渡辺敦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 敦子
生誕 (1964-10-26) 1964年10月26日(54歳)
出身地 日本の旗 日本熊本県水俣市
ジャンル J-POP
職業 ベーシスト
東京スクールオブミュージック専門学校大阪スクールオブミュージック専門学校副校長
担当楽器 ベースコーラス
活動期間 1983年 -
共同作業者 伊藤浩樹
公式サイト http://atsuko-w.net/

渡辺 敦子(わたなべ あつこ、1964年10月26日 - )は、日本のミュージシャンプリンセス プリンセスリーダーベーシストとして活躍した。

人物[編集]

熊本県水俣市生まれ、千葉県育ち。千葉県立京葉高等学校卒業。

一番年上だからという理由でバンド結成(当初は赤坂小町と名乗っていた)時からリーダーを務め、落ち着いた雰囲気で人気を博した。

解散後はベースギターの教本の執筆や、バンド活動などをしていたが、現在は東京スクールオブミュージック専門学校[1]大阪スクールオブミュージック専門学校[2]の副校長として活動している。

2008年4月29日NAONのYAONに出演し、富田京子ZONEの元メンバー長瀬実夕舞衣子と4人でスペシャル・ユニット「ゾンプリ」を結成、パフォーマンスを披露した。

2012年1月、東日本大震災をきっかけとして震災からの復興支援の為、メンバーに自ら持ちかけて1年限定でプリンセス・プリンセスを再結成した。

2016年5月、千葉県市原市に児童発達支援・放課後等デイサービス施設の「ダイアキッズ」(DiA Kids)を開設する。

使用機材[編集]

  • フェンダー・ジャズ・ベース - デビュー当時から1987年頃まで使用。色は赤。
  • グレコ・フェニックス・ベース - 1987年ごろから使用。色は白や青など複数のベースを使用していた。後述のスペクター・NS-2がメインになると、TV出演時に主に使用された。
  • スペクター・NS-2 - 1989年ごろから使用され、再結成時にも使用されているメインベース。色はナチュラル(木目調、オイルフィニッシュ)。メイプルボディのスルーネック構造、EMG製のPJピックアップ搭載というスペックで、色は違うがBUCK-TICK樋口豊も、全く同じベースを同時期に使用していた(樋口のベースは黒色)。スペクターはそれ以外にも赤色のものを所有している。
  • スペクター・EURO4LX - 再結成時には前述のスペクター・NS-2とほぼ同仕様(NS-2がアメリカ製であるのに対して、こちらはヨーロッパ製。また、木材が異なっており(NS-2はメイプル、EURO4LXは表がメイプルで、裏材にアルダーが使われている)、指板のインレイの形状も異なる)のベースも新たに使われた。
  • グレコ・オリジナル・モデル - 「ATSUKO」の「A」の字を形取ったオリジナルモデル。TV出演時に主に使用。

書籍[編集]

  • PRINCESS PRINCESSでうまくなろう 入門 ロックベース 渡辺 敦子 1998年12月10日
  • いつも心にDIAMONDS 1999年6月20日 ビー・アール・サーカス

脚注[編集]

  1. ^ 講師紹介|東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校 2018年7月7日閲覧
  2. ^ 講師紹介|OSM 大阪スクールオブミュージック専門学校 2018年7月7日閲覧

外部リンク[編集]