ネットワークオーディオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ネットワークオーディオとは、音楽を聴く手段として、ネットワーク(コンピュータネットワーク)で接続されたオーディオ機器を用いる形態・概念。ネットオーディオと略されることもある。

概要[編集]

デジタル音声データを再生するために機器を接続する方法の一つであり、音源とプレーヤー類をネットワークに接続して構築される。家庭内などの小規模LANや、場合によってはインターネットを介したネットワークに接続して構築される。

パソコン (PC)タブレットスマートフォンなどネットワーク利用を前提とした機器の普及やネットワーク機器接続のガイドライン制定と共にCD・SACDなどの既定のストレージを使用しないデジタル音声データの再生方式として2000年代後半[1]以降に広まっている。

PCやNAS(ネットワークアタッチトストレージ)といったPC関連機器や DLNA対応したオーディオ機器を使用してホームネットワーク内で構築されるのが一般的だが、ファイルサーバクラウドコンピューティングを利用してVPNSSH等でWWW(インターネット)経由でも構築できる。据え置き機器のみならず、持ち運びを前提としたポータブルオーディオにおいても無線LANや4G・LTEなどの移動体通信を介した無線ネットワークにより接続できる。

PCオーディオと使用する機器が被ることが多いものの、PCオーディオと異なり、通常利用において(特にプレイヤーとしては)PCは必ずしも必要でない[2]

歴史[編集]

前史[編集]

1988年にソニーは初のワイヤレスモデルであるウォークマンWM-505を発売し、1990年にはワイヤレスでの本体操作を実現したWM-805を発売。以降、後継モデルを順次発売してワイヤレスウォークマンの開発で培われた技術を応用して双方向リモコンユニットを開発、1997年に発売されたMDピクシーDHC-MD919とDHC-MD717のオプションとして用意された。1998年にはソニーから発売されたAVプリアンプTA-E9000ESにて双方向リモコンユニットが標準で付属していた。

ソニーが発売した双方向リモコンユニットは、本体操作のみならず、本体の再生状況もリモコンユニットのタッチパネルにて表示が可能である。この頃から「コントローラーの独立」による高音質化が既に確立されていた。

2000年代に入ると、iPodの登場によって音楽ファイル再生方式がデファクトスタンダードになる。当時のオーディオ業界では、ファイル再生が一般的ではなく、ディスク再生やレコード再生が主流であった。

しかし、iPodの登場で危機感を抱いたオーディオメーカー各社は、有線LAN接続によるネットワーク機能を搭載したオーディオ機器やPCとUSBで接続するUSB-DACを発売するようになり、ほぼ同時期に登場したUPnPがネットワーク接続で広く使われるようになった。

また、メーカー各社が賛同して、UPnPベースのネットワーク規格としてDLNAを立ち上げた。2006年にDLNAはバージョン1.0にコントローラーの概念を加えたバージョン1.5を発表し、ネットワークオーディオの原型が提案された。

ネットワークオーディオの確立[編集]

2007年にLINNがKLIMAX DSを発売。ほぼ同時期にiPhoneが発売されたことで、iPhoneにインストールされたコントローラーアプリを使用しての本体操作が可能になった。これにより、サーバー、プレーヤー、コントローラーの三角関係が成立したことで「ネットワークオーディオ」という用語が確立される。

日本国内では、iPhoneの発売が2008年であったことや、無線LANの認可が下りる必要性があったことから、ネットワークオーディオプレーヤーが発売されたのは2010年以降となった。

2010年にNTTドコモはTwonkyを開発するパケットビデオを買収。翌年以降のドコモのスマホやタブレット端末にTwonkyが標準でプリインストールされるようになった。

2010年代半ばに入ると、ネットワークオーディオプレーヤーの高性能化と音楽配信サービスの普及によって、従来からのCD品質から、DVDオーディオないしSACD品質の音楽データのダウンロードが可能になり、ネットワークオーディオプレーヤーもハイレゾやDSDに対応するようになった。

