BanG Dream!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BanG Dream!
ジャンル ガールズバンド青春
漫画:BanG_Dream! 星の鼓動
原作・原案など ナカムラコウ
作画 石田彩
出版社 ブシロードメディア
掲載誌 月刊ブシロード
発表号 2015年2月号 - 2016年1月号
その他 イラスト:ひと和
漫画:BanG Dream!
原作・原案など ストーリー原案:中村航
原作:ISSEN
作画 柏原麻実
出版社 ブシロードメディア
掲載誌 月刊ブシロード
発表号 2016年5月号 -
巻数 既刊1巻(2017年2月現在)
漫画:BanG Dream! よんこま ばんどりっ!
原作・原案など ストーリー原案:中村航
原作:ISSEN
作画 しろいはくと
出版社 KADOKAWAアスキー・メディアワークス
掲載誌 電撃G'sコミック
レーベル 電撃コミックスEX
発表号 2016年6月号 -
巻数 既刊1巻(2017年2月現在)
小説:B6小説単行本「BanG Dream! バンドリ」
著者 中村航
イラスト ひと和
出版社 KADOKAWA
発売日 2016年8月25日
巻数 既刊1巻(2017年2月現在)
漫画:BanG Dream! ガールズバンドパーティ! Roselia Stage
原作・原案など 原作:Craft Egg/ブシロード
作画 毒田ペパ子
出版社 オーバーラップ
掲載サイト コミックガルド
発表期間 2017年2月10日 -
アニメ
原作 ISSEN
(ブシロードOLM)
監督 大槻敦史
シリーズ構成 綾奈ゆにこ
キャラクターデザイン 仁多マツコ
音楽 Elements Garden
アニメーション制作 ISSEN × XEBEC
製作 BanG Dream! Project
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年1月21日 -
ゲーム:バンドリ! ガールズバンドパーティ!
ゲームジャンル リズム&アドベンチャーゲーム
対応機種 iOS 9.0以降、Android 4.4以上
開発・発売元 株式会社Craft Egg
メディア ダウンロード
プレイ人数 1人
発売日 2017年3月16日 -
キャラクターボイス あり
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメゲーム
ポータル 漫画アニメゲーム

BanG Dream!(バンドリ)は、月刊ブシロードで連載されている同名の漫画作品及びイラスト連載をもとにしたメディアミックスプロジェクトである[1]。プロジェクトの一環としてバンド形式の声優ユニットPoppin'Party」(ポッピン パーティー)および「Roselia」(ロゼリア)が活動している。

当初は『BanG_Dream!』とアンダースコアが含まれた表記だったが、現在は半角スペースに変更されている[注 1]

概要[編集]

月刊ブシロード2015年2月号[2]から2016年1月号[3]まで連載されていた漫画「BanG_Dream! [星の鼓動]」および同誌でのイラスト連載を主軸に展開するメディアミックス作品である[4]

メディアミックス展開としては、2017年1月にはアニメ化、2017年3月16日よりスマートフォン用のゲームアプリ「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」を配信。オフィシャルバンドスコアの他、コラボレーションモデルとしてESPにて楽器が、ONKYOではヘッドフォンが発売されている。

電撃G's magazine2015年6月号より『イラストストーリー連載』(イラスト:ひと和[1][5])の他、コミカライズ作品も連載中である(2017年3月現在。詳細は書籍参照)。

また、バンドスタイルの声優ユニットとして『Poppin'Party』および『Roselia』が活動している。キャラクターとリアルライブがリンクする! 次世代のガールズバンド・プロジェクト[注 2]と銘打って、各キャラクターを担当する声優が実際にバンドを組み、ライブでは作中キャラクターにちなんだ楽器を演奏している。

企画にブシロード、音楽・イベント制作およびマネージメントにブシロードミュージックが大きく関わる形となっている。なお、声優ユニットでの活動を柱のひとつとしてメディアミックス展開が行われるのは、Project MILKY HOLMESに続くものである[注 3]

歴史[編集]

メディアミックス展開について記載。声優ユニット『Poppin'Party』および『Roselia』の来歴はPoppin'PartyおよびRoselia項を参照。

2015年
  • 1月8日、『月刊ブシロード』2015年2月号より漫画『BanG_Dream![星の鼓動]』が連載開始[2][注 4]
  • 2月24日、公式Twitterが開設される。
  • 2月28日、愛美のワンマンライブで「BanG_Dream!」のメディアミックス作品の展開が初公開となる。
  • 4月30日、『電撃G's magazine』2015年6月号より『イラストストーリー』が連載開始[6][注 5]
  • 9月18日、ラジオ「BanG_Dream! RADIO!!!!!」放送開始[7]
2016年
  • 4月8日、『月刊ブシロード』2016年5月号[8]より漫画『BanG Dream!』連載開始。
  • 4月30日、『電撃G'sコミック』2016年6月号[9]より4コマ漫画『BanG Dream! よんこま ばんどりっ!』が連載開始。
  • 7月9日 - 10日、シンガポールで開催されたC3 CHARA EXPO 2016に出展。初の海外進出となった[10]
  • 8月25日、B6小説単行本「BanG Dream! バンドリ」が発売[11]
  • 10月3日、ラジオの番組名を「バンドリ!ポッピンラジオ!」に改称する[12]
2017年

ストーリー[編集]

小さい頃星の鼓動が聞こえたという少女、戸山香澄はキラキラドキドキするものを探していた。そんなある日、香澄が通学路を歩いていると、やじるしと星マークを見つける。やじるしをたどっていくと質屋まで導かれ、赤い星型のギター「ランダムスター」と質屋の娘・市ヶ谷有咲に出会う[17]。その後、ライブハウス「SPACE」へと有咲とともに行き、ガールズバンド「Glitter*Green」のライブを見た香澄はバンドを結成し「SPACE」でライブをすることを目指すようになる。

登場人物[編集]

作品媒体によってキャラクターの設定が一部異なっている。

Poppin'Party[編集]

「ポッピン パーティー」。略称「ポピパ」。香澄が中心となって結成されたバンド。メンバー全員が花咲川女子学園高校の1年生で、有咲以外みな同じクラスである。メンバーの苗字はすべて東京都新宿区の地名からとられている[注 6]

