ORION (DAW)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ORION
開発元 Synapse Audio Software
最新版 7.62 / 2009年1月6日
対応OS Windows 98Windows MeWindows 2000Windows XPWindows Vista
プラットフォーム PC
対応言語 英語
種別 DAW
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.synapse-audio.com/orionplatinum.php
テンプレートを表示

ORIONとは、Synapse Audio Software社のDAWである。

このソフトウェアは、作曲/編曲からミキシング/マスタリングまでの、音楽制作に於けるあらゆるステージに対応する。 マルチトラック・レコーディング、ジェネレーター、エフェクト、そしてサブ・バスを含むミキシング・コンソールを含み、伝統的なリニア・シーケンス、そしてパターン・ベースのシーケンスの両方をサポートする。 VSTDirectX、そしてReWire等の外部インターフェースに対応し、オーディオ出力の解像度は16bit/44.1kHzから32bit/192kHzステレオまでを扱える。

機能[編集]

ジェネレータ[編集]

ORIONは以下の様なジェネレータを内蔵しています(バージョン7における例):

Toxic III[編集]

Toxic synthの後継版。モジュレーション・マトリクス及びマルチ・エフェクト、そしてパワフルなステップ・シーケンサを内蔵した6オペレータのFMシンセサイザー。

現在Image-Line社の外部開発者として働くMaxx Clasterによってライセンスされている。Synapse Audio社にToxic IIIをライセンスした時点では、彼はまだImage-Line社に雇用されていない。

Toxic II[編集]

バージョン7にToxic IIIが含まれてからも、未だToxic IIも含まれている。

高度に洗練されたFMシンセサイザで、素晴らしいアトモスフィア系Pad、ストリングス及びリード・サウンドを作れる。

現在Image-Line社の外部開発者として働くMaxx Clasterによってライセンスされている。Synapse Audio社にToxic IIをライセンスした時点では、彼はまだImage-Line社に雇用されていない。

Tomcat[編集]

汎用的なドラム・シンセサイザ――XR-909と違い、Tomcatは具体的なドラム・サウンドよりも、汎用的なパーカッシヴ・サウンドの為に設計された。

Sampler[編集]

ポピュラーなフォーマットによる、プロフェッショナルなマルチサンプル・パッチを使って作曲する。 WAVファイルをロードしてフィルターやモジュレータで加工する。

Ultran[編集]

高度なサンプル・ベースのモーフィング・シンセサイザで、完璧なアトモスフィア系Pad、ストリングス・サウンドを作れる。

Wasp XT[編集]

歴史
Waspのルーツは、フリーのスタンドアロンなソフトシンセ、TS-404に由来する。それはリチャード・ホフマン(今ではSynapse Audio社を支える主な原動力である)によって作られ、その後Image-Line社のFL Studioへとライセンスされた。後にTS-404はWaspの最初のバージョンへと発展した。WaspはORIONの初期バージョンに含まれ、そしてまた、Fruity Loopsのアドオン、そしてVSTiプラグインとして販売するImage-Line社へもライセンス供与された。
WaspはSynapse Audio社とSonic Syndicateにより、ORIONの一部として開発が続けられた。Wasp、Wasp XTのメジャー・アップデートは、ORION PLATINUMの最初のバージョンと共に2002年にリリースされた。Image-Line社バージョンのWaspは、2006年にリリースされたFL Studioのバージョン6までアップデートされなかった(その際Wasp XTへと名称変更された)。その後のImage-Line版とSynapse Audio版が同じコードを使用しているかは定かではない。

Drums[編集]

サンプルを使って洗練されたドラム・パターンを簡単に編集する。 作成して保存したドラムキットは簡単に再利用出来る。

Monobass[編集]

ヴィンテージなアナログ・ベース・シンセサイザのクラシックな音色を再生――ディープでパワフルなベース音から、甲高くうねるアシッド・ラインまで。

ローランド・TB-303のエミュレーション

XR-909[編集]

ヴィンテージなアナログ機器から選ばれた、クラシックな音色を再生する、ヴァーチャル・ドラム・ボックス。

ローランド・TR-909のエミュレーション

Wavefusion[編集]

デジタル・ウェーブテーブル・トランスフォーメーションを基礎に、このシンセサイザは、多くのモジュレーションの可能性を持つ、豊富なPadやリードを提供する。

Screamer[編集]

オーバードライヴ及び特別なアクセント+スライド回路を備えた、2オシレータのバーチャルアナログ音源モノシンセ

Plucked String[編集]

撥弦楽器をエミュレートするフィジカル・モデリング・シンセサイザ

MIDI Out[編集]

外部MIDI機器、またはループバック・デバイスを通じて内部MIDIシンセを演奏、制御する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]