しかし、オーディオメーカーがハイレゾやDSD対応を優先的に行った結果、本来ネットワークオーディオに求められていた導入敷居やプレイリスト管理が蔑ろにされた。特にDLNA対応機器では問題点を露呈しており、NTTドコモの機種にプリインストールされたTwonkyは当初iPhoneの対抗策とみられたものの、Twonky自体はお世辞にもアプリとしての完成度が高いとは言えなかった。結果的に社内やユーザーからの反発に耐えきれなくなったドコモは販売戦略の変更を余儀なくされ、ツートップ戦略や2013年のiPhone販売に踏み切ることになる。これらネットワークオーディオの問題点はネガティブなイメージとして蔓延することになる。

オンデバイスプレイリストの登場[編集]

プレイリスト管理の問題点を解消するために、LINNはネットワークオーディオプレーヤーにプレイリストを保存してプレーヤーとコントローラーとでプレイリストを双方向で送受信する「オンデバイスプレイリスト」に対応したOpenHomeを発表する。

これでプレイリストの概念を持たないDLNAの優位性が事実上無くなり、ソニーがHAP-Z1ESとHAP-S1のDLNA非対応2機種を発売してネットワークオーディオ市場に本格的に参入するようになると、DLNA陣営は賛同メーカー間同士で歩調が合わなくなっていく。

そして、オーディオメーカー各社は、バージョンアップの進展がないDLNAのネットワークオーディオに不満を抱くようになり、DLNAとは別に独自のネットワークオーディオ規格を模索するようになっていった。

DLNAの解散、規格乱立時代へ[編集]

従来からのUPnPとは通信プロトコルが全く異なるRoon Readyが登場し、オーディオメーカーもヤマハはミュージックキャスト、デノンとマランツはHEOS、オンキヨー&パイオニアはFlair Connectと独自のネットワークオーディオ規格を次々に発表する。

2016年にはドコモの機種にプリインストールされているTwonky Beamの公開が終了する。

これらの一連の流れによって、DLNA陣営は事実上機能不全に陥り、バージョン2.0を発表出来ぬままに2017年にDLNAは解散する。

オーディオメーカー各社のネットワークオーディオ規格は、複数の機器で同時再生するマルチゾーン機能と、アナログ音源をもリアルタイムで再生可能なストリーミング機能といった、これまでのネットワークオーディオには無かった機能が搭載されたことで、プレーヤー自体をサーバー化することが可能になり、これまで導入敷居が高かったサーバーの導入が簡易化された。

さらに、メーカー各社はスマートスピーカー機能に対応したワイヤレススピーカーを発売したことで、スマートスピーカーやワイヤレススピーカーがレンダラーないしコントローラーとしての役割を担うようになった。

構成[編集]

ネットワークオーディオでは

サーバー (DLNAではデジタルメディアサーバ、DMS)
プレイヤー (DLNAではデジタルメディアプレイヤー、DMP)またはレンダラー (デジタルメディアレンダラー、DMR)
コントローラー (DLNAではデジタルメディアコントローラ、DMC)

3つの要素から構成[2]されており、これらがネットワークで接続されている。構築の自由度が高いPCオーディオとは大きく異なる点であり、導入のハードルが高いという欠点でもある。ただし要点さえ押さえると、使用機器の選択肢が多いため、DMS、DMP (DMR)、DMCを自由に設定することが可能である。

ネットワーク接続は、主に有線LAN(LANケーブルおよびルータースイッチングハブを使用)と無線LAN無線LANルータ・アクセスポイントと無線LAN子機[3])が利用されるが、光ファイバーなどで(コンバータを介して)接続する場合もある。

USBケーブルでの接続については、ネットワークオーディオでは補完的に使われる。外付HDDやUSBメモリをPCやNASなどと接続してDMSとする場合、LAN端子や無線LANが無いPCへのLANコンバーターや無線LAN子機をUSB接続する場合、プレイヤーとDACをUSB接続する場合などである。

ネットワークオーディオはネットワークで接続された基本3要素で構成され、 「音源の保存・格納と再生にそれぞれサーバーとプレイヤーを用い、独立した端末(コントローラー)からそれらを操作する形態」と定義できる[2]

サーバー、プレイヤー、コントローラーは、どれか一つを内包しても構わないが、以下の条件を満たす必要がある[要出典]

