樋口豊 (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
樋口 豊
出生名 樋口 豊
別名 U-TA
生誕 (1967-01-24) 1967年1月24日(52歳)
出身地 日本の旗 日本, 群馬県高崎市
学歴 群馬県立藤岡高等学校卒業
ジャンル ロック
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 1985年 -
2004年Wild Wise Apes
事務所 BANKER
共同作業者 BUCK-TICK
Wild Wise Apes
公式サイト U-TA web site [リンク切れ]
著名使用楽器
ゼマティス・B22MT MCPJ BLK
ジェームス・ジェマーソン

樋口 豊(ひぐち ゆたか、1967年1月24日[1] - )は、日本ミュージシャンロックバンドBUCK-TICKベーシスト。初期の頃は「U-TA」と表記されていた。群馬県高崎市出身。愛称は「ユータ」。

人物[編集]

  • BUCK-TICKのドラマーヤガミトールの実弟。
  • 初期には地元の先輩にあたる松井恒松BOØWY時代)のフォロワーとしてダウンピッキング一本を貫いていたが、アルバム『TABOO』の時期から指弾きもするようになる[2]。バンドの楽曲が16ビートの横ノリ主体になると、ヤガミトールとリズム隊二人でスタジオに篭り、猛練習に励んだと言う。
  • 過去1曲だけ作詞を担当したことがある(BUCK-TICK「UNDER THE MOON LIGHT」。8cmCDシングル『悪の華』#2)。
  • 人懐っこくよく喋る性格で、ライヴのステージでは観客に向かって手を振る等親しみやすいキャラクターで、俳優・スポーツ選手など交友関係も幅広い。BUCK-TICKでは中心人物である櫻井敦司今井寿があまり喋らないキャラクターなので、メジャーデビュー当初はバンドのスポークスマンとしての役割を務めていて、現在でも兄のヤガミトールとセットで雑誌やテレビ等のインタビューに駆り出されることが多い。
  • 1993年4月に奥野敦士原田喧太勝村政信松尾貴史川村かおりらとバンド「ポークソテーズ」を結成、NHKみんなのうたで「ハンバーグの作り方」(未リリース作品)が放送される。
  • 2004年に元ROGUE奥野敦士とユニットWild Wise Apesを結成し、アルバム『3rd world』(2004年7月28日 DDCF-2009)をリリース。
  • 姉が阪神タイガース佐野仙好選手と同級生であることから、小学生の時に佐野選手に会わせてもらったりサインボールをもらったり一緒に食事させてもらったりしたことから阪神タイガースファンになり、虎党歴は約40年になる[3]
  • 虎党であることから2017年12月、神戸のデイリースポーツ本社を訪れた[3]
  • インバウンド対応のBUCK-TICK 公式モバイルサイト「LOVE & MEDIA PORTABLE」内でブログを執筆している[4]
  • 阪神タイガース戦を球場で観戦中は、大声で選手の名前を呼び、六甲おろしを歌い、ホームランが出たら近くの人と気さくに笑顔でハイタッチしている[5]

連載[編集]

コラム
  • タイガース、今年こそ優勝だ!!(音楽と人2013年6月号[6] - )

著書[編集]

  • ユータ -A DAYS OF INNOCENCE-<タワーレコード限定> (2014年10月22日、音楽と人)[7]

イベント[編集]

  • 音楽雑誌『音楽と人』主催トークライヴ『僕たち、プロ野球大好きミュージシャンです!』(2017年3月 - 、ロフトプラスワン
    音楽雑誌『音楽と人』で連載中の、樋口豊が阪神タイガース愛をとことん語るコラム「タイガース、今年こそ優勝だ!」から派生したトークイベント[8]。司会:金光裕史(音楽と人編集部 編集長 / 阪神タイガース)。
    • 第1回 2017年03月08日 新宿ロフトプラスワン
    • 第2回 2017年11月08日 新宿ロフトプラスワン
    • 第3回 2018年03月08日 新宿ロフトプラスワン
    • 第4回 2018年11月08日 新宿ロフトプラスワン
    • 第5回 2019年03月14日 新宿ロフトプラスワン
登壇

脚注[編集]

  1. ^ PROFILE│ BUCK-TICK Official Website”. BUCK-TICK事務所BANKER. 2019年5月21日閲覧。
  2. ^ 「J-ROCK MAGAZINE」1996年7月号
  3. ^ a b 虎党歴40年…BUCK-TICK・樋口豊が念願のデイリースポーツ訪問”. デイリースポーツオンライン (2018年1月9日). 2019年5月17日閲覧。
  4. ^ PRESS RELEASE - BUCK-TICK オフィシャルWebサイト・ファンクラブ・モバイルサイト リニューアルオープン!全サイト海外対応可能に!!”. EMTG株式会社 (2018年7月2日). 2019年7月22日閲覧。
  5. ^ 音楽と人2019年6月号p37「樋口豊(BUCK-TICK)の阪神タイガース今年こそ優勝だ!!2019」第73回. 2019年5月10日閲覧。
  6. ^ 連載開始当初のコラムタイトルは「タイガース、今年は優勝だ! 2013」だった。コラムタイトルが若干変更になっても回は通算でカウントされている。
  7. ^ BUCK-TICK樋口、初の著書で波乱の半生告白”. 音楽ナタリー (2014年9月18日). 2018年10月12日閲覧。
  8. ^ 樋口豊(BUCK-TICK)、ウエノコウジ(the HIATUS)らがプロ野球愛を語るトークライブが開催”. SPICE (2018年2月2日). 2018年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]