ハイレゾリューションオーディオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイレゾリューションオーディオ (: High-Resolution Audio) とは、CD-DAのサンプリングパラメータ(44.1kHz, 16bit)よりもレゾリューションが高い(ディジタル)オーディオのこと。略して「ハイレゾオーディオ」、「ハイレゾ音源」または単に「ハイレゾ」と呼ばれることもある。

概要[編集]

ハイレゾリューションオーディオ形式を含む各種デジタル音楽データのダイナミックレンジと帯域幅

具体的にはサンプリング周波数および量子化ビット数のうち片方がCD-DAスペック(44.1kHz, 16bit、もしくはDATスペック(48kHz, 16bit))相当[1]を超えている(かつもう片方も超えているか、同程度)ということ。

2014年3月26日に、一般社団法人電子情報技術産業協会 (JEITA)によって呼称と定義について周知がされ[2][3]、2014年6月12日には、一般社団法人日本オーディオ協会 (JAS)がハイレゾ音源の定義や推奨ロゴを発表した[4][5]

定義[編集]

JEITAによる定義[編集]

リニアPCM換算でサンプリング周波数、量子化ビット数の一方がCDスペックを超えていればハイレゾリューションオーディオの定義に合致する。なお、JEITAはCDスペックを44.1~48kHz, 16bitと定義している(CD-DAスペックとは異なるので注意)。

ハイレゾ音源に該当するかを示す表は以下の通り。

サンプリング周波数 / 量子化ビット数 16bit未満 16bit 16bit超過
44.1kHz未満 × × ×
44.1kHz以上 48kHz以下 × ×
48kHz超過 ×

日本オーディオ協会による定義[編集]

JEITAによる定義に加え、日本オーディオ協会が示す付帯項目である「録音、及び再生機器並びに伝送系」で以下の性能と、生産および販売責任での聴感評価が確実に行われていることが追加されている。下記の定義に示されるリニアPCM(WAV)およびその可逆圧縮フォーマット(FLACApple LosslessAIFFなど)以外にも、DSDフォーマット(DSF、DSDIFF、WSD)によるデータもハイレゾ音源として扱われる。

推奨ロゴマークは、ソニーが以前から使用していたハイレゾ音源再生・録音対応機器のロゴマーク、もしくはパナソニックテクニクスブランド含む)、およびJVCケンウッドJVCケンウッドの各ブランド)が2016年まで使用していたハイレゾ音源再生対応機器のロゴマークである。

  • アナログ機器
    1. 録音マイクの高域周波数性能 - 40kHz以上。
    2. アンプ高域再生性能 - 40kHz以上。
    3. スピーカーヘッドホンイヤホンの各種高域再生性能 - 40kHz以上。
  • デジタル機器
    1. 録音フォーマット - FLAC or WAVファイル 96kHz/24bit以上。
    2. 入出力インターフェイス - 96kHz/24bit以上。
    3. ファイル再生 - FLAC/WAVファイル 96kHz/24bitに対応可能。自己録再機は、FLACまたはWAVのどちらかのみでも良い。
    4. 信号処理 - 96kHz/24bit以上の信号処理性能。
    5. デジタル・アナログ変換 - 96kHz/24bit以上。

その他[編集]

現在までの所、適正に制作された従来のCD-DA音源とハイレゾリューションオーディオ音源を明確に聞き分けることができなかったとする試験結果も報告されている[6]FLACVorbisなどの開発元であるXiph.orgに所属している、クリス・モントゴメリーはオーディオ技術一般によく見られる、ある種のオカルト的効力を掲げた販売手法であると批判している[7]。 実際にハイレゾリューションオーディオが標準的なオーディオと違いがあるか確認するために、二重盲検法の一種であるABXテストによる検定も有用である。

また、高いサンプリング周波数では、非可聴域の超音波相互変調歪みの形で可聴域に影響を及ぼすことにより、元の音源にない音が再現されてしまう場合もあり、高すぎるサンプリング周波数は音質に悪影響を及ぼすこともある[8]。このほか、ヘッドホンやイヤホンでハイレゾ音源を再生する場合(あくまでも架空の空間での鑑賞で)、スピーカーでハイレゾ音源を再生する場合と異なり、リアルな空間での体験は得られないという事実もある[9]

余談であるが、ハイレゾ音源については、DVDビデオ世代以降のAVアンプないしサラウンドシアターシステム、DVDオーディオ世代以降の一部のハイエンドクラスのD/Aコンバーター搭載プリメインアンプであれば、S/PDIF(同軸接続・光接続)かHDMI(AVアンプ・サラウンドシアターのみ)経由で対応可能。但し、音源の対応スペックは機種によって異なる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ いわゆる1ビットオーディオの場合に、総合して考えて超えていると考えられれば良いという扱いになるため、ここでは「相当」としている。
  2. ^ 48kHz/24bitは「ハイレゾ」。JEITAがハイレゾオーディオを定義 - AV Watch” (日本語). インプレス (2014年6月12日). 2014年6月15日閲覧。
  3. ^ “ハイレゾオーディオの呼称について(周知) (PDF)” (日本語). 電子情報技術産業協会 (2014年3月26日). 2014年6月15日閲覧。
  4. ^ オーディオ協会、“ハイレゾ”定義や推奨ロゴ発表。DSDも対象。マイクやスピーカーも定義 - AV Watch” (日本語). インプレス (2014年6月12日). 2014年6月15日閲覧。
  5. ^ 「ハイレゾリューション・オーディオ(サウンド)の取り組み」 (PDF)” (日本語). 日本オーディオ協会 (2014年6月12日). 2015年6月20日閲覧。
  6. ^ Audibility of a CD-Standard A/DA/A Loop Inserted into High-Resolution Audio Playback他” (English). Audio Engineering Society (2007年9月15日). 2015年1月24日閲覧。
  7. ^ 24/192 Music Downloads” (English). xiph.org (2013年4月4日). 2015年1月24日閲覧。
  8. ^ Xiph.org. “24/192 Music Downloads are Very Silly Indeed:”. 2015年11月2日閲覧。
  9. ^ DIATONE70周年 スペシャルサイト 特別コラム Vol.02「オーディオ再生の現在 ハイレゾデータが変えたものと変わらないもの」(貝山知弘)” (日本語). 三菱電機 (2016年11月). 2016年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]