AITalk

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

AITalk(エーアイトーク)とは、株式会社エーアイが提供する合成音声読み上げソフトである。正式名はAITalk®AITalk声プラスもある。

概説[編集]

人の声で合成する技術、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で自由に音声合成をすることが可能な、高品質音声合成エンジン。日本語話者は15名、外国語は40言語対応している[1]。また、関西弁にも対応したものもある。

バージョン[編集]

AITalk
2007年4月提供開始。2010年6月のVer.3.2までバージョンアップが続けられた。この時点で基本的な機能は既に備わっており、文章をそのまま読み上げ、出力することが可能。Ver.3.0では、日本語解析処理の改良に伴い、より自然な発音が可能となった。
AITalk II
2012年6月提供開始[2]。ルビ機能が追加され、ルビを振ることによって表記と違う発音をさせることが可能になった。また、抑揚の調整が可能となった。入力した文章全体に対しての適用となる。
AITalk 3
2013年6月提供開始[3]。アクセント句(フレーズ)単位での調整が可能となった。この範囲変更には、AITalk IIで実装された抑揚調整機能も含まれる。2013年11月には、エーアイ社のHP限定で出力できるデモ版として、関西風話者が追加され、その後「かんたん! AITalk II Plus」の追加パックとして提供されていた。ただし長い間AITalkの話者としてはβ版扱いでの提供となっていた。
AITalk 4
2015年6月提供開始[4]。感情表現が可能となり、喜・怒・悲の3種類に対して、個別にパラメータを設定することができる。ただし、AITalk 4標準の話者では、喜のみが2人・完全対応が2人のみと非常に限られている。2017年8月には「AITalk 4.1」にアップデートされ、感情表現完全対応話者が1人増加した他、長らくβ版であった関西風の話者2人が製品版へ昇格した。
AITalk 5.0
2020年4月提供開始[5]。従来型の「コーパスベース音声合成方式」に加え、ディープラーニングを活用した「DNN音声合成方式」を、利用シーンに合わせ選択することができる。
また、エーアイ自社の個人向けブランドとして「A.I.VOICE」シリーズのリリース(2021年2月22日)が発表されている。当シリーズでは、新たに別のライブラリの口調を模倣できるボイスフュージョンが実装される。

AITalk CustomVoice[編集]

2012年提供開始。AITalkの特徴である、少ない収録時間でオリジナル音声合成辞書を作成するサービスをより高品質に、より手頃な価格にしたサービス[6]

種類[編集]

  • 日本語(女性):のぞみ、かほ、すみれ、まき、あかり、ななこ、れいな
  • 日本語(男性):せいじ、おさむ、ひろし、たいち
  • 日本語(子供):あんず、ちひろ、こうたろう、ゆうと
  • 日本語(男性):やまと(関西弁風)
  • 日本語(女性):みやび(関西弁風)

外国語[編集]

  • 英語(アメリカ)
  • 中国語(北京語)

使用製品[編集]

ソフトウェア[編集]

VOICEROID
発売元はAH-Software
ギャラ子talk
発売元はヤマハ。「ギャラ子 NEO」に同梱されている。
音街ウナTalk Ex
発売元はインターネット
ガイノイドTalk 鳴花ヒメ・ミコト
ガイノイドTalk flower
以上2作の発売元はガイノイド。

その他製品[編集]

クマ・トモ
Pepper
#コンパス 戦闘摂理解析システム
全国瞬時警報システム(J-ALERT)
CommU

脚注[編集]

外部リンク[編集]