WASAPI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

WASAPI(Windows Audio Session API:ワサピ)は、Microsoft Windows Vistaから導入された新しいオーディオAPIである。同OSにて導入されたCore Audio APIの一部で、アプリケーションとオーディオデバイス間のデータフローを管理する。

特徴[編集]

WASAPIはOS側の機能であるため、基本的にどのようなサウンドデバイスでも利用することができるが、使用するアプリケーションがWASAPIに対応している必要がある。

Windows XPではオーディオパイプラインの大半がカーネルモードに存在していたが、WASAPIではこれをユーザーモードに移動した。これによって例えばエフェクト処理で致命的な問題が発生した場合、Windows XPではOSがブルースクリーンとなるが、Windows Vista以降ではオーディオサービス (audiosrv) やオーディオエンジン (audiodg) が異常終了するだけでOS全体には影響がないようになっている。

動作モード[編集]

排他モード (exclusive)[編集]

OS標準のミキサーや各種エフェクト (APO) 処理を一切介さずにエンドポイントバッファ上のオーディオサンプルをアプリケーションが直接読み書きできる構造となっている。このため、アプリケーションが適切に実装されていれば、レイテンシーを低く抑えることができる上、ビットパーフェクトの観点からも有利である。

共有モード[編集]

他のアプリケーションの出力と共にOS標準のミキサーや各種エフェクト (APO) を介して再生されるため、複数の音声再生・録音アプリケーションを同時に使用する場合に適している。

対応ソフト[編集]

DTMソフト[編集]

等。

メディアプレーヤー[編集]

等。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]