戸山香澄(とやま かすみ)[18]
- 愛美
誕生日 - 7月14日、クラス - 1年A組15番
花咲川女子学園高校1年生。『Poppin'Party』では、リズムギターボーカルを担当している。好きな食べものは白米フライドポテト。性格は文化祭実行委員に立候補するなど行動的でポジティブ。そのため、周りにいる有咲たちを巻き込むこともしばしば。また、スキンシップとして相手に抱きつくことが多々ある。
高校に入学し、キラキラでドキドキするものを探している中、有咲の家の蔵で真っ赤な星型のギターを見つけ、ガールズバンド結成を目指すようになる。
付属中学に通う明日香という妹がいる。
市ヶ谷有咲(いちがや ありさ)[19]
声 - 伊藤彩沙
誕生日 - 10月27日、血液型 - AB型、クラス - 1年B組
花咲川女子学園高校1年生。香澄たちとはクラスが異なり、『CHiSPA』の夏希と同じクラス。『Poppin'Party』では、主にキーボードを担当している。あんこ系のもの全般が好き。趣味は盆栽いじりとネットサーフィンというインドア派。寒いのは苦手[20]。要領がよく、学校を休みがちだが成績は優秀。しかし香澄と出会ってからは休まず学校に通っている模様。また、香澄との約束[注 7]により昼は外でバンドメンバーとともに昼食を食べている。
上記のように、あまり学校に行っていなかったため友達と遊んだりするなどの学生らしい経験をあまりしていない。そのため、香澄などがお泊まりなどの学生らしいことを提案する度に頰を赤らめて恥ずかしがったり、照れたりするため、沙綾たちによくからかわれている。
クラスでの挨拶は「御機嫌よう」と言うなど清楚なイメージで通している。そのため文化祭での劇ではお金持ちのお嬢様という役をやらされていた。
以前ピアノをやっていたが、中学受験を理由にやめてしまっている。
毒舌でよく香澄に突っかかるものの、本当は毎日自分に会いに来てくれる香澄と仲良くしたいと思っている。また、キーボードを買ったが香澄が相手にしてくれなかった時は拗ねるなど、素直ではない一面もある。また、沙綾と会った時真っ先に香澄のことを尋ねるなど何かと香澄のことを気にかけている。
香澄のギター「ランダムスター」は、質屋を営む有咲の家の蔵にあったもので、最初は渋っていたが、香澄のギターを大切にする気持ちを感じ、香澄に譲った。
牛込りみ(うしごめ りみ)
声 - 西本りみ
誕生日 - 3月23日、クラス - 1年A組1番
花咲川女子学園高校1年生。『Poppin'Party』では、ベースを担当している。使用しているピンク色のベースは、姉・ゆりのお下がり。授業中指名されると緊張してしまうほど、臆病で引っ込み思案な性格。また、中学生の途中まで関西にいたため、気をぬくと時々関西弁が出てしまい、口調もくだけた感じとなる。
入学式当日の香澄の底抜けに前向きな自己紹介を聞いて香澄のことが気になり始める。その後「SPACE」のステージに香澄たちと一緒にたちと『きらきら星』を歌ったことでライブの楽しさを知り、香澄たちのバンドに加わる。チョコレートが好きで常連の「やまぶきベーカリー」ではよくチョココロネを買って食べている。
バンド『Glitter*Green』のギターとボーカルを担当している牛込ゆりは実姉。
山吹沙綾(やまぶき さあや)
声 - 大橋彩香
誕生日 - 5月19日、クラス - 1年A組
花咲川女子学園高校1年生。『Poppin'Party』では、ドラムを担当している。付属中学から上がってきた。入学式の日に香澄と仲良くなり、香澄の良き相談相手となっている。
高校に通いながら実家のパン屋「やまぶきベーカリー」を手伝っており、常連のりみとも面識がある。また、小さい妹と弟がおりよく一緒に遊ぶなど仲はいい。
中学時代は夏希たちとガールズバンド『CHiSPA』のドラム担当として活動していた。しかし、ファーストライブの日に母親が倒れてしまいライブに出れなくなってしまう。そのためメンバーに迷惑をかけたくないとバンドから抜け、病弱な母親の手伝いをするようになる。
文化祭当日、母親が体調を崩してしまったため向かった病院で香澄たちの留守電を聞く。そして母親に「自分にも優しくして」と背中を押され、文化祭のライブに行くことを決意する。その後、香澄たちの演奏中に飛び入り参加し『STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜』を一緒に歌い改めて香澄たちのバンドメンバーとなる。
花園たえ(はなぞの たえ)
声 - 大塚紗英
誕生日 - 12月4日、クラス - 1年A組
花咲川女子学園高校1年生。『Poppin'Party』では、リードギターを担当している。食べることが好きで、肉とおしるこが好物。お気に入りのものは、お小遣いを貯めて買った青いギター。家族は父と母と20羽のうさぎ。メンバーからは「おたえ」と呼ばれている[注 8]
小学生の頃からギターの練習をしておりその腕前はかなりのもの。音楽が好きで、高校に入学してからはライブハウス「SPACE」でアルバイトをしている。
マイペースでかなりの天然。時折、予想だにしない行動をして周りを驚かせる[注 9]
SPACEでライブをしたいと言う香澄に対し「無理だと思う」と言い放つも、有咲の家の蔵でライブ(くらイブ)をしたことで香澄たちのバンドに加わることを決める。

Glitter*Green[編集]

「グリッター グリーン」。「グリグリ」の愛称で呼ばれている。Glitter☆Greenとも表記されることがある。香澄たちの先輩らが組んでいるバンドで、同級生を中心に人気がある。

牛込ゆり(うしごめ ゆり)
声 - 三森すずこ[21]
『Glitter*Green』のボーカル兼ギター[注 10]。牛込りみの姉であり、香澄たちの先輩にあたる。香澄の妹の明日香と同じ水泳部に所属しており、部長を務めている。
鵜沢リィ(うざわ りぃ)
声 - 橘田いずみ[21]
『Glitter*Green』のベースを担当。楽器店でバイトをしており、そこへギターを壊した香澄と有咲が駆け込んできたため2人とは面識がある。ぬいぐるみの「デべコ」がお気に入りでいつも一緒にいる。
鰐部七菜(わにべ なな)
声 - 佐々木未来[21]
『Glitter*Green』のキーボード担当。しっかり者で、生徒会長も務めている。
二十騎ひなこ(にじっき ひなこ)
声 - 徳井青空[21]
『Glitter*Green』のドラムを担当。普段はテンションが高いが、イメージが壊れるからとライブでは騒ぐことを止められている。店でもよく騒ぐためリィや店の人にはよく怒られている。また、人に独特のあだ名をつけている。[注 11]「ひなちゃんワールド」という独特の世界観を持っている。
よくバンドの相談に乗っている模様。そのため夏希とも面識があり、沙綾がバンドをやっていたことも知っていた。

CHiSPA[編集]

「チスパ」。夏希たちが組んでいるバンド。中学時代には『Poppin'Party』の山吹沙綾がドラム担当で所属していた。現在は沙綾の代わりに里実を新メンバーに加えて活動している。

海野夏希(うみの なつき)
声 - 福圓美里
花咲川女子学園高校1年生。沙綾の元バンド仲間の1人。沙綾からは「なつ」と呼ばれている。有咲とは同じクラス。
現在は新メンバーに里実を迎えてバンドを再結成している。文化祭のステージにも出場している。
バンドではギターボーカルを担当。
大湖里実(たいこ さとみ)
声 - 南早紀
花咲川女子学園高校1年生。沙綾の代わりに新しく加わったメンバーでドラムを担当。メンバーからは「さとちゃん」と呼ばれている。文華曰く「大人しいけど演奏は派手」。
川端真結(かわばた まゆ)
声 - 本泉莉奈
夏希のバンドでキーボードを担当。夏希とは別の高校に通っている。
森文華(もり ふみか)
声 - 朝日奈丸佳
夏希のバンドでベースを担当。夏希とは別の高校で、真結と同じ高校に通っている。

主要人物の関係者[編集]

ここでは主に上記の主要人物の親族及び関係者を紹介する。

戸山明日香(とやま あすか)
声 - 尾崎由香
香澄の妹で、香澄が通う花咲川女子学園の中等部に通っている中学3年生。水泳部に所属しているためゆりとは面識がある。香澄に溺愛されている。
中高一貫校のためそのまま上の高校に進学できるが、本人は外部進学を希望している。
戸山香織(とやま かおり)
声 - 篠原恵美
香澄の母親。
山吹亘史(やまぶき こうし)
声 - 鈴木琢磨
沙綾の父で「やまぶきベーカリー」の店主。
山吹千紘(やまぶき ちひろ)
声 - 山下まみ
沙綾の母親。体が弱く度々貧血に見舞われている。体調が良い日は沙綾とともに家事を行なっている。
山吹純(やまぶき じゅん)
声 - 岩田瑠依
沙綾の弟。香澄からは「じゅんじゅん」と呼ばれている。
山吹紗南(やまぶき さな)
声 - 佳穂成美
沙綾の妹。沙綾と純とよく遊んでおり、たまに遊びに来る香澄とも仲良くなり遊んでいる。
市ヶ谷万実(いちがや まみ)[注 12]
声 - 岡本茉利
有咲の祖母。有咲からは「ばあちゃん」と呼ばれている。初対面の香澄を家にあげてご飯を出すなど寛容な性格。
都築詩船(つづき しふね)
声 - 小山茉美
ライブハウス「SPACE」のオーナー。元々は全国ツアーライブを行うようなバンドのメンバーであったが、「ライブハウスは怖い」というイメージを払拭するためにガールズバンドのライブハウスを立ち上げる。
最初は誰でもライブができるようにしていたが、ある日とあるバンドがやり切らないままライブを終えてしまったのを見て「自分より音楽が好きな奴は(ステージに)上がりな!」と言い、それ以降オーディションという形で自分のライブハウスのステージに立つにふさわしいバンドかを見極めるようになる。
真次凛々子(まつぎ りりこ)
声 - 儀武ゆう子
ライブハウス「SPACE」で働いている人物。オーナーの詩船とも気兼ねなく会話をしている。

Poppin'Party[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
Poppin'Party
別名 ポピパ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
アニメソング
活動期間 2015年2月 -
レーベル ブシロードミュージック
2016年 - )
事務所 (愛美、伊藤、西本)
エースクルー・エンタテインメント(大塚)
ホリプロ(大橋)
公式サイト BanG_Dream!(バンドリ)公式サイト
メンバー 愛美(ギター・ボーカル)
伊藤彩沙(キーボード)
西本りみ(ベース)
大塚紗英(ギター)
大橋彩香(ドラム)

Poppin'Party(ポッピン パーティー)は、メディアミックス作品「BanG_Dream!」に登場する架空の5人組ガールズバンドおよび、そのキャラクターの声を担当する声優たちによる実在するバンド形式の5人組女性声優ユニット。略称「ポピパ[注 13]」。各メンバーが作中キャラクターにちなんだ楽器を演奏する[22]。楽曲はElements Gardenが提供している[23][24]

バンドスタイルの声優ユニット[1]2015年2月28日、愛美によるバンドプロジェクトとして発表。5月8日にバンド名「Poppin'Party」が公開された。2015年4月の下北沢公演から9月の神戸公演まで計4回ライブを行い、徐々にバンドメンバーが増えていく原作ストーリーをなぞるように[17]残りのメンバーを発表していった。

