大河内卓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおこうち たくや
大河内 卓哉
別名義 ドクター・オー(どくたー・おー)
職業 プロデューサー
ジャンル ゲーム
活動期間 2009年 -
公式サイト Twitter
主な作品

テレビ
ヴァンガードTV』(解説


ラジオ
カードファイト!! ヴァンガード ラジオ』(解説)


ゲーム
カードファイト!! ヴァンガード』(宣伝プロデューサー)
モンスターコレクション』(プロデューサー
リネージュM』(日本版プロジェクトプロデューサー)
テンプレートを表示

大河内 卓哉(おおこうち たくや)は、日本プロデューサー実業家学位学士デジタルハリウッド大学2009年)。ドクター・オー(どくたー・おー)名義での活動も行っている。株式会社アソマナビ代表取締役社長(初代)、株式会社ブシロードを経て、2015年よりフリープロデューサーとして活動(ドクター・オー名義の活動は継続)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京都江東区出身。東京学芸大学附属竹早小学校、中学校卒業。デジタルハリウッド大学に入学し、デジタルコミュニケーション学部にて学んだ。大学1年生にして起業するなど[1]起業家としても在学中から積極的に活動していた。デジタルハリウッド大学デジタルコミュニケーション学部教授飯田和敏の門下となり、飯田のゼミに所属した[2]。卒業制作では優秀作品に選出され、デジタルハリウッド大学の学長である杉山知之より表彰された[2]。また、卒業に際し、起業した会社の社長の座を退任し、後任には同期の大久保彰人が就任した[3]

プロデューサーとして[編集]

大学卒業後は、バンダイナムコゲームスに入社[4]。入社後は、アミューズメント筐体『機動戦士ガンダム 戦場の絆』などを担当。その後、ブシロード社長の木谷高明に見出され、ブシロード入社。同社が展開するメディアミックス企画ヴァンガードプロジェクト」の宣伝プロデューサーに抜擢された[5][6]

特にトレーディングカードゲームカードファイト!! ヴァンガード』では広報や宣伝だけでなく、立ち上げ時には開発の一員としても参加している。

必然的に、同プロジェクトに関連する番組への出演は多岐にわたり、BSジャパンで放送された『ヴァンガードTV』では、レギュラー出演者として『ヴァンガード』の解説を担当[7]。同様に、が運営するウェブサイトHiBiKi Radio Station」にて配信された『カードファイト!! ヴァンガード ラジオ』でも、同様にレギュラー出演者として「ヴァンガード」の解説を担当した。両番組とも、声優橘田いずみ森嶋秀太と共演している。

2011年 トレーディングカードゲーム『モンスターコレクション』の販売元が、ブロッコリーからブシロードに変更されることにともない、ブシロードにて『モンスターコレクション』のプロデューサーに就任した[8][9]

2015年 ブシロードを退社。主にイベントや動画配信番組にて、司会やゲーム解説などドクター・オーとしての仕事のみ継続しつつ、以降フリープロデューサーとして活動している。

2015年 絵梦株式会社(日本法人)設立に協力。後に執行役員就任、 イベントや「一人之下 the outcast 放送直前スペシャル」に出演。のち2017年退任

2019年 2月、かねてより、エヌシージャパン株式会社にてスマートフォン向けMMORPG「リネージュM」(日本リリース予定は同年5月)のプロジェクトプロデューサーに就任していることが発表される。[10][11]

人物[編集]

カードゲーム
ツイッタープロフィールでは「カードファイト!! ヴァンガードに全てを捧げた男…ドクター・オーです!」[12][13]と名乗っており、ヴァンガードに限らずカードゲーム全般に広い知識と情熱を持っている。
大学当時、百年戦争モチーフとしたカードゲームを自ら制作し、「はんどれ! 〜The Hundred years War〜」と命名し卒業制作展に出品した[1][2]。この作品は極めて高い評価を得たことから、優秀作品として選出された[1][2]。 また、デジタルトレーディングカードゲームにおいても、闘会議2017にて行われた「CODE OF JOKER Pocket」(開発・配信:セガ・インタラクティブ)全国大会「闘会議カップ決勝大会」に、選手名[おーさん(:3]として出場。一般予選会から勝ち上がり、優勝[14]している。

ゲーム

コンシューマ、ソーシャルを問わず、様々なジャンルをプレイするゲーマーである。
2013年のインタビューでは[15]学生時代よりかなりのプレイ時間を誇るゲーマーである旨答えたうえで「それでも最近は丸くなった」と評している。
2019年のインタビューでは[16]年間150本前後プレイしている。得意不得意はあるが、最近は仕事のこともあり、好き嫌いなく触るようにはしている。好きなジャンルはファンタジー系のMMOで、移動中にもスマホを触っている事が多い旨を答えている。

