Rayflower

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rayflower
別名 レイフラワー
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 2010年 -
公式サイト Rayflower Official Web Site
メンバー 都啓一キーボード
Sakuraドラムス
IKUOベース
YUKIギター
田澤孝介ボーカル

Rayflower(レイフラワー)は、SOPHIA都啓一を中心に結成された日本ヴィジュアル系ロックバンド2009年に結成。

メンバー[編集]

概要[編集]

2009年、キーボード都啓一を中心に結成。アニメ主題歌の制作依頼を受けた都が、バンドスタイルでの楽曲制作を希望、まず公私ともに仲のいいドラマーSakuraに声をかけ、二人でメンバーを探して結成に至る。ギターのYUKIは都が、ベースのIKUOはSakuraが提案し、決定したが、曲ができたあともボーカルはしばらく決まらない日々が続いた。そんなある日、Sakura、都が参加した仙台のイベントライブに対バン相手として田澤が出演していたことをきっかけに、『ここにいるじゃん』とボーカル田澤の加入が決定、Rayflowerメンバー5人が揃うこととなる[1][2]

2010年5月26日、TVアニメ『裏切りは僕の名前を知っている』OP/ED主題歌である1stシングル『裏切りのない世界まで/蒼い糸』でメジャーデビュー

2014年から本格的にライブ活動を開始。同年8月24日、初の赤坂BLITZワンマン公演を成功させる。

2015年3月1日、Rayflower Official FC ”Shining GARDEN” 発足。

同5月5日、初の渋谷公会堂ワンマン公演を実施。

同10月21日、1stフルアルバム『Color & Play』をリリース。

その後も精力的にライブ・リリースを行い、2019年秋には現時点で最多である全国22都市を廻るツアーを実施。

10周年イヤーである2020年は新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響でライブの延期・中止に見舞われたが、9月20日には10周年記念公演を自身初の無観客有料配信にて開催予定。また、FC会員のリクエスト投票による再録ベストアルバムのリリースも決定(リリース日未発表)している。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 備考
1 2010年5月26日 裏切りのない世界まで/蒼い糸 TVアニメ『裏切りは僕の名前を知っている』OP & EDテーマ
2 2010年8月4日 イニシエ/絆 TVアニメ『裏切りは僕の名前を知っている』新OP & 新EDテーマ
3 2014年8月6日 U-TOPIA 2. CARDIO BURN
4 2015年4月22日 サバイヴノススメ 2. 哀しみのリフレイン 3. It's a beautiful day
5 2015年9月30日 彩戯心 2. Drift Imagination
6 2017年7月19日 Bloom Moment 2. Prisoner of evolution

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 備考
1 2010年9月15日 Flower Language 初回盤DVDに『裏切りのない世界まで』のPVなどが収録
2 2014年2月19日 Narcissus libraのセルフカバーを収録
3 2018年12月12日 ENDLESS JOURNEY 「Fellow Soldier」が『仮面ライダーブレイブ&スナイプ』主題歌
「螺旋のピース」が『コードギアス反逆のルルーシュIII皇道』挿入歌

アルバム[編集]

発売日 タイトル 備考
1 2015年10月21日 Color & Play 初のフルアルバム
2 2016年8月24日 TOUR 2015~Color & Play~
@品川ステラボール
初のライブアルバム
3 2017年9月26日 Brilliant Anthology 初回盤のみInstrumental CDと「Bloom Moment」Music Videoが収録されたDVDの3枚組
「Real Game」が『仮面ライダーエグゼイド』挿入歌
4 2019年5月21日 Rayflower TOUR 2018
〜Endless Journey〜
2018年12月27日(木)EX THEATER ROPPONGI公演より全10曲を収録したLIVE CD
TOUR 2019 “Re:〜Endless Journey〜”より、ライブ会場及びOfficial Web Shopにて販売開始

DVD[編集]

発売日 タイトル 備考
1 2014年12月10日 1st. ONE MAN LIVE at AKASAKA BLITZ
「SEED A GARDEN」
AKASAKA BLITZで行われたRayflower 1st.ワンマンLIVEを全曲収録
2 2016年5月5日 Rayflower 5th Anniversary 「Anthesis at GARDEN」 2015年5月5日に渋谷公会堂で行われたLIVEを収録
3 2018年6月27日 LIVE DVD
「TOUR “Brilliant Place” FINAL at 新木場 STUDIO COAST」
東京・新木場STUDIO COAST公演の模様を全曲収録

プロデュース[編集]

発売日 タイトル 備考
1 2013年6月下旬 libra 一番くじプレミアムコードギアス CODE BLACK in ASHFORD」のD賞、ステッカー付オリジナルCDに収録。
演奏はRayflower、歌っているのはルルーシュ役の福山潤である。

参加作品[編集]

発売日 タイトル アーティスト 参加楽曲
2017年9月13日 D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~ D’ERLANGER Dance naked,Under the moonlight.

主なライブ[編集]

ワンマン[編集]

  • Rayflower LIVE TOUR 2014
    初の東名阪ツアー。オープニングアクトあり[3]
  • Rayflower LIVE 2014 SUMMER
    初の赤坂BLITZワンマン。後に映像作品として発売。
  • Rayflower LIVE TOUR 2014『U-TOPIA』
  • Rayflower LIVE 2014 in SAPPORO
  • Rayflower LIVE 2014『WINTER』
  • Rayflower 5th Anniversary「Anthesis at GARDEN」
    初の渋谷公会堂ワンマン。後に映像作品として発売。
  • Rayflower TOUR 2015 ~Color & Play~
  • Rayflower TOUR 2015 ~Color & Play~ 特別追加公演
  • Rayflower TOUR 2016 ~Bloom Moment~
  • Rayflower TOUR 2016 ~Bloom Moment~ 特別追加公演
  • Rayflower TOUR 2017~2018 ”Brilliant Place”
    ツアーファイナル新木場STUDIO COAST公演を映像作品化し発売。
  • Rayflower TOUR 2018 ~Endless Journey~
  • Rayflower TOUR 2019 “Re:~Endless Journey~”
    全曲披露ツアー。
  • Rayflower TOUR 2019 ~One Side & One Side~
    全国22都市での公演。
  • Rayflower 10th Anniversary LIVE “Amazing Road”
    2020年5月17日予定→新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により延期→9月20日有料無観客配信として開催予定。

FC[編集]

  • Rayflower Official Fan Club “Shining GARDEN”「箱庭」(2015~)
  • ”Shining GARDEN”会員限定公開ゲネプロ
    Rayflower TOUR 2019 “Re:~Endless Journey~”
    Rayflower TOUR 2019 “~One Side & One Side~”
  • Official Fan Club “Shining GARDEN”限定 10th Anniversary SPECIAL ACOUSTIC LIVE TOUR 「Acoustical Night」
    新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響により開催見合わせ

イベント・対バン[編集]

  • 「SHIBUYA LIVE RALLY」 (2012)
  • Rayflower presents『Night which GLORIOUS』(2012~)
    主催対バンライブシリーズ。2018年にはVol.4を開催。
  • 「Different Colors」Gacharic Spin × Rayflower (2016)
  • 「AR Presents 【Beat -2016-】」
  • 「BOT FES 2018」
  • extreme the music -session4- (2019)
  • BAROQUE主催 BAROQUE×Rayflower 2MAN LIVE「kiss the sky Ⅰ」 (2019)
  • SHIN主催 SKULL HEADS SPEAKING vol.4 (2019)
  • “暗黒秋櫻”~全櫻澤公演 2019~ Sakura 50th Birthday Anniversary

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]