンジェリーナ 1/3:マイクパフォーマー

アルバム release「ガチャっ10BEST」

第5期 2019年4月〜

  • F チョッパー KOGA:ベース/コーラス
  • はな:ボーカル/ギター
  • TOMO-ZO:ギター/コーラス/ボーカル
  • オレオレオナ:キーボード/ボーカル
  • yuri:ドラム
  • アンジェリーナ 1/3:マイクパフォーマー

作品[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 メンバー 備考
1st

ミニアルバム

2011/05/25 Virgin-A POCS-1040 第2期 オリコン最高172位
1st

フルアルバム

2013/03/06 Delicious POCS-1080 第2.5期 オリコン最高78位
2nd 2014/04/09 WINNER POCS-1129 第3期 オリコン最高40位
メジャー
Best 2014/10/01 ガチャっとBEST
<2010 - 2014>
VIZL-722: 初回生産限定盤TYPE-G
VIZL-723: 初回生産限定盤TYPE-S
VICL-64227: 通常盤
第2期~第3期 ビクターエンタテインメントからのメジャーデビュー1作目。
インディーズ時代の楽曲によるベストアルバム
オリコン最高20位
3rd (メジャー1st) 2015/09/30 MUSIC BATTLER VIZL-882: 初回限定盤TYPE-A
VIZL-883: 初回限定盤TYPE-B
VICL-64418: 通常盤
第3期~第4期 オリコン最高21位
台湾版「MUSIC BATTLER 音樂擂台大混戰」(発行元:滾石)
4th (メジャー2nd) 2016/09/07 確実変動 -KAKUHEN- VIZL-1025: 初回生産限定盤TYPE-A
VIZL-1026: 初回生産限定盤TYPE-B
VICL-64619: 通常盤
第4期 オリコン最高13位
5th (メジャー3rd) 2018/04/11 G-litter VIZL-1361: 初回限定盤TYPE-A
VIZL-1362: 初回限定盤TYPE-B
VICL-64918: 通常盤
第4.5期 オリコン最高21位
Cover Mini Album 2018/11/21 Go Luck! VIZL-1481 <Type-GACHA>

VIZL-1482 <Type-KOGA>

VIZL-1483<Type-HANA>

VIZL-1484<Type-TOMO-ZO>

VIZL-1485<Type-OREO>

VIZL-1486<Type-MAI>

第4.5期 9,999枚限定 6タイプ完全生産限定盤
オリコン31位
Best 2019/3/27 『ガチャっ10BEST』 入門編(CD):VICL-65174
中級編(3CD+BOOK):VICL-65171~65173
上級編(3CD+Blu-ray):VIZL-1569
第4.9期 オリコン最高38位
6th 2020/3/11 Gold Dash VIZL-1693:初回限定盤A
VIZL-1694:初回限定盤B
VICL-65304:通常盤
第5期 オリコン22位
7th 2021/9/8 Gacharic Spin VIZL-1920:初回限定盤A(CD+DVD)
VIZL-1921:初回限定盤B(CD+DVD)
VICL-65540:通常盤(CD)
第5期 オリコン最高15位

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 メンバー 備考
1st 2010/03/05 Lock On!! GSGS-001
  1. Lock On!!
  2. More Power
  3. Existence 〜あなたという存在〜
オビフレーズ「こんなギャルバン見た事ない !!
第2期 JUICY GIRLS RECORDS
2nd 2010/06/02 ハンティングサマー GSGS-002
  1. ハンティングサマー
  2. L.I.B
オビフレーズ「ギャルバンの常識を打ち破る !! 興奮ハジケるサマーダンスチューン !!
第2期 JUICY GIRLS RECORDS
3rd 2010/09/08 雪泣く〜setsunaku〜メロディー GSGS-003
  1. 雪泣く〜setsunaku〜メロディー
  2. ピアス
  3. ルーレット
  4. BROKEN LOVER
オビフレーズ「切なく…せつなく…雪泣く…
第2期 JUICY GIRLS RECORDS
4th 2012/06/27 ヌーディリズム POCS-1063
  1. ヌーディリズム
  2. モノクロイド
  3. ブラックサバイバル
第2期~第2.5期 JUICY GIRLS RECORDS
ブラックサバイバルのボーカルはArmmy
5th 2014/03/19 僕だけのシンデレラ POCS-1128
  1. 僕だけのシンデレラ
  2. 運命さえも変える言葉
  3. さよならチェリー
第2.5期 オリコン最高45位
メジャー
6th (メジャー1st) 2015/02/25 赤裸ライアー/溶けないCANDY VIZL-774: 初回限定盤Type-A
VIZL-775: 初回限定盤Type-B
VICL-37013: 初回盤Type-C
VICL-37014: 通常盤
  1. 赤裸ライアー
  2. 溶けないCANDY (ガチャガチャダンサーズ)