同級生

大学時代を振り返り、よかった点として「様々な視点を持ったクリエイター仲間達が出来たこと」[2]を挙げている。なお、『東京オンリーピック』で「男子ヒューマニズム」を共同制作した澤田裕太郎や、『呪怨 パンデミック』で助監督を務めた太田健亮らは、大河内の同期に当たる[1]
料理
インターネットテレビ番組の『ブシナビ』に出演した際、司会のあきもとから「じゃあ最後に、大河内さん、お勧めの烏賊料理を一点」[17]と突然質問された。困惑しながらも「私は……オムライスが好きだぞ!」[17]と回答したところ、あきもとから「可愛い」[17]と評された。
また、大河内は料理自体も得意とする。ラジオで共演するパーソナリティらに対して、手作りのケーキを振る舞うほどの腕前である[18]バレンタインデーの思い出を聞かれた際には、「チョコレートは、だいたいあげる側」[18]と述懐している。
別名
『ヴァンガードTV』や『カードファイト!! ヴァンガード ラジオ』に出演する際は、「ドクター・オー」を名乗って登場している。名前の由来は、若かりしころの大河内の知能指数が140以上だったことに因んでおり、ブシロード社長の木谷高明が「ドクター」と命名した[19]。また、視聴者からは、衣装の見た目より、敬愛を込めてイカちゃんと呼ばれることもある。
ただ、ドクター・オーとして出演している番組内においても、ブシロードの従業員からは本名で「大河内さん」[17]と呼ばれることも多い。また、『カードファイト!! ヴァンガード ラジオ』においては、聴取者から「ドクター・オーって何者なんですか?」[20]「『オー』って、やっぱり何かのイニシャルなんすか?」[20]との質問が寄せられ、それに対してパーソナリティの橘田いずみが「『大河内』だよ」[20]と即答し、大河内が慌てて「惑星クレイから来た、ヴァンガードに全てを捧げた男ですよ!」[20]と訂正する一幕もあった。
また、アニメ『カードファイト!! ヴァンガード』には、大河内をモデルとするキャラクター「ドクター・オー」が登場する[21][22][23][24]。なお、ドクター・オーの声は、大河内本人ではなくTheマッシュが演じた[22]。初登場に際して、『カードファイト!! ヴァンガード』の製作総指揮と原案を担当する木谷高明は、大河内に対して「アニメデビュー! おめでとう!」[23]とのメッセージを贈っている。これを受け、大河内は謝辞を述べたうえで「ヴァンガードチーム・スタッフの皆様に感謝です!」[24]とのコメントを発表している。

出演[編集]

テレビ[編集]

インターネットテレビ[編集]

  • 週刊ヴァンガ情報局(2018年版)(2018年5月8日 - 、ニコニコ生放送)
  • 話せる島通信(2019年4月25日・5月10日- 不定期、YouTubeLivePeriscopeTwitter))
  • リネージュM公式生放送「アデン大陸ガイド」(2019年5月22・27日-不定期、YouTubeLive・Periscope(Twitter))
  • RADIO 4Gamer Tap(仮)第117回「Lineage M」(2019年6月11日、Youtube)

インターネットラジオ[編集]

作品[編集]

カードゲーム[編集]

ソーシャルゲーム[編集]

  • リネージュM(2019年 - ) - 日本版プロジェクトプロデューサー

出典[編集]