当作品に関する声優としての活動は、2015年9月、プロジェクト全般(兼4thライブ告知)のテレビCMが放映され、当時発表されていた4人がキャラクターの声をあてた。2016年2月発売のシングルで5人それぞれのボイストラックが収録された。2016年4月、5人がキャラクターの声をあてたプロジェクト全般のテレビCM新作が放映された。

メンバー[編集]

声優 キャラクター イメージカラー 担当  使用楽器     備考
愛美
(あいみ)[1]
戸山 香澄
(とやま かすみ)
ボーカル
ギター
レスポール・スペシャル
ESP ランダムスター・カスタム[25]
レスポールはこのプロジェクト以前から、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のライブやワンマンライブでも使用されている、ファンにはおなじみのギター。
伊藤彩沙
(いとう あやさ)[1]
市ヶ谷 有咲
(いちがや ありさ)
[注 14] キーボード ローランドJUNO-Di
タンバリン
楽器未経験からのスタートとなった。
西本りみ
(にしもと りみ)[1]
牛込 りみ
(うしごめ りみ)
ピンク ベース 赤いベース(メーカー名未公表)
ESP VP-B[25]
以前からギター・ベースの経験があり、「ミルキィホームズシスターズスカウトオーディション」の決勝ではギター弾き語りを披露した。このときのギターは赤のアイバニーズ・RG
大塚紗英
(おおつか さえ)[1]
花園 たえ
(はなぞの たえ)
リードギター ESP SNAPPER・カスタム[25] もともとシンガーソングライター志望で、路上ライブを通じてピアノギター弾き語りの経験があった。
大橋彩香
(おおはし あやか)[1]
山吹 沙綾
(やまぶき さあや)
イエロー ドラム Pearl 趣味・特技にドラム演奏を挙げており、以前から自身のソロ・アーティスト活動では楽曲のPVやライブイベントのステージで演奏を披露していた。

来歴(Poppin'Party)[編集]

声優ユニット『Poppin'Party』を中心に記述。『Roselia』の来歴はRoselia項を参照。

2015年[編集]

  • 2月28日、「愛美2nd LIVE 〜LOVE GENERATION〜」[注 15]にて、『月刊ブシロード』連載の漫画『BanG_Dream![星の鼓動]』がメディアミックス作品としての展開が初めて公開される。併せて、愛美がギターボーカルを担当するバンドの結成および1stライブ開催、公式ホームページ開催も告知された[26]
  • 4月18日、1stライブ『BanG_Dream! 1st Live 「春、バンド始めました!」』開催[5]西本りみベース担当、牛込りみ 役)、伊藤彩沙キーボード担当、市ヶ谷有咲 役)の追加メンバー入りが発表された[注 16]オリジナル曲「Yes! BanG_Dream!」収録CDが配布されている[5]
  • 5月8日、『月刊ブシロード』2015年6月号で、バンド名「Poppin'Party」が発表された[27][28]
  • 6月14日、2ndライブ『BanG_Dream! 2nd Live「楽器×女子=正義!」』開催。大塚紗英リードギター担当、花園たえ 役)の追加メンバー入りが発表された[注 17][23]
  • 8月15日、3rdライブ『BanG_Dream! 3rd LIVE「夏だ! バンおドリ!」』開催[29][注 18]
  • 8月21日、「しろくろフェス」に出演。イベント内で4thライブでドラムメンバーを発表予告、ラジオ番組が開始を告知した[30]
  • 9月18日、ラジオ「BanG_Dream! RADIO!!!!!」放送開始[7]
  • 10月11日、4thライブ『BanG_Dream! 4th Live「ようこそ! ぽっぴん☆PARTY!!!!!」』が開催。大橋彩香ドラム担当、山吹沙綾 役)の追加メンバー入りが発表された[31][注 19]。生産限定盤CD『Yes! BanG_Dream!』を発売[注 20][31]
  • 12月13日、「ミルキィホームズ Presents ブシロードライブ 2015」に出演[注 21]。イベント内で、新たなコミカライズ作品および4コマ漫画の連載開始、ラジオ番組のリニューアル。品川プリンスホテルでの単独ライブ「BanG_Dream! First☆LIVE Sprin' PARTY 2016!」の開催、2016年2月24日発売の1stシングルが告知された[32]

2016年[編集]

  • 2月24日、デビューシングル「Yes! BanG_Dream!」発売。
  • 4月24日、単独1stライブ[注 22]『BanG Dream! First☆LIVE Sprin' PARTY 2016!』が開催。[注 23][33]
  • 8月3日、2ndシングル「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」発売。
  • 8月27日、「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」に出演[注 24]。終演後にはBanG Dream!公式Twitterのフォロワー数が2万人を突破するなど、反響が寄せられた[34][35][36]
  • 10月3日、ラジオの番組名を「バンドリ!ポッピンラジオ!」に改称する[12]
  • 11月13日、単独2ndライブ『BanG Dream! Second☆LIVE Starrin’ PARTY 2016!』開催。
  • 12月7日、3rdシングル「走り始めたばかりのキミに/ティアドロップス」発売[注 25]オリコンチャートで最高10位にチャートインし、自身初となるTOP10入りを果たした[37]

2017年[編集]

  • 2月1日、4thシングル「ときめきエクスペリエンス!」発売。
  • 2月2日、テレビ番組「月刊ブシロードTV with BanG Dream!」放送開始[注 26]
  • 2月5日、単独3rdライブ『BanG Dream! 3rd☆LIVE Sparklin’ PARTY 2017!』開催[注 27]
  • 2月15日、5thシングル「キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜」発売。
  • 5月15日、6thシングル[注 28]発売予定。
  • 8月21日、単独4thライブを日本武道館で開催予定[38]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
CD+Blu-ray CD
1st 2016年2月24日 Yes! BanG_Dream! BRMM-10032 BRMM-10031 52位
2nd 2016年8月3日 STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜 BRMM-10045 BRMM-10044 27位
3rd 2016年12月7日 走り始めたばかりのキミに/ティアドロップス BRMM-10055 BRMM-10056 10位
4th 2017年2月1日 ときめきエクスペリエンス! BRMM-10065 12位
5th 2017年2月15日 キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜 BRMM-10066 11位
6th 2017年5月10日予定 タイトル未定 BRMM-10084 TBA

キャラクターソング[編集]

発売日 タイトル 規格品番 順位
2017年4月5日予定 TVアニメ「BanG Dream!」キャラクターソング Vol.1 戸山香澄 「どきどきSING OUT!」 BRMM-10077 TBA
未定 TVアニメ「BanG Dream!」キャラクターソング Vol.2 花園たえ - TBA
未定 TVアニメ「BanG Dream!」キャラクターソング Vol.3 牛込りみ - TBA
未定 TVアニメ「BanG Dream!」キャラクターソング Vol.4 山吹沙綾 - TBA
未定 TVアニメ「BanG Dream!」キャラクターソング Vol.5 市ヶ谷有咲 - TBA

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ 時期 収録作品
ときめきエクスペリエンス! アニメ『BanG Dream!』オープニングテーマ 2017年 シングル「ときめきエクスペリエンス!」
テレビ番組『月刊ブシロードTV with BanG Dream!』オープニングテーマ
キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜 アニメ『BanG Dream!』エンディングテーマ シングル「キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜」
テレビ番組『月刊ブシロードTV with BanG Dream!』エンディングテーマ

ライブ・コンサート[編集]

開催日 タイトル 会場/セットリスト
BanG_Dream!
1 2015年4月18日 BanG_Dream! 1st Live 「春、バンド始めました!」 下北沢GARDEN
2 2015年6月14日 BanG_Dream! 2nd Live「楽器×女子=正義!」 新宿LOFT
3 2015年8月15日 BanG_Dream! 3rd LIVE「夏だ! バンおドリ!」 duo MUSIC EXCHANGE
4 2015年10月11日 BanG_Dream! 4th Live「ようこそ! ぽっぴん☆PARTY!!!!!」 ディファ有明
BanG Dream!
1 2016年4月24日 BanG Dream! First☆LIVE Sprin'PARTY 2016! 品川ステラボール
2 2016年11月13日 BanG Dream! Second☆LIVE Starrin' PARTY 2016! TOKYO DOME CITY HALL
3 2017年2月5日 BanG Dream! 3rd☆LIVE Sparklin' PARTY 2017! TOKYO DOME CITY HALL
4 2017年8月21日予定 BanG Dream! 4th LIVE 日本武道館

参加イベント[編集]

テレビ番組[編集]

Roselia[編集]