初回限定盤Type-A追加収録曲

  1. 赤裸ライアー-Instrumental-

初回限定盤Type-B追加収録曲

  1. 溶けないCANDY-Instrumental-

通常盤追加収録曲

  1. ヌーディリズム (LIVE VERSION 2014)

初回限定盤Type-A DVD

  • Gacharic Spin「赤裸ライアー」のミュージックビデオ&メイキング

初回限定盤Type-B DVD

  • ガチャガチャダンサーズ「溶けないCANDY」のミュージックビデオ&メイキング
第3期 ビクターエンタテインメント
オリコン最高32位
7th (メジャー2nd) 2015/06/03 Don't Let Me Down VIZL-830: 初回限定盤
VICL-37053: 通常盤
  1. Don't Let Me Down
  2. TAMASHII

初回限定盤追加収録曲

  1. Don't Let Me Down-Instrumental-
  2. TAMASHII-Instrumental-

通常盤追加収録曲

  1. 夢喰いザメ

初回限定盤 DVD

  • 「Don't Let Me Down」のミュージックビデオ
  • メイキング
第3期 ビクターエンタテインメント
オリコン最高34位
8th (メジャー3rd) 2016/06/22 シャキシャキして!!/アルブスの少女 VIZL-987: 初回限定盤Type-A
VICL-37178: 初回限定盤Type-B
VICL-37179: 初回限定盤Type-C
VICL-37180: 初回限定盤Type-D
VICL-37181: 初回限定盤Type-E
VICL-37182: 通常盤
  1. シャキシャキして!!
  2. アルブスの少女

初回限定盤Type-A追加収録曲

  1. シャキシャキして!! (Instrumental)
  2. アルブスの少女 (Instrumental)

初回限定盤Type-B追加収録曲

  1. 夢言実行 (Acoustic Version)

初回限定盤Type-C追加収録曲

  1. 連星 (Acoustic Version)

初回限定盤Type-D追加収録曲

  1. ALIVE (Acoustic Version)

初回限定盤Type-E追加収録曲

  1. 週末ファンタジー (Acoustic Version)

初回限定盤Type-A DVD

  • 「アルブスの少女」のMusic Video
  • 「ロックンロール顔ヨガ」メイキング
第4期 ビクターエンタテインメント
オリコン最高17位
9th (メジャー4th) 2017/09/06 ジェネレーションギャップ VIZL-1231: 初回限定盤Type-A
VIZL-1232: 初回限定盤Type-B
VICL-37304: 通常盤
  1. ジェネレーションギャップ
  2. Stay gold...
  3. タリナイヤ -2017ver.-

初回限定盤Type-A Photobook

初回限定盤Type-B DVD

  • 初の日比谷野外大音楽堂ワンマンライブ舞台裏
第4.5期 ビクターエンタテインメント
オリコン最高36位

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル
2014年2月24日 Delicious - NEXT STAGE
2018年1月17日 うんうんうんちくん
2021年6月9日 MindSet

