ラウドネス・ウォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイケル・ジャクソン の "Black or White" では、時間の経過と共に音の大きさが増加している。上から1991年、1995年、2007年のもの。いわゆる「海苔波形」と言われるように、波形が塗りつぶされたようになっている。

ラウドネス・ウォー(ラウドネス戦争、音圧戦争や音圧競争とも)とは、録音音楽における近年の音量レベルの増加に伴って、音質やリスナーの楽しみを損なうと批判されている傾向を指す。音量を上げることは、1940年代初めに7インチシングルのマスタリングの実践で最初に報告された[1]。これらのアナログ録音の最大ピークレベルは、音源から聴取者までの間において(コンパクトディスク(CD)やコンパクトカセットなど)電子機器のさまざまな仕様に制限されていた。1990年代にはさらに大きな音量を生み出すことができるデジタル信号処理が導入され、注目を集めた。

コンパクトディスク(CD)の出現により、音楽は明確に定義された最大ピーク振幅を有するデジタルフォーマットに符号化されるようになった。CDの最大振幅に達しても、ラウドネスは、ダイナミック・レンジ圧縮およびイコライゼーションのような信号処理技術によってさらに増加させることができる。エンジニアはより頻繁に最大振幅のピークに達するまで、高い比率の圧縮を録音に適用することができる。極端な場合には、ラウドネスを上げる努力は、クリッピングおよびその他の歪みを生じさせる可能性がある。極端なダイナミック・レンジ圧縮やラウドネスを上げるための他の手段を使用する現代のレコーディングは、音質を犠牲にする可能性がある。ラウドネス・ウォーが激化し、音楽ファンや音楽誌は影響を受けたアルバムを「ラウドネス・ウォーの犠牲者」と呼ぶようになった。

歴史[編集]

ZZ Topの曲"Sharp Dressed Man"における3回のリリース間の音量変化。1983年、2000年、2008年。[2]

MetallicaのDeath Magneticも音圧競争のいい例

批判[編集]

レコーディング・エンジニアのアラン・パーソンズジェフ・エメリック[3]ビートルズ のアルバム『リボルバー』から『アビイ・ロード』などの作品に参加したことで知られる)、マスタリング・エンジニアのダグ・サックス[4]、スティーヴ・ホフマン、その他にも数多くのオーディオマニアや音楽ファンらが、過度の圧縮、ダイナミックレンジの減少、ラウドネスのレベルの強化といったラウドネス・ウォーについて非難の声を上げている。ミュージシャンのボブ・ディランは、「最近のレコードを聞くと酷いものだ。音だらけでボーカルも何も一緒くた、のっぺりとした音だ」と非難している。最近のアルバム「モダン・タイムズ」と「トゥゲザー・スルー・ライフ」のコンパクト・ディスク・エディションは、ダイナミックレンジが大きく圧縮された例だが、ディラン自身は関わっていない可能性がある[5]


関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ “The Loudness Wars: Why Music Sounds Worse”. NPR. (2009年12月31日). http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=122114058&sc=nl&cc=mn-20100102 2010年9月2日閲覧。 
  2. ^ "Sharp Dressed Man" plotted using MasVis, a freeware mastering analysis program.
  3. ^ Adam, Sherwin (2007-06-07), Why music really is getting louder, The Times, http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/music/article1878724.ece 2007年6月12日閲覧。 
  4. ^ The Big Squeeze: Mastering engineers debate music's loudness wars”. Mix Magazine (2005年1月1日). 2010年8月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年9月2日閲覧。
  5. ^ Curnyn, Sean (September 3, 2009). "Tears of Rage: The Great Bob Dylan Audio Scandal." Retrieved on March 2, 2010.