Roselia
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
アニメソング
活動期間 2017年 -
レーベル ブシロードミュージック
2017年 - )
事務所 (相羽)
ELBS Entertainment(工藤)
スワロウ(遠藤)
株式会社S[注 32](櫻川)
アミュレート(明坂)
公式サイト BanG_Dream!(バンドリ)公式サイト
メンバー 相羽あいな(ボーカル)
明坂聡美(キーボード)
遠藤ゆりか(ベース)
工藤晴香(ギター)
櫻川めぐ(ドラム)

Roselia(ロゼリア)は、スマートフォン用アプリ「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」に登場する架空の5人組ガールズバンドおよび、そのキャラクターの声を担当する声優たちによる実在するバンド形式の5人組女性声優ユニットである[42]。所属レーベルはブシロードミュージック[43]。各メンバーは作中キャラクターにちなんだ楽器を実際に演奏する。

来歴(Roselia)[編集]

2016年9月17日、東京ゲームショウのブシロードブースにて、特別ゲストとして出演[42]

2017年2月5日、Poppin'Partyの単独3rdライブ「BanG Dream! 3rd☆LIVE Sparklin' PARTY 2017!」にシークレットゲストとして出演[44]

同年4月19日に1stシングル「BLACK SHOUT」が発売、同年6月30日に1stライブの開催がそれぞれ予定されている[45]

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 最高位
CD+Blu-ray CD
1st 2017年4月19日予定 BLACK SHOUT BRMM-10085 BRMM-10086 TBA

タイアップ曲[編集]

楽曲 タイアップ 時期
BLACK SHOUT ゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!!』関連曲 2017年

参加イベント[編集]

  • ミルキィホームズ&ブシロード10周年ライブ in横浜アリーナ(横浜アリーナ、2017年4月30日[40]

ラジオ[編集]

BanG_Dream! RADIO!!!!!」のタイトルで、2015年9月18日[7]から2016年9月26日まで、ラジオ大阪[要出典]響 - HiBiKi Radio Station-で隔週金曜日に配信された。

2016年10月3月よりタイトルを「バンドリ!ポッピンラジオ!」に改称し、ラジオ大阪では毎週日曜日[注 34][要出典]、響 - HiBiKi Radio Station-では毎週月曜日に放送されている[12]

メインパーソナリティーは、愛美(戸山香澄 役)[注 35][47]、伊藤彩沙(市ヶ谷有咲 役)。サブパーソナリティーは西本りみ(牛込りみ 役)、大塚紗英(花園たえ 役)、大橋彩香(山吹沙綾 役)。

書籍[編集]

漫画[編集]

BanG_Dream![星の鼓動](バンドリ スタービート)
月刊ブシロード2015年2月号[2]から2016年1月号[3]まで連載していた。原作はナカムラコウ、漫画は石田彩[1][5]が担当。
BanG Dream!(バンドリ)
月刊ブシロード2016年5月号[8]より連載中。ストーリー原案は中村航、キャラクター原案はひと和、原作はISSEN、漫画は柏原麻実が担当。既刊1巻。
電撃G'sコミック2016年9月号より月刊ブシロード掲載分が順次掲載されている[48]
BanG Dream! よんこま ばんどりっ!(バンドリ よんこま ばんどりっ)
電撃G'sコミック2016年6月号[9]より連載中。ストーリー原案は中村航、キャラクター原案はひと和、原作はISSEN、漫画はしろいはくとが担当[注 36]。既刊1巻。
BanG Dream! ガールズバンドパーティ! Roselia Stage(バンドリ ガールズバンドパーティ ロゼリアステージ)
コミックガルドにて2017年2月10日よりWeb漫画を連載中。原作はCraft Egg/ブシロード、漫画は毒田ペパ子が担当[15][16]
スピンオフ作品。ゲーム「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」に登場するユニット「Roselia」結成を描いたストーリー。

小説[編集]

B6小説単行本『BanG Dream! バンドリ』
KADOKAWAより2016年8月25日に発売された[11]。著者は中村航、イラストはひと和が担当。既刊1巻。
『BanG Dream!』プロジェクトとして月刊ブシロードおよび電撃G's magazineの紙面で掲載された記事も収録している。

スコア[編集]

  • 『BanG Dream!』オフィシャル・バンドスコア第一弾「Yes! BanG_Dream!」(2017年1月21日、リットーミュージック[13][14]
  • 『BanG Dream!』オフィシャル・バンドスコア第二弾「ときめきエクスペリエンス!」(2017年2月27日、リットーミュージック)[14]
  • 『BanG Dream!』オフィシャル・バンドスコア第三弾「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」(2017年3月11日、リットーミュージック)[14]
  • バンドリ! オフィシャル・バンドスコア(2017年4月26日予定、リットーミュージック)

テレビアニメ[編集]

2017年1月よりTOKYO MXほかにて放送中。また、AbemaTVにて地上波より先に先行放送、見返し放送を実施するほか、特番を放送している。

2017年2月5日、完全新作OVAの制作が発表された。Blu-ray Vol.7として2017年11月22日に発売予定[49][50]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ときめきエクスペリエンス!」[52](第1話、第2話、第4話 - 第7話)
作詞 - 中村航 / 作曲 - 上松範康 / 編曲 - 藤間仁 / 歌 - Poppin'Party
第3話、第8話では未使用。
エンディングテーマ「キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜」[52](第2話 - )
作詞 - 中村航 / 作曲・編曲 - 藤永龍太郎 / 歌 - Poppin'Party
第1話では未使用。
挿入歌
「Don't be afraid」(第1話、第2話)
作詞 - 織田あすか / 作曲・編曲 - 岩橋星実 / 歌 - Glitter*Green
きらきら星 〜はじまりのステージVer.〜」(第3話)
作詞 - 武鹿悦子 / 編曲 - 藤田淳平
「きらきら星」(第4話)
作詞 - 武鹿悦子
「私の心はチョココロネ」(第5話)
作詞 - 織田あすか / 作曲・編曲 - 藤田淳平
「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」(第8話)
作詞 - 中村航 / 作曲 - 上松範康 / 編曲 - 藤永龍太郎 / 歌 - Poppin'Party
アニメ用に再収録されたもの。

各話リスト[編集]

サブタイトルは「○○ちゃった!」の形式で統一されている。

話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
#1 出会っちゃった! 綾奈ゆにこ 大槻敦史 中野剛
大槻敦史
小島智加、水野辰哉、岸本誠司
河島久美子、谷口義明、長屋侑利子
新井達也
水野辰哉
谷口義明
#2 やっちゃった! 星野真 友田政晴 岡田万衣子、平山英嗣、渡辺佳奈子
田中誠輝、扇多恵子、小島智加
水野辰哉
#3 逃げちゃった! 中西やすひろ 中重俊祐 外山草 加藤はつえ、沓澤洋子、平馬浩司
岸本誠司、澤木巳登理、古川信之
石川健朝、松本昌代、新井達也
長屋侑利子、水野辰哉
水野辰哉
谷口義明
#4 怒っちゃった! 綾奈ゆにこ 中重俊祐 宮井加奈、星野玲香、石井ゆみこ 水野辰哉
#5 ドキドキしちゃった! 浅倉カイト 飯村正之 阿部加奈子、高橋慶江、朴旲烈
Oh yang hyun
水野辰哉
谷口義明
#6 作っちゃった! 中西やすひろ 星野真
羽原久美子
星野真 花上将吾、服部憲司、飯飼一幸
室山祥子、川村敏江、平野絵美
水野辰哉
谷口義明
水谷麻美子
#7 ケンカしちゃった! 吉川博明 川崎ゆたか
中野剛
小島智加、窪田康高、古川信之
岸本誠司、白井遥子、太田都
本田隆
#8 走っちゃった! 大平直樹 岡田万衣子、岡垣優、扇多恵子
佐野陽子、粟井重紀、小島智加

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[53]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [54] 備考
2017年1月21日 - 土曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都 製作委員会参加 / リピート放送あり
KBS京都 京都府
サンテレビ 兵庫県
AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
2017年1月23日 - 月曜 1:05 - 1:35(日曜深夜) テレビ愛知 愛知県
2017年1月24日 - 火曜 0:30 - 1:00(月曜深夜) テレ玉 埼玉県
火曜 2:00 - 2:30(月曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2017年1月25日 - 水曜 0:30 - 1:00(火曜深夜) BSフジ 日本全域 BS放送
2017年1月26日 - 木曜 1:00 - 1:30(水曜深夜) tvk 神奈川県
2017年1月28日 - 土曜 2:30 - 3:00(金曜深夜) ミヤギテレビ 宮城県
2017年4月7日 - 金曜 2:15 - 2:45(木曜深夜) 新潟総合テレビ 新潟県 [55]
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[53]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2017年1月21日 - 土曜 22:00 - 22:30 AbemaTV リピート配信あり
2017年1月28日 - 土曜 23:00 更新 バンダイチャンネル/GYAO!ストア
楽天ショウタイム/ひかりTV
HAPPY!動画/ビデオマーケット
週遅れ配信
2017年1月29日 - 日曜 12:00 更新 dアニメストア/U-NEXT/アニメ放題 都度課金、週遅れ配信

