Speech Synthesis Markup Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Speech Synthesis Markup Language(SSML)、または音声合成マークアップ言語(おんせいごうせいマークアップげんご)は、音声合成アプリケーション用のXMLベースマークアップ言語W3C音声ブラウザ英語版作業部会によって制定され、W3Cはその使用を勧告している[1]。最初の草案は2000年8月8日に出され[2]、2004年9月7日にバージョン1.0がW3C推奨になった[3]。2010年9月7日にはバージョンが1.1がW3C推奨になった[1]。なお、W3Cの音声ブラウザ作業部会は2015年10月12日に解散している[4]

インタラクティブ電話システムでVoiceXMLスクリプトと併用されることも多いが、オーディオブック作成などでは単独で使用される。デスクトップ向けアプリケーションではアップル社の内蔵スピーチコマンドやマイクロソフト社のSAPI音声合成マークアップ言語(XMLベース)が使われることも多い。

SSMLはサン・マイクロシステムズ社のJava Speech Markup Language英語版(JSML)に基づいているが[1]、SSML勧告の開発自体は主に音声合成ソフトのベンダーによって行われた。マークアップで指定されていない場合は音声合成プロセッサーの判断にゆだねられることも多いため[1]HTMLC言語の標準よりも緩いものとなっている。

SSMLドキュメントの例[編集]

<!-- ?xml version="1.0"? -->
<speak xmlns="http://www.w3.org/2001/10/synthesis"
       xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
       version="1.0">
  <metadata>
    <dc:title xml:lang="en">Telephone Menu: Level 1</dc:title>
  </metadata>

  <p>
    <s xml:lang="en-US">
      <voice name="David" gender="male" age="25">
        For English, press <emphasis>one</emphasis>.
      </voice>
    </s>
    <s xml:lang="es-MX">
      <voice name="Miguel" gender="male" age="25">
        Para español, oprima el <emphasis>dos</emphasis>.
      </voice>
    </s>
  </p>

</speak>

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Speech Synthesis Markup Language (SSML) Version 1.1” (英語). W3C (2010年9月7日). 2018年12月27日閲覧。
  2. ^ Speech Synthesis Markup Language Specification for the Speech Interface Framework” (英語). W3C (2000年8月8日). 2018年12月27日閲覧。
  3. ^ Speech Synthesis Markup Language (SSML) Version 1.0” (英語). W3C (2004年9月7日). 2018年12月27日閲覧。
  4. ^ The Voice Browser Working Group” (英語). W3C (2015年10月14日). 2018年12月27日閲覧。