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 メンバー 最高位
1st 2011年4月13日 Gacharic Spin 1st Anniversary LIVE〜衝撃!笑撃?SHOW劇〜完全版 DVD POBD-60390 第2期 175位
2nd 2013年10月23日 Delicious LIVE DVD DVD POBD-60475 第2.5期 146位
2013年11月20日 2DVD (限定盤〜可能な限り詰め込みました〜) POBD-69475~6 32位
3rd 2015年3月25日 ガチャレンジFINAL!! 2014〜お台場決勝戦〜 DVD VIBL-744 第3期 95位
Blu-ray VIXL-145
4th 2015年12月16日 赤裸ライアーTOUR FINAL!!!〜渋谷公会堂〜 DVD (通常盤) VIBL-788 第3期 42位
2DVD (初回生産限定盤) VIZL-910
5th 2017年2月22日 な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL DVD (通常盤) VIBL-831 第4期 13位
2DVD (初回限定盤) VIZL-1112
6th 2018年8月29日 TOUR 止まらない 2018 FINAL ~良い子(415)は真似しないでネ~ 2DVD VIBL-902~3 第4.5期 14位
7th 2020年1月22日 最高最強伝説 -10th Anniversary Special LIVE!!- Blu-ray VIZL-1692 第5期 23位

教則ビデオ[編集]

  • ゼッタイ弾ける!スラップ・ベース超入門 (ATDV-210 : 2010/02/25)
F チョッパー KOGAがインストラクターを務めるベース教則DVD
  • スラップ・ベース楽ちん☆フレーズ集 (ATDV-252 : 2011/09/10)
F チョッパー KOGAがインストラクターを務めるベース教則DVD第2弾
  • ゼッタイ叩ける!ツインペダル超入門 (ATDV-214 : 2010/08/27)
はながインストラクターを努めるドラム教則DVD
  • 一緒に弾ける!ロック・ギター超入門 (ATDV-226 : 2010/09/27)
TOMO-ZOがインストラクターを務めるギター教則DVD
  • Gacharic Spin LIVE & LESSON (ATDV-241 : 2011/04/03)
結成1周年記念のワンマンライブ (衝撃!笑撃?SHOW劇)の模様と楽器レッスン、ヴォーカル・コーナーを収録

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 メンバー 備考
2014年01月22日 ディズニー・ロックス!!! ガールズ・パワー! AVCW-63008 12.Beauty and the Beast[Beauty and the Beast]/ Gacharic Spin 第2.5期 Walt Disney Records

主なライブ[編集]

主なワンマンライブ・主催イベント[編集]