  • プレイヤーはサーバーを内蔵しても構わないが、この場合はサーバーがプレイヤーに内蔵され、かつ、コントローラーが独立していることが条件となる。この場合は、サーバーがプレーヤーのスレーブと見なされ、かつ、プレーヤー側がDMSとDMRを兼ねていると見なされるため、ネットワークオーディオが成立する。
  • コントローラーについては、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に限り、サーバーないしプレイヤーを内包しても構わないが、接続はネットワーク接続されていて、かつ、レンダリング機能を有する機器が必要である。この場合は、モバイル端末はDMCがDMSを内包し、レンダラーがデータを受信するので、ネットワークオーディオとして成立する。
  • 市販されているネットワークオーディオプレイヤーの多くはリモコンが付属しているが、付属のリモコンでプレーヤーを操作する場合はネットワークオーディオの定義には含まれない。プレイヤー(DMP)がパソコンの場合でも同様である(この場合はPCオーディオとして定義される)。
サーバー

音源データは、PCのファイル共有機能やNAS等のネットワークに接続された外部記憶装置に保存する。特に、データサイズの大きいハイレゾ音源の保存場所として適している。

外付HDDやUSBメモリをPCやNASと接続してDMSにする[4]ことも、サーバーアプリをインストールしてスマートフォンやタブレットをDMSにすることも可能である。

また、楽曲情報管理やプレイリスト管理もサーバー側で行われており(DLNA除く)、音源データを含めたこれら全てをサーバーアプリにて一括管理されている。後述のコントローラー(DMC)から指令された情報を受信して、楽曲情報やプレイリストはネットワークを介してコントローラへ配信され、音声データはネットワークを介して後述のプレイヤーないしレンダラーへ配信される。

サーバーで使用される外部記憶装置は、主に3.5インチHDD、2.5インチHDD、SSDである。とくにネットワークオーディオ(DLNA)用途向け製品はファンレス化などによる静粛性確保やノイズ除去などのオーディオ向け設計が施されている[5]

2010代後半に発売されたネットワークオーディオプレーヤーにはメーカー独自のネットワークオーディオ規格を採用しており、これらの機種では外付けHDDやUSBメモリを接続してネットワークオーディオプレーヤー自体をサーバー化することも可能になっている。

プレイヤー、レンダラー

ネットワークオーディオプレイヤーと呼ばれ、後述のコントローラー(DMC)から指令された情報を受信して、サーバーからネットワークを介して配信される音楽データの処理を行う。また、プレイヤーの多くはレンダリングする機能も有している。非可逆圧縮音源や可逆圧縮音源はデコードされた上で処理される。一部のプレイヤーでは内部でアップサンプリングを行っているものもある。

サーバーとの接続には、USB方式よりも圧倒的に長距離伝送に強いイーサネット方式が使われており、設置レイアウトの自由度を高める。一般的にHUBを介してサーバーと接続することになるが、サーバーとプレイヤーをクロスケーブルを使用して直接接続することも可能である。

プレイヤー以降の下流側はオーディオ機器と接続することになるので、プレイヤー本体から出力する場合は、D/Aコンバーター(Digital to Analogue Converter)によりアナログ信号に変換して出力する。ハイレゾ・DSD音源に対応したUSB-DACを接続することができるプレイヤーも登場している。HDMI出力にも対応した機種も登場している。

また、ネットワークオーディオプレイヤー機能が内蔵されているアンプや、前述のサーバーまたは光学ドライブを内蔵してCDのリッピング機能も兼ねたネットワークオーディオプレイヤー、SACDプレイヤー、レシーバーなども数多く販売されている。他にもPlayStation 3などのネットワーク対応ゲーム機をプレイヤーとして利用できる場合がある。

2010年代後半からスマートスピーカーやワイヤレススピーカーが各社から発売されており、これらのスピーカーがレンダラーとしての役割も担っている。

コントローラー

従来のオーディオにおけるリモコンに相当する。

ネットワークオーディオでは、コントローラーがプレイヤー本体から独立することで、オーディオ機器本体の内部処理負担軽減による音質向上が期待できる。

コントローラは、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末に任意のコントロールアプリケーションをインストールすることで、コントローラーからの指令をサーバーとプレーヤーへ送信するだけでなく、サーバーからネットワークを介して配信される音楽情報やプレイリストの表示、及び、プレーヤーでの音楽データの処理状況をネットワークを介して受信して表示することができる。ネットワークオーディオの普及がスマートフォンタブレットの普及と重なったため、アプリケーション開発による自由度の高いコントローラー設計が可能になり、様々なコントロールアプリケーションが登場した。