Blu-ray[編集]

発売日 収録話 規格品番
1 2017年5月24日予定 第1話 - 第2話 OVXN-0029
2 2017年6月21日予定 第3話 - 第4話 OVXN-0030
3 2017年7月26日予定 第5話 - 第6話 OVXN-0031
4 2017年8月23日予定 第7話 - 第8話 OVXN-0032
5 2017年9月27日予定 第9話 - 第10話 OVXN-0033
6 2017年10月25日予定 第11話 - 第12話 OVXN-0034
7 2017年11月22日予定 第13話・OVA OVXN-0035

サウンドトラック[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
CD+Blu-ray CD
2017年4月26日予定 TVアニメ「BanG Dream!」オリジナル・サウンドトラック BRMM-10078 BRMM-10079 TBA

特別番組[編集]

放送開始に先立ち、スペシャル番組「バンドリ!特BanG!」が4週連続で放送された[56]。出演はPoppin’Party。

また、第8話の翌週には、2月5日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催された「BanG Dream! 3rd☆LIVE Sparklin’ PARTY 2017!」の模様をダイジェスト放送する「BanG Dream! 3rd☆LIVE 特BanG!」が放送された[57]

タイトル 放送日時 放送局
「バンドリ!」特BanG!〜X’mas PARTY〜[注 37] 2016年12月24日 土曜 22:00 - 22:30 AbemaTV
「バンドリ!」特BanG!〜New Year PARTY〜 2017年1月1日 日曜 21:00 - 21:30 TOKYO MX
2017年1月2日 月曜 1:00 - 1:30 AbemaTV
「バンドリ!」特BanG!〜七草PARTY〜 各局放送開始日の2週前(1月7日以降) ミヤギテレビを除く放送全局
「バンドリ!」特BanG!〜Count Down PARTY〜 各局放送開始日の1週前(1月14日以降) 放送全局
BanG Dream! 3rd☆LIVE 特BanG! 第8話の翌週(3月18日以降) 放送全局
TOKYO MX 土曜 22:30 - 23:00枠
前番組 番組名 次番組
ろんぐらいだぁす!
(第1話 - 第10話)
BanG Dream!
-

ゲーム[編集]

バンドリ! ガールズバンドパーティ![編集]

スマートフォンiOSAndroid[58])用アプリバンドリ! ガールズバンドパーティ!』(ガルパ)として、ブシモより2017年3月16日配信開始[59]。ジャンルはリズムアドベンチャーゲーム。開発元はCraftEgg[60]

本作の為にPoppin'Party以外にもオリジナルキャラクターが設定されている。

登場人物[編集]

Poppin'Party[編集]

詳細は登場人物のPoppin'Party項を参照。

戸山香澄(とやま かすみ)
- 愛美
市ヶ谷有咲(いちがや ありさ)
声 - 伊藤彩沙
牛込りみ(うしごめ りみ)
声 - 西本りみ
山吹沙綾(やまぶき さあや)
声 - 大橋彩香
花園たえ(はなぞの たえ)
声 - 大塚紗英
Roselia[編集]

「ロゼリア」。姉妹関係にあたる宇田川あこと氷川紗夜を除き、メンバーの苗字は東京都港区の地名からとられている[注 38]

湊友希那(みなと ゆきな)Gt.&Vo.
声 - 相羽あいな
羽丘女子学園に通う2年生。音楽に非常にストイックで、父親の無念を晴らすためにFUTURE WORLD FES.の出場を目指す。
猫好きで、猫の話になると態度が軟化する。また、猫耳のような髪型(実際は星をイメージしている)の香澄を可愛いと思っている様子。
氷川紗夜(ひかわ さよ)Gt.
声 - 工藤晴香
花咲川女子学園の高校2年生。方向性が合わずバンドを抜けたところに友希那と会い、考え方が一致したことでバンドに加わる。
才能があり、練習すればなんでもできる妹の日菜にコンプレックスを抱いている。 しかし極端に仲が悪いと言うわけではなく、日菜が忘れた弁当を高校まで届けに行ったり、週末は買い物に行ったりと仲の良い一面も見受けられる。
犬好きで人参が苦手。
今井リサ(いまい りさ)Ba.
声 - 遠藤ゆりか
友希那の幼馴染で同じ高校に通う。
ダンス部所属で音楽からは離れていたが、友希那がバンドを組むと聞き、「そばにいて、友希那の笑顔をもう一度見たい」と思いバンドに加わる。
今時の女子高生のような雰囲気だが、筑前煮が好物など日本人風なところが多々ある。また、手先が器用で編み物やおかし作りなどもこなす。
宇田川あこ(うだがわ あこ)Dr.
声 - 櫻川めぐ
羽丘女子学園中等部に通う。Afterglowの巴の妹で中二病気味。
友希那の歌声に憧れ、何度も加入を頼み込み成り行きでリサとともに受けたオーディションで友希那と紗夜に認めてもらい、メンバーとなる。
白金燐子(しろかね りんこ)Key.
声 - 明坂聡美
花咲川女子学園に通う。あこの親友でよくオンラインネットゲームで遊んでいる。
小さい頃からピアノを弾いており、バンドのキーボードのメンバーを募集していることをあこから聞き自分も参加してみようと思い友希那たちのオーディションを受ける。そこでバンドの可能性を見出した友希那に認められメンバーとなる。
Afterglow[編集]

「アフターグロー」。商店街の幼馴染5人で結成されたバンド。メンバーの苗字は東京都渋谷区の地名からとられている[注 39]

美竹蘭(みたけ らん)Gt.&Vo.
声 - 佐倉綾音[61]
羽丘女子学園に通う1年生。モカとは5人の中で最も付き合いが長く、電話などをよくしている。
家の美竹家は華道の家柄で父親には家を継ぐよう言われているが、本人は5人でバンドを続けて行きたいと考えている。
Roseliaの友希那とは先輩後輩の関係にあたるが音楽に対する意識の違いからよく衝突を繰り返している。[注 40]
青葉モカ(あおば もか)Gt.
声 - 三澤紗千香[62]
羽丘女子学園高校に通う1年生。蘭とは付き合いが長く、蘭のフォローをすることもしばしば。やまぶきベーカリーの常連でもある。
ふわふわした性格だが、周りをよく見ておりメンバーの心境を考えた発言や行動をしている。
大食いでファストフード店のハンバーガーを10個余裕で食べるほど。
上原ひまり(うえはら ひまり)Ba.
声 - 加藤英美里[63]
羽丘女子学園高校に通う1年生でテニス部に所属。
おかし作りが得意でよくメンバーにクッキーなどを作って振舞っている。
よく「えいえいおー」と掛け声をかけたがるがメンバーとからは不評。
宇田川巴(うだがわ ともえ)Dr.
声 - 日笠陽子[64]
羽丘女子学園高校に通う。Roseliaの宇田川あこの姉。同じドラマーで商店街出身の沙綾とは面識がある。
頼まれたら断れない性格で、よく人の手伝いをしている。
羽沢つぐみ(はざわ つぐみ)Key.
声 - 金元寿子[65]
羽丘女子学園高校に通う。生徒会にも所属している。商店街にある羽沢珈琲店の娘で店の手伝いもたまにしている。
頑張り屋でメンバーの間では「つぐってる(頑張っている)」という造語が使われている。
Pastel*Palettes[編集]

「パステル パレット」。同じ事務所に所属のアイドルで結成されたバンド。メンバーの苗字は東京都中野区の地名からとられている[注 41]

丸山彩(まるやま あや)Vo.
声 - 前島亜美[66]
花咲川女子学園に通う2年生。元々はアイドル研修生で次のチャンスが無ければ卒業という時にバンドの企画を持ちかけられる。
本番前にはしっかり歌詞を全て覚えてくるなど非常に努力家。またアドリブが苦手なため、本番前には言うことを決めておいている。
氷川日菜(ひかわ ひな)Gt.
声 - 小澤亜李
花咲川女子学園高校に通う。Roseliaの紗夜の双子の妹。
才能があり練習をしなくても独特の感覚でなんとなくできてしまう。そのため感性が周りの人と若干ずれており、また練習の集合時間などにもルーズ。しかし現在は千聖の指導もあり改善しつつある。
白鷺千聖(しらさぎ ちさと)Ba.
声 - 上坂すみれ
花咲川女子学園の2年生で、幼少期から子役として活動していた。合理主義者で、失敗しない道を選ぶよう心がけている。
ハロー、ハッピーワールドの薫とは幼馴染。
ハロー、ハッピーワールドの花音とはクラスメイトで、オフの日はよく一緒にカフェなどに行くなど非常に仲がいい。
大和麻弥(やまと まや)Dr.
声 - 中上育実
羽丘女子学園高校の2年生。Pastel*Palettesの企画が持ち上がった時にドラムを担当するアイドルがいなかったため臨時で入っていたが、アイドルとして十分やっていける素質を持っていたため、そのままバンドのメンバーとなる。
「機材に囲まれているだけで幸せ」というほどの機械オタクで、機械の話になると時間を忘れてしまう。
若宮イヴ(わかみや いゔ)Key.
声 - 秦佐和子
花咲川女子学園高校に通っている。香澄のクラスメイト。「ブシドー」に憧れておりそのため甲冑や日本刀などに興味関心がある。華道部、剣道部、茶道部を兼部しており放課後はかなり忙しい。
日本人の父とフィンランド人の母を持つハーフで何事にも前向きに取り組む素直な性格。
ハロー、ハッピーワールド![編集]

