武蔵野の森総合スポーツプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武蔵野の森総合スポーツプラザ
Musashino-no-mori Sports Plaza.jpg
武蔵野の森総合スポーツプラザの位置(多摩地域内)
武蔵野の森総合スポーツプラザ
施設情報
所在地 日本の旗東京都調布市飛田給一丁目1番地の41外
位置 北緯35度39分53.4秒
東経139度31分26.4秒
座標: 北緯35度39分53.4秒 東経139度31分26.4秒
開場 2017年11月25日
所有者 東京都
運用者 東京スタジアムグループ(東京スタジアム、京王設備サービスシミズオクト東京ビジネスサービス東京ドームスポーツ
建設者 竹中奥村株木白石東起業JV(メインアリーナ)
鹿島東急TSUCHIYA京急JV(サブ)
使用チーム、大会
収容能力
10,000人
アクセス
京王線飛田給駅から北へ徒歩約5分

武蔵野の森総合スポーツプラザ(むさしののもりそうごうスポーツプラザ)は、東京都調布市に所在する屋内体育館および屋内プールである。

概要[編集]

東京スタジアム(味の素スタジアム)に隣接しており、2013年のスポーツ祭東京2013(第68回国体第13回障スポ大会)ではゆりーと広場として利用されていた場所で、大会後に着工され、2017年11月25日に完成した。

施設は、メインアリーナ、サブアリーナ、プールが備えられている。

メインアリーナは、体育館は最大1万人収容で、2020年の五輪ではバドミントン近代五種のフェンシング、パラリンピックの車いすバスケットボールの会場として使用される[1]

2018年には皇太子同妃雅子を迎えて第42回全国育樹祭の式典行事が開催された。

メインアリーナのこけら落としの興行として、2017年12月9日・10日にJYJキム・ジェジュンのアジアファンミーティングツアーが開催された[2]。その後、スポーツイベントのこけら落とし興行として、2018年平昌オリンピック出場選考会を兼ねた第86回全日本フィギュアスケート選手権[3]、また、コンサート等の本格的な音楽イベントとしてのこけら落とし興行として、2018年1月20日、21日に吉川晃司の公演が開催された[1][4]

2018年度と19年度には改修工事を行う東京体育館に代わって全国高等学校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)、全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)、全日本全世界空手道選手権(フルコンタクト)の会場に使用される予定。

脚注[編集]

外部リンク[編集]