無線ネットワークを介しての操作となるため、無線LANルーター(無線LANアクセスポイント)が別途必要となる。

なお、市販されているネットワークオーディオプレイヤーでは、プレイヤ本体の操作ボタンや付属のリモコンで操作することが可能な機種もある。

ポータブルオーディオのネットワーク化[編集]

初期のネットワークオーディオは、主にホームオーディオを想定して提案され、据え置き機器から展開されてきたが、スマートフォンの普及やデジタルオーディオプレイヤーなどポータブル機器の高機能化・ネットワーク対応が進むにつれてユーザーの選択肢が多くなっている。

ポータブルオーディオにおけるネットワークオーディオでは、主に以下のパターンに分類される。

  • ウェアラブル端末にて操作を行い、スマートフォン内の音楽を再生する。
  • スマートフォンを含めたポータブルプレイヤー内の音楽を別の機器へワイヤレスで送信する。

基本的にポータブルオーディオにおけるネットワークオーディオでは、機器同士をペアリングする必要性から、通信手段は主にWi-FiとBluetoothが用いられる。

また、本項におけるスマートフォンやタブレット端末は、コントローラとサーバーを兼ねたプレーヤーと見なされるが、現在はTIDALを筆頭にストリーミング型音楽配信サービスが登場しているので、配信サービス側をDMSとした場合、スマートフォンは前者ならDMR、後者ならDMCとなり、両者共にホームオーディオ同様の3すくみのネットワークオーディオシステムが成立する。

なお、前者における規格は、UPnPないしDLNAなど、後者における規格は、AirPlay、Miracast、Cromecast、AllPlayなどである。

音源について[編集]

音源の入手方法はPCオーディオと同じ方法となる。音源をサーバーに格納するためには基本的にPC等が必要となる[6]。ネットワークオーディオでは、サーバーに保存された状態の音源を起点とするので、音源をサーバーへ保存する手段はネットワーク経由でもUSB経由でも構わない。

ネットワークオーディオではPCオーディオと同様な様々な音声データ形式に対応している。(MP3、WMA、AACなど)非可逆圧縮フォーマットにも対応するが、ハイレゾを含めた(FLAC、ALACなどの)可逆圧縮フォーマットないし(WAV、AIFFなどの)非圧縮形式、DSDフォーマットが主流となっている。

また、ストリーミング型音楽配信サービスの登場によって、音源用の保存媒体がなくても音楽が楽しめるようになった。この場合は、配信サービス側がDMSと見なされる。

プレイリスト管理について[編集]

ほとんどの規格では、サーバー(DMS)のサーバーアプリにてプレイリストが管理されている。プレイリスト情報はネットワークを介してコントローラー(DMC)へ配信される。これにより、複数のコントローラーでプレイリストの共有が可能である。また、コントローラー側のアプリにてプレイリストの編集も可能で、編集されたプレイリストは、ネットワークを介してサーバー側で更新される。

DLNA1.5(Ver. 1.5)では、プレイリスト管理がDLNAガイドラインでは定められていないため、基本的にプレイリストはコントローラー側のアプリで管理されている。当然ながら、編集されたプレイリストはコントローラー側のアプリで更新されるので、複数のコントローラー(DMC)でプレイリストが共有出来ない上に、プレイリストに登録された楽曲を再生するには、ネットワークを介してサーバー側との照合が必要になる。また、アプリを閉じた際に再生されている音楽が停止するなどの症状が発生する。これがネットワークオーディオでは弊害の一つとされている。

こうした問題点を解決するために、現在ではプレイリストはプレーヤー側に保存させて、ネットワークを介してアプリに配信する「オンデバイスプレイリスト」の機能が主流になっている。

主な規格・プロトコル等[編集]