開催日 タイトル 備考
2009年10月8日 Gacharic Spin 初ツアー"Across The now!!"@名古屋 名古屋 ell.FITS ALL
2012年6月 「Super ガチャピ~ンチ!!」
2013年5月28日〜6月21日 Gacharic Spin レコ発"Delicious"TOUR
2013年7月15日 レコ発“Delicious”TOUR FINAL 渋谷O-EAST
2013年10月26日〜11月22日 4th Anniversary ガチ4~ピースの向こう側に在るもの~
2014年3月30日〜4月26日 僕だけのシンデレラ&WINNERリリースツアー「ガチャレンジ2014」
2014年5月17日〜8月2日 WWフェイス Gacharic Spin / LIGHT BRINGER / DOLL$BOXX
2014年6月7日 僕だけのシンデレラ&WINNERリリースツアー『ガチャレンジ2014』ファイナル 恵比寿 LIQUIDROOM
2014年10月5日 Gacharic Spin 5th Anniversary ガチャレンジFINAL!! ~お台場決勝戦~ Zepp DiverCity Tokyo
2014年10月14日〜10月22日 Gacharic Spin 5th Anniversary GACHALLENGE 「WINNER」 中国ツアー
2014年12月22日 「Lady's Go!!」名古屋編 名古屋 Electric LadyLand w/SHOW-YA
2015年3月1日〜5月3日 赤裸ライアーツアー
2015年5月3日 赤裸ライアーツアー FINAL 渋谷公会堂
2015年6月14日〜7月26日 GIRLS CONNECTION w/LAGOON
2015年9月6日〜10月4日 Gacharic Spin 6th Anniversary 2MAN TOUR
2015年10月11日〜11月29日 6th Anniversary ONEMAN TOUR
2015年11月29日 6th Anniversary ONEMAN TOUR FINAL ZeppTokyo
2015年11月7日 2015 Gacharic Spin Live in KOREA Vol.2
2015年12月19日 Gacharic Spin LIVE in Taipei
2016年4月30日〜5月28日 春のワンマンツアー「オレオさんの婚活ツアー'16春 ~新しい出会いを求めて~」
2016年5月28日 「オレオさんの婚活ツアー'16春 ~新しい出会いを求めて~」TOUR FINAL EX THEATER ROPPONGI
2016年7月12日 「Different Colors」 Gacharic Spin × Rayflower
2016年9月3日 「JUICY GIRLS」 w/ SORAMIMI / Caramel / たんこぶちん / がんばれ!Victory
2016年9月4日 「Different Colors」 Gacharic Spin × SHOW-YA
2016年9月5日〜9月11日 Gacharic Spin 7日間連続2マンライブ「な・な・なんと7日間!!!!!!!」 w/jealkb / モーモールルギャバン / アルカラ / METALLIC SPIN / heidi. / 生ハムと焼うどん / LINDBERG
2016年10月8日〜11月12日 ワンマンツアー「な・な・なんと7周年!!!!!!!」
2016年11月12日 ワンマンツアー「な・な・なんと7周年!!!!!!!」TOUR FINAL TOKYO DOME CITY HALL
2016年12月22日 「 F チョッパーKOGAバースデーライブ!! 」 名古屋 Electric LadyLand w/INKT
2016年12月26日 Gacharic Spin×大村孝佳 ねんねバースデーライブ!!
2017年2月25日 「WWフェイス」DOLL$BOXX × Gacharic Spin × Fuki Commune TSUTAYA O-EAST
2017年3月19日〜6月10日 ワンマンツアー「野音への道」
2017年5月28日〜6月3日 な・な・なんと7日間!!!!!!!~名古屋編~ w/THE イナズマ戦隊 / SAKANAMON / SEX MACHINEGUNS / The Winking Owl / LUNKHEAD / 田村直美 / ベイビーレイズJAPAN
2017年6月24日 Gacharic Spin Special Live ~2017春~ ライバー大宴祭 日比谷野外大音楽堂
2017年12月26日 ハピバ! Ohmura w/大村孝佳
2017年12月30日 SpecialLive〜2017冬〜ライバー大宴祭大阪編 大阪 umeda TRAD
2018年2月10日〜4月15日 TOUR 止まらない2018
2018年3月31日 ”JUICY GIRLS vol.8” w/HöLDERLINS / まなみのりさ / yucat / Special Guest : 寺田恵子(SHOW-YA)
2018年4月15日 「TOUR 止まらない2018」~良い子(415)は真似しないでネ~ TOKYO DOME CITY HALL
2018年7月29日 DOLL$ FESTA 川崎 CLUB CITTA w/DOLL$BOXX / Gacharic Spin / Fuki Commune / Unlucky Morpheus / 寺田リックスピン
2018年11月3日〜12月25日 TOUR 2018「Go Luck!」 (振替公演)
2018年12月23日 TOUR 2018「Go Luck!」FINAL TBS赤坂ACTシアター
2018年12月26日 ハピバ! Ohmura2018 w/大村孝佳
2018年12月30日 Special Live~ライバー大宴祭大阪編 Vol.2 大阪 umeda TRAD
2019年3月2日 Gacharic Spin Presents ~五番勝負~Vol.4 恵比寿 LIQUIDROOM w/鈴木このみ
2019年4月6日〜10月14日 ガチャっ10LIVE 2019
2019年10月5日 「ガチャっ10LIVE 2019」-TOUR SEMI FINAL- 大阪 松下IMPホール
2019年10月14日 「ガチャっ10LIVE 2019」-TOUR FINAL- 中野サンプラザホール
2019年12月24日 東京ドームファイナルキャノンボールワンマン
2019年12月22日 F チョッパー KOGA Birthday LIVE Electric Lady Land
2019年12月26日 ハピバ! Ohmura 2019 TSUTAYA O-WEST
2019年12月29日 Gacharic Spin Special Live ~ライバー大宴祭 大阪編 Vol.3~ BIGCAT
2020年1月4日 Gacharic Spin New Year Live「音始玉2020」 Veats Shibuya
2020年2月2日〜2月16日 Gacharic Spin 47都道府県TOUR「ROCKET SPIRITS」
2020年7月3日 飛び出す!ガチャピン!~おうちでライブ~ Veats Shibuya
2020年9月22日 Gacharic Spin LIVE 2020「Now or never!!~生ライブやります!心の距離は密でね~」 Electric Lady Land(二部制)
2020年10月8日 Gacha Chronicles 2009-2020~縁と縁で繋ぐ今~ オンラインライブ
2020年12月5日 Gacharic Spin 47都道府県TOUR ROCKET SPIRITS ~Restart!!念願の4/47 柏PALOOZA(二部制)
2021年1月10日 ROCKET SPIRITS Veats Shibuya
2021年6月20日 Gacharic Spin LIVE 2021「Dear_____ 」 EX THEATER ROPPONGI
2022年1月10日 「アンジーなりの成人式」~夢は口に出せば叶う!!~ Zepp Haneda TOKYO
2022年7月2日 Gacharic Spin LIVE 2022「☆G!G!G!PREMIUM!!」 豊洲PIT
2023年2月23日 Gacharic Spin LIVE 2023「タイトル未定」 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)