こころが「世界を笑顔にする」という目的のために結成したバンド。ガールズバンドでは珍しくKeyではなくDJがいる。メンバーの苗字は東京都世田谷区の地名からとられている[注 42]

弦巻こころ(つるまき こころ)Vo.
声 - 伊藤美来[66]
花咲川女子学園高校の1年生。不思議な行動や言動から「花咲川の異空間」と呼ばれている。このような性格のため香澄、はぐみとは一瞬で意気投合した。
実は家は豪邸で、周りにはSPのような人がいるほど。
瀬田薫(せた かおる)Gt.
声 - 田所あずさ
羽丘女子学園高校の演劇部所属。整った顔をしており演劇の公演時だけでなくいるだけで女子たちが殺到するほど。
演劇でギターの経験はあり、こころにギターを頼まれた時は二つ返事でOKした。
よくシェイクスピアやゲーテの名言を口にするが、本人は意味をよくわかっていない様子。
Pastel*Palettesの千聖とは幼い頃からの知り合いで家族ぐるみの付き合いがある。
北沢はぐみ(きたざわ はぐみ)Ba.
声 - 吉田有里
花咲川女子学園高校の1年生。地元のソフトボールクラブのエースでキャプテン。また商店街の北沢精肉店の娘。
こころにベースを頼まれた時は、弦の本数がギターより一本少ないからという理由で承諾した。しかしやる気がないと言うわけではなく、ベースをもらってからはしっかりと練習していた。
松原花音(まつばら かのん)Dr.
声 - 豊田萌絵
花咲川女子学園高校の2年生。バンド内では常識人の部類に入り、美咲とともにメンバーをまとめるのに苦労している。しかし、周りを巻き込んで行動を起こせるこころをすごいとも思っている。Pastel*Palettesの千聖とはクラスメイト。
巻き込まれやすいタイプで、ドラムを辞めようとしていた時にこころと会い、成り行きでバンドメンバーとなる。
極度の方向音痴で迷う度に千聖や薫、美咲たちに助けられている。
ミッシェル/奥沢美咲(おくざわ みさき)DJ[67]
声 - 黒沢ともよ
花咲川女子学園高校に通う1年生。こころとは関わらないようにしていたが、たまたまバイトで商店街のマスコット「ミッシェル」の着ぐるみを着ていたところこころに捕まり、半ば強引にバンドメンバーとなる。最近はミッシェルでいることに慣れてしまい、商店街で子どもと会うと反射的に隠れてしまうほど。
その後こころに自分がミッシェルの中の人だと告白するも、花音以外にはミッシェル=美咲ということが通じず、文字通り「ミッシェルの中の人」ということでメンバーとなる(そのためこころ他2人はバンドメンバーは6人いるという認識になっている)。

使用楽曲[編集]

オリジナル曲[編集]
楽曲 作詞 作曲 備考
Poppin'Party
ときめきエクスペリエンス![68] 中村航 上松範康(Elements Garden) Poppin'Partyの4thシングル
アニメ『BanG Dream!』オープニングテーマ
キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜[68] 藤永龍太郎(Elements Garden) Poppin'Partyの5thシングル
アニメ『BanG Dream!』エンディングテーマ
Happy Happy Party![69] Poppin'Partyの5thシングルのカップリング曲
Yes! BanG_Dream![68] 上松範康(Elements Garden) Poppin'Partyのデビューシングル
ぽっぴん'しゃっふる[68] Poppin'Partyのデビューシングルのカップリング曲
夏空 SUN! SUN! SEVEN![68] Poppin'Partyの2ndシングルのカップリング曲
走り始めたばかりのキミに[68] Poppin'Partyの3rdシングル表題曲
ティアドロップス[68]
Afterglow
That Is How I Roll![68] 織田あすか(Elements Garden) 岩橋星実(Elements Garden) バンドリガールズバンドパーティ!オリジナル曲
Pastel*Palettes
しゅわりん☆どり~みん[68] 岩橋星実(Elements Garden) 末益涼太(Elements Garden) バンドリガールズバンドパーティ!オリジナル曲
Roselia
BLACK SHOUT[68] 織田あすか(Elements Garden) 上松範康(Elements Garden) バンドリガールズバンドパーティ!オリジナル曲
Re:birth day 藤永龍太郎(Elements Garden)
ハロー、ハッピーワールド!
えがおのオーケストラっ![68] 織田あすか(Elements Garden) 藤永龍太郎(Elements Garden) バンドリガールズバンドパーティ!オリジナル曲
カバー曲[編集]
楽曲 オリジナルアーティスト 作詞 作曲 備考
Poppin'Party
空色デイズ[68] 中川翔子 meg rock 齋藤真也
Alchemy[70] Girls Dead Monster 麻枝准
光るなら[71] Goose house
Little Busters![68] Rita 麻枝准
Afterglow
カルマ[68] BUMP OF CHICKEN 藤原基央
Butter-Fly[72] 和田光司 千綿偉功
Don't say "lazy"[68] 桜高軽音部 大森祥子 前澤寛之
Pastel*Palettes
secret base 〜君がくれたもの〜[68] ZONE 町田紀彦
ドリームパレード[73] i☆Ris 渡辺徹
森月キャス
渡辺徹
そばかす[68] JUDY AND MARY YUKI 恩田快人
Roselia
魂のルフラン[68] 高橋洋子 及川眠子 大森俊之
Hacking to the Gate[74] いとうかなこ 志倉千代丸
ETERNAL BLAZE[68] 水樹奈々 上松範康(Elements Garden)
ハロー、ハッピーワールド!
シュガーソングとビターステップ[68] UNISON SQUARE GARDEN 田淵智也
いーあるふぁんくらぶ[75] GUMI鏡音リン みきとP
シルエット[68] KANA-BOON 谷口鮪

コラボレーションモデル[編集]

ESP[編集]

ESP×バンドリ!コラボレーションモデルとして展開し、楽器は2017年2月5日予約開始(価格は税別)。ESPからの発表時点では、Pearlローランドからの発表は無い。

  • ESP RANDOM STAR Kasumi -LED-
    • 戸山香澄が劇中で使用するランダムスターと完全同仕様。指板のポジションマークにスターインレイと、ボディのスターにLEDが埋め込まれている。ピックアップはSeymour Duncan SH-1n(ネック)とSH-4(ブリッジ)。698,000円。
  • ESP RANDOM STAR Kasumi
    • 指板のスターインレイとボディのスターにLEDが埋め込まれていないモデル(スター自体はある)。498,000円。
  • BanG Dream! RANDOM STAR Kasumi
    • ESPブランドではない廉価版。58,000円。
  • ESP SNAPPER Tae
    • 花園たえが劇中で使用するスナッパーと完全同仕様。ピックアップはSeymour Duncan SSL-6(ネックとミドル)とSHR-1b(ブリッジ)。450,000円。
  • BanG Dream! SNAPPER Tae
    • ESPブランドではない廉価版。58,000円。
  • ESP VIPER BASS Rimi
    • 牛込りみが劇中で使用するヴァイパーベースと完全同仕様。ピックアップはSeymour Duncan SSB-4n(ネック)とSSB-4b(ブリッジ)。440,000円。
  • BanG Dream! VIPER BASS Rimi
    • ESPブランドではない廉価版。58,000円。
  • Poppin' Party キャラクターピック
    • ピックを使わない楽器の担当者も含め、全5種。
  • バンドリ!ギタークロス
    • 弦楽器3人のカラー(Kasumi Red、Tae Blue、Rimi Pink)由来の全3種。
  • バンドリ!ストラップ
    • ESPロゴと5つのスターがプリントされた、牛革製。

ONKYO[編集]

