Synthesizer V

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Synthesizer V(シンセサイザーブイ)は、Dreamtonics株式会社が開発した歌声合成ソフトウェアである。

概要[編集]

かつてUTAU用合成エンジン『Moresampler』を開発したKanru Hua氏によって開発された歌声合成ソフトウェアであり、Moresamplerをベースに新たに設計し直された5番目のソフトウェアである。従来のサンプルベース歌声合成と人工知能による歌声合成のハイブリッド手法によるエンジンを搭載。これにより、サンプルベースのエンジンには見られない自然さと人工知能を使用しているがユーザーの介入が制限されているシンセサイザーでは見られない高度な制御性を両立している。言語表示は英語日本語韓国語中国語に対応しており、WindowsmacOSLinux64bitに対応。また、MIDIファイルやvpr(VOCALOID5)、vsqx(VOCALOID3、4)、ust(UTAU)、ccs(CeVIO)、sk(Sharpkey)といった他社のファイルの読み込みも対応しているため、既存のデータでも歌わせることが可能。

2018年8月19日に技術プレビュー版(ベータ版)が公開され、同年12月23日に第一世代(SVR1)の正式版が公開された。正式版は起動時10秒待てば無料で評価版として全ての機能が使えるシステムで、製品版のシリアルナンバーを購入することでそれを省略できるようになっていた。現在はシリアルナンバーは購入不能となっている。

2020年7月には第二世代となる「SVR2」にアップデート。ハイブリッドアプローチが更に突き詰められ、呼気音とささやき音をより澄んだものに改善するニューラルネットワークが導入されている。この世代よりパッケージ版の発売が開始された。エディターはブラウザで使用できるが機能が制限されている「Web Synthesizer V」、公式サイトからダウンロード、もしくは歌声データベースに付属しているが機能が制限されている「Synthesizer V Studio Basic」、有料だが機能制限のない「Synthesizer V Studio Pro」がある。

同年12月には「Synthesizer V AI」を発売。楽譜データを入力することで、AIが自動で人間らしい歌声をシミュレーションして合成するようになった。

製品[編集]

Animen/VOLOR[編集]

「VOLOR」は台湾に本社を置く会社「ANIMEN」のバーチャル・シンガー専門ブランド。同社のオンラインストアANiCUTEで販売されている他、日本でもAHSが販売を代行することが予定されている。

製品 発売日 言語 性別 音声提供者 解説
エレノア・フォルテ 2018年8月19日 英語 女声 非公開 最初に開発されたライブラリであり、ベータ版の頃から使用することが出来た。はきはきとした若い女性の声が特徴。2020年7月31日からはSVR2に対応したバージョンのLite版が配布開始。正式版の発売も予定されているが、新型コロナウイルスの影響で開発が中断されているという。
艾可(AiKO) 2018年12月28日 中国語 女声 梁小喵 ANIMENのマスコット。初の中国語ライブラリ。
ゲンブ 2020年7月15日 日本語 男声 ガロ 初の日本語かつ男性ライブラリ。
闇音レンリ 未定 日本語 女声 ゆずり 元々はUTAUであり、その音源を元にしたデモ版が公開されていた。SVR2に対応した正式版の開発も発表されているが、いつになるかは未定。

AH-Software[編集]

VOCALOIDやVOICEROIDを販売している日本のソフトウェア販売会社で、海外製Synthesizer Vの販売代行も予定している。

製品 発売日 言語 性別 音声提供者 解説
琴葉 茜・葵 2020年7月30日 日本語 女声 榊原ゆい 元々はVOICEROIDであったが、茜・葵それぞれにデータベースがあったVOICEROID版と異なり、Synthesizer V版は歌唱データベースは1種類のみとなっている。
小春六花 2021年3月18日 日本語 女声 青山吉能 合同会社TOKYO6 ENTERTAINMENTによるキャラクター。VOICEROID版制作(後にCeVIO AIに変更)のためのクラウドファンディングの追加ゴールを達成したことでSynthesizer Vによる歌唱ライブラリの制作が決定した。AI版と同時発売。
弦巻マキ 2021年中 英語
日本語
女声 田中真奈美 MusicMakerのイメージキャラクター。音声提供者はVOICEROID版で担当した民安ともえから変更されている。AI版と同時発売。
ついなちゃん 未定 日本語 女声 門脇舞以 文化研究萌えキャラクター。クラウドファンディングで資金を集めて制作された。AI版と同時発売。
京町セイカ 未定 日本語 女声 立花理香 京都府精華町の広報キャラクター。クラウドファンディングで資金を集めて制作された。AI版と同時発売。

Dreamtonics[編集]

Synthesizer Vの開発元であるDreamtonics社による製品。

製品 発売日 言語 性別 音声提供者 解説
Saki 2020年7月30日 日本語 女声 非公開 才能溢れるシンガーソングライターの歌声を元に製作された製品で、初めてSVR2の技術を用いている。他の製品と異なり、イメージキャラクターは設定されていない。

平行四界[編集]

平行四界(Quadimension)は中国人による同人音楽プロジェクトで、かつてVOCALOIDで星塵を開発した。

製品 発売日 言語 性別 音声提供者 解説
赤羽 2019年4月19日 中国語 女声 呦猫 赤羽(チユ)は星塵も含まれる平行四界のボーカルシリーズ「五維介質(MEDIUM5)」のキャラクターの一人で、炎を司る次女にあたる。
詩岸 2019年6月20日 中国語 女声 warma 詩岸(シアン)は「五維介質(MEDIUM5)」のキャラクターの一人で、土を司る五女にあたる。
蒼穹 2019年7月12日 中国語 女声 Kinoko蘑菇 蒼穹(ツァンチョン)は「五維介質(MEDIUM5)」のキャラクターの一人で、空を司る長女にあたる。
海伊 2019年9月13日 中国語 女声 花筝Anly 海伊(ハイー)は「五維介質(MEDIUM5)」のキャラクターの一人で、水を司る四女にあたる。
牧心 2020年8月15日 中国語 男声 佑可猫 牧心(ムーシン)
星塵Minus 2020年9月13日 中国語 女声 Sawako MEDIUM5が生まれた際にプラスの属性と均衡を取るために生まれた存在とされ、闇の側面を司るとされる。

ボイスライブラリ対応表[編集]

ボイスライブラリ対応表(2020年12月30日現在)[1]
発売元 ライブラリ R1 R2 R2 Lite AI AI Lite
Animen/VOLOR エレノア・フォルテ Yes N/A Yes N/A N/A
Animen/VOLOR 艾可(AiKO) Yes Yes Yes N/A N/A
Animen/VOLOR ゲンブ Yes Yes Yes N/A N/A
Animen/VOLOR 闇音レンリ Yes N/A N/A N/A N/A
AHS 琴葉 茜・葵 N/A Yes Yes N/A N/A
AHS 小春六花 N/A Yes Yes Yes Yes
AHS 弦巻マキ N/A Yes Yes Yes Yes
AHS ついなちゃん N/A Yes Yes Yes Yes
AHS 京町セイカ N/A Yes N/A Yes N/A
Dreamtonics Saki N/A Yes Yes Yes Yes
平行四界 赤羽 Yes Yes Yes N/A N/A
平行四界 詩岸 Yes Yes N/A N/A N/A
平行四界 蒼穹 Yes Yes N/A N/A N/A
平行四界 海伊 Yes Yes N/A N/A N/A
平行四界 牧心 N/A Yes N/A N/A N/A
平行四界 星尘Minus N/A Yes N/A N/A N/A

脚注[編集]

  1. ^ SynthesizerV AIの対応は発表されたもののみ。今後増える可能性がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]