主な出演イベント[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • Gacharic Spin アンジェリーナ1/3の「アンジェネレーションラジオ」(2021年4月4日 - 2022年3月27日、ラジオ日本
  • 問わず語りの神田伯山(2022年4月8日、TBSラジオ)アンジェリーナ1/3のみ、新型コロナ陽性により休演した神田伯山の代役

インターネット[編集]

  • ニコニコ生放送「ガチャンネル」[1]

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ先
Don't Let Me Down TVアニメ 「ドラゴンボール改」 エンディング・テーマ (2015年4月 - 2015年6月) [28]
テレビ埼玉高校野球ダイジェスト2015」(第97回全国高等学校野球選手権埼玉大会)オープニング・テーマ[29]
シャキシャキして!! ハウスウェルネスフーズ「メガシャキ」CMソング [30]

書籍[編集]

エピソード[編集]

  • バンド名を略して「ガチャピン」と呼ぶことが多い。なお、結成当初のオフィシャルサイトでは「ガチャガチャな4人が作り出す高速スピンサウンド!」というフレーズが書き込まれていた。
  • 初代ボーカルのArmmyは、シングルのジャケットのイラストやグッズのデザインも担当していた[32]。また「Lock On!!」「雪泣く〜setsunaku〜メロディー」には通常版とは別に、デザイン違いのイラストによる限定版(ライブ会場やオフィシャルサイトの通販でのみ入手可能)がある。
  • 男性ファンの愛称は「ガッチャマン」、女性ファンの愛称は「ガチャピン子」と称されているが、これはArmmyが命名したものである[33]
  • ベースのF チョッパー KOGAとドラムのはなは、かつて「平安」というバンドを組んでいた[1]
  • 楽曲のほとんどはメンバー自身の手によるものだが、「BROKEN LOVER」は、F チョッパー KOGAが敬愛するベーシストIKUO[34]、また「ALIVE」は角田崇徳が作曲したものである。
  • CDデビュー以降の3枚のシングルとライブDVDの表ジャケットは、全てArmmyのイラストによるものだったが、ミニアルバム「Virgin-A」では、初めてメンバーの写真が使われている(裏ジャケットはArmmyのイラスト)。
  • パフォーマーや他のメンバーの振り付けは、当初はオレオレオナが担当していたが、2016年からは1号まいが行っていた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 訃報の際にかつての交際相手だったGALNERYUSSyuと共にユニットを組む段階であった事が明かされた[25][26]。Syuと共に製作していたデモ音源はYouTubeのTakaeの公式アカウントで配信されている[27]