ハイレゾ対応ヘッドフォン「SE-MX8」を基にした、Pioneer SE-MX8-K Poppin' Partyモデル(全5種)。ハウジング部にキャラクターのイメージカラー、名前、担当楽器モチーフのデザインがあり、付属の専用キャリングポーチとヘッドホンスタンドにはキャラクターのシルエットも描かれている。オリジナル製品パッケージ。通販サイトONKYO DIRECTでの予約限定販売で、オンキヨー&パイオニアイノベーションズ株式会社の企画開発商品。25,000円(税・配送料込)。
e-onkyo musicでは、BanG Dream!(Poppin' Party)のハイレゾ音源を販売・配信している。

関連項目[編集]

  • イーエスピー - ギター・ベース・リードギターが同社製品でカスタマイズにも関与している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 楽曲「Yes! BanG_Dream!」にその名残がある。変更時期、理由等の詳細は不明。
  2. ^ CD等の販促キャッチコピー。
  3. ^ Project MILKY HOLMESの声優ユニット「ミルキィホームズ」の妹分ユニット「フェザーズ」の愛美と伊藤彩沙がPoppin'Partyに参加しているという繋がりもある。ただし、ミルキィホームズシスターズは全員「響」所属(公開オーディションは無所属で参加し、合格後響に新規所属という規定があるため、オーディション組の佐々木未来と伊藤彩沙はそれに従っている)であるのに対し、Poppin'Partyは、大塚紗英と大橋彩香が外部プロダクション所属である。公開オーディションも行っていない。
  4. ^ 先行する形で、『月刊ブシロード』2015年1月号(2014年12月8日発売)にイラストが公開された。
  5. ^ 『電撃G's magazine』書き下ろしで、『月刊ブシロード』のイラスト連載とは異なる。
  6. ^ このうち牛込りみは旧牛込区に由来し、花園たえの由来となった花園町は消滅しており、現在の新宿一丁目にあたる。
  7. ^ お昼を毎日一緒に食べることと、放課後蔵で練習を一緒にすることを条件に「ランダムスター」を譲るというもの。
  8. ^ これは、香澄が最初にそう呼んだことにより影響されたものである。本人は普通に「たえ」と呼んでほしいと思っているが、このあだ名を嫌がってはいない模様。
  9. ^ ランダムスターを持っている人は変態と思い込んでいるため、初対面の香澄に対し「変態」と言い放つ、など。
  10. ^ 1st Single CD「Yes! BanG_Dream!」収録の「ボーナストラック〜牛込りみ〜」では「ベースをやっている」と紹介されているが、公式サイトではGt.&Vo(ギター&ボーカル)と紹介されている。
  11. ^ キラキラ星の香澄ちゃん、花園ミステリアスたえちゃん、蔵弁慶の有咲ちゃんなど。
  12. ^ 2話のEDで市谷と表記されているが、これは誤りだと思われる。
  13. ^ ユニット名の発表直後は平仮名で「ぽぴぱ」としていたが、後に片仮名表記に変わった。
  14. ^ 「BanG Dream! First☆LIVE Sprin' PARTY 2016!」以降。変更理由不明。
  15. ^ 愛美のワンマンライブ。
  16. ^ 演奏された楽曲でオリジナル曲は一曲のみで、他は既存のアニソンのカバーであった。
  17. ^ 新曲が2曲披露され、オリジナル曲は3曲となった。
  18. ^ 新曲1曲を披露。
  19. ^ 新曲1曲を披露した。
  20. ^ 大橋以外の4人での制作、同ライブとブシロードライブ2015のみでの販売で市場流通はしていない。
  21. ^ Poppin'Partyが5人全員揃った状態での初ライブ。オリジナル曲に加え、アンコールではミルキィホームズとのコラボレーションで「正解はひとつ!じゃない!!」を披露した。
  22. ^ 過去4回の公演をリセットしている。
  23. ^ 新曲1曲を披露。ライブ内で2ndシングル「STAR BEAT!〜ホシノコドウ〜」の発売時期を発表した。
  24. ^ 「Poppin'Party from BanG Dream!」名義で出演し、5人全員で外部イベントは初となる。
  25. ^ 初の両A面シングル
  26. ^ 同番組のタイアップおよびコラボとなる。第1回目となる同日は"番組ジャック"と称して丸々バンドリ関連内容が特集された。
  27. ^ ゲーム版よりRoseliaがシークレットゲストで出演し、Poppin’Party同様にキャストによる生演奏を行った。
  28. ^ 両A面シングル
  29. ^ 「Poppin'Party from バンドリ!」名義で出演(愛美、大塚、伊藤)。ブシロードグループ以外で初のステージ出演。
  30. ^ Entertainment Stageで開催のBushiroad Special Stage、「BanG Dream!」パートに出演(愛美、大塚、西本、伊藤)。初の海外進出となった。
  31. ^ 「Poppin'Party from BanG Dream!」名義で出演(愛美、西本、伊藤)。
  32. ^ 2017年2月28日までフリーとして活動していた。
  33. ^ 2017年3月1日の改名以前は「桜川めぐ」名義[46]
  34. ^ radikoフリーでは関西一円で聴取可能だが、radikoプレミアムの場合に限り日本全国でも聴取できる。
  35. ^ バンドリ!ポッピンラジオ!より。
  36. ^ 公式SDイラストも担当。
  37. ^ 「X'」と書くのは間違いで「X」1文字が正しい。同様の間違いは至る所にある。
  38. ^ このうち湊友希那・今井リサの由来となった湊町と麻布今井町は旧町名で、湊町は現在の浜松町二丁目、麻布今井町は六本木二・三・四丁目にそれぞれあたる。
  39. ^ このうち美竹蘭・羽沢つぐみ・青葉モカの由来となった美竹町・羽沢町・青葉町は旧町名で、美竹町は現在の渋谷一丁目、羽沢町は広尾二 - 四丁目の一部、青葉町は神宮前五丁目・渋谷一丁目にそれぞれあたる。
  40. ^ しかしゲーム内では、2人の会話は比較的多く見受けられる。
  41. ^ このうち氷川日菜の由来となった氷川町は旧町名で、現在の東中野一・二・四丁目にあたる。
  42. ^ このうち瀬田薫の由来となった瀬田神奈川県川崎市高津区にもまたがっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト”. ブシロードオーバーラップ、BanG_Dream! Project. 2017年1月22日閲覧。
  2. ^ a b c 2015年2月号”. 月刊ブシロード - ブシロードがおくるコミック&TCG情報誌. ブシロードブシロードメディア. 2017年2月20日閲覧。
  3. ^ a b 2016年1月号”. 月刊ブシロード - ブシロードがおくるコミック&TCG情報誌. ブシロードブシロードメディア. 2017年2月20日閲覧。
  4. ^ BIOGRAPHY”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト. 2017年2月20日閲覧。
  5. ^ a b c d 君は伝説の始まりを見たか――? 熱狂、そして号泣の 『BanG_Dream!』1stライブをレポート!!”. 電撃G's magazine.com. アスキー・メディアワークス(KADOKAWA) (2015年4月30日). 2017年1月22日閲覧。
  6. ^ (NEWS)☆BanG_Dream! 新情報まとめ☆”. BanG_Dream!(バンドリ) 公式サイト. ブシロード (2015年4月21日). 2015年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  7. ^ a b c bang_dream_infoのツイート (643595574630051840)
  8. ^ a b 2016年5月号”. 月刊ブシロード - ブシロードがおくるコミック&TCG情報誌. ブシロードブシロードメディア. 2017年2月20日閲覧。
  9. ^ a b 注目の新連載『BanG Dream! よんこま ばんどりっ!』。電撃G’sコミック6月号掲載の第1話を少しだけご紹介! 一緒にキラキラドキドキしよ!”. 電撃G's magazine.com. 2017年2月20日閲覧。
  10. ^ C3 CharaExpo 2016”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト. 2017年3月21日閲覧。
  11. ^ a b 中村航先生書き下ろし!【BanG Dream!バンドリ】ノベル制作中♪”. 電撃G's magazine.com. 2017年2月22日閲覧。
  12. ^ a b c バンドリ!ポッピンラジオ!”. 響 - HiBiKi Radio Station -. 2017年2月22日閲覧。
  13. ^ a b 『BanG Dream!』オフィシャル・バンドスコア発売!”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト (2017年1月22日). 2017年2月25日閲覧。
  14. ^ a b c d BanG Dream!(バンドリ!)オフィシャル・バンドスコア”. リットーミュージック. 2017年2月25日閲覧。
  15. ^ a b BanG Dream! ガールズバンドパーティ! Roselia Stage|コミックガルド作品一覧”. OVERLAP. コミックガルド. 2017年2月21日閲覧。
  16. ^ a b bang_dream_gbpのツイート (830047138637713408)
  17. ^ a b 「スクフェス」に続く第2のヒットを”. 日経トレンディネット. 日経BP (2015年4月7日). 2017年2月25日閲覧。
  18. ^ [1] - BanG Dream! 公式サイトより。
  19. ^ [2] - BanG Dream! 公式サイトより。
  20. ^ 1st SingleCD「Yes! BanG_Dream!」収録「ボーナストラック〜市ヶ谷有咲〜」より。
  21. ^ a b c d TVアニメ『BanG Dream!』にミルキィホームズ4人が出演決定!”. 2017年2月22日閲覧。
  22. ^ 新メンバー! 新曲!! 新境地!!! 新たな扉を開く『BanG_Dream!』2ndライブをレポート”. 電撃G's magazine.com. アスキー・メディアワークス(KADOKAWA) (2015年6月29日). 2017年1月22日閲覧。
  23. ^ a b (NEWS)☆BanG_Dream! 新情報まとめ☆”. BanG_Dream!(バンドリ) 公式サイト. ブシロード (2015年6月14日). 2015年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  24. ^ 上松範康(Elements Garden)(@agematsu)の2015年4月18日のツイート2017年1月22日閲覧。
  25. ^ a b c Poppin'Party at 有明コロシアム”. ESP Official Blog. イーエスピー (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  26. ^ 愛美 (2015年3月1日). “アイラブ世代”. 愛美オフィシャルブログ Powered by Ameba. CyberAgent. 2017年2月25日閲覧。