  1. ^ a b c d 前田勉「デジハリ、次世代トップクリエイターの作品を展示――『第1回卒業制作展』」『【レポート】デジハリ、次世代トップクリエイターの作品を展示 -「第1回卒業制作展」 | クリエイティブ | マイコミジャーナル毎日コミュニケーションズ2009年3月6日
  2. ^ a b c d e 「優秀作品発表会――ゲーム」『ゲーム優秀作品 | 第1回卒業制作展【デジタルハリウッド大学】デジタルハリウッド大学
  3. ^ 杉山知之「大学一期生とミーティング」『校長日記 デジタルハリウッド大学・学長ブログ2008年11月12日
  4. ^ 「先輩から後輩に、就職活動アドバイス!」『デジタルハリウッド大学|ブログ』デジタルハリウッド大学、2009年5月21日
  5. ^ 佐藤和也「DAIGOさん登場&ソーシャルゲーム化を発表――TCG『カードファイト!! ヴァンガード』プレスカンファレンスを実施」『DAIGOさん登場&ソーシャルゲーム化を発表--TCG「カードファイト!!ヴァンガード」プレスカンファレンスを実施 - GameSpot Japan朝日インタラクティブ2010年12月17日
  6. ^ 「2011年の新TCGの全貌が明らかに! 『カードファイト!! ヴァンガード スペシャルカンファレンス』レポート! アニメ版キャストや、JAM Project、麻生夏子さん、DAIGOさんも登壇!」『「カードファイト!!ヴァンガード スペシャルカンファレンス」レポ - ニュース - アニメイトTVフロンティアワークス2010年12月20日
  7. ^ 「総合情報番組『ヴァンガードTV』とは?」『情報番組『ヴァンガードTV』 | 「カードファイト!! ヴァンガード」 公式ポータルサイト』ブシロード。
  8. ^ 「ブシロード発表会をレポ! 『モンコレ』に『ゴッドイーター』がゲスト参戦!!」『ブシロード発表会をレポ! 『モンコレ』に『ゴッドイーター』がゲスト参戦!! - 電撃オンラインアスキー・メディアワークス2011年5月15日
  9. ^ Chihiro「あの『モンスター・コレクション TCG』がブシロードで再始動。『GOD EATER』とのコラボも発表された『ブシロード戦略発表会 2011(夏)』レポート」『4Gamer.net ― あの「モンスター・コレクション TCG」がブシロードで再始動。「GOD EATER」とのコラボも発表された「ブシロード戦略発表会 2011(夏)」レポート(モンスター・コレクション TCG)Aetas2011年5月16日
  10. ^ Inc, Aetas. “「リネージュ」のスマホ版が目指すところや魅力を聞いた。「Lineage M」の運営キーマン,大河内卓哉氏にインタビュー” (日本語). www.4gamer.net. 2019年5月12日閲覧。
  11. ^ 株式会社インプレス (2019年3月25日). “「リネージュM」プロジェクトプロデューサー大河内氏インタビュー 「『リネージュM』はMMORPG黎明期の混沌と面白さを内包している」” (日本語). GAME Watch. 2019年5月12日閲覧。
  12. ^ Twitterツイッター
  13. ^ 電撃オンライン. “『カードファイト!! ヴァンガード』にすべてを捧げた男“ドクター・オー”にインタビュー! サインカードのプレゼントも!!” (日本語). 電撃オンライン. 2019年5月12日閲覧。
  14. ^ COJポケット闘会議カップ決勝大会!激戦を制したのは?” (日本語). Appliv Games. 2019年5月12日閲覧。
  15. ^ 『カードファイト!! ヴァンガード』にすべてを捧げた男、ドクター・オー氏のロングインタビュー後編をお届け! サインカード名刺のプレゼントも” (日本語). Yahoo!ゲーム. 2019年5月12日閲覧。
  16. ^ AppMedia攻略班 (2019年4月5日). “『リネージュM』の魅力とは?プロジェクトプロデューサーが語る本作の面白さとリリースへの意気込み | AppMedia” (日本語). AppMedia : みんなのソーシャルゲーム攻略情報サイト!. 2019年5月12日閲覧。
  17. ^ a b c d 『ブシナビ』ニワンゴ2011年5月11日
  18. ^ a b カードファイト!! ヴァンガード ラジオ2011年2月10日
  19. ^ 「『カードファイト!! ヴァンガード』スペシャルカンファレンス」2010年12月17日
  20. ^ a b c d カードファイト!! ヴァンガード ラジオ』響、2011年1月27日
  21. ^ 砂山蔵澄脚本「波乱の幕開け! 全国大会!!」木谷高明製作総指揮・原案、ブシロード・伊藤彰原作、辻初樹監督『カードファイト!! ヴァンガードテレビ愛知創通電通2011年7月9日
  22. ^ a b 大久保智康脚本「ジュラシックアーミー」木谷高明製作総指揮・原案、ブシロード・伊藤彰原作、辻初樹監督『カードファイト!! ヴァンガード』テレビ愛知・創通・電通、2011年7月16日
  23. ^ a b 木谷高明『Twitter / kidanit: ドクターOアニメデビュー!おめでとう! ...ツイッター2011年7月9日
  24. ^ a b ドクター・オー『Twitter / vanguard_dro: ありがとうございます!ヴァンガードチーム・スタッフの ...ツイッター2011年7月9日

外部リンク[編集]

ビジネス
先代:
(新設)
アソマナビ社長
初代
次代:
大久保彰人