出典[編集]

  1. ^ a b F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「メン募の件について☆」
  2. ^ F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「初テレビ出演!初めまして☆」
  3. ^ BLACK ANGELS ブラック・エンジェルズ公式サイト
  4. ^ 大人の音楽専門TV -MUSIC AIR-
  5. ^ TOMO-ZOのブログ「AKB48in西武ドーム☆」
  6. ^ Vo. Armmy脱退につきまして
  7. ^ F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「朗報」
  8. ^ F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「ツアーファイナル」
  9. ^ Japanimes/Parc des Expositions, Nimes France
  10. ^ F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「ファン感謝祭」
  11. ^ F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「Gacharic Spinメンバー公約!!!!!」
  12. ^ F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「ガチャレンジTOUR FINAL!!」
  13. ^ 音楽ナタリー Gacharic Spin, 10月にメジャーデビュー決定
  14. ^ a b Gacharic Spin パフォーマー2号ありさ卒業「学業に専念したい」
  15. ^ 新生Gacharic Spin パフォーマー3号ねんね加入&初陣となる全力エンタメめざましライブでどしゃ降りの雨止ます
  16. ^ Gacharic Spinからねんね卒業「オレンジ色に照らされた景色は私の心の燈火です」
  17. ^ Gacharic Spin F チョッパー KOGA『HAPPY VALENTINE!!』” (日本語). Gacharic Spin F チョッパー KOGAオフィシャルブログ「はじめの一歩から」by Ameba. 2019年4月7日閲覧。
  18. ^ Gacharic Spin、休業中のyuri(Dr.)が復帰! 結成記念日ライブ配信を発表 | OKMusic”. okmusic.jp. 2021年10月10日閲覧。
  19. ^ ご報告です” (日本語). Gacharic Spin(ガチャリックスピン) 公式ブログ. 2021年10月10日閲覧。
  20. ^ 第289回 邦楽編 ―― Gacharic Spin 最高最強のメンバーで超えてゆけ! - asobist.com”. www.asobist.com (2021年6月22日). 2021年10月10日閲覧。
  21. ^ a b PROFILE”. Gacharic Spin Official Site. Gacharic Spin. 2015年10月3日閲覧。
  22. ^ ※重大発表!(^^)” (2012年10月13日). 2015年10月17日閲覧。
  23. ^ Gacharic Spin初代ボーカルArmmyことTAKAEが急逝”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2015年10月18日). 2015年10月18日閲覧。
  24. ^ TAKAEITAより、ファンの皆様及び関係者の皆様へ” (2015年10月16日). 2015年10月17日閲覧。
  25. ^ SyuのFacebookアカウント 2015年10月16日
  26. ^ @Galsyumcr 2015年10月16日のツイート
  27. ^ Takae Ashitomi YouTube 公式アカウント
  28. ^ Gacharic Spin新曲は『ドラゴンボール改』ED ヒダカトオル楽曲提供”. ORICON STYLE (2015年3月9日). 2015年8月4日閲覧。
  29. ^ 第97回全国高校野球選手権埼玉大会-テレ玉-”. 2015年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月14日閲覧。
  30. ^ “Gacharic Spin、新曲「シャキシャキして!!」起用&メンバー出演CMが6/6放送開始・シングル発売記念イベントとCDショップ別特典も決定”. MUSICIAN-NET. (2016年6月6日). http://www.musicman-net.com/artist/57762.html 2016年6月6日閲覧。 
  31. ^ 宮古島撮り下ろしグラビアも!Gacharic Spin超入門書登場”. 音楽ナタリー (2016年2月9日). 2016年2月9日閲覧。
  32. ^ morph FreePaper No.78 Pick Up Artist「ガールズバンド“最強”を目指して」
  33. ^ F チョッパー KOGA オフィシャルブログ「ガチャピンスケジュール」
  34. ^ IKUOオフィシャルブログ「ライブ三昧!」

外部リンク[編集]

※はな・TOMO-ZOがTwitter、オレオレオナがFacebookを担当。