  27. ^ 『「月刊ブシロード」2015年6月号』、ブシロード(発行元)、KADOKAWA(発売元)。
  28. ^ (NEWS)「月刊ブシロード6月号」にて『バンド名』を大発表!”. BanG_Dream!(バンドリ)公式サイト. ブシロード (2015年4月22日). 2015年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月25日閲覧。
  29. ^ BanG Dream!(バンドリ!)公式(@bang_dream_info)の2015年8月31日のツイート2017年1月22日閲覧。
  30. ^ a b BanG Dream!(バンドリ!)公式(@bang_dream_info)の2015年8月21日のツイート2017年1月22日閲覧。
  31. ^ a b (NEWS)BanG_Dream! 4thLive 開催レポート”. BanG Dream!(バンドリ) 公式サイト. ブシロード、バンドリ! プロジェクト (2015年10月12日). 2015年12月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月25日閲覧。
  32. ^ a b (*NEWS)ブシロードライブ発表速報!”. BanG_Dream!(バンドリ) 公式サイト. ブシロード、バンドリ! プロジェクト. 2015年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月22日閲覧。
  33. ^ 【8月3日(水)発売】バンドリ!「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」【2ndシングル】”. BanG Dream!(バンドリ) 公式サイト. ブシロード、バンドリ! プロジェクト (2016年4月25日). 2016年5月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月22日閲覧。
  34. ^ BanG Dream!(バンドリ!)公式(@bang_dream_info)の2016年8月28日のツイート2017年1月22日閲覧。
  35. ^ 齋藤光ニ(@SaitoPPP、アニサマジェネラルプロデューサー)の2016年8月27日のツイート2017年1月22日閲覧。
  36. ^ 都田和志(@kazushimiyakoda、エースクルーエンタテインメント(大塚紗英所属事務所)社長・アニメ企画協力)の2016年8月27日のツイート2017年1月22日閲覧。
  37. ^ バンドリ!「走り始めたばかりのキミに-ティアドロップス」【Blu-ray付生産限定盤】 Poppin’Party(戸山香澄(愛美)、花園たえ(大塚紗英)、牛込りみ(西本りみ)、山吹沙綾(大橋彩香)、市ヶ谷有咲(伊藤彩沙)) ORICON NEWS”. ORICON NEWS. 2017年3月3日閲覧。
  38. ^ BanG Dream! 4th LIVE”. BanG Dream!(バンドリ) 公式サイト. ブシロード (2016年2月5日). 2017年2月25日閲覧。
  39. ^ BanG Dream!(バンドリ!)公式(@bang_dream_info)の2015年9月19日のツイート2017年1月22日閲覧。
  40. ^ a b 出演者情報”. ブシロード10周年LIVE. 2017年3月7日閲覧。
  41. ^ BanG Dream!(バンドリ!)公式(@bang_dream_info)の2015年9月17日のツイート2017年1月22日閲覧。
  42. ^ a b 『バンドリ!』Roselia(ロゼリア)メンバー初顔出し!音楽にストイックな彼女らのストーリーは修羅場必至?【TGS 2016】”. ファミ通App. カドカワ (2016年9月18日). 2017年3月1日閲覧。
  43. ^ 【バンドリ!】Roselia 1st single 「BLACK SHOUT」発売決定!”. ブシロードミュージック (2017年2月25日). 2017年3月1日閲覧。
  44. ^ a b c d e f 伝説の幕開けは薔薇の刻印と共に……! 『バンドリ!』、8/21日本武道館ライブ決定”. マイナビニュース (2017年2月7日). 2017年3月1日閲覧。
  45. ^ BanG Dream!から生まれた新ガールズバンド「Roselia」待望の1stシングル・1stワンマンライブ決定!”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト (2017年2月24日). 2017年3月1日閲覧。
  46. ^ 櫻川めぐSTAFF‏ (@sakuragawa_megu) (2017年3月1日). “櫻川めぐ公式Twitter”. Twitter. 2017年3月21日閲覧。
  47. ^ 【インタビュー】BanG Dream!「Yes! BanG_Dream!」”. ローチケHMV. 2017年2月22日閲覧。
  48. ^ 電撃G’sコミック2016年9月号”. 電撃G's magazine.com. 2017年3月1日閲覧。
  49. ^ アニメBanG Dream!完全新作OVA制作決定&TVアニメBlu-ray Vol.7へ収録!新作OVA舞台挨拶付き先行上映会も決定!”. BanG Dream!公式サイト (2017年2月5日). 2017年3月14日閲覧。
  50. ^ BLU-RAY”. BanG Dream!公式サイト (2017年2月5日). 2017年3月14日閲覧。
  51. ^ ブシロードとOLMが新ブランド「ISSEN」スタート オリジナルアニメ開発で共同事業”. アニメ!アニメ!. イード (2016年7月7日). 2016年7月7日閲覧。
  52. ^ a b c d e f g h BanG Dream > 『バンドリ!』アニメ放送日時や4週連続特番情報を公開”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2016年12月8日). 2017年1月22日閲覧。
  53. ^ a b ON AIR”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト. ブシロードオーバーラップ、BanG_Dream! Project. 2017年1月3日閲覧。
  54. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  55. ^ BanG Dream!”. NST Niigata Smile TV. 2017年3月11日閲覧。
  56. ^ (NEWS)スペシャル番組「バンドリ!特BanG!」4週連続で放送決定!”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト. ブシロードオーバーラップ、BanG Dream! Project (2016年12月7日). 2017年1月3日閲覧。
  57. ^ (NEWS)「BanG Dream! 3rd☆LIVE Sparklin’ PARTY 2017!」TV放送決定!”. BanG Dream!(バンドリ!)公式サイト. ブシロードオーバーラップ、BanG Dream! Project (2017年2月27日). 2017年3月13日閲覧。
  58. ^ 【TGS 2016】「バンドリ!」のゲームアプリが電撃発表! Poppin'Partyのメンバー勢揃いのステージをレポート”. Gamer. イクセル (2016年9月15日). 2016年9月15日閲覧。
  59. ^ NEWS”. BanG Dream!(バンドリ)ガールズバンドパーティ! (2017年3月16日). 2017年3月16日閲覧。
  60. ^ ガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!(バンドリ!)』のリズム&アドベンチャーがブシロードから【TGS 2016】”. ファミ通App. カドカワ (2016年9月15日). 2016年9月15日閲覧。
  61. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2016年12月7日のツイート2017年1月22日閲覧。
  62. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2016年12月8日のツイート2017年1月22日閲覧。
  63. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2016年12月9日のツイート2017年1月22日閲覧。
  64. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2016年12月10日のツイート2017年1月22日閲覧。
  65. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2016年12月11日のツイート2017年1月22日閲覧。
  66. ^ a b バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2016年12月7日のツイート2017年1月22日閲覧。
  67. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2016年11月23日のツイート2017年2月6日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u MUSIC”. バンドリ! ガールズバンドパーティ!. ブシモ (2017年3月16日). 2017年3月18日閲覧。
  69. ^ 5thシングル「キラキラだとか夢だとか 〜Sing Girls〜」収録曲が判明!”. バンドリ!ガールズバンドパーティ公式アカウント. 2017年2月15日閲覧。
  70. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2017年2月2日のツイート2017年2月11日閲覧。
  71. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2017年2月24日のツイート2017年2月26日閲覧。
  72. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2017年2月16日のツイート2017年2月18日閲覧。
  73. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2017年2月9日のツイート2017年2月9日閲覧。
  74. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2017年2月5日のツイート2017年2月11日閲覧。
  75. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!(@bang_dream_gbp)の2017年2月23日のツイート2017年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]