2018年現在におけるネットワークオーディオの規格について、PCオーディオ由来も含めて以下に挙げる。

UPnPDLNA1.5
UPnPフォーラムが定めたネットワークプロトコルで、ネットワークオーディオプレーヤー発売以降は主流となっている。DLNAはUPnPをベースにしており互換性が高いのが特徴である。尚、DLNAについては、1.5以降がネットワークオーディオに該当し、DMCが独立していない初期の1.0はネットワークオーディオとして分類されない。
AirPlay(旧AirTunes)
ネットワークオーディオ初期の頃からの規格で、アップルが2004年に発売したAirMac Expressに搭載された機能である。無線LANを使用して音声データを伝送するが、Macの機器セットを利用して有線LANで接続することも可能。2010年に発売された第2世代のAppleTVにてAirPlayに名称変更され、新たに画像と映像に対応。後に機能を拡張したAirPlay2が登場している。
iTunesホームシェアリング
iTunes9.0以降に搭載されている機能の一つ。iPhoneとiPadにはiTunesやAppleTVを操作するRemoteアプリが用意されており、iTunesに登録された楽曲をMusicアプリにてiPhoneやiPadで聴く、AppleTVをレシーバーとして使用する等、様々な使い方がある。また、前述のAirPlayとの組み合わせも可能である。
Audirvana Plus 2
iTunesとの連携機能を特徴としたMac用音楽再生アプリ。スマホ用のコントロールアプリとしてA+Remoteアプリがある。
JRiver Media Center
Windows、Mac、Linuxのバージョンがある。スマホ用のコントロールアプリとしてJRemoteがある。
MPD
Music Player Demon略で、音楽再生アプリとサーバーアプリが統合されたもの。これをPCにインストールして、スマホやタブレットにインストールされたMPDクライアントソフトからサーバー側へ命令して音楽の再生を行う。代表例はVoyageMPDなど。
OpenHome
UPnPをベースに更に踏み込んだ仕様となっており、UPnPとの互換性が高い。主なアプリはLINNのKazoo等。
ROON Ready
ROON ServerやROON Coreなどから構成されており、独自のプロトコルを採用しているため、他の規格との互換性が低い。プレーヤーもROON Ready対応でなけれは再生不可能で、サーバーもPCクラスのものでなければインストール不可。しかし、ネットワークオーディオとしての性能は高いため、今後の普及が見込まれる。
DTS Play-Fi
DTSが提唱するネットワークオーディオ規格。マルチルーム機能を搭載し、ストリーミング機能によりアナログ音源もシステムに組み込むことが可能である。これらの機能は以下の規格に標準装備されている。また、AirPlayがオプションとして用意されている。
ミュージックキャスト
ヤマハ独自のネットワークオーディオ規格。ステレオとサラウンドがある。
HEOS
デノン、マランツ独自のネットワークオーディオ規格。
Flair Connect
オンキヨー、パイオニア独自のネットワークオーディオ規格。スマートスピーカーやワイヤレススピーカーには非対応のため、前述のDTS Play-Fiと併用する。

脚注[編集]

  1. ^ 2006年にDLNA拡張ガイドライン (Ver.1.5)が制定された
  2. ^ a b c 音楽ファンのための “ネットオーディオ” 完全ガイド【第11回】「ネットワークオーディオで楽しむ(1) 基礎知識」 - PHILE WEB」”. 音元出版 (2015年4月28日). 2017年10月8日閲覧。
  3. ^ PCやタブレット、スマートフォンなどの機器に内蔵されている場合が多い
  4. ^ 外付けHDDやUSBメモリは単体ではCPUやOS機能を持たないため、DMSとはならない。外付HDDやUSBメモリをネットワークオーディオプレイヤーとUSB接続する場合は、サーバー側とプレイヤー側とがイーサネット接続されておらず、かつ、サーバー自体が独立していないと見なされるため、ネットワークオーディオにおけるDMSには含まれない。
  5. ^ お手頃オーディオ専用NASでネットオーディオ! AVアンプやコンポでかんたんスタート(3/4) - PHILE WEB( 2015年12月28日付 音元出版
  6. ^ スマートフォンやDAP等に接続してリッピングできるCDドライブもある。